1枚でコーデ格上げ! ニットベストの旬な着方と選び方

1枚でコーデ格上げ! ニットベストの旬な着方と選び方

この秋冬、トレンドアイテムとして要注目のニットベストは、実はいろいろな着こなしに使える便利アイテム。その選び方と着こなし方をレクチャーします。

編集オカダ

2018.09.14

トップス
ベスト・ジレ
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ
ニット・セーター

今、ニットベストをおすすめする4つの理由

この秋冬、是非ともおすすめしたいニットベスト。1枚持っておいても決して損のないアイテムだと言えます。まずは皆さんにニットベストをプッシュしたい4つの理由をご紹介!

理由11枚でトレンドの“ブリティッシュ”を表現できる

今、着こなしのHOTキーワードとして盛り上がりを見せる“ブリティッシュ”。つまり英国ファッションのことですが、この一大トレンドを取り入れるにはイギリス発祥のアイテムであるベストを活用しない手はありません。さらにニット素材を選べば、英国らしいエレガントさに加えて、程良いカジュアル感が手に入るので取り入れやすいんです。

理由2合わせるアイテムは無限大! コーデの幅が広がります

ニットベストを着るには、重ね着が必須。といっても怖じ気づくことなかれ。シャツ、Tシャツ、ロンT、スウェットなど、ニットベストの下に合わせられるアイテムは実に幅広いんです。比較的イージーにレイヤードスタイルが構築できるので、着こなしのバリエーションが広がるのは嬉しいところ。

理由3春夏秋冬、すべての季節で使える万能アイテム!

秋や春の重ね着スタイルにもってこいのニットベストは、上にアウターを羽織ればそのまま冬コーデにも対応してくれます。ウールではなくコットン素材の1着を選べば、夏シーズンだって問題なし。半袖Tシャツの上に着るだけで、マンネリしがちな夏のTシャツコーデに適度なアクセント効果をもたらしてくれるんです。

理由4好印象なアイテムだから女子受けもGOOD

やわらかなムードを内包するニットベストは、周囲に好印象を振りまいてくれるお得なアイテム。コーディネートにクリーンな味付けができるので、女子からの支持率も高いんです。どうせなら女性からの受けは良いほうがいいですよね。

ではいったい、どんなニットベストを選べばいいのか?

ニットベストの有用性を理解してもらえたところで、次はアイテムを購入するうえで押さえておきたい4つのポイントを紹介。今っぽく着られる1枚を手に入れるには、ここをチェック!

POINT 1トレンド感があるのは断然、プルオーバータイプ

フォーマル感が強いフロントボタン仕様ではなく、適度な抜け感のあるプルオーバータイプが今の気分。カッチリし過ぎないラフなニュアンスが、大人にふさわしい洒脱感を醸し出してくれます。

POINT 2ジャスト〜ちょっとルーズなシルエットが今っぽい

シルエットのトレンドは引き続き“ゆるめ”が主流。ニットベストを選ぶ際にも、ジャストなフィッティングか、ちょっとルーズなデザインの1枚を選ぶと着こなしが旬なニュアンスに仕上がります。“ちょっとルーズ”の目安は、ベストの肩が少し落ちるくらいのバランスです。

POINT 3クラシカルなムードで着るならVネックを選ぼう

ニットベストの印象を決定付ける首周りのデザインは、大きく分けてVネックとクルーネックが挙げられます。どこかシャープな印象のVネックは、着こなしをきれいめに仕上げたいときに重宝します。なかでも、Vネックにラインが入ったチルデンニットのベストは、トレンドのブリティッシュ感を強くアピールできるとあって人気が集まっています。

POINT 4ストリートっぽくラフに着るならクルーネックをチョイス

Vネックに対して、クルーネックのタイプはちょっとラフな雰囲気で着たいときにうってつけ。「ニットベストを着たいけど、あんまりかしこまった印象を与えたくない」という場合にはクルーネックをチョイスするといいでしょう。とくにストリートテイストのコーディネートとは相性も抜群です。

インナーを変えてレイヤード自由自在! ニットベストの秋コーデサンプル

ここからはニットベストのおしゃれな着こなしテクを実例とともにご紹介。秋は、その日の気分などによって下に合わせるトップスをチェンジして多彩なレイヤードを楽しめるんです。

秋コーデ1旬なチェックシャツを合わせつつ、全身をネイビートーンで統一

今季必須ともいえるチェックシャツは、ブルー系の1枚を選んで同系色のネイビーニットベストをオン。さらにパンツやキャップもネイビーでまとめ上げることで、着こなしに統一感と清潔感を醸成しています。

秋コーデ2秋らしいカラーパレットでバンドカラーシャツとのペアリングを楽しむ

どこかクラシカルな印象のあるバンドカラーのシャツにも、ニットベストは好マッチ。ここではベージュのシャツ、ブラウンのベスト、キャメルのパンツといった具合に、茶系のカラーリングで着こなしを構築することにより秋らしさを存分にアピール。

秋コーデ3袖プリントのロンTをインして、ストリート解釈でニットベストを着る

ストリートファッションを代表するアイテムといえる、袖にプリント入りの長袖Tシャツ。こんなカジュアル感の強い1枚には、ゆったりめのニットベストをチョイスするのが良策です。ニットベスト特有の上品さによって、ラフに偏りすぎず落ち着いた印象をキープできます。

秋コーデ4モックネックを投入してシンプルコーデの首周りに立体感を創出

モックネックやタートルネックのカットソーも、是非ニットベストに合わせたいアイテムの1つ。ネック首周りに生まれる立体感がコーディネートを格上げしてくれます。ウィンドウペンのベストがほんのり醸し出す英国感もいいですね。

秋コーデ5スウェットパーカーをセットした遊び心溢れるレイヤリング

首周りに立体感を創出するという意味では、フーディだって活用可能。ややルーズなサイズ感のニットベストをチョイスすれば、こんな遊び心のある重ね着も楽しめます。主張強めなレイヤードなので、ほかに合わせるアイテムは極力シンプルにするのが成功のコツです。

冬にはこんなふうに、普通のニット感覚で取り入れればOKです

アウターが登場する冬シーズンにはインナーとして使えるニットベスト。アウターを羽織れば袖部分は隠れてしまうので、いつも着ている長袖ニットと同じ感覚で着こなせばいいんです。アウターを脱いだ際には、しっかりトレンド感がアピールできて周囲と差がつくことうけあい!

冬コーデ1ステンカラーコートのインナーに同系色で忍ばせる

インナーは普通の長袖ニットに見えますが、実はニットベスト。おなじみのステンカラーコートとももちろん調和してくれます。コートやボトムスと色みを近づければ、着こなしにまとまりが出てこなれたムードに仕上がります。

冬コーデ2保温性の高いダウンジャケットのインナーは、ニットベストくらいがちょうどいい

保温性抜群のダウンジャケットを街中で着るなら、インナーであまり厚着をしてしまうと熱がこもりすぎてしまうことも。そんなときには、袖のないニットベストと薄手のカットソーの重ね着くらいがちょうどいいんです。ダウンを脱いでもしっかりおしゃれ感を醸し出せるのも嬉しいポイント。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK