これ一枚で秋顔に。ウールシャツをコーデに取り入れて

これ一枚で秋顔に。ウールシャツをコーデに取り入れて

リネンシャツのように夏らしいシャツってありますよね。では秋らしいシャツはいったいどんなシャツでしょうか? 温かみと肉厚感を兼ねたウールシャツこそがその答えです。

山崎 サトシ

2016.09.16

シャツ
秋の着こなし・コーディネート
16〜20度の服装
休日

着るだけで秋っぽくなるウールシャツ

シャツコーデで秋っぽさを出すのってなかなか難しいところですよね。そんなときに着こなしの救世主となってくれるのがウールシャツです。起毛しているので見た目からして温かく、しかも程よく肉厚なため、着るだけで即座に秋らしさを香らせてくれます。旬度と防寒性をあわせもつこの有能アイテムを持っておかないのは損というもの! 

今季持っておくべきウールシャツ&コーデサンプルをチェック!

有能アイテムのウールシャツですが、考えなしに選ぶと魅力は半減。どんなデザインを選び、それをどう着こなすかは非常に大事です。その内容を詳しくカテゴリー別にレクチャーしていきます!

チェック1:やっぱり定番はチェックのウールシャツ

アメカジの定番としてなじみ深いチェックタイプの一枚であれば、すんなりと普段のワードローブに溶け込ませることができるハズ。また、派手過ぎないカラーを選ぶのが正攻法となります。あまりに明るい発色だと、秋らしさが損なわれる恐れがあるからです。

リファイン加工を施したウール×コットン生地を使用。小さめの襟とフライフロント仕様で上品にデザインしています。サイドにスリットを入れて動きやすさにも配慮しました。

『ジャーナルスタンダード』の別注から生まれたブロックチェックシャツ。大ぶりの胸ポケットが付属し、ワークテイストを感じさせます。クラシカルなボックスシルエットもキモ。

オンブレチェックで彩られた一枚は、トレンドのビッグシルエットとなっている点も見どころ。細身のパンツと合わせるだけで、今季らしいVラインスタイルが即座に完成します。

ウール×ポリエステル×レーヨンから構成される、メイド・イン・ジャパンのチェックシャツ。表面のシャギー加工によって、ヴィンテージシャツのような質感が表現されています。

チェックシャツ、ボトムスともにウール生地でリンクさせれば、シンプルなアメカジスタイルに統一感が生まれます。デイパックでアウトドアテイストも巧妙にブレンドしました。

きれいめなジャケットセットアップスタイルのインナーに、チェック柄のウールシャツを投入。さりげなく着こなしをドレスダウンするとともに、季節感の演出にも成功しました。

グレーベースのチェックウールシャツがやや重たい印象をもっているので、ボトムスは爽快なホワイトパンツを選び緩急をメイク。装いに用いたアイテム数は最小限ながら、おしゃれ度は満点です!

ブラックを基調にした男らしいスタイリングに、ウール地のチェックシャツでウォーム感を落とし込んでいます。インナーアイテムをアクセントとしてうまく作用させた好例。

ホワイトのタートルネック&ブラックコートのモノトーンコンビで、チェックウールシャツをサンドイッチ。全体のカラーが落ち着いているのでチェック柄の魅力が引き立ちます。

ミリタリージャケット×ヴィンテージ加工デニムのアメカジコーデに、チェックシャツは文句なしでマッチ。サングラス&シューズのブラックで印象を引き締めたのも技アリですね。

『ペンドルトン』のウールシャツにバーガンディの秋らしいスリムパンツを合わせて。スリムなサイズバランスに徹することで、アーバンな雰囲気にもアプローチを掛けています。

チェック2:クールに着こなすならモノトーン仕様を

ウールシャツといえばほっこりしたニュアンスをもつアイテムですが、カラー次第でクールに着こなすことも可能です。そこでおすすめしたいのが都会的な印象を備えているモノトーンカラーのモデル。スマートな秋コーデを実現するための重要なアイテムとなります。

余計な装飾を配していないミニマムなデザインで、活用の幅が広い一枚。アメカジからワーク、トラッドまで、どんなテイストにも対応します。USメイドならではの丈夫な作りも魅力。

ネップツイード素材で仕立てた今作は、各所にワークシャツのエッセンスを取り入れています。さらに、リアルレザーを駆使したくるみボタンをセレクトするなど、細部の意匠にもぬかりはありません。

1941年創業の老舗ミリタリーブランドより、武骨な雰囲気を放つCPOシャツ。肉厚なメルトン生地を使っていて防風性に秀でているので、ジャケットのような感覚で着ることもできます。

CPOシャツ×カーゴパンツという、ミリタリーテイスト全開のコーディネート。しかし、シックなモノトーンカラーを基調としているため、その面持ちはいたってスマートです。

ホワイトのウールシャツをさらりと上に羽織れば、スマートさだけでなくクリーンさもあわせて入手できます。シャツの清潔感が際立つよう、そのほかのアイテムはごくシンプルに。

ウールシャツ&アイウェアのマッチアップならば、知的なムードが香り立ちます。カラーフェードしたデニムパンツでリラックス感をミックスする上級テクニックにも注目を。

ウールシャツをアウターのようなニュアンスでプルオーバーニットにオン。シャープな黒シャツは、遊び心あるニットやチェックスニーカーが放つカジュアル感を緩和してくれています。

チェック3:季節感をさらに強調できるアースカラーも◎

ただでさえ秋らしさの色濃いウールシャツですが、ブラウン、オリーブをはじめとした季節感たっぷりなアースカラーの一着を選べば、その持ち味をより効果的に強調できます。簡潔な着こなしでもカンタンにおしゃれに見せられるので、シンプル派の大人にぴったりです!

春夏大ブレイクしたバンドカラーシャツは、この秋も引き続き人気。こちらはコットン×ウールの混紡ボディーゆえに肉厚感が割と控えめなので、すっきりとした着こなしに向いています。

ライニングにナイロンキルティングが配されたシャツジャケットタイプ。秋口ならばアウターとして十分な存在です。やや余裕のあるサイズ感なので、レイヤードスタイルにも好適。

特殊な加工を施したウール糸を使って織り上げているので、特有のごわついた肌触りとは無縁です。スタンダードなボタンダウンチェックなので、ボトムスを問わず着こなせますよ。

オリーブカラーは秋色の代表格。トップスで取り入れれば季節感が色濃く出ます。袖裏部分やスニーカーのホワイトでアクセントをつけることで、程よく軽やかに仕上げました。

『ダントン』のブルゾンを主役としたワークスタイル。少し武骨度高めですが、中からブラウンのウールシャツをチラリとのぞかせれば、スタイリングのイメージがぐっと柔らかく。

カーキのミリタリーシャツ1枚使いで潔くコーディネート。発色性豊かなニットキャップ&スニーカーでスタイルをトーンアップすることで、抑揚も隙なく意識しています。

『ペンドルトン』のウールシャツに、『リーバイス』の505コーデュロイパンツという組み合わせ。カラーリング&素材感、どちらからも秋を感じることができる小粋な着こなしです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK