ブルゾン派?ロングコート派?秋アウターのコーデ術

ブルゾン派?ロングコート派?秋アウターのコーデ術

秋アウターは大きく分けるとブルゾンのようなショートタイプとコートのようなロングタイプに分類できる。今回はそんな秋アウターをショート派とロング派に分けて解説する。

大中 志摩

2016.09.26

アウター
秋の着こなし・コーデ

ショート派? ロング派? 秋のアウター論

どんどん肌寒くなり、日中はまだしもグッと気温が下がる夜はアウターが欲しくなってきた。例年どおり今年も秋アウターはMA-1やブルゾン、ステンカラーコートやチェスターコートなどに人気が集まっている。そこで今回は秋アウターをショートタイプとロングタイプの2つに分けて紹介していく。

ショート派は、サイズ感がキモ!

カジュアルなアイテムが多いショート丈アウター。大人が取り入れる際のポイントは、サイズ感にあり。基本的にはジャストサイズを選べば、ボトムのバランスも取り入れやすく、着回しやすい。旬なワイドパンツと合わせてトレンド感のある着こなしを楽しむのもおすすめだ。

ロング派は、シルエットが命!

1枚羽織るだけで大人っぽいスタイリングにキマるロングコート。シンプルなデザイン、細身のシルエットをチョイスして、上品に着こなすのが大人の着こなしだ。またデニムなどカジュアルなアイテムにも相性が良く、ドレッシーとカジュアルのMIXコーデもおすすめ。

ショート派におすすめ! アイテムと着こなしをチェック

この秋冬活躍間違いなしのおすすめショートアウターを厳選し、紹介していく。あわせてアイテムはあるけどどう着こなしたらいいかわからという人のために着こなしの参考にしたいコーディネート例もお届け。

▼今秋おすすめショートアウター

まずは、おすすめのショートアウターをご紹介。MA-1やブルゾンなどショートアウターはカジュアルな印象が強いかもしれないが、ネイビーなどカラー次第では上品な印象与えることも可能。

アイテム1『ビューティー&ユース』8オンス デニム MA-1

8オンスのデニムで仕上げた斬新なMA-1。コンパクトで丸みのあるシルエットに仕上げ、MA-1の各ディテールもしっかりと取り入れている。通常のMA-1とひと味違った雰囲気が楽しめ、経年変化にも期待したい。

アイテム2『ステュディオス』トリアセテートサテンスカジャン

インパクトの強いスカジャンをプレーンな無地仕上げでクリーンに表現。絹のように美しい光沢と柔らかい風合いのトリアセテートとポリエステルの混紡素材を使用しており、ドレープ性の高いキレイな落ち感と高級感のあるルックスが魅力的だ。

アイテム3『ナノ・ユニバース』ウォッシュドシングルライダース

シープレザーを洗い加工と乾燥を繰り返して、奥行きのある独特な表情を作り出した。革本来の柔らかさもキープしているので着心地も抜群。武骨なデザインながらも細身のシルエットなので使い勝手も良い。

アイテム4『ビームス』レイズドパラシュートパーカー

ボディーにストレッチクロスを使用したパラシュートパーカー。大きめのパラシュートボタンがアクセントになっており、レザーたたき付けのテープ使いもお見事。タイトなシルエットながらもノンストレスな着用感に仕上がっている。

アイテム5『ナンバーナイン』別注コーデュラナイロンMA-1

身幅とアームホールを程よい太さに抑え、ミリタリー特有の土臭さを払拭させた。むだをそぎ落としたミニマルかつスタイリッシュなデザインで汎用性の高いアイテムに仕上げた。ウエストと背中に施したダーツが美しいパターンを演出している。

▼バランスよくキマる! ショートアウターの着こなし

ショートアウターは丈が短い分、すっきりとした着こなしが楽しめる。さらに全体のバランスがとりやすく、合わせるアイテムも基本的に選ばないので幅広いコーディネートに活用できるのがショートアウターのいいところ。

シックな雰囲気漂うネイビーのMA-1はグレーのニットと白パンで爽やかにコーディネート。スニーカーで軽快感をプラス。柔らかい色使いでまとめているので着こなしがソフトな表情に仕上がった。

トレンド感のあるカーキのコーチジャケットをメインにストリートにまとめた。ストリートな着こなしながらも、インナーに白をのぞかせたことでクリーンでこなれた印象に。

上記で紹介しなかったがマウンテンパーカーもチェックしておきたいショートウアターのひとつ。深みのあるグリーンとインディゴが落ち着いた雰囲気を演出し、スニーカーとインナーのボーダーが軽快感を与えてくれる。

『バンソン』のダブルライダースジャケットをオールブラックでまとめモダンに表現。オールブラックでまとめているのでスニーカーのブルーのシューレースがアクセントとして効果的にはたらいている。

デニムジャケットに黒のシャツを合わせてシックに着こなした。スヌードで首元にボリュームを出してこなれ感をプラス。上半身が暗めの色で固めた分、パンツとスニーカーは明るい色でバランスを整えた。

シンプルな着こなしもモノトーンでまとめれば洗練されたいモダンなスタイルに格上げすることができる。重くならないようにキャップやスニーカーは白をチョイスして軽快感を出した。

ベージュのスエードブルゾンにブルーのニット、白パンを合わせて爽やかさを強調。クラッチもベージュを選んでまとまりのある配色を意識しているので小気味好いリズム感が生まれている。

ロング派におすすめ! アイテムと着こなしをチェック

大人っぽい着こなしを楽しみたいという人はロングアウターがおすすめ。これからの季節に活躍間違いなしの注目アイテムとロングアウターを使ったおしゃれな着こなしを一挙ご紹介。

▼今秋おすすめロングアウター

コーディネートを考える前にまずはアイテムの準備をしなければ始まらない。そこでこの秋冬、本当に使えるロングアウターを選んでみた。アイテムの準備がまだ済んでいないという人はこの5着から狙ってみては。

アイテム1『アーバンリサーチ』3way シティーコート

取り外し可能なライナー付きで3wayに対応した使い勝手抜群の一着。表地にはワックスコーティングを施したオックス生地を使用している。ラグランスリーブ仕様でリラックした着心地に。

アイテム2『ステュディオス』ヴィスコース ステンカラーコート

ヴィスコースを混ぜたビーバー仕立てのメルトンボディーは、美しいドレープ感と光沢感があり高級感のある仕上がり。素材の力を引き出す、むだのないシンプルなデザインでどんなコーディネートでも活躍してくれる。

アイテム3『ジャーナルスタンダード レリューム』シングルトレンチコート

50年以上の歴史を誇るイタリアの高級ファブリックメーカーの生地を使用したトレンチコート。高密度で織られたハリ感のあるコットンギャバジン素材には撥水効果もあり、雨の日でも安心して着用できる、

アイテム4『アメリカン ラグ シー』モッズコート

オリジナルで製作したトルファンコットンを使用したブロークサテン生地は強度に優れ上品な光沢が高級感を醸し出す。ライナーのボアは毛足を短くし、ウールを混紡することで保温性を向上させた。ライナー取り外し可能。

アイテム5『アバハウス』リバーシブルビーバー フードコート

トレンド感のあるオーバーシルエットを採用したフードコート。裾に広がるAラインシルエットでフードは立ち上がりが低めに設定されているので、すっきりとした着こなしが楽しめる使い勝手のいい仕上がりに。モダンなデザインも魅力。

▼一気に大人ムードが高まるロングアウターの着こなし

ロングアウターはうまく使いこなせば大人の男の魅力を最大限引き出してくれる強い味方。ここからは、そんなロングコートを使ったおしゃれな着こなしを紹介していくので、コーディネートの参考にぜひ。

タートルネックニットとステンカラーコートにワイドパンツを取り入れて旬度抜群の着こなしに。ダークトーンでまとめた着こなしは足元に明るいカラーを取り入れると軽快に演出できる。

ラバーコーティングの素材感が印象的なモスグリーンのコートを主役に黒でまとめてスタイリッシュにコーディネート。ソックスやコート裏地の白を適度に主張させてリズミカルに仕上げた。

定番のステンカラーコートにタートルネックニットで品良くまとめ、チノパンにスリッポンで軽さを演出。ネイビー×ベージュ系の組み合わせで色を絞ることで、大人っぽさをより強調した。

ベージュのチェスターコートはシャレ感抜群。白パンで清涼感を出しつつ、インナーはネイビーのニットでシックに。カモフラのストールがきれいめコーデのいいスパイスになっている。

丈の長いコートスタイルは細身のパンツを合わせてすっきりと見せるのが鉄板。ライトグレーのケーブルニットをインナーに合わせることで着こなしに動きを出せるので、バランスよくまとまっている。

薄手のジャケットコートをデニムとプリントT、ベースボールキャップでラフに着こなした。パンツの裾を大きくロールアップしてさりげなく個性をプラスしつつ、赤のソックスでアクセントをプラス。

ビッグシルエットのステンカラーコートをリブパンツと合わせた鮮度の高い着こなし。ユニークなキャップで遊びを加えている点もお見事。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK