これが今っぽい。秋アウターのおすすめをトレンド別に厳選ピックアップ

これが今っぽい。秋アウターのおすすめをトレンド別に厳選ピックアップ

秋の新作アウターが気になる時期がやってきました。今季のトレンドを踏まえつつ、ハズさない“旬モノ”をご紹介。出遅れることなく、準備を整えていきましょう!

2022.10.04
SHARE
記事をお気に入り
平 格彦

執筆者

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。 記事一覧を見る
...続きを読む

流行への意識を忘れずに。秋アウターのトレンドはもうチェックした?

流行への意識を忘れずに。秋アウターのトレンドはもうチェックした?

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

気温が少しずつ落ち着いてきて「そろそろ本腰を入れて秋アウターを探そうか」と考えている人も多いかと思います。アウターは言うまでもなく秋の着こなしの“顔”となる存在。ハズさないアイテムを手に入れておく必要があるので、トレンド事情を考慮しつつチョイスするのが正解と言えるでしょう。トレンドのテーマを3つに分け、それぞれおすすめアウターをレコメンドしていきます!

秋アウターのトレンド1:ミリタリーテイスト

継続的に注目されてきたミリタリーテイストのアウターですが、今季はさらに注目度が高まりそうです。正統派のミリタリーアウターで男らしさを演出するのが正攻法ではありますが、少しヒネりのあるアウターを選んでさりげなくミリタリーテイストを醸すほうが新鮮。どこかモダナイズされたアウターを選んで着こなしましょう。

アウター1

CPOジャケット

CPOジャケット

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ミリタリー系の軽アウターとして人気を高めているCPOジャケット。今季はさまざまなブランドからリリースされています。CPOシャツと呼ばれているように、シャツジャケットとして捉えるのが正解。とにかく気軽に羽織れるのが魅力です。特徴は両胸のポケット。フラップ付きのパッチポケットで存在感があり、ミリタリーなムードを振りまきます。そもそも「CPO」は「Chief Petty Officer」の略で、アメリカ海軍曹長のこと。CPOジャケットは士官用のシャツジャケットがモチーフなので、どこか品があって大人にも最適です。

CPOジャケットは今季のトレンド候補だ。おすすめアイテムとメンズコーデ

ウェア・コーデ

CPOジャケットは今季のトレンド候補だ。おすすめアイテムとメンズコーデ

ミリタリーをルーツとするCPOジャケット。CPOシャツとも呼ばれるこのアイテムが久々にブレイクの兆しを見せています。おすすめ品とコーデ例をチェックしてみましょう。

髙須賀 哲

2022.09.22

アウター2

MA-1ジャケット

MA-1ジャケット

CAMBIO

CAMBIO

お気に入り追加

今年の春も人気を集めていたブルゾンの代表格がMA-1ジャケットです。秋になっても活躍の場は広がりそうで、上品なコーディネートのハズしとして取り入れると新鮮。大人なムードに仕上がります。素材はナイロン、カラーはブラックやカーキが定番ですが、この秋は素材やカラーでモディファイしたタイプが増加。シルエットやディテールで今っぽさを高めたデザインも増えています。

MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したい着こなし術

ウェア・コーデ

MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したい着こなし術

鉄板アウターとしてすっかり定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールやサイズ感、着こなしはアップデートしていきましょう。

山崎 サトシ

2022.10.07

アウター3

キルティングライナージャケット

キルティングライナージャケット

WAIPER楽天市場店

WAIPER楽天市場店

お気に入り追加

M-65フィールドジャケットなどのキルティングライナーをモチーフにしたアウターがにわかに増えています。中綿が封入されていて、薄手なのに温かいのが大きな魅力。ビッグシルエットでリラクシングなタイプが主流です。別売りのジャケットやコートなどと組み合わせて使えるタイプも少なくないので、自分専用レイヤリングシステムの一環として取り入れると便利です。

かつての脇役が今や主役。ライナージャケットで取り入れる旬なおしゃれ感

ウェア・コーデ

かつての脇役が今や主役。ライナージャケットで取り入れる旬なおしゃれ感

ダウンに替わる枠として、ライナージャケットの人気がじわじわと高まってきています。その戦力の高さを生かすために押さえるべきポイントを、即戦力候補と一緒にご紹介。

遠藤 匠

2021.12.14

▼ミリタリーテイストアウターの今年らしい着こなし方

ミリタリーアウターは男っぽいワイルドな印象が強いので、それを和らげつつ今っぽいリラックス感を加えて着こなすのがおすすめ。色柄やシルエットでアレンジするのが有効なテクニックです。それでもディテールから十分なほどミリタリーテイストが匂い立ちますよ。

着こなし1

らしくない色柄を選んで上品かつ新鮮に

らしくない色柄を選んで上品かつ新鮮に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーアウターは無地のカーキ、ベージュ、ブラックや、カモフラージュ柄が定番。だからこそ、それ以外のカラーや柄を選ぶだけで新鮮な印象が打ち出せます。この着こなしではチェック柄のCPOジャケットをセレクト。アメカジ感が強くならないように、タートルネックやイージースラックスで品良くまとめてバランスを整えています。

着こなし2

素材の変化とワントーンコーデで都会的に

素材の変化とワントーンコーデで都会的に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーアウターはアイテムごとに定番の素材が決まっています。そのため、他の素材に置き換えたタイプを選ぶだけで手軽にアップデートが可能です。このお手本では、ナイロンではなくラムレザーを使ったMA-1ジャケットを着用。クールな質感と細身のシルエットを生かすため、全身をブラックのワントーンでまとめてクールに仕上げています。素材の変化や小物使いでさりげなく表情を生み出し、こなれ感も演出。

着こなし3

オーバーサイズなどでトレンド感を補強

オーバーサイズなどでトレンド感を補強

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カラーや素材だけでなく、大きめのシルエットで今どきなムードを生み出すのもおすすめ。このコーディネートでは、ビッグシルエットのキルティングライナーを選ぶことで今どきなリラックス感を演出しています。この秋のトレンドとして注目されている柄モノのニットをインナーとして使って覗かせつつ、下半身をブラックで揃えて大人っぽく落ち着かせているのも好バランス。

秋アウターのトレンド2:アウトドアテイスト

アクティブなイメージを打ち出すことができ、優れた機能性も享受することができるスポーツMIXスタイルの人気が継続していますが、この秋はその派生形の1つとしてアウトドアMIXスタイルがイチ押しです。もっとも存在感のあるアウターをアウトドアテイストにするのが効果的。そもそもアウトドア系アウターの人気も続いているので、上品で着こなしやすい1着を真剣に揃えましょう!

アウター1

マウンテンパーカー

マウンテンパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

常に人気の高いアウトドア系アウターの筆頭がマウンテンパーカー。アウトドアテイストを強調するならビビッドな原色やバイカラーのデザインを駆使したタイプが最適ですが、今シーズンはきれいめに着こなしやすいタイプが気になります。具体的には、モノトーンをはじめとするシックなカラーのワントーンタイプが狙い目。大人っぽいコーディネートになじみやすいマウンテンパーカーを幅広いシーンで活用しましょう。

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

ウェア・コーデ

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドア人気は衰え知らず。特に街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、メンズなら1着は押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

2022.09.13

アウター2

フィッシングジャケット

フィッシングジャケット

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ここ最近、ポケットの多いアウトドア調のアウター類が多くのブランドから提案されています。デザインが象徴的なのはフィッシングジャケットですが、ハンティングジャケットやサファリジャケットを含めたポケットの多いアウトドア系アウターをぜひ着こなしてみましょう。ポケットが多いほどラフな印象になりやすいので、他のディテールやカラーは落ち着いているタイプを選ぶのがおすすめです。

アウター3

フーデッドコート

フーデッドコート

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

マウンテンパーカーやダウンジャケットなど、アウトドア由来のアウターは丈が短めのタイプが大半。だからこそ、丈が長くなるだけで新鮮な印象になります。アウトドアテイストを感じさせるナイロン系の素材を使ったコートが特におすすめ。マウンテンパーカーの丈を延ばしたようなコート類を着こなしてみてください。レングスが長いほどエレガントな印象は増すので、簡単に大人っぽいコーディネートに仕上がりますよ。

▼アウトドアテイストアウターの今年らしい着こなし方

すでに解説した通り、目指すべきはアウトドアMIXスタイル。アウトドアテイストのアウターをメインにしつつ、アウトドアのムードが強すぎないバランスにまとめるようにすると現在進行系のコーディネートが完成します。お手本を見てイメージを確認しましょう!

着こなし1

意外性のあるカラーリングで鮮度アップ

意外性のあるカラーリングで鮮度アップ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トーンを抑えたカラーリングが新鮮なマウンテンパーカーを着用。他のアイテムを明るいトーンのシンプルなデザインで統一することで、マウンテンパーカーを際立たせているのもマネしたいテクニックです。また、今季のトレンドとして挙げられるモカシンシューズを選んでいるのもポイント。カジュアルだけど新鮮で大人っぽい印象が絶妙です。

着こなし2

シンプルコーデでアウターの個性を強調

シンプルコーデでアウターの個性を強調

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ポケットがアクセントになっているアウトドアテイストのアウターが主役。秋を感じさせるマスタードカラーが存在感を放っていますが、ワントーンのシンプルなデザインが落ち着きも感じさせます。他のアイテムもシンプルなデザインばかり。色も定番カラーばかりですが、全体的にルーズなシルエットなので今っぽいリラックス感が漂っています。

着こなし3

インナーをシャツにして品良く格上げ

インナーをシャツにして品良く格上げ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

1つ前のお手本コーデでもシャツを活用していましたが、こちらの着こなしもインナーに上品なシャツを組み込んで大人っぽくアレンジした好例です。シャツはオーバーサイズですが、生地を切り替えたデザインがロングな丈感を緩和しています。メインのアウターは「マウンテンバルーンコート」。マウンテンパーカーの着丈を長くしたようなデザインの1着を羽織ることで、今どきなMIXスタイルを完成させています。

秋アウターのトレンド3:アメトラテイスト

アメリカのトラッドスタイルがトレンドの1つとして浮上しています。アイビーに代表されるアメトラ系のスタイルは、ドレススタイルやビジネススタイルよりもくだけたテイストで、カジュアルスタイルのなかでは上品なテイストです。そんなムードのアウターは、大人なコーディネートにぴったり。大いに着回しましょう!

アウター1

ブレザー

ブレザー

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

メタルボタン、パッチポケット、左胸のエンブレム刺繍などが日本におけるブレザーの特徴ですが、欧米ではもっと広い意味で使われることも。今回は後者に近いニュアンスです。いわゆるテーラードジャケットよりもややカジュアルなジャケットとして分類できるブレザーは、今後ますます人気が高まりそうな気配。適度なアメトラ感があり、気軽に羽織れて上品な印象も演出できるブレザーを着回してみることをおすすめします!

大人の着こなしは“紺ジャケ”より“紺ブレ”でメイクしよう

ウェア・コーデ

大人の着こなしは“紺ジャケ”より“紺ブレ”でメイクしよう

大人のジャケットコーデの基本は“紺ジャケ”ですが、今はよりトラディショナルな気分の“紺ブレ”がおすすめです。ジャケットとブレザーの違いも含め解説しましょう。

池田 やすゆき

2022.02.25

アウター2

Gジャン

Gジャン

ライトオン楽天市場店

ライトオン楽天市場店

お気に入り追加

Gジャンはカジュアルスタイルの定番アウター。ただし今シーズンは、アメトラ的なルックスのGジャンにスポットを当てたい気分です。色落ち感が少ないオーセンティックな面持ちのタイプを選ぶのが基本。少し大きめのサイズ感やドロップショルダー、ボックスシルエットなどで今っぽいリラックス感も加味するのがイチ押しです。

Gジャンを選ぶなら大人らしさにこだわって。定番&高コスパブランド20選

ウェア・コーデ

Gジャンを選ぶなら大人らしさにこだわって。定番&高コスパブランド20選

アウターとしてもインナーとしても活躍するGジャン。でも、大人らしく着こなせるGジャンとはどんなものなのでしょうか? 選びのポイントとおすすめ品をご紹介!

平 格彦

2022.09.15

アウター3

ステンカラーコート

ステンカラーコート

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

軽やかなミドル丈のステンカラーコートは、秋先に重宝するアウターの筆頭。ビジネススタイルの定番でもありますが、カジュアルなコーディネートに組み込むとトラッド感がにじみ出ます。あまり奇をてらわず、使いやすい正統派を選ぶのがポイント。アメトラテイストを出し過ぎず、シックに着こなすと新鮮です。最近は高機能なステンカラーコートも増えているので、撥水性や収納力などもチェックしましょう。

▼アメトラテイストアウターの今年らしい着こなし方

主役のアウターだけでなく、他のアイテムもアメトラ感のあるものを選んでコーディネートするのがおすすめ。ベースをアメトラスタイルにしつつ、リラックス感のあるシルエットや異なるテイストのアイテムでアップデートすると今季的な印象を生み出すことができます。

着こなし1

タイドアップでトラッドスタイルを完成

タイドアップでトラッドスタイルを完成

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スーツを着る機会が減り、オンビジネスのシーンでネクタイを締めることが減っている今こそ、カジュアルなタイドアップスタイルを楽しむチャンス。アメトラ系アウターとの相性も抜群です。このお手本では、ブレザー・デニムシャツ・ネクタイ・ローファーでトラッドなムードを確保。旬なミリタリーテイストの強いカーゴパンツでラギッドなムードもMIXしています。

着こなし2

高めのネックと青のグラデーションで上品に

高めのネックと青のグラデーションで上品に

WEAR

WEAR

お気に入り追加

Gジャンを大人っぽく着こなしたお手本。ダークカラーのデニム製アイテムを選びつつ、ブルーのグラデーションによって品良く爽やかにまとめています。インナーのタートルネックに加え、キャップ&シューズによる黒の統一感も上品なムードを上乗せ。上下デニムだとラフになりがちですが、着こなし次第でここまで大人っぽくまとまります。

着こなし3

トラッド感とリラックス感の調和が今季的

トラッド感とリラックス感の調和が今季的

WEAR

WEAR

お気に入り追加

アウター単体のシルエットだけでなく、コーディネート全体でリラックス感を演出すると一層今っぽい印象になります。このお手本では、ステンカラーコート、シャツ、パンツのすべてがオーバーサイズ。ただし、全アイテムがシンプルで、大人っぽい印象もキープしています。黒いレザー製のショルダーバッグとモカシンシューズでさり気なく引き締めているのもお見事!

9月の服装参考集。気温差が激しい時期のコーデとマストハブアイテム

ウェア・コーデ

9月の服装参考集。気温差が激しい時期のコーデとマストハブアイテム

厳しい残暑を体感する日がある一方で、薄着だとやや肌寒く感じることも少なくない9月。1年の中でも特に気温差が激しいこの時期を賢く攻略するためのコーデ&アイテムとは?

山崎 サトシ

2020.09.15

男の秋服、どうする? 2022年の秋コーデで取り入れたいアイテムと実践テクニック

ウェア・コーデ

男の秋服、どうする? 2022年の秋コーデで取り入れたいアイテムと実践テクニック

秋はおしゃれの季節。せっかくなら思い切り楽しみたいものです。メンズコーデを旬に導く着こなし法則やトレンドの秋服を押さえて、ファッションライフを満喫しましょう。

平 格彦

2022.09.20

気温20度の日の服装回答集。真似したくなるおすすめコーディネート26選

ウェア・コーデ

気温20度の日の服装回答集。真似したくなるおすすめコーディネート26選

メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

Hiroshi Watanabe

2022.09.15

この記事の掲載アイテム一覧(全9商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『メンズビギ』ヘリンボーン柄CPOシャツブルゾン
    『メンズビギ』 ヘリンボーン柄CPOシャツブルゾン
  • 『グラム』クリードMA-1
    『グラム』 クリードMA-1
  • 『米軍デッドストック』M-65 モッズコート用ライナー
    『米軍デッドストック』 M-65 モッズコート用ライナー
  • 『シェラデザイン』×『シップス』別注ビッグシルエット マウンテンパーカー
    『シェラデザイン』×『シップス』 別注ビッグシルエット マウンテンパーカー
  • 『コロンビア』ディスペアーベイジャケット
    『コロンビア』 ディスペアーベイジャケット
  • 『マッキントッシュ ロンドン』テクニカルステンカラーフーデッドコート
    『マッキントッシュ ロンドン』 テクニカルステンカラーフーデッドコート
  • 『ユナイテッドアローズ』4ボタン ダブル ブレザー
    『ユナイテッドアローズ』 4ボタン ダブル ブレザー
  • 『リーバイス』デニムトラッカージャケット
    『リーバイス』 デニムトラッカージャケット
  • 『グリーンレーベル リラクシング』TWボンディング ギャバ ラグラン ステンカラー コート -撥水・防風-
    『グリーンレーベル リラクシング』 TWボンディング ギャバ ラグラン ステンカラー コート -撥水・防風-

掲載アイテムをもっと見る(-3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP