ベージュと好相性な色はどれ? 大人に試してほしい、5つのカラーパターンを伝授

ベージュと好相性な色はどれ? 大人に試してほしい、5つのカラーパターンを伝授

ベージュは大人コーデに欠かせない定番色ですが、暖色ゆえの着膨れや地味感を回避する工夫が必要。ではどう着こなせばいいのか? おしゃれに見せる秘訣は配色でした。

2022.02.15
SHARE
記事をお気に入り
TASCLAP編集部

執筆者

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。 記事一覧を見る
...続きを読む

上品でやわらか。ベージュを上手く使って、一つ上の大人コーデを

上品でやわらか。ベージュを上手く使って、一つ上の大人コーデを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

同じメンズファッションにおける定番色でもブラックやネイビーとは異なり、肌の色と近いベージュは難易度が高いと思っている方も多いと思います。しかし、その柔和な色みは相手に安心感を与えることができ、さらには落ち着いた大人っぽい雰囲気を演出することも可能。しかもベージュはトレンドカラーでもあるので、着こなすことができればおしゃれの幅がグッと広がるはずです。

ベージュと相性のいい色は? おしゃれに見える配色とポイント

上品さややわらかさを演出できるのがベージュカラーの魅力ですが、一方で膨張して見えたり、馴染みすぎてともすれば地味に見えてしまったり……、なんてことも。どんな色と組み合わせれば相性が良く、今季らしくおしゃれに見えるのか? おすすめの配色と着こなすコツを紹介していきましょう。

▼配色1:柔和で大人っぽい、ベージュのワントーン

柔和で大人っぽいというベージュの魅力を存分に活かすなら、ワントーンに仕上げるののも手。ネイビーカラーのワントーンなどに比べると難易度は高いですが、トーンに差を設けてグラデーションを生み出したり素材感に変化をつけることで、膨張して見えることもなく洒脱な印象に仕上がります。

コーデ1

トーンの異なるベージュを組み合わせてバランスよく

トーンの異なるベージュを組み合わせてバランスよく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュのカバーオールとチノパンのセットアップを主軸としたスタイル。レイヤードしたパーカーには淡いベージュをチョイスし、濃淡をつけることでメリハリをメイクしています。インに仕込んだブラックのバッグが、コーデの締め役として効果的!

コーデ2

トーンが豊富なベージュの魅力を活かした着こなし

トーンが豊富なベージュの魅力を活かした着こなし

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トップスやボトムスだけでなく、小物までもベージュで統一。トーンに少しずつ変化をつけているため、ワントーンながらものっぺり見えることなく立体感が生まれています。とろみのあるパーカーとハリのあるチノパンを組み合わせていること、シンプルなアイテムをセレクトしていることも成功の鍵。

▼配色2:上品でスタイリッシュなベージュ×ブラック

ベージュをより品良く見せるなら、ブラックとのバイカラーで着こなせばグッと引き締まります。旬度の高いのオーバーサイズのベージュコートもブラックボトムスとならメリハリも効いて好相性。コントラストがコーディネートをすっきり見せてくれます。

コーデ1

ベージュのトレンチを爽やかに

ベージュのトレンチを爽やかに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

メンズファッションでは定番となるベージュのトレンチコートですが、ゆったり着られるAラインのロング丈なら今っぽいムードが漂います。ボトムスには程良くゆとりのあるリラックスシルエットのボトムスをセレクト。白のタートルネックでクリーンな雰囲気を上乗せすれば、爽やかなトレンチスタイルの完成です。

コーデ2

ルーズなサイジングも配色ですっきりと

ルーズなサイジングも配色ですっきりと

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ルーズなトレンチコートも王道のベージュなら上品顔。ボトムスともにルーズなサイジングでまとめていますが、すっきりして見えるのはベージュ×ブラックのコントラストやインナーに使用したシャツのおかげでしょう。

▼配色3:こなれ感漂うベージュ×アースカラー

ベージュ×カーキは同色ゆえに難易度が高いイメージがありますが、相性抜群の組み合わせなんです。ベージュを軸にインナーなどでカーキを差すのがポイント!

コーデ1

バランス良く取り入れた、ラフなミリタリーカーキとベージュコートの清潔感

バランス良く取り入れた、ラフなミリタリーカーキとベージュコートの清潔感

WEAR

WEAR

お気に入り追加

主役は、風を受けてやわらかくふくらむベージュのステンカラーコート。そのインナーにチルデンニットを挿してタイドアップすることで、トラッド&プレッピーな空気を醸成しています。トップスとコートで清潔感を描きつつ、リアルなミリタリー感のあるカーゴパンツで抜くところはしっかり抜いています。明るめのオリーブドラブも、コートのソフトさと共鳴!

コーデ2

色あわせで洗練を描き出した、アウトドアMIXスタイル

色あわせで洗練を描き出した、アウトドアMIXスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ベージュ×カーキの配色は土っぽい印象がありますが、軽やかな素材のものをセレクトすることで洗練されたスタイルに。マウンテンパーカーの裾から覗かせた白シャツでクリーンさをさりげなくアピールすることで、都会的に着こなすことが可能です。

▼配色4:きれいめカジュアル派におすすめしたいベージュ×濃紺デニム

ベージュもインディゴも万能なカラーだけに、その相性は言わずもがな。ベージュならではの柔和で大人っぽい雰囲気をキープするべく、きれいめな濃紺ジーンズとの合わせを推奨します。

コーデ1

Gジャンをシャツ代わりに使った、ワザありのレイヤードコーデ

Gジャンをシャツ代わりに使った、ワザありのレイヤードコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニムは何も足元で合わせなくてもOK。インナーに挿すことで、存分にベージュコートとのマッチングを楽しむことが出来ます。白Tを覗かせることでアクセントを効かせつつ、ブラックのテーパードパンツでグッと引き締め! あくまでストリートに振るべく、ヴィヴィッドなイエローが目を引くスニーカーのセレクトもユニークです。

コーデ2

ベージュと“デニスラ” でカジュアルな合わせを品良く格上げ

ベージュと“デニスラ” でカジュアルな合わせを品良く格上げ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

上品さとアクティブ感のどちらも楽しみたいのであれば、トレンチコートにキャップなどの小物を取り入れたこんなスタイルがおすすめ。柔らかなベージュとアンクル丈のデニムスラックスのおかげでやさしげな空気感も醸し出すことができます。レザーのローファーもやメガネも上品さアップに一役買うのでぜひ参考にしてみましょう。

▼配色5:洗練と上品さを両得できるベージュ×ホワイト

春から夏にかけておすすめしたいのがベージュ×ホワイトの配色。ベージュ×ベージュと比べ、洗練さと上品さ、さらには軽快な印象を強調することが出来ます。比較的スタイリングも簡単なので、挑戦しやすいはず。

コーデ1

セットアップを白Tでカジュアルに

セットアップを白Tでカジュアルに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

人気が高まりつつあるセットアップも、ベージュを選べば軽快な印象。インナーにはシンプルな白Tシャツをチョイスして爽やかカジュアルなムードにまとめました。全体的に淡い色みなので、小物で色を投入するとコーデにメリハリが生まれます。

コーデ2

旬度の高いゲームベストのレイヤード

旬度の高いゲームベストのレイヤード

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツ、ゲームベスト共にゆるく合わせた旬度の高いレイヤード。インナーには白のバンドカラーシャツを合わせ、知的さ漂う着こなしに仕上げています。単調になりがちな配色を、濃淡をつけることで立体的に見せている点にも注目を。

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

ウェア・コーデ

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。特にここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

TASCLAP編集部

2020.11.06

カーキに合う色とは? 着こなしをおしゃれに見せる5つの好相性カラー

ウェア・コーデ

カーキに合う色とは? 着こなしをおしゃれに見せる5つの好相性カラー

メンズの大定番カラーであるカーキ。似合う色を理解して適切に着こなすことができれば、コーデのおしゃれ度は格段にアップします。スタイルサンプルとともに詳しく解説!

平 格彦

2022.03.09

ベージュのスニーカーがニュアンスUPに効く。コーデのツボとおすすめ10足

スニーカー・シューズ

ベージュのスニーカーがニュアンスUPに効く。コーデのツボとおすすめ10足

大人のスニーカーといえばモノトーンが基本ですが、実はベージュも狙い目。品があって柔和な印象が持ち味です。コーデ術とおすすめモデルをご紹介するので、ぜひ参考に!

平 格彦

2021.03.18

大人こそベージュジャケットを。おしゃれに着こなす配色のコツとおすすめ10選

ウェア・コーデ

大人こそベージュジャケットを。おしゃれに着こなす配色のコツとおすすめ10選

ジャケットというと定番のネイビーやグレーを選びがちですが、大人のおしゃれを楽しむならベージュもおすすめ。与える印象やイチ押しの配色など、詳しく解説します。

近間 恭子

2020.09.30

欲しいのはこなれ感。ベージュTシャツの着こなしテクとおすすめ15選

ウェア・コーデ

欲しいのはこなれ感。ベージュTシャツの着こなしテクとおすすめ15選

こなれた印象と上品なムードを兼備するベージュのTシャツは大人にぴったり。コーデ構築のポイントからおすすめアイテムまで解説しますので、ぜひ着こなしてください!

平 格彦

2022.08.12

ナチュラルカラーを味方に。ベージュのシャツは、こなれた大人の新定番だ

ウェア・コーデ

ナチュラルカラーを味方に。ベージュのシャツは、こなれた大人の新定番だ

定番色のシャツを持っているなら、次に狙うべきはベージュの1枚。上品かつ爽やかな面持ちで、大人のスタイル格上げに好適です。着こなし術からおすすめ品まで一気に解説!

平 格彦

2022.04.08

落ち着きのあるブラウンカラーは大人コーデに必須。年中使える着こなし術とは

ウェア・コーデ

落ち着きのあるブラウンカラーは大人コーデに必須。年中使える着こなし術とは

大人っぽい印象を狙うなら、有効打となるのがブラウンカラーの採用。うまくコーデに取り入れればこなれ感が一気に高まります。効果的なブラウンコーデを徹底指南!

山崎 サトシ

2022.04.01

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP