大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

大人カジュアルの定番。スウェットシャツの秋冬コーデを考えてみる

スウェットシャツは秋の王道ウェア。とはいえ、シーズンごとにおしゃれな着こなし方は変化します。2019年はスウェットシャツをどう着こなすべきか、探ってみました。

平 格彦

2019.11.10

チャンピオン(Champion)
トップス
スウェット・トレーナー
秋の着こなし・コーデ

着回し力も抜群。秋冬はやっぱりスウェットシャツに頼りたい

着回し力も抜群。秋冬はやっぱりスウェットシャツに頼りたい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットシャツは秋冬の定番アイテムかつ、最近人気のスポーツテイストも宿しています。もともとはアメカジの王道アイテムだから、着回しやすさも優秀。こなれ感のあるビンテージ風のコーディネートにも不可欠です。

そんな万能すぎる定番ウェアだからこそ、周囲と差がつくおしゃれな着こなし術を実践すべき。具体的な着こなしサンプルと注目アイテムを紹介していくので、今シーズンの参考にしてください!

ポイントは3つ。2019年秋冬のスウェットシャツ着こなし集

定番のヘザーグレーのスウェットシャツを王道のアメカジテイストで着こなしてもOKですが、今シーズンらしく着こなしたほうが周囲を出し抜くことができます。ここでは、新鮮味のあるおすすめの着こなしを築くためのポイントを3つ紹介します。

ポイント1ブラック&ホワイトのモノトーンスタイルでクールに

霜降りグレーのスウェットシャツにジーンズを合わせ、ビンテージ調のアメカジスタイルを築くのが王道。だとしたら、それとはまったく異なるアプローチで着こなせば新鮮に映るはず。おすすめはモノトーンスタイル。ブラックとホワイトだけでコーディネートすれば、自動的にクールなムードが匂い立ちます。

ブラック&ホワイトのモノトーンスタイルでクールに

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ブラックのスウェットシャツにホワイトジーンズを合わせ、クールなスタイルのベースを作り出しました。トップスと同色のブーツを合わせることで、まとまりあるコーデに仕上げています

ブラック&ホワイトのモノトーンスタイルでクールに 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

スウェットシャツをブラックのアンクル丈パンツで抜け感あるバランスに仕上げています。足元にはチャッカブーツをセレクトして、ラフになりすぎないようまとめた点がGOOD!

ブラック&ホワイトのモノトーンスタイルでクールに 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ホワイトのトップスには爽やかな印象が漂いますが、スウェット自体の素材感とボトムスのコーデュロイが秋冬らしさを引き出します。ブラックのイージーパンツをセレクトしたことでラフさとクールさに統一感が生まれています。スニーカーもホワイト×ブラックの色合いで統一。

ブラック&ホワイトのモノトーンスタイルでクールに 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

スウェットシャツ×コーデュロイパンツという一見野暮ったくなりそうな組み合わせでも、ブラックのワントーンスタイルにまとめるとかなりクール。白いインナーを少しだけのぞかせて抜け感もプラスしています。

ブラック&ホワイトのモノトーンスタイルでクールに 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

こちらも全身をブラックで統一したワントーンコーディネート。スニーカーのホワイトソールがアクセントとして機能しています。スウェットのロゴも何気ないスパイスに。

ポイント2オーバーサイズでトレンド感を演出する

ジャストサイズが鉄則ではありますが、今シーズンはトレンド感のあるオーバーサイズをセレクトするのもアリ。とはいえ、だらしなく見えないように工夫することも大人の装いとして必須でしょう。そのテクニックをサンプルをもとに解説します。

オーバーサイズでトレンド感を演出する

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

トップスがオーバーサイズでボトムスはジャストサイズ。この上下のサイズバランスは、大人らしく見せるための鉄板です。ジーンズを主役にしたアメカジでも、サイズバランスに旬を取り入れるだけで今らしい着こなしに仕上がります。

オーバーサイズでトレンド感を演出する 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドカラーであり、秋冬っぽさを感じさせるカラーでもあるベージュを採用。ゆったりとしたトップスに対して、パンツとシューズをブラックで統一してシックにまとめている点が参考になりますね。

オーバーサイズでトレンド感を演出する 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットシャツにワイドパンツを合わせつつ、バケットハットとスニーカーでストリートMIXにまとめた着こなし。スウェットを旬色のブラウンにしたことで、季節感が漂っています。

オーバーサイズでトレンド感を演出する 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

トーンオントーンのカラーリングで落ち着いた印象を演出するのも、オーバーサイズのスウェットシャツを着こなすにはうってつけ。チャコールグレーのトップスからライトグレーのボトムス、そしてスニーカーもグレーで統一することでシックな着こなしに。

ポイント3シンプルに着こなしてスウェットのグラフィックやロゴを主張!

大人のコーディネートに用いやすいのは無地のスウェットシャツ。だからこそ、グラフィックやロゴが入ったデザインを選ぶと周囲と差をつけることができます。子供っぽい印象になりがちですが、スタンダードな色みのスウェットを選びつつ、定番カラーのシンプルなアイテムを合わせれば意外と大人なニュアンスに仕上がります。しかも、スウェットのグラフィックやロゴが着こなし全体のアクセントとして引き立ち、個性を打ち出してくれます。

シンプルに着こなしてスウェットのグラフィックやロゴを主張!

WEARWEAR

お気に入り追加

王道グレーのスウェットシャツもいいですが、個性を出すならプリントで遊ぶのが◎。上下ともにグレースウェットの着こなしも部屋着感が出ないのは、ネルシャツのインや、ハットやレースアップシューズの小物使いでコーデを締めているから。

シンプルに着こなしてスウェットのグラフィックやロゴを主張! 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンドのミリタリースタイルを連想させる“KHAKI”という文字が入ったスウェットシャツを用い、ネイビーのワントーンスタイルを構築。シックなムードの中でフロッキープリントが際立っています。

シンプルに着こなしてスウェットのグラフィックやロゴを主張! 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ラギッドなモチーフをフロッキープリントで描いたスウェットシャツをはじめ、ジーンズもシューズもブラックで統一。クールなアメカジスタイルが新鮮です。インナーのチェックシャツが挿し柄として効いています。

シンプルに着こなしてスウェットのグラフィックやロゴを主張! 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ビートルズのメンバーを刺しゅうで表現。“HELP”が描かれたユニークなグラフィック入りのスウェットシャツは、ネイビーカラーで落ち着きを出し、パンツにネイビーと好相性のグレーをもってくることでシンプルかつスタイリッシュな装いに。

シンプルに着こなしてスウェットのグラフィックやロゴを主張! 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

胸元にあしらわれたロゴはプリントではなく刺しゅう。ワンポイントながらもオレンジカラーでさり気ない着こなしのアクセントとなっています。ネイビーのスウェットシャツをホワイトパンツと秋冬カラーの小物で引き立て、ロゴを強調しつつ大人っぽい着こなしに。

今年の秋冬の狙い目! 今買いなスウェットシャツ

ここからは、新鮮なコーディネート作りに貢献してくれるスウェットシャツを紹介! 王道のグレーはディテールに個性があるタイプを、そのほかはカラーやプリントに特徴のあるタイプを選んでいます。

アイテム1『チャンピオン』ベーシック クルーネックスウェットシャツ

『チャンピオン』ベーシック クルーネックスウェットシャツ

2か所のロゴがブランドのアイデンティティーを主張している1着。ソフトな触感の生地に加え、適度にゆとりを持たせたシルエットもリラックスした着用感を生み出してくれます。リーズナブルな価格も魅力!

アイテム2『レミ レリーフ』×『ビームスプラス』別注クルーネック スウェット

『レミ レリーフ』×『ビームスプラス』別注クルーネック スウェット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

“究極のアメリカンベーシック”を追求する『レミ レリーフ』への別注品。シンプルですが細部にこだわり、ビンテージスウェットに見られるフリーダムスリーブを採用しています。素材はオーガニックコットンの落ち綿を使用。

アイテム3『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』ピグメント加工 ビッグロゴ クルースウェット

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』ピグメント加工 ビッグロゴ クルースウェット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

特殊な溶剤を使って前処理をした生地に、顔料を使って後染めするピグメント加工がリアルなビンテージテイストを醸出。単なるネイビーとは異なり、独特なムラや色褪せやような風合いが圧巻です。胸元にはビッグサガラワッペンを使用し、オールドユニフォームを感じさせる雰囲気に。

アイテム4『アーバンリサーチ』ルーズクルーネック度詰めスーピマスウェット

『アーバンリサーチ』ルーズクルーネック度詰めスーピマスウェット

生地に用いたのは上質な長綿であるスーピマコットン。シルキーな光沢としなやかな風合いが魅力で、それがそのままソフトな触感につながっています。季節感あるカラーリングかつ、個性を出せるアイテムです。

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

最新秋服トレンドとコーデで意識したい5つのポイント

最新秋服トレンドとコーデで意識したい5つのポイント

今年の秋服はどう着こなすのが正解なのか。その指針としてトレンドコーデや旬の要素を解説しましょう。手持ち服に取り入れるだけで旬度を高める方法、必見です!

平 格彦

出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    リピーター続出。ダントンのインナーダウンが優秀すぎて手放せない

    おしゃれな大人たちの間で『ダントン』のインナーダウンが人気爆発中です。その魅力からコーデサンプル、すぐに買える新作ラインアップまで、余すことなくご紹介します。

    山崎 サトシ

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    パタゴニアの名作、レトロXはどう着こなす? 今どきコーデを作る7大法則

    90s調のルックスがトレンドにマッチする『パタゴニア』の「クラシック・レトロX」。ただし着こなしは古臭くならないようご注意を。今どきに着こなす7つの法則、教えます。

    TASCLAP編集部

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。

    モチヅキ アヤノ

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    桂川 千穂

    BACK