プーマの名作。スウェードの魅力とカラバリ、コーデまで

プーマの名作。スウェードの魅力とカラバリ、コーデまで

シンプルでナチュラルなメンズのコーデに合わせるシューズは、今シーズンもやはりスニーカーが主役の気配。この春は、シックな表情の『プーマ』のスウェードに再注目です。

Hiroshi Watanabe

Hiroshi Watanabe

SHARE
記事をお気に入り
2019.04.10

大人のシンプルコーデには、『プーマ』のスウェードがよく似合う

大人のシンプルコーデには、『プーマ』のスウェードがよく似合う

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルでナチュラルなスタイルがすっかり定番となっているメンズのファッションですが、この春もシンプルなコーデが大人の気分。合わせるシューズは、やはりスニーカーが本命となりそうな気配です。そんな春のスタイルに合わせるスニーカーを選ぶなら、シンプルなデザインと上品な素材感、そしてシックなものからビビッドなものまで豊富なカラーバリエーションが選べる『プーマ』のスウェードはいかがでしょうか?

改めてチェック。『プーマ』のスウェードって、こんなスニーカー

1968年に発売されて以来、『プーマ』の1番人気のスニーカーとして多くのファンに愛されるスウェード。現在ではさまざまなファッションブランドとコラボしながら、多彩なカラーリングや素材を使用して発売し続けられています。ここではそんなスウェードの特徴を紹介していきます。

改めてチェック。『プーマ』のスウェードって、こんなスニーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バスケットボール用シューズとして誕生したスウェードは、シンプルなデザインとプレーンなシルエット、そして上質なスエード素材を使用したシックな表情が大きな特徴となっています。スエードのもつ上品さとサイドのフォームストライプ(プーマライン)の軽快なイメージが融合するスニーカーです。より具体的に、特徴を見ていきましょう。

特徴1

パンツの太さを問わない、トゥのシルエット

パンツの太さを問わない、トゥのシルエット

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

天然皮革のスエード素材がもつ高級感が目を引くスウェードのトゥ部分は、少し細身のプレーンな丸みを持ったベーシックなデザインとなっています。細身のパンツでもゆとりのあるパンツでも相性がよく、裾からのぞくトゥに違和感のない自然な見え方になります。

特徴2

スウェードならではの、ヒールデザイン

スウェードならではの、ヒールデザイン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『プーマ』には、スウェードをベースに作られたクライドというモデルも存在します。見た目がそっくりな2足ですが、アッパーのネームロゴが違うのはもちろん、スウェードにはヒールのキャットマーク(PUMAのロゴマーク)があり、クライドにはありません。

特徴3

シンプルながら機能的なソール

シンプルながら機能的なソール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

バスケットボール用スニーカーが起源のスウェードは、少し厚みのあるグリップの効いたソールとなっており、履き心地は抜群。ソールのパターンは『プーマ』のコートモデルに共通するオーソドックスなもので、クセのないスッキリとしたデザインとなっています。

代表色を紹介。『プーマ』のスウェード定番カラー

豊富なカラーバリエーションで知られる『プーマ』のスウェードですが、代表色といえるブラック、ネイビー、レッドのカラーは定番です。ここでは長年ファンから親しまれ、メンズのカジュアルコーデに合わせやすいスウェードの定番カラーとそのコーディネートを紹介します。

定番カラー1

ブラック×ホワイト

ブラック×ホワイト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スニーカーとしてだけでなく、レザーシューズとしてコーデに組み込んでも違和感のないブラックのスウェード。ストリート系カジュアルからモード系、きれいめカジュアルと、スタイルを選ばず合わせられる守備範囲の広さは、やはりスエード素材のもつ品のいい表情が大きく貢献しています。

ブラック×ホワイト 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストイックな白T×黒のパンツという着こなしにスマートな1足が好相性なスタイリング。シンプルな着こなしですが、ゆったりとしたトップスのサイズ感や短めのパンツ丈で旬度を高めています。絶妙なフォルムのスウェードだからこそ、ストリート感と品の良さを両立している点もおしゃれですね。

ブラック×ホワイト 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白・黒・グレーのモノトーンのアイテムのみで構成されたコーデでは、シューズで全体のイメージが大きく変わります。シックな黒のスウェードを合わせることで全体の雰囲気をグッと引き締め、浮きがちなホワイトパンツの派手さを抑えた大人のコーデに仕上がっています。

ブラック×ホワイト 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シンプルで上品な表情の黒いスウェードなら、スーツやセットアップに合わせても品のいいカジュアルなスタイルに仕上がります。同様にテーラードジャケットのコーデでも、黒いスウェードなら程良く「抜け」の効いたきれいめコーデを作ることができます。

定番カラー2

ネイビー×ホワイト

ネイビー×ホワイト

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

ネイビーカラーのスエード素材と白いフォームストライプのコントラストが上品で端正な表情のネイビーのスウェード。ジーンズと相性がいいのはもちろんですが、今年トレンドのジョガーパンツやスラックスに合わせるシューズとしても、合わせやすく雰囲気のいいスニーカーです。

ネイビー×ホワイト 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ホワイトやネイビーなどナチュラルカラーのコーデでは、インナーよりもシューズで全体のイメージが変わってきます。ローファーなどの革靴や白いスニーカーもいいですが、ネイビーのスウェードを合わせることで、まとまり感がありながらこなれたカジュアルコーデに仕上がります。

ネイビー×ホワイト 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

伸縮性の高い度詰め天竺のスポーティなセットアップに、腰に巻いたパーカーと色を揃えたスウェードを合わせた品の良いスポーツミックスコーデを構築。ネイビーのスウェードは、グレーのアイテムと合わせることで、コーデ全体がよりクリーンなイメージとなります。

ネイビー×ホワイト 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オールブラックや黒基調のコーデにカラーのシューズを合わせるのは意外に難しいものですが、ネイビーのスウェードなら、モノトーンの雰囲気を壊さずにクリアで上品な見え方が可能。黒やグレーなどのモノトーンと相性がいいというのもネイビーのスウェードの特徴です。

定番カラー3

レッド×ホワイト

レッド×ホワイト

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

鮮やかな発色のレッドも、スウェードでは欠かせない定番のカラー。ともするとシューズだけが悪目立ちして、コーデが子供っぽくなりがちな原色系のスニーカーですが、シンプルなスウェードならコーデに馴染み、雰囲気よくコーデの差し色になってくれます。

レッド×ホワイト 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ウール素材のブルゾンと共布のパンツのセットアップという個性的なスタイルに赤のスウェードがよく映えて、ラグジュアリーなスポーツミックススタイルに。ドレッシーなアイテムに合わせても違和感のないカラースニーカーは希少な存在といえます。

レッド×ホワイト 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シューズの合わせに悩むのが、グレーやベージュなどの淡い色みを基調としたカジュアルコーデ。こんなときにも赤のスウェードが活躍します。足元の赤がポイントとなりコーデを引き締め。アッパーがマットなスエード素材なので赤でも子供っぽくも見えません。

レッド×ホワイト 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストリート系スタイルにも赤のスウェードがマッチ。ダメージジーンズ×赤のスニーカーの組み合わせなんてやんちゃ感満載ですが、品のあるスエード素材なので、派手になりすぎず大人のコーデにも馴染むんです。

定番色だけじゃない。『プーマ』のスウェードはカラバリも豊富

『プーマ』のスウェードといえば、やはり豊富なカラーバリエーション。毎シーズン魅力的なカラーのスウェードが多数発表されています。ファッションブランドとコラボすることの多い『プーマ』ならではのただ派手なだけではない鮮やかなカラバリを紹介します。

カラバリ1

グレー×ホワイト

グレー×ホワイト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

数あるスウェードのカラバリの中でも、もはや定番カラーといっていいグレーのスウェード。シンプルなデザインとシックなグレーのスエード素材による上品で端正なルックスは、どんなスタイルとも合わせやすく、コーデ全体を上品にまとめてくれます。

カラバリ2

グレー×グレー

グレー×グレー

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

USA限定モデルのオールグレーは、サイドに型押しレザーをあしらいシックな大人のイメージに。ジーンズやジョグパンツなどのカジュアルなボトムスはもちろん、スラックスのようなきれいめなボトムスにもよく合う、上品な表情をもったスニーカーです。

カラバリ3

ブラック×ブラック

ブラック×ブラック

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

黒のスエード地に黒いレザーのフォームストライプを合わせた、オールブラックのスウェード。スニーカーの域を超えた品のある表情です。革靴やブーツの代わりにきれいめカジュアルの足元に合わせれば、上品な大人のスポーツミックスコーデとなるでしょう。

カラバリ4

ロイヤルブルー×ホワイト

ロイヤルブルー×ホワイト

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

爽やかなロイヤルブルーのスウェード。ジーンズやホワイトカラーのボトムスに合うだけでなく、黒やグレーなどダークカラーのボトムスとも思った以上にはまります。ちょっとこなれ感のある大人カジュアルの差し色としてコーディネートに組み込んでみてください。

カラバリ5

ネイビー×ブルー

ネイビー×ブルー

Z-CRAFT

Z-CRAFT

お気に入り追加

ネイビーにブルーのラインが効いたスウェード。定番カラーのネイビー×ホワイトよりもカラーリングが映えるので、コーデのアクセントとしても使えます。ブルー系で統一感のある配色なので、コーデの邪魔にならないのが優秀ポイント◎。

カラバリ6

ワインレッド×イエロー

ワインレッド×イエロー

Z-CRAFT

Z-CRAFT

お気に入り追加

レトロな雰囲気ただようワインレッド×イエローのスウェード。配色は一見、奇抜で目立つ印象ですが、スエードの質感も相まってコーデに馴染んで意外と合わせやすいのが特徴です。特にアメカジテイストやミリタリーなスタイリングのハズしにうってつけの1足。

カラバリ7

グレー×レッド

グレー×レッド

Z-CRAFT

Z-CRAFT

お気に入り追加

赤いフォームストライプとグレーのコントラストが美しいスウェード。シックなコーデの差し色としても使いやすいカラーリングのスニーカーです。ホワイトジーンズなどの明るい色目のボトムスと合わせると、遊び心のある大人のカジュアルコーデに仕上がります。

カラバリ8

グレー×ブラック

グレー×ブラック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

90年代中盤に日本提案カラーとして同モデルの火付け役として生産されたカラーを採用。グレーをベースにブラックを利かせた、シックな雰囲気が作れる1足です。スラックスなどの上品なパンツと合わせれば、より品のある佇まいに。

カラバリ9

イエロー×グリーン

イエロー×グリーン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

どちらもビタミンカラーということで、エネルギッシュな印象を与えるイエロー×グリーン。春から夏にかけて、特にその季節感のある配色が活躍してくれそうです。キャッチーなルックスなので、ストリートな着こなしのワンポイントとして投入するのもおすすめです。

カラバリ10

パープル×イエロー

パープル×イエロー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ポップな色使いのパープル×イエローは、足元に軽快な空気を運び込んでくれます。ブラックやグレーなど、少し重ためのトーンの着こなしに取り入れれば一気に抜け感を与えること間違いなし。スニーカー以外の色を抑えるのが、大人っぽい履きこなし方のコツです。

人気スニーカーブランドから30モデルを厳選。おすすめしたい定番&新作総まとめ

スニーカー・シューズ

人気スニーカーブランドから30モデルを厳選。おすすめしたい定番&新作総まとめ

スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作や注目作も合わせてご紹介します。10ブランド、全30モデルは必見!

TASCLAP編集部

2021.10.01

プーマのスニーカー、おすすめモデルは? 定番から新作まで17足を紹介

スニーカー・シューズ

プーマのスニーカー、おすすめモデルは? 定番から新作まで17足を紹介

ダッドシューズ人気を受けて再び注目されている『プーマ』のスニーカー。定番から90年代スタイルを彷彿させる最新作まで、今手に入れられるおすすめモデルをご紹介します。

本間 新

2021.05.12

ローテクスニーカーの名作、今ならどう履く? ハズさない10足と旬コーデ

スニーカー・シューズ

ローテクスニーカーの名作、今ならどう履く? ハズさない10足と旬コーデ

シューズ界の顔として、時代を超えて愛され続けるローテクスニーカー。衰えの知らない名作モデルは、今どきなファッションとも十二分に高い親和性を持ち合わせている。

小林 大甫

2021.09.30

Hiroshi Watanabe
Hiroshi Watanabe
服飾専門学校卒業後、メーカー勤務を経て独立。現在は自社ショップに立つ傍ら各種デザインや企画、ファッション系のフリーライターとして活動。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP