おしゃれに見えるか否か、その差はサイズ感にあった!

今回は、着こなしの基本ともいえるサイジングについてご紹介。上下のサイズ感とバランスに注意し、スタイル良く見える3つのシルエットを押さえるべし!

大中 志摩

大中 志摩

SHARE
記事をお気に入り
2016.10.06

サイジングについて大人が知っておくべきこととは?

サイジングについて大人が知っておくべきこととは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

洋服選びでもっとも重要な要素といえるサイジング。最近はネットで購入する人も増えており、実際に試着せずに購入することが多くなっている。ネットでの購入で失敗しないためにもまずは自身のサイズをしっかりと把握してくおくことが大切。また、1回測ったからと油断せず、春夏、秋冬とシーズンごとに測るのがベストだ。無駄な時間を使わないためにも実店舗での購入であれ、ネットでの購入であれサイズチェックを行うように普段から注意しておくことでサイズ選びの失敗防止につながる。

知るべきは3つのライン。それぞれの“見え方”もチェックしよう

ベストなサイジングを選んだからといって気を抜くのはまだ早い。サイジングと一緒にチェックしておきたいのが洋服のシルエットだ。ここでは代表する3つのラインを紹介する。それぞれ着用時の見え方が異なるので着こなし全体の印象作りはもちろん、体型カバーにも効果的。

シルエット1:Iライン

Iラインとは、上下細身のアイテムでまとめたIのような細身シルエットのことで、縦のラインが強調されるのでスタイリッシュな着こなしが楽しめる。Iラインを意識した着こなしならば、背の小さい人や太めの人でも、背が高くすっきりとした印象に見せることが可能。どうしても厚着になるこれからの季節はIラインを意識することで着膨れ感を和らげることができる。

コーデ1

シルエット1:Iライン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイトなサイジングのコートを主役にアンクルパンツを合わせてIラインシルエットを構築。ダークトーンでまとめることで引き締まったスタイリッシュな着こなしに。足元は白スニーカーでアクセントを。

コーデ2

シルエット1:Iライン 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

丈の長いコートを用いることでもIラインシルエットを作ることが可能。Tシャツのデザインや、ソックスのレッドでアクセントをつけた。細身のリブパンツが縦のラインをより強調する。

コーデ3

シルエット1:Iライン 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーなMA-1もIラインでまとめれば野暮ったさを感じさせずに着用可能。シンプルな組み合わせながらもつば広ハットを取り入れてトレンド感をアピールしている。

コーデ4

シルエット1:Iライン 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニットとシャツのレイヤードスタイルにスキニーパンツを合わせた潔いコーディネート。余計なアイテムを組み合わせないことで大人っぽさを主張した。色数を減らし、それぞれの存在感を生かした。

シルエット2:Yライン・Vライン

上半身にゆったりとしたアイテム、下半身に細身のアイテムを組み合わせて作るYラインシルエット。上半身にボリュームがあり、下半身が細身なので男らしさを演出しながらもすっきりと見せることができる。そのため、がっちり体型の人や身長が高いやせ型の人におすすめのシルエットだ。ニットやコートなどを着る機会が多いこれからの季節は比較的実践しやすい。

コーデ1

シルエット2:Yライン・Vライン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボリューム感のあるマウンテンパーカーに細身のパンツを合わせてYラインシルエットを構築。上半身に明るめの色を持ってくることでよりYラインシルエットを強調することができる。

コーデ2

シルエット2:Yライン・Vライン 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツ、ニット、ライダースジャケットの3レイヤードスタイルで上半身にボリューム感を出した。細身のパンツをロールアップすることで、下半身をさらにすっきりと演出。アイテムの着こなし方ひとつでもシルエットを強調することができる。

コーデ3

シルエット2:Yライン・Vライン 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワークとアメカジを組み合わせたミックススタイル。トーンの低いチェックシャツを用いることでシャツだけが悪目立ちするのを防いでいる。Yラインシルエットのおかげで下半身がよりすっきりした印象に。

コーデ4

シルエット2:Yライン・Vライン 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

冬に欠かせないダウンジャケット。肉厚でかなりトップスにボリュームが出るため、ボトムは細身を選んでYラインシルエットに着こなすのが鉄則。ロングシャツとのレイヤードが縦のラインを強調しているのもすっきり見せるコツ。

シルエット3:Aライン

Aラインとは上半身はボリュームを抑えた細身のシルエット、下半身をゆったりとしたシルエットのアイテムでまとめた着こなしのこと。下半身にボリュームを持ってくることで体全体のラインが細いという人でも全体のバランスを整えやすい。また、Aラインには足の太さを自然にカバーしてくれるというメリットもあるので足の太さが気になっているという人にもおすすめだ。

コーデ1

シルエット3:Aライン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ミリタリーシャツを主役にしたシンプルなコーディネート。上半身をミニマルにまとめ、下に向かって広がるAラインシルエットに。全体の線が太くなり男っぽさがより強調されている。

コーデ2

シルエット3:Aライン 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツを利用すれば簡単にAラインシルエットを作ることができる。上半身より下半身の色を薄くすることでメリハリが生まれ、細身の人でもワイドパンツをきれいに着こなすことが可能。

コーデ3

シルエット3:Aライン 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カバーオールとワイドパンツをネイビーでまとめトータルで表現。差し色として取り入れたボルドーカラーのベレー帽が上品な雰囲気を醸す。カバーオールの武骨な印象をAラインシルエットが盛り上げる。

コーデ4

シルエット3:Aライン 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カーキとレッドの季節感漂うカラーリングが印象的。下半身は旬なワイドパンツを合わせて鮮度アップ。スポサンを秋の着こなしで取り入れるならソックスとのコーディネートがおすすめだ。

注目編集者
大中 志摩
大中 志摩
都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

細部に宿るリュクス感。存在感満点のスケルトン時計を、人気スタイリストはどう見たか

着実に需要が高まっているスケルトン時計。選択肢は数あれど、どうせ手に取るなら確かな背景を持つブランドの1本を狙いましょう。今冬の注目作、その細部を掘り下げます。

SPONSORED by ブローバ

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP