本物を超えた!?進化したフェイクスエードに注目すべし

本物を超えた!?進化したフェイクスエードに注目すべし

秋冬の人気生地といえばスエード。今季は“リアル“よりも手入れが楽な“フェイク“が注目されています。本物に負けず劣らずのフェイクスエードの魅力とアイテムをご紹介。

平 格彦

2016.10.12

アウター
ボトムス

リアルを超えた!? フェイクスエードのアイテムに注目!

東レの新素材“ultrasuede(R)/ウルトラスエード(R)”が話題を集めています。高品位なリアルスエードに匹敵するソフトな風合いだけでなく、高度な品質と機能性を兼備。シワになりにくく、型崩れもせず、天然皮革の半分程度の軽さも実現しています。

ほかのフェイクスエードも同じような特徴を備えていますので、その風合いにマッチする秋になって注目度が高まっているのも必然。フェイクスエードのアイテムもバリエーションが拡大しています。

フェイクスエードとリアルスエードの違いって?

リアルスエードの魅力は、本物の革であるということ。その点に関して、フェイクスエードが勝ることはありませんが、そのほかの点ではフェイクスエードが凌駕しているといっても過言ではありません。3つのポイントで比較してみます。

比較ポイント1素材感

技術の進歩によってもっとも変化してきたのが素材感。フェイクスエードの質感は、そういわれなければわからないほどリアルスエードに近づいています。求める要素は状況によってはリアルを超えることも。いずれにしても、ソフトで滑らか、しかも軽量で、見た目も上品なフェイクスエードが増えています。

比較ポイント2扱いやすさ

そもそもリアルスエードとは、ヤギや子牛の皮の裏側を摩擦で毛羽立たせてなめした革を指します。ケアをすれば長持ちしますが、ケアを怠ると毛羽感がなくなったりしがちです。一方のフェイクスエードは、合成繊維の生地に特殊な加工をし、表面を起毛したもの。薄くても耐久性があり、扱いやすいのが特徴です。シワにもなりにくいので、日常使いしやすい素材です。

比較ポイント3価格帯

フェイクスエードはリーズナブルな価格帯も大きな魅力。ケース バイ ケースではありますが、同じブランドの似たようなアイテムで比較すると、リアルスエードの1/2〜2/3程度の価格帯で購入することができます。リアルではないというポイント以外は、フェイクスエードのほうが日常着に向いていますので、注目度が高まっているのも納得です。

フェイクスエードの手入れは簡単?

耐久性が高いフェイクスエードは、通常のドライクリーニングで洗濯できることが多く、ケアは比較的イージーに行えます。ただし、素材によって細かい特性は異なりますので、タグの表示に従ってきちんとお手入れを続けてください。

また耐久性が高いといっても、ダメージを受けないわけではありません。過度に神経質になる必要はありませんが、ある程度はケアすることで、ソフトで上質感のある風合いも持続します。

注目素材、フェイクスエードのアイテムを一挙に紹介!

実際にどんなアイテムにフェイクスエードが使われているのか。おすすめのアイテムを紹介しつつ見ていきましょう! ウェア類と小物類に分け、全20アイテムをピックアップしました。

ウェア編一気に秋らしい着こなしにキマるフェイクスエードのウェアたち

アウターを筆頭に、さまざまな洋服類にフェイクスエードが使用されています。その中から、今シーズンらしくて着こなしやすい逸品をえりすぐりました。全10アイテムを列挙します。

『アーバンリサーチ サニーレーベル』フェイクスエード3rdジャケット

ジージャンの名作、サードタイプのデザインをモチーフにしつつ、素材をデニムからフェイクスエードに置き換えた一着。いつものコーディネートに合わせるだけで、かなり新鮮に仕上がります。丈が短いため、シャツ感覚でインナーとしても着回せて便利です。

『エムケー ミッシェルクラン オム』20thアニバーサリー MA-1

ブランドの20周年記念として企画された限定品。MA-1をベースにしながら、ボディーもアームもタイトに仕上げることでモダンに仕上げています。また、フェイクスエードの特性を生かし、滑らかな手触り、肩のこらない軽量設計、圧倒的な伸縮性を追求し、快適な着心地にこだわっています。

『シップス ジェット ブルー』フェイクスエードダブルライダース 16AW

ハードな男っぽさが特徴のダブルライダースジャケットのデザインを採用しつつ、素材にフェイクスエードを用いることで、軽やかな着心地の一着に。キャメルの色みも軽快感を加速し、秋らしさも演出しています。また、細過ぎない絶妙なサイジングにより、インナーにスウェットパーカーなども着用できるように配慮。

『トルネードマート』T/Cスェード×ヘアラインカバーオールジャケット

コットン×ポリエステルのフェイクスエード生地に、ヘアライン (毛流れの柄) プリントを施し、よりリアルな味感を表現したオリジナル素材を起用。半比翼仕立てのシンプルなカバーオールなので、幅広い着こなしにマッチします。

『ティーケータケオキクチ』フェイクスエードブルゾン

フロントはフルジップ、袖口はシルバーのスナップボタンで留める仕様のシンプルなブルゾン。袖をまくることもでき、シャツ感覚で幅広く着回すことができます。落ち着きのある風合いで、カジュアルな着こなしもエレガントに見せてくれるアイテムです。

『ビームス』フェイクスエード ウエスタンシャツ

定番的なウエスタンシャツがベース。素材をポリエステル×ポリウレタンのフェイクスエード、襟をトレンドのノーカラー使用にすることで、今季らしくアレンジしています。王道のベージュも展開していますが、クールな面持ちのブラックもおすすめです。

『ミスターオリーブ』フェイクスエードノーカラーシャツ

こちらもノーカラー仕様のフェイクスエード製シャツ。ただし、バンドカラー部分をスタンドカラーといえるほどまで高く設定することで、新鮮な首回りに仕上げています。リアルなスエードでは表現できないしなやかなタッチを実現し、快適な着心地の一枚に。

『ビームスライツ』フェイクスエードヘンリーネックシャツ

手洗いもできるフェイクスエード素材でヘンリーネックシャツを製作。細身のシルエットで着丈は長めというバランスが今っぽい設定です。七分袖がさり気なく軽やか。インナーとして組み込んでも素材感がアクセントとして主張してくれます。

『シップス』ライダース リブ ブルゾン

今季トレンドのMA-1タイプを踏襲したジャケットは、ぜひとも購入を検討したいアイテムのひとつ。ウルトラスエード(R)ならではの上品なルックスはもちろん、ミリタリーライクなデザインとのギャップも楽しめる一枚です。

『タケオキクチ』ウルトラスエードジャケット

軽量かつシワになりにくいウルトラスエード(R)の特徴は、大人のマストアイテムであるテーラードジャケットでこそ味わうべき。ビジネスシーンでは品の良さを前面に打ち出すルックスが、休日には扱いやすさ抜群の素材感が心強く感じられるでしょう。

小物編ポイント使いでも季節感を演出できるフェイススエードの小物たち

優秀なフェイクスエードは、小物類にも採用されています。ハットやキャップ、バッグやシューズなどで取り入れれば、秋っぽさが一気に広がります。すぐに使えるおすすめの10点を紹介!!

『シップス ジェット ブルー』フェイクスエード ロングブリムハット

通常はウールやファーが用いられるハットも、フェイクスエードなら新鮮。トレンドのロングブリムを採用しつつ、装飾を省いたシンプルなデザインで、生地感を存分に引き立てています。かぶった際もフォルムをキープするしっかりとした質感もポイント。

『アーバンリサーチ iD』フェイクスエードハット

ナチュラルなカラーのフェイクスエード素材を用いたバケットハット。コーディネートにストリート感をプラスしてくれますが、フェイクスエードの上質感で子供っぽくは見えません。使い込んでいくうちに味感が深まり、愛着も増してこと確実です。

『ディッシュ』スエードキャップ

日本国内のファブリックメーカーがこだわって作ったフェイクスエード生地を用いたベースボールキャップ。素材感がリュクスな大人っぽさを付加しています。浅めのフォルムにすることで、今季らしいバランスに。グレーのほか、ベージュとブラックもラインアップ。

『ハロン』フェイクスウェードプリントキャップ

ポリエステル100%の良質なフェイクスエードをボディーに採用したベースボールキャップは、スポーティーなムードと落ち着いたニュアンスを兼備。フロントのプリントがアウトドア調のアクセントになっています。モカカラーに加え、ネイビーやブラックも展開。

『シップス』コンビレザーバッグ

レザーをベースにしつつ、フェイクスエードの柔らかい風合いをプラス。品があるデザインの中に、豊かな表情を演出しています。ただし全体的には、装飾をそぎ落としたシンプルなデザイン。オンでもオフでも使えるのに個性もあるという絶妙なバランスに仕上げています。

『ティーケータケオキクチ』フェイクスエードクラッチバッグ

ジップスライダーのフリンジがチャームポイントになっているフェイクスエードのクラッチバッグ。フリンジチャームは取り外し可能なので、表情をアレンジすることもできます。適度な大きさを確保したサイズ設定なので、実用性にも優れています。

『ポーター』×『B印吉田』別注 エイブル セクレタリー エクスクルーシブ 手帳カバー

耐摩耗性に秀でたフェイクスエード素材を表面に用いた手帳カバー。メモパッドやカードスペースなどを備えたマルチな収納が実用的です。カラバリは全5色で、旬なカーキのほか、定番的なブラック、ライトグレー、ネイビー、ブラウンをラインアップ。

『モルガンオム』スエードスニーカー

全面に良質なフェイクスエードをレイアウトしたシンプルなワントーンのスニーカー。ブラックに加え、トレンドカラーのカーキも展開しています。大人なニュアンスなのでオールマイティーに使用することができ、どんなコーディネートにもマッチ!!

『ブリスポイント』FLサイドゴアブーツ

トレンドのサイドゴアブーツですが、フェイクスエードを用いたことでいっそう秋っぽさが加わっています。マイルドですが高級感も漂い、大人なカジュアルスタイルにぴったりとハマります。フォルムはスマートなので、野暮ったい印象はありません。

『モルガンオム』レースアップシューズ

フェイクスエードを使用しているとは思えないリアルな仕上がりのショートブーツ。ワークなムードのある武骨なデザインですが、サイドジップ付きで容易に着脱できます。足元からさり気なく秋らしさを演出したいときにはうってつけの一足です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK