[編集部の注目]スマホより軽量!?KiUの折りたたみ傘

[編集部の注目]スマホより軽量!?KiUの折りたたみ傘

急な悪天候に頼れる折りたたみ傘、最大のネックが重量です。それをラク〜に解消するのが、『キウ』の折りたたみ傘。しかも使って良し・見た目良し・価格良しの三拍子揃い!

編集イトウ

2016.09.30

キウ(KiU)
雑貨
雨対策グッズ

夏の終わり〜♪ は雨が降ったり降らなかったり。そんなときに役立つのが折りたたみ傘

30度超えの真夏日から秋へと移行する秋霖の時期。雨が降るかも?って天気が続く今日この頃ですが、そんなときに頼りたいのが折りたたみ傘ですよね。しかし、折りたたみ傘なら何でもいいかというと、TASCLAP的にはNG。選ぶときのポイントは、以下の5点をチェックしましょう。

1.軽量で小さい
2.問題無く使える大きさ
3.雨風に負けないタフさ
4.おしゃれなルックス
5.高すぎない価格

これらの条件をすべて満たすのが、『キウ』のエアライトアンブレラというシリーズ。まずはブランドについて解説します。

超軽量でデザイン性も抜群! 『キウ』のエアライトアンブレラ

傘の製造メーカーとして、「自由な発想」というシンプルなコンセプトを追求するレイングッズブランド『キウ』。自分たちが着たい、持ちたい、作りたいと思うレイングッズを提案する『キウ』は、都会のライフスタイルだけでなく、アウトドアシーンでも活躍する機能や品質を備えるアイテムを多く展開します。

ブランド紹介はこれくらいにして、ここからは持っていることを忘れるぐらい軽い、ブランドを代表するエアライトアンブレラというシリーズをご紹介。先ほど挙げた5つのポイントに沿って、アイテムの特徴をお伝えします。

ポイント1:重量は驚きの約90g。スマホより軽いから入れっぱなしでもOK!

ポイント1:重量は驚きの約90g。スマホより軽いから入れっぱなしでもOK!

MSSMSS

朝の天気予報。降水確率は五分と五分、つまり雨が降るか降らないか微妙な天気。そんなときに頼れる折りたたみ傘ですが、携帯していると意外と重たいことに気づきます。それもそのはず。折りたたみ傘一般的に約200g前後あり、実は携帯するにはやや重たいなと感じる重量があるのです。

その一般的な重さの約半分しかない『キウ』の一本は、iPhone7の138gよりも軽い約90g! それでいて折りたたみ時の全長は21cmとコンパクトなので、非常に優秀なスペックを持ち併せています。これはスゴい!

ポイント2:開いたときの傘の直径は78cmあるので、男性が使用しても問題なし

「軽量でコンパクトだから持ち運びやすいのはよくわかった。でも、肝心の雨が降ったときに身を守る大きさがなければお話にならない!」そんな声が聞こえてくる気がしますが、もちろんこれもクリアしています。

メーカー発表のカタログ数値によると、傘の直径は78cm。傘を開いたときに傘の中心からまっすぐ端まである親骨も50cmあるため、広々使えるワケではありませんが問題無く使用することができます。

ポイント3:シャフトの一部にカーボン素材を採用することでタフさも兼備

「軽量でコンパクトだという点は確かに魅力的だけど、その分もろいのでは?」という心配をする人も多いかと思いますが、その点もご心配なく。しっかりタフですよ!

シャフトの一部にカーボン素材を用いることで、丈夫な作りに昇華されているんです。軽量かつ丈夫なカーボン素材なら、折りたたみ傘に求められるスペックを簡単にクリア。台風時に折りたたみ傘を使用する人はあまりいないと思いますが、そんなシーンでも頼りになりそうです。

ポイント4:無地からカモフラ柄、チェック柄まで、デザインのラインアップが豊富

機能性に優れていることがわかったら、次に気になるのはやっぱり見た目。憂うつな雨も楽しく、気分を晴れやかにしてくれるおしゃれなデザインを選びたいですが、その点ももちろん抜かりありません!

デザインは、ビジネスシーンでも使えるブラックやネイビーの無地、ウインドウペンからドットやボーダーといった定番の柄。デザイン性の高いカモフラ柄、ドットスター、ネオンラインとオン・オフそれぞれ対応するラインアップ。それもそのはず。雨具の専門店だけでなく、『アーバンリサーチ』や『シップス ジェット ブルー』といったそうそうたるセレクトショップでも取り扱いがあり、デザイン性の高さは折り紙付きなんです。

ポイント5:手が届く価格設定もうれしいところ!

ポイント5:手が届く価格設定もうれしいところ!

機能もデザインもバッチリ! あと気になるのはずばりお値段ですが、税別3,000円と手が届く範囲に設定されているのでご安心を! おしゃれに気を抜きたくない、けど何かと物入りなTASCLAP世代にドンピシャな折りたたみ傘といえるのではないでしょうか。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK