永世定番。ステンカラーコートの人気ブランド完全制覇

永世定番。ステンカラーコートの人気ブランド完全制覇

オン・オフで活躍してくれるアウターはなにかとうれしいもの。例えば容姿端麗にして楽に羽織れるステンカラーコート。なかでも信頼に足る実績十分な逸品は即手にしたい。

菊地 亮

菊地 亮

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.25

ステンカラーコートとは

ステンカラーコートとは

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ビジネスシーンを中心に、端正な顔立ちのステンカラーコートは長らく我々を支えてきた。その特徴は、後ろが高く前方へ向かい低い位置で折り返した襟、ラグランスリーブのゆとりのある肩周り、そして比翼仕立ての前立て。なお、“ステンカラー”はもともと和製英語で、語源としてはフランス語の“soutien(支える)”からとも、後ろが立ち上がり前に落ちているスタンドフォールカラーに起因するともいわれる。

ステンカラーコートとは 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ステンカラーコートは、似た特徴を持つことからバルマカーンコートと呼ばれることもある。バルマカーンコートはスコットランドのバルマカーンに由来し、太く短い羊の毛を使ったツイードや、ウールやコットンの織り目をきつく仕上げた綾織り生地のギャバジンで作られることが多い。双方の特徴が似通っていることから、どちらの名で呼んでもさして問題はないだろう。ただ、前述したように“ステンカラー”は和製英語。そのため海外では“ステンカラーコート”と言っても意味が通じない場合もある。

「ステンカラーコートはダサい」。それは選び方と着こなし方に難アリ

雨に強く強靭。その上シンプルなデザインも相まってビジネスシーンから全幅の信頼を寄せられるアウター。ただ、中にはカジュアルシーンにおいて物足りない、しゃれっ気がないといったイメージも。その印象を打破する選びやこなしのポイントを解説する。

「ステンカラーコートはダサい」。それは選び方と着こなし方に難アリ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

定番として君臨するアイテムだけに、やはりどこかに特徴のあるアイテムを選びたい。例えばシルエット。ラグランスリーブのリラックスした袖口が特徴とされるが、さらにドロップさせたビッグシルエットなら、いつもとは違った着こなしが可能となる。定番としての安定感を利用し、鮮やかなカラーや写真のような総柄に挑戦するのも1つの手。

「ステンカラーコートはダサい」。それは選び方と着こなし方に難アリ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ここ最近の流れでいえば、オーバーシルエットのコートがやはり理想的。となれば、そのルーズさを救う、端正なアイテムを合わせたい。ニットやジャケットはその好例で、カラフルな1着であれば、ややトーンを抑えたアイテムを合わせるのがベターといえる。また、オーバーサイズのトップスに細身のボトムスを合わせ、シルエットのグラデーションを意識した着こなしであればより今っぽく見せられる。

SPONSORED by

ナノ・ユニバース

スポーツMIXを狙うなら、ステンカラーダウンで

スポーツMIXを狙うなら、ステンカラーダウンで

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

スポーツMIXを狙うなら、ステンカラーダウンで 2枚目の画像

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

昨今のスポーツMIXに寄せるのも、時代感を意識したステンカラーコート選びに有効な手段。その意味で即戦力になってくれるのが、『ナノ・ユニバース』の『西川ダウン(R)』の「フードステンカラーダウンコート」だ。シルエット自体は、ゆったりめが気分な今どきの着こなしに映えるAラインシルエットであるが、ミニマルに徹したデザインは都会的かつすっきりとした印象。しかし、こう見えて、西川独自の技術でポテンシャルを最大限に引き出したムラード種フレンチダウンが贅沢にフィリングされている。着脱可能なフードや撥水性に富むミノテック仕立てのボディでスポーツMIXを実現しつつ、すまし顔なデザインでステンカラーコート本来のスタイリッシュさも味方につけられる。そんな欲張りを叶えてくれる1着といえる。

ステンカラーの定番にして王道、そして憧れ。『マッキントッシュ』のダンケルドとは?

ステンカラーの定番にして王道、そして憧れ。『マッキントッシュ』のダンケルドとは?

DALUMA

DALUMA

お気に入り追加

ステンカラーコートの代名詞として忘れてはならないのが英国の名門『マッキントッシュ』のベストセラーとして知られる「ダンケルド」。ゴム引きの生地で仕立てられた1着は特に素晴らしく、誕生した19世紀初頭の製法を今なお踏襲し作られている。表地の防水性はいうに及ばず、すべての縫い目の裏には雨の侵入を防ぐテープをセット。しかも、それらをすべての仕上げを人の手で行っているのだ。独特な肩傾斜とコンパクトなショルダー周りが特徴で、裾へ向かって広がるAラインにエレガントさが漂う。

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

ウェア・コーデ

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

時代を経ても色あせない永久定番として愛されている『マッキントッシュ』のステンカラーコート。ブランドの歴史から着こなし方まで、その魅力をご紹介します。

近間 恭子

2020.11.04

おすすめを一挙公開。ステンカラーコートの人気ブランド12選

英国の上流階級の間で乗馬用として親しまれ、以後、軍や国営鉄道でも採用されるなど伝統と実績は群を抜くステンカラーコート。これまで数多のブランドより発表されてきた定番ではあるが、なかでも、今、大人が手にしたいラインアップをお届けする。

アイテム1

『ジェイプレス』ベーシック ベンタイル ギャバジン パルマカーン コート

『ジェイプレス』ベーシック ベンタイル ギャバジン パルマカーン コート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

正統派のアメリカントラッドを象徴するブランド『ジェイプレス』ということで、トラッドスタイルに不可欠なバルマカーンコート(ステンカラーコート)も定番品の1つだ。フライフロントやラグランスリーブといった王道ディテールは踏襲しつつ、ウエストなどを少し絞って細身にブラッシュアップ。コットン100%ながら防水性を備える高機能生地「ベンタイル」を使用しているので、機能性も優れている。さらに、着脱可能なチェック柄のウールライナーも付属。

アイテム2

『ヘルノ』ラミナー ゴアテックス ステンカラーダウンコート

『ヘルノ』ラミナー ゴアテックス ステンカラーダウンコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリアの老舗コートブランド『ヘルノ』。当然ステンカラーコートも展開しているが、特に狙い目なのは高機能な「ラミナー」シリーズの1着だ。ハイスペックな「ゴアテックス」を使った2層構造の生地を用い、防水性、防風性、耐久性に優れているのが大きなポイント。中綿入りで見た目以上の保温を確保しながら、ジャケットの上から羽織っても着膨れしないシルエットを追求している。

エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

ウェア・コーデ

エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

近間 恭子

2019.12.19

アイテム3

『マッキントッシュフィロソフィー』ショートビーバー 2L ウェリントン

『マッキントッシュフィロソフィー』ショートビーバー 2L ウェリントン

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

すでに紹介した「ダンケルド」などの名作コートを展開している英国の名門アウターウェアブランド『マッキントッシュ』。そのDNAを引き継ぐ『マッキントッシュフィロソフィー』は、現代的な機能を取り入れたコレクションで人気を集めている。このステンカラーコートも高機能。蓄熱、透湿防水、防風機能を持つフィルムをラミネートした2層構造の生地を起用している。ただし、表面はカシミヤをブレンドしたショートビーバー生地でエレガントな印象。小ぶりな襟でスッキリしたイメージに仕上げているのもポイントだ。

アイテム4

『バブアー』別注 OS バーレー ウール

『バブアー』別注 OS バーレー ウール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『バブアー』の長丈コートといえば「ボーダー」が有名だが、パッチポケットのフィールドコートで少しカジュアルな面持ち。こちらの「バーレー」は、1930年代に開発された乗馬用コートがベースで、よりシンプルかつ上品なデザインだ。さらにこの1着は、『ジャーナルスタンダード』の別注によるアップデート版。今どきなオーバーサイズにアレンジしつつ、上品なウール生地で品格を高めている。その一方、アイコンともいるコーデュロイ製の襟は踏襲。アウトドアテイストがさりげなくにじみ出ている。

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

ウェア・コーデ

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

英国で誕生し、紳士の必須ブランドとして長きにわたって愛されている『バブアー』。その変わらぬ人気の秘密を、その歴史と名品の数々から読み解いていきます。

髙須賀 哲

2021.10.11

アイテム5

『MHL.』プルーフドコットンナイロンツイル コート

『MHL.』プルーフドコットンナイロンツイル コート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

コットン76%×ナイロン24%の生地で軽やかに仕上げたステンカラーコート。Aラインのシルエットを採用し、上品なイメージとリラックスした印象を両立している。一見シンプルなのに袖を通すとおしゃれにキマるバランスは、さすが『MHL.(エムエイチエル)』。英国の名門ブランド『マーガレットハウエル』から派生したカジュアルブランドならではの気品も漂っている。取り外し式のダウンライナーが付属し、幅広いシーズンに対応。

アイテム6

『スティーブン・アラン』トップ WR メルトン CMP バルマカーンコート

『スティーブン・アラン』トップ WR メルトン CMP バルマカーンコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

良質な素材を使ったアメリカンクラシックなカジュアルウェアで人気の『スティーブン・アラン』も、気の利いたステンカラーコートを展開している。最大の特徴は、上質感たっぷりのメルトン生地。毛織物の名産地として名高い尾州の専業メーカーに別注し、高密度で独特な風合いを持つ生地を生み出して使っている。また、Aラインのシルエットも美麗で、上品な印象を上乗せ。襟を立てて着用する際に使うチンストラップは、前立ての内側にセットできて便利だ。

アイテム7

『ブラックレーベル クレストブリッジ』バイ クラフツマン イミテーションデニム ステンカラーコート

『ブラックレーベル クレストブリッジ』バイ クラフツマン イミテーションデニム ステンカラーコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブリティッシュスタイルからインスピレーションを得ている『ブラックレーベル クレストブリッジ』は、英国テイストを感じさせるステンカラーコートを提案。右肩のガンパッチやDリング付きウエストベルトなど、トレンチコートのディテールを取り入れることで他にはないデザインに仕上げている。デニム調のコットンウールギャバジン生地も特徴的で、上品なのに表情があってカジュアルダウンしやすいバランス。青森県にある世界屈指のコート専用工場で縫製するなど、品質も圧巻。着脱式のウールライナーには、ブランドを象徴する「クレストブリッジチェック」も採用している。

アイテム8

『ビームスライツ』ダブルフェイス ステンカラー コート

『ビームスライツ』ダブルフェイス ステンカラー コート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

セレクトショップ『ビームス』のオリジナルレーベルの1つ『ビームスライツ』は、旅をするときの開放感や心地良さをテーマにした上質なカジュアルスタイルを提案。「LIGHTS(ライツ)」というネーミングには「軽やかな着こなし」という意味も込められている。このステンカラーコートも明るいトーンのベージュが軽快。裏地にガンクラブチェックを採用したダブルフェイスの生地で、チェック柄の覗かせ方によって表情がアレンジできる作りになっている。ルーズなAラインのシルエットはリラックス感を演出。

アイテム9

『シップス』多機能 オルメテックス ステンカラー コート

『シップス』多機能 オルメテックス ステンカラー コート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トラッドな要素をコンテンポラリーな表現で具現化した「スタイリッシュスタンダード」をコンセプトに掲げている『シップス』。このステンカラーコートも見た目はトラッドだが、現代的な機能を取り入れてアップデートしている。もっとも特徴的なのは、イタリアのファブリックメーカー『オルメテックス』の生地。コットン100%ながら撥水機能を備える生地に、世界最薄のメンブレンを貼り付け、防水、 防風、透湿性能を与えた別注生地を使用している。着脱できるライナーは、カシミアインサレーションシステム「CASHPAD(キャシュパッド)」を採用。薄くて軽いのに真冬に対応する保温性を完備している。

アイテム10

『アダム エ ロペ』ニッケ オーバーステンコート

『アダム エ ロペ』ニッケ オーバーステンコート

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

トップメゾンにも生地を供給しているメーカー『ニッケ』と、セレクトショップ『アダム エ ロペ』とのジョイントワークによるシリーズの1着。使用しているのはヴィンテージケンピメルトンで、枯死した羊毛のゴワゴワした風合いを見事に再現している。ボリューム感たっぷりの独特な生地感を生かすため、シンプルに仕立てているのも特徴。『アダム エ ロペ』ならではのエレガンスなムードは、流麗なビッグシルエットで表現している。軽い着心地を実現するため、肩周りのパターンにこだわって重さを分散しているのもポイント。

アイテム11

『モンキータイム』FRC MLN バルコート

『モンキータイム』FRC MLN バルコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

時代を越えてきたトラディショナルなアイテムをリスペクトしつつ、ストリートの自由な発想やモードのクリエイティブな感性をMIXしたスタイルを提案している『モンキータイム』。このステンカラーコートも、ストリート調のスタイルにマッチするオーバーサイズで仕上げている。その一方、ハウンドトゥース柄のツイード生地がクラシックな風格を醸出。上下スウェットのラフのコーディネートでさえ、このコートを重ねるだけで大人なニュアンスに仕上がる。

アイテム12

『ザ・ノース・フェイス』ロールバック ジャーニーズ コート

『ザ・ノース・フェイス』ロールバック ジャーニーズ コート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

いわずと知れた大人気のアウトドアブランド『ザ・ノース・フェイス』も、いくつかのステンカラーコートを展開している。軽量ナイロン製の1着は、ヴィンテージ加工による自然なシワ感が魅力で、いつでも気軽に羽織れる仕上がり。コンパクトに収納できる「ロールバック」仕様により、スタッフサックなしで手軽にパッキングできるのも便利なポイントだ。ベースはステンカラーコートだが、スナップボタンで着脱できるフードも付属。撥水加工が施されているため、ちょっとした雨なら十分にしのげる。

注目編集者
菊地 亮

無類のスポーツ好き。得意ジャンルは革靴

菊地 亮
地方の出版社にて編集を経験した後、独立。フリーのエディター・ライターとしてメンズファッションを中心に、スポーツ、グルメ、音楽など幅広い分野で活動。現在は、生まれ故郷である岩手県、そして東北の魅力を発信すべく東奔西走中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

この冬はブーツ&革靴が人気復活。アンダー5,000円でGUと叶える旬な“足元改革”

トレンド継続のリラックスコーデ。ただし、足元はブーツ&革靴で上品に仕上げるのが今季の新常識です。賢く足元を格上げするなら『GU』のハイコスパな新作に頼るのが正解!

SPONSORED by GU

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP