いいとこ取りのハイブリッドシューズが大人の新定番

いいとこ取りのハイブリッドシューズが大人の新定番

見た目は革靴に近いのに、履き心地はスニーカーそのもの。実用性に加え、コーディネートのアクセントにもなる、そんなハイブリッドシューズを紹介します。

平 格彦

2015.02.18

コールハーン(COLE HAAN)
ヒロシ・ツボウチ(HIROSHI TSUBOUCHI)
クラークス(Clarks)
革靴
革小物
ハイテクスニーカー

定番ブランドから、大人カラーのアッパー×旬色のソールを選べば間違いなし!!

アッパーは名門『コールハーン』のウィングチップですが、ソールは『ナイキ』の最新技術を投入したスニーカーソール。革靴の品格とスニーカーの快適性を併せ持つ、まさにハイブリッドな1足です。そんなルナ グランド ロング ウィングチップのなかでも、ブラック×ホワイトは人気。白いソールが新鮮味を振りまきます。

ルナ グランド コレクションは、カラーバリエーションが多彩なのに加え、アッパーにスウェードを用いたタイプやチャッカブーツ型など、さまざまな種類をラインアップ。好みの1足が見つかるはずです。

革靴メーカーならではの製靴技術が注ぎ込まれたキルトタッセルです。つまり、スニーカーメーカーでは用いない足なり構造のラスト設計、パターンの制作、釣り込みなどを駆使してフィッティングを追求。トラッドなネイビーのアッパー×現代的なホワイトソールという組み合わせが新鮮で、あらゆる装いの鮮度がアップします。

これは『ヒロシツボウチ』のウィングチップ型ハイブリッドシューズ。トリコロールのカラーリングは目を引きます。ポップな色合いがコーディネートのアクセントになり、暖かい季節でも活躍してくれること必至です。

デザートブーツは、英国の老舗『クラークス』が生み出した傑作。そのソールを鮮やかなカラーでアップデートしたところ、瞬く間に人気を集めました。元々のクレープソールもカジュアルなので、ほかのハイブリッドとは意味合いが多少異なりますが、トラッドなアッパー×モダンなソールという意味ではハイブリッドと言えます。

カラーリングが美しい『クラークス』のデザートブーツには、まだまだバリエーションがあります。ブルーのほか、ベージュ、グレー、カーキ、ネイビーなどもラインアップ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK