おしゃれなメガネを厳選。大人が愛用したい人気ブランド10選

おしゃれなメガネを厳選。大人が愛用したい人気ブランド10選

ファッションアイテムとしてこだわりたいメガネ。とはいえ、ブランド数も多くて何を選べばいいかお困りの方も多いのでは? 大人にぴったりなブランドを厳選しました。

TASCLAP編集部

2018.06.12

アイウェア
メガネ

メガネを選ぶ際に意識したいこと

メガネ=おしゃれアイテムとして浸透している今、デザイン性を重視して選ぶ人は多いと思います。とはいえ、自分に似合っているかが重要。自分の顔立ちや普段の着こなしなどトータル的にバランス良く見えるものを選ぶのがポイントです。

合わせて読みたい: 装いをグッと男らしく。自分に似合うおしゃれメガネの選び方

大人のスタイルにハマるメガネブランド10選

自分に似合う1本を探すといっても、どのブランドから選べばいいのか迷う方は多いはず。そこで大人スタイルとも相性の良いメガネブランドを紹介します。日々身につけるモノだからこそ、納得のいくお気に入りの1本を見つけましょう。

ブランド1『オリバーピープルズ』

ハリウッドスターやセレブからも支持される確かなブランド『オリバーピープルズ』。ヴィンテージフレームをヒントにデザインされたノスタルジックなコレクションが人気です。その代表的なモデルが505。ブランドがスタートした当時から展開されるアイコン的な本作は、プラスチックフレームとメタルテンプルの組み合わせがクラシカルなムード漂う1本です。

合わせて読みたい:
おしゃれな大人が愛用。オリバーピープルズのアイウェアが支持される理由
オリバーピープルズ ウエストの人気サングラスに注目

ブランド2『トム フォード』

スタイリッシュなコレクションを提案する『トム フォード』のアイウェアライン。TF5178は、トム・フォード初監督映画「シングルマン」でコリン・ファース氏が着用したことでも有名なモデルです。フレームのサイドにブランドを象徴するT字があしらわれたデザインが特徴的でクールな面持ち。

合わせて読みたい: かけ心地もデザインも秀逸。トム フォードのメガネ

ブランド3『ジーエルシーオー』

『オリバーピープルズ』の創業者ラリー・レイト氏を父に持つギャレット・レイト氏が、2011年にスタートした『ジーエルシーオー』。父親譲りのセンスで、クラシカルなメガネを現代的にアレンジしたコレクションが魅力です。上品で洗練されたデザインに加え、顔なじみの良さも人気の理由。

ブランド4『タートオプティカル』

1950年代創業の『タートオプティカル』は、ジェームス・ディーン氏やジョニー・デップ氏などの著名人に愛されていたクラシックなアイウェアブランド。一度廃業したものの、2011年より復刻しました。なかでも人気が高いのが「アーネル」。古き良きアメリカらしいデザインが魅力です。

ブランド5『モスコット』

100年以上の歴史を持つ老舗ブランド『モスコット』は、過去のアーカイブから現代的にアップデートされたオリジナルフレームが特徴です。本アイテムは、3ピンカシメ鋲に極太のテンプルで存在感たっぷりなウェリントンフレームのVILDA。大人の貫禄を演出したい人におすすめです。

合わせて読みたい: 流されない男のアイウェア。モスコットのおすすめ10モデルをチェック

ブランド6『バートンペレイラ』

2007年にデビューするなり瞬く間に話題となったアメリカ生まれの『バートンペレイラ』。すべてのパーツを日本のファクトリーで作るというこだわりぶりで、上質なコレクションを展開しています。AALTOはラウンドレンズと華奢なフレームが美しいエレガントな1本。クラシックかつ知的なムードを醸し出します。

合わせて読みたい: メガネ通がこぞって注目。バートンペレイラを徹底紹介

ブランド7『ペルソール』

イタリアの老舗ブランド『ペルソール』は、もともと操縦士やレーサーのためのメガネ作りからスタート。イタリア軍やスイス軍にゴーグルが採用されるほど技術力に定評のあるブランドです。シンプルなウェリントンタイプを細身のフレームにすることで洗練された印象に仕上げた3131V。アイコンのシルバーアローがさりげないアクセントになっています。

合わせて読みたい:
伊達男を虜にするサングラス。ペルソールの人気モデル7選
真のサングラスの王者はどっち?レイバンvsペルソール

ブランド8『金子眼鏡』

1958年、メガネの産地とも言われる福井県鯖江市で創業した『金子眼鏡』。熟練された職人技術による高いクオリティに定評があり、その品質は世界でも評価されるほど。セレクトショップやブランドとのコラボも多く、ファッション業界からの信頼も厚いブランドです。『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』が別注をかけた1点は、華奢なデザインで洗練された印象が魅力的。

合わせて読みたい: 金子眼鏡の魅力とは? 日本の意匠を楽しめるアイウェアをピックアップ

ブランド9『エナロイド』

岐阜県中津川に拠点を構える恵那眼鏡工業のオリジナルブランド『エナロイド』。上質な素材を用いて作られるクオリティの高さに加え、今の時代にマッチした洗練されたデザインが人気を集めています。本作は、スタイリスト熊谷隆志氏が手掛ける『ネサーンス』とのコラボアイテム。こなれ感満載の1本に仕上がっています。

ブランド10『白山眼鏡』

1883年に日本橋にて創業。「デザインしすぎないこと」をコンセプトに、なじみのよいフレーム作りを行う『白山眼鏡』は、伝統的な技術を継承しつつ時代に見合ったデザインを発信しています。『ビームス』別注の1本は、ボストンタイプのBRIGGを復刻したもの。クラシックさを象徴するキーホールブリッジ(鍵穴型のブリッジ)を採用したこだわりの逸品です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK