使い勝手抜群。メンズのダウンベストの選び方と着こなし講座

使い勝手抜群。メンズのダウンベストの選び方と着こなし講座

寒暖差の激しいこの季節、体温調節に便利なダウンベストが活躍間違いなし。大人が欲しいダウンベストの選び方からおすすめの着こなしまで一挙まとめて紹介していく。

大中 志摩

大中 志摩

SHARE
記事をお気に入り
2016.10.26

ダウンベストが大人に必要な理由とは?

ダウンベストが大人に必要な理由とは?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンベストとはその名のとおり、ダウン入りのベストのこと。インナーダウンやダウンジャケットとは違い、袖がないので中途半端に感じるかもしれないが、アイテムによっては3シーズンに対応し、温度調節がしやすく、おしゃれもしっかりと楽しめるので1枚持っておくと幅広いシーンで活躍してくれる。

デザインやカラー、素材などバリエーションも豊富に展開されており、選ぶ際のポイントさえ押さえれば大人っぽく着こなすことが可能。

大人が狙うべきダウンベストのポイント

大人が狙うべきダウンベストのポイント

WEAR

WEAR

お気に入り追加

大人がダウンベストを購入する際に注目すべきポイントは色・加工、サイズ感、素材感の3つ。まず色・加工といったデザイン性では、子供っぽさを回避するためにもブラックやグレー、ネイビーなどのベーシックな色を選びつつ、ダメージや装飾などの加工は極力シンプルなものを選ぶのがベター。

また、野暮ったく見せないためにもサイズ感はジャストサイズが基本で、素材に関してはウール素材なら落ち着いた印象を、ナイロン素材ならカジュアルな印象を与えてくれるので選ぶ際は普段の着こなしとの相性を考慮して。

ダウンベストに合わせたい相性抜群なアイテム10選

ダウンベストと相性抜群のアイテムを10点紹介。アイテムはトップス、ボトムス、シューズ、小物の中でも、誰でも1つは持っていそうな定番のアイテムからピックアップしてみた。

(A)スウェットパーカー

(A)スウェットパーカー

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

合わせるアイテムによってさまざまな表情を見せてくれるスウェットパーカー。ダウンベストのデザインにもよるがシンプルに重ね着するだけで、コンフォータブルなアメカジファッションが楽しめる。ベーシックカラーの無地はもちろん、アクセントをつけるならロゴ入りや色物を合わせるのもおすすめ。

(B)ネルシャツ

(B)ネルシャツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

メンズコーデに欠かせないアイテムのひとつであるシャツ類もダウンベストと相性抜群。これからの季節はネルシャツと組み合わせれば季節感も演出でき、より高い保温効果が得られる。シャツ、ダウンベストともに色や柄にメリハリを出して大人っぽく着こなしたい。

(C)ローゲージニット

(C)ローゲージニット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ざっくりとした編み地が特長的なローゲージニットもダウンベストに合わせるならチェックしておきたいアイテムのひとつ。デザイン次第ではシックに着こなすこともでき、大人っぽいこなれたスタイルが楽しめる。クリーンな印象を強調したいなら白ニットをチョイスして。

(D)スウェットパンツ

(D)スウェットパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今や定番アイテムとしてすっかり定着したスウェットパンツ。着こなしをスポーティーに演出してくれ、すっきりとしたスタイルが楽しめる。ダウンベストを合わせると上半身にボリュームが出るのでスウェットパンツは細身のものを合わせてバランスを整えて。

(E)チノパン

(E)チノパン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オン・オフ問わず活躍してくれるチノパンも見逃せない。細身のシルエットなら大人っぽく、レギュラーシルエットならカジュアルなスタイルにまとまる。ダウンベスト×チノパンは王道ともいえる組み合わせなのでチノパンを何色か追加して違った雰囲気を楽しむのもアリ。

(F)デニムパンツ

(F)デニムパンツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ボトムス最後のおすすめは永遠の定番アイテムのデニムパンツ。合わせるアイテムや色を限定しないのでさまざまな着こなしに活用できる。合わせるなら王道のインディゴカラーをキープしておき、自分のスタイルに合わせてカラーバリエーションを増やしていくのがおすすめ。

アイテム7

(G)コートシューズ

(G)コートシューズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カジュアルな雰囲気が強いダウンジャケットをクリーンに着こなすなら足元は軽さのあるコートシューズをチョイスしたい。中でもカラーは白がおすすめ。ダウンを使ったアイテムは重い印象になりがちなので、足元をすっきりさせるとバランス良くまとめやすい。

アイテム8

(H)ランニングシューズ

(H)ランニングシューズ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ランニングシューズを合わせてこなれたスポーツミックスコーデに仕上げるのもダウンベストを新鮮に着こなすテクニックのひとつ。現代的なランニングシューズならスポーティーに、クラシカルなデザインのランニングシューズを合わせれば落ち着いた雰囲気を演出できる。

アイテム9

(I)ワークブーツ

(I)ワークブーツ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

今季大注目のブーツもダウンベストとの着こなしにはもってこい。中でもワークブーツなら幅広いスタイルに合わせやすく、男っぽい雰囲気を演出できる。まずは定番のブラウン系やブラックなどベーシックなカラーを選んでおけば間違いない。

アイテム10

(J)ニット帽

(J)ニット帽

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンベストの着こなしに限ったことではないが、これからの季節に大活躍してくれるニット帽もチェックしておきたい。カラーバリエーションも豊富に展開されているので着こなしのアクセントとして手軽に取り入れやすい。着こなしのバランスを整えるためにも準備していて損はないアイテムだ。

相性のいい10アイテムでつくる、ダウンベストの旬な着こなし

普段のコーディネートの格上げを狙いたいという人も必見。それぞれのアイテムを使ったコーデサンプルも合わせて紹介する。

コーデ1

(A)+(B)+(E)

(A)+(B)+(E)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツとジップパーカー、ダウンベストのレイヤードスタイルをモノトーンでまとめてクールなストリートスタイルに。パンツは細身を合わせることでやぼったさを払拭。

コーデ2

(B)+(D)+(H)

(B)+(D)+(H)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

定番アイテムをシンプルに合わせたコーディネート。ダークトーンをベースにチェックシャツをプラスすることで着こなしに動きを出している。スウェットパンツとランニングシューズで軽さを出しているのもお見事。

コーデ3

(B)+(C)+(F)+(I)

(B)+(C)+(F)+(I)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ラギッドな雰囲気漂うアメカジコーデ。ブラウンカラーをメインに、季節感のある配色を意識している。ラギッドになりすぎずないようにパンツは細身をチョイス。シャツはデニムシャツを合わせている。

コーデ4

(A)+(G)+(J)

(A)+(G)+(J)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルーのグラデーションを取り入れたカジュアルな着こなし。上下で色のメリハリをつけることで立体的に。足元に取り入れた白のコートシューズが清涼感を与え、アクセントとして映える。

コーデ5

(B)+(F)

(B)+(F)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイドアップしたシャツにカーディガンを合わせたきれいめコーデにダウンベストやダメージデニムでカジュアルダウン。上半身をきれいめにまとめているのでパンツのダメージが多少強くてもバランス良くまとまる。

コーデ6

(A)+(F)+(H)

(A)+(F)+(H)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

キャップ、ジャケット、パンツにデニムを取り入れた旬度の高い着こなし。カジュアルな着こなしだがネイビーをメインにまとめてシックに。パーカーのグレーやソックスのオレンジで差し色をプラス。

コーデ7

(B)+(F)+(J)

(B)+(F)+(J)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェックシャツにダウンベスト、黒スキニーで、ストリートテイストなアメカジスタイルを構築。ブラックをメインに組み合わせているのでチェックシャツや白スニーカーの存在感が一層際立つ。

コーデ8

(B)+(F)+(G)+(J)

(B)+(F)+(G)+(J)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ボリューム感のあるダウンベストを細身のデニムと全体のシルエットにこだわった。ダークトーンでまとめ落ち着きのある大人な雰囲気に。ロールアップしたデニムが適度な軽さを与えてくれる。

コーデ9

(A)+(B)+(D)+(H)+(J)

(A)+(B)+(D)+(H)+(J)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツとダウンベストの間にジップパーカーを挟むことでソフトな印象に。スウェットパンツを合わせたラフなスタイルながらもネイビーをうまく活用することでラフになりすぎないように調整した。

コーデ10

(C)+(G)

(C)+(G)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カジュアルなダウンジャケットをきれいめに着こなしたいならローゲージニットと細身のスラックス、コートシューズを合わせるのが効果的。キャップを加えることでカジュアルさときれいめを絶妙に仕上げた。

コーデ11

(B)+(E)+(I)

(B)+(E)+(I)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネルシャツ×チノパンの王道アメカジ風ワークスタイル。明るいトーンでまとめているため、ダウンとワークブーツにブラックを足して大人らしい落ち着いた印象に仕上げている。

コーデ12

(F)+(G)

(F)+(G)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニム・オン・デニムとオールスターでシンプルにまとめることでダウンベストの存在感を強調。ポイントごとに明るめのカラーを配置することで動きのあるスタイルを完成させた。

コーデ13

(B)+(E)+(G)

(B)+(E)+(G)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニット素材のダウンベストを用いたアウトドアライクなスタイル。上から下にかけて明るくなるように配置した色使いが見事。縦のラインが強調され、スタイリッシュなスタイルへとまとまった。

コーデ14

(B)+(D)

(B)+(D)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

程良いリラックス感が心地よいラフなコーディネート。シャツを合わせることでラフさは残しつつもメリハリのあるスタイルに仕上げた。ダークトーンでまとめつつ色数を減らすことでシックな印象に。

(E)+(G)

(E)+(G)

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チノパンと白のコートシューズでライトな足元を表現しつつ、トップスは秋冬仕様に。デニムジャケットとダウンベストというレイヤードテクニックだけではなく、上下で演出したメリハリも見事。

今こそ、ダウンベスト。ラフに羽織れる人気ブランドの1着に熱視線

ウェア・コーデ

今こそ、ダウンベスト。ラフに羽織れる人気ブランドの1着に熱視線

街使いにちょうど良い保温力を得られ、レイヤード巧者への近道にもなるのが、ダウンベストのメリット。冬のおしゃれの本命として、見逃せないその魅力をご紹介します。

遠藤 匠

2020.12.16

ダウンベストのコーデを楽しむ。秋冬春のおしゃれな着こなし実例集

ウェア・コーデ

ダウンベストのコーデを楽しむ。秋冬春のおしゃれな着こなし実例集

ダウンベストは、取り入れ方次第で3シーズン活躍する優れもの。万能アイテムをどうレイヤードするか、その実践的な活用術を紹介したい。

大中 志摩

2021.01.19

注目編集者
大中 志摩
大中 志摩
都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事