羽織るだけで男前。ライダースジャケットのおすすめ20選

羽織るだけで男前。ライダースジャケットのおすすめ20選

ライダースジャケットは男らしさを加速させるメンズに欠かせないアイテム。今シーズンも注目度が高く、選び方やブランドを早めにチェックしておきたい。

大中 志摩

大中 志摩

SHARE
記事をお気に入り
2020.01.10

ポイントは3つ。ライダースジャケットの選び方

ポイントは3つ。ライダースジャケットの選び方

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ハードで男らしい雰囲気のライダースジャケットは、着こなしに重厚感を与え、クールな印象を手軽に演出することができる。そのため、秋冬のファッションアイテムとしても高い人気を誇る。さらにTシャツやカットソーなどと合わせたシンプルな着こなしからシャツと合わせたきれいめスタイルまで幅広く対応してくれるのもライダースジャケットの魅力だろう。そんな万能アウターであるライダースジャケットの選び方を紹介していく。

ポイント1

スマートに着たいならシングル、ハードに着たいならダブルを選ぶべし

スマートに着たいならシングル、ハードに着たいならダブルを選ぶべし

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スマートに着たいならシングル、ハードに着たいならダブルを選ぶべし 2枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ライダースジャケットは、フロントのデザインがシングルタイプとダブルタイプの2つに分かれる。シングルタイプはすっきりとしたプレーンなデザインでスマートな着こなしが楽しめる。一方ダブルタイプはシングルタイプよりも内側に外部の風が進入しにくく、武骨な印象だ。タイプによって印象は異なるものの、カットソーの上に羽織ったシンプルな着こなしでもほかのアウターに比べ、ハードで男っぽい着こなしが楽しめる。

ライダースジャケットのコーデサンプル集。シングルもダブルもおしゃれに着こなそう

ウェア・コーデ

ライダースジャケットのコーデサンプル集。シングルもダブルもおしゃれに着こなそう

無二の存在感を放ちながらも、実は優れた着回し力をも備えたライダースジャケット。タフさが魅力のダブル、洗練された印象のシングル。それぞれどう着こなすべきかを解説。

TOMMY

2020.11.17

ポイント2

着こなしたいイメージに合わせて素材を選ぶ 

着こなしたいイメージに合わせて素材を選ぶ 

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ライダースジャケットというとレザー素材の重厚感のあるものを想像するかもしれないが、数は少ないもののレザー素材以外にもスエードやスウェット、ツイードなどさまざまな素材で展開されている。レザー素材であれば武骨な印象を与えることができ、スウェットやツイードであればカジュアルな印象、スエード素材であればウォーム感のある着こなしに。それぞれ違った表情が楽しめるので普段の着こなしとの相性を見て選ぶのがおすすめ。

ポイント3

サイズ感はジャストサイズがベスト

サイズ感はジャストサイズがベスト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ライダースジャケットをカッコ良く着こなすためにもサイズ感には細心の注意を払いたい。デザイン的にも存在感のあるアイテムなので、自分の体型にあったアイテムを選ばないとせっかくの魅力も台無しになってしまう。そうならないためにもジャストサイズを選ぶのが大切だ。レザー素材のライダースジャケットは着初めこそ硬くて動きにくいものの、着続けることで革が柔らかくなり、自分の体にフィットしてくれるので硬いからといって大きめのサイズを選ばないように注意して。

“本物嗜好”な大人におすすめ。定番ブランドのライダースジャケット

とくにレザーを使っているライダースジャケットは価格帯が高くアイテム選びは間違いたくない。長く付き合っていくためにも品質、デザイン性に定評のあるブランドから選ぶのが賢い選択。ここでは、レザー素材に絞っておすすめのブランドを紹介していく。

アイテム1

『バンソン』モダンフィットダブルライダースジャケット

『バンソン』モダンフィットダブルライダースジャケット

THREE WOOD 楽天市場店

THREE WOOD 楽天市場店

お気に入り追加

マイケル・ヴァンデュスリーセン氏が1975年に設立したレザーブランド。現在はアメリカで最大のモーターサイクルジャケット専門会社にまで成長している。クラシックなディテールをベースに、鹿革のように滑らかな加工を施した上質なレザーで上品な印象を演出。日本人に合わせたパターンを使用しているため、馴染みやすく幅広いスタイルに合わせられる。

アイテム2

『ショット』ワンスター ライダースジャケット トール

『ショット』ワンスター ライダースジャケット トール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1913年、ニューヨーク・イーストブロードウェイにてアーヴィンとジョンのショット兄弟によりスタートした。1928年に世界で初めてジップ開閉のライダースジャケットを開発したことでも有名だ。ブランドを象徴する代表的なモデル613USワンスターのトールバージョン。着丈を長めにすることで、現代のライディングユースに合わせたデザインに仕上げている。着込むほどに自分の体型に合わせてなじんでいく。メイド・イン・USA。

アイテム3

『ジェームスグロース』ダブルライダースジャケット ミニラ

『ジェームスグロース』ダブルライダースジャケット ミニラ

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

100年の歴史を持つイギリスの老舗レザーウェアブランド。1971年に一度ブランドが終了したものの、2015年にファン待望の復刻を果たし、現在は細やかなディテールにこだわったアイテムを展開中だ。こちらのライダースジャケットは着丈がやや長めのブリティッシュライダースの形を採用。柔らかく上質なカウレザーで上品な印象に。トレンドに左右されない定番アイテムとなっている。

アイテム4

『アディクト・クローズ』ブリティッシュアシンメトリージャケット AD-03

『アディクト・クローズ』ブリティッシュアシンメトリージャケット AD-03

Deepinsideinc.Store

Deepinsideinc.Store

お気に入り追加

英国のヴィンテージライダースジャケット専門店として創業し、現在は蒐集した古き良きライダースの佇まいをオリジナルとして再現している『アディクト・クローズ』。これは1960~70年代のイギリスで人気を博したダブルブレストのデザインをベースにした1着。ボールチェーンのポケットといった意匠に加え、シワ感のあるシープスキンの質感もヴィンテージの佇まいに近づけた渾身のでき栄え。

アイテム5

『アヴィレックス』シープ ダブルライダースジャケット

『アヴィレックス』シープ ダブルライダースジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アヴィレックス』は軍への正規支給品としていくつものフライトジャケットを納入した実績のある実力派ミリタリーブランド。ブランドのアイテムは世界中で多くの人に愛用されており、高い人気を誇っている。柔軟性のあるシープレザーを使用した本格ライダースジャケット。シンプルなデザインなのでシルエットと革の上質さがストレートに楽しめる。

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

ウェア・コーデ

MA-1が代名詞。米国空軍も認めたアヴィレックスの魅力とおすすめ17選

米空軍が正式採用する『アヴィレックス』のフライトジャケット。高度1万メートルを超える極寒の空中で過酷な任務を全うするための機能とディテールは街着としても人気。

那珂川廣太

2019.11.19

アイテム6

『エンメティ』アッカ

『エンメティ』アッカ

GLOBER

GLOBER

お気に入り追加

シングルライダース特有の都会的な印象を底上げしてくれるのが、滑らかなゴートスエードで仕立てたこちらの1着。毛足をきれいに整えた山羊革は、まるでベルベットのような柔らかさ。日本人の体型が映えるパターンを一から起こして仕立てたもので、前後差のあるVラインを描いたウエストも特徴的。この独特のカッティングは、前開きで着た際も美しいシルエットを描けるように計算されたもの。

アイテム7

『チンクワンタ』ラムナッパレザーセミダブルライダースジャケットH517

『チンクワンタ』ラムナッパレザーセミダブルライダースジャケットH517

粋な着こなし 楽天市場店

粋な着こなし 楽天市場店

お気に入り追加

「H517」という型番でも知られるこの1着は、基本はダブルブレスト仕様ながら、フルにジップアップするとシングルライダース顔に変身する“二刀流”設計。フィレンツェに工房を持つ職人気質なレザーファクトリーブランドらしく、採用しているナッパレザーの滑らかな質感と美しい仕上げから革自体の上質さが伝わってくる。

アイテム8

『ブルーワーク』ドラムダイラム シングルライダースジャケット

『ブルーワーク』ドラムダイラム シングルライダースジャケット

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

『ブルーワーク』は“スタンダードこそ新しい”をコンセプトに掲げるセレクトショップ『トゥモローランド』のオリジナルブランドだ。ナチュラルな風合いが特徴のシンプルなライダースジャケットにソフトなレザーを使用することで、タイトなシルエットながらも快適な着心地を実現。武骨な印象を払拭するためにすっきりとしたシルエットを採用している。長く着ることで味わい深い表情へと成長する。

アイテム9

『ミスターオリーブ』ネイキッドカウレザー バイカーズダブルライダース

『ミスターオリーブ』ネイキッドカウレザー バイカーズダブルライダース

SyWorld

SyWorld

お気に入り追加

『ミスターオリーブ』は、アメリカがヨーロッパに強く憧れた60年代から70年代のカルチャーをロック、オーセンティック、ドレスという切り口で再構築したアイテムを提案する人気ブランド。1.2mmのAランクの高品質なカウレザーを使用し、牛革特有のしっかりとして、かつ滑らかなタッチが楽しめる。クラシックなダブルのバイカーズライダースをモダンなシルエットにアレンジしており、裏地の色みが美しく洗練度も高い。

アイテム10

『ローター』シングルライダース

『ローター』シングルライダース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ユニークかつオリジリティーあふれるデザイン性で人気のストリートブランド『ローター』。本作は、10年以上変わらぬ人気を誇る定番ライダースジャケットのシングルバージョン。素材から細部にいたるまでこだわった確かなクオリティと日本人の体型に合わせたオリジナルのシルエットが特徴。上質で柔らかい牛革は着るほどに体に馴染み、袖には緩やかなカーブをつけているので、自分だけのフィット感とクセが楽しめる。

お手頃価格がイイね。コスパに優れた人気ブランドのライダースジャケット

ライダースジャケットはほしいけど、10万円近くは……という人はレザー素材以外のアイテムを選んでみて。フェイクレザーのライダースジャケットも増えているのでレザー素材と同じような雰囲気も十分に楽しめる。

アイテム1

『ジャーナル スタンダード』ラムレザーシングルライダース

『ジャーナル スタンダード』ラムレザーシングルライダース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シングルライダースの特徴的な意匠であるチンストラップをあえて省き、胸ジップポケットさえないミニマルデザインが印象的。その一方で、左右の腰に施したスナップボタン付きのジャスターが後ろ姿のアクセントに。このボタン調節によって、裾まわりの微妙な印象変化も楽しめる。

アイテム2

『ナノ・ユニバース』ワンダーライトレザー セミダブルライダース

『ナノ・ユニバース』ワンダーライトレザー セミダブルライダース

ナノ・ユニバース公式通販サイト

ナノ・ユニバース公式通販サイト

お気に入り追加

美しいドレープからも柔らかさが伝わってくるこの革は、その名も「ワンダーライトレザー」。羊革本来の風合いを生かしながらオイルを浸透させたうえで、限界まで軽く仕上げているのが特徴で、ふわりと軽やかな着用感を楽しめる。ジップポケットを省いたデザインはハードすぎない印象で、襟型はシングルライダース使いもできるセミダブル仕様を採用。

アイテム3

『エディフィス』ラム ナッパ シングル ライダースブルゾン

『エディフィス』ラム ナッパ シングル ライダースブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ファッションからライフスタイルまで好感度なメンズラインをメインに、トレンドを押さえたデイリーからドレスウェアまで提案する人気セレクトショップ『エディフィス』からピックアップ。柔らかく厚みのあるラムレザーを使用し、バランス感を保ちながらも上品かつシンプルなデザインに。デニムを合わせたカジュアルなスタイリングやスラックスを合わせた上品なスタイリングもできる万能な1着です。

アイテム4

『アーバンリサーチサニーレーベル』シングルライダースジャケット

『アーバンリサーチサニーレーベル』シングルライダースジャケット

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

背伸びをしない「ちょうどよい」大人のファッションを提案する『アーバンリサーチサニーレーベル』の1着。しっとりとした質感のフェイクレザーを使用しており、耐久性に優れ色移りも起こりにくいのでコートのインナーとしてもおすすめだ。シンプルなデザインで合わせるアイテムを選ばない汎用性の高さも魅力の1つ。

アイテム5

『ショット』ジャージー ライダース

『ショット』ジャージー ライダース

THREE WOOD 楽天市場店

THREE WOOD 楽天市場店

お気に入り追加

『ショット』のライダースが欲しいけどレザーは高すぎるという人はジャージ素材のライダースからゲットしてみては。ボディーはブランドの代名詞であるダブルライダースをベースに仕上げられているので安っぽさを感じさせない。伸縮性に優れたジャージ素材を使用しているので着心地は快適。レザーにはないジャージならではのカジュアル感やリラックス感に注目したい。

アイテム6

『ビームス ドット』シングルライダースジャケット

『ビームス ドット』シングルライダースジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ビームス』が手がけるEC限定レーベルにラインアップされたこのシングルライダースは、リアルレザーさながらの質感を再現した技ありのフェイクレザー仕立て。ウエストを絞りすぎていないボディと短すぎない着丈は、ワイドパンツに合わせても好バランス。着心地も軽やかで、春レザーとしての着用にもうってつけ。

アイテム7

『アジオネ』ネオレザー シングルライダース

『アジオネ』ネオレザー シングルライダース

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本のクリエーションデザインチームが立ち上げた新進気鋭ブランドで、ベーシックなものからトレンドアイテムまで幅広く展開している。そんな同ブランドのライダースジャケットは無駄を一切省いたミニマルなデザイン。ボディーには合皮を使用しており、首元のスナップボタンやファスナー部分もミニマルを極めている。シンプルなデザインなのでどんなスタイルにもすんなりとなじんでくれる。

アイテム8

『エディフィス』レザーハリントンジャケット

『エディフィス』レザーハリントンジャケット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スイングトップ風の襟型を採用したシングルライダース。襟タブ自体は低めに設計されているので、首元を開いて前開きで着てもライダースらしいすっきりとした印象を保つことが可能。ボディは、イタリア製のラムレザー仕立て。非常にきめが細かく、体をやさしく包み込むような着心地を楽しめる。

アイテム9

『アーバンリサーチ ロッソ』ダブルレザーライダース

『アーバンリサーチ ロッソ』ダブルレザーライダース

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

2本使いのウエストアジャスターや、ボールチェーンポケットといった温故知新な意匠を取り入れる一方、シルエットはコンパクトかつモダンなスタイルに落とし込んだ1着。程良い厚みのあるラムレザーは重厚感ある仕上がりゆえ、経年変化を楽しめそう。アーチ型バックヨークを施した後ろ身頃で、絵になる後ろ姿を印象付けることも。

アイテム10

『ウィゴー』オーバーダブルライダースジャケット

『ウィゴー』オーバーダブルライダースジャケット

WEGO

WEGO

お気に入り追加

東京・原宿のストリートから発信される幅広いスタイルをメインに、ユーズドライクな着こなしをMIXしたスタイルを提案している『ウィゴー』。本革により近い質感のフェイクレザーで仕立てられたオーバーダブルライダースジャケット。ベーシックなデザインなので幅広いアイテムとのコーディネートが楽しめる。軽量な仕上がりで着心地も良好。

注目編集者
大中 志摩
大中 志摩
都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事