ダッフルコートに今季も注目。定番&ハイコスパなおすすめブランド15選

ダッフルコートに今季も注目。定番&ハイコスパなおすすめブランド15選

冬アウターの定番であるダッフルコートですが、クラシックファッション人気が継続していることもあり、今季も狙い目です。その選び方とブランドをご紹介!

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2020.11.19

大人の着こなしにクラシックを宿すダッフルコート

大人の着こなしにクラシックを宿すダッフルコート

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

古くは北欧の漁師が防寒着として愛用していたというエピソードを持ち、また、第二次世界大戦においてイギリス海軍に重宝されていたことでも知られるダッフルコート。冬の定番アウターの1つですが、今季も引き続き英国調のトラッド&クラシックな着こなしがトレンドとされていることもあって、感度の高い大人を中心に人気が高まっています。ほっこりとカジュアルながら、品もある。そんな同アイテムが放つ雰囲気は、大人の着こなしと相性がいいんです。

ダッフルコートを選ぶ際に重視すべきポイント

ざっくりと羽織るだけで即スタイルを作ってくれる、メンズコーデにおいても頼もしい味方であるダッフルコート。ですが、セレクトの基準はきちんと押さえておきたいところです。自分が目指す着こなしイメージに合わせて、色・着丈・素材をチョイスしましょう。

ダッフルコートを大人っぽく着こなすための4つのテクとお手本コーデ

ウェア・コーデ

ダッフルコートを大人っぽく着こなすための4つのテクとお手本コーデ

ダッフルコートの注目度の高さはご存知の通り。ともすれば幼く見えたり野暮ったく見えたりするアウターですが、大人はどうおしゃれに着こなすべきでしょうか?

平 格彦

2020.12.06

ポイント1

カラーはブラック・グレー・ネイビー・ベージュが鉄板

カラーはブラック・グレー・ネイビー・ベージュが鉄板

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

基本的には悪目立ちしない落ち着いたカラーをセレクトするのが吉です。なかでも照準を定めたいのは都会的に装えるグレーを筆頭に、クールで汎用性の高いブラック、シックかつトレンド感の高いネイビー、暖かみのあるベージュの4大カラー。これらの色をまとった落ち着きあるダッフルコートを用いれば、大人っぽいカジュアルスタイルが簡単に叶います。なお、ちょっとカジュアルな着こなしにも合わせたい……、という方にはキャメルやグリーンなどの選択肢もおすすめです。

ポイント2

すっきり着たいならミドル丈、今季らしさを出すならロング丈

すっきり着たいならミドル丈、今季らしさを出すならロング丈

WEAR

WEAR

お気に入り追加

着丈によって印象が異なるダッフルコート。すっきり着たいなら股下までのモダンなミドル丈、今季のクラシックな気分を取り入れたいならひざまでのロング丈がおすすめです。ベルトを隠すほどのショート丈もありますが、ともすれば若々しく見えるという懸念も。細身ですっきりとまとめられるなら、取り入れてみても良いでしょう。

ポイント3

定番はメルトン。差をつけるならニットなどの変化球もあり

定番はメルトン。差をつけるならニットなどの変化球もあり

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダッフルコートの多くは、地厚で風合いが良く防風性に優れたウールメルトン素材が使われています。昔は裏地を用いない一枚仕立てが主流であったため、この肉厚な生地が兵士や船乗りたちの体を寒さから守っていたわけです。一方で、最近はナイロンやニットを表地に使ったモノなど、王道的ダッフルコートから程良くひねりを効かせた高鮮度なタイプも登場しています。

まず押さえておくべし。ダッフルコートの定番ブランド10選

どこのダッフルコートを買うべきか悩んだら、信頼の置ける鉄板ブランドに頼るのが正解。発祥である英国を中心に、老舗どころが揃っています。本格志向の方にこそ、この10ブランドを。

ブランド1

『グローバーオール』

『グローバーオール』

JACKPOT

JACKPOT

お気に入り追加

ダッフルコートの名門ブランドと言えばココ。今なお英国内のファクトリーでの生産を守り続ける、希少な存在です。こちらの「920C」は、英国海軍が第二次世界大戦で着用していたコートをモチーフとする定番型「モンティ」を、日本人体型に合うよう細身に改良したモデル。美しいフォルムで、きれいめコーデと好相性を発揮します。

グローバーオールのダッフルコート。世界が認める一生モノを手に入れる

ウェア・コーデ

グローバーオールのダッフルコート。世界が認める一生モノを手に入れる

すっかり冬の定番アウターとなったダッフルコート。着こなしの幅も広いアウターだからこそ、迷っているなら『グローバーオール』のようなトップブランドが鉄板です。

山崎 サトシ

2019.11.07

ブランド2

『ソブリン』

『ソブリン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ユナイテッドアローズ』が手掛ける最高峰レーベルからお目見え。ゆったりとしたフォルムや大きめのフードが、リラクシングな印象を描き出します。ヘム部分をすべて職人による手まつりで仕上げるなど、高度な縫製技術を採用しているのも特徴。生地感はライトタッチで、ボリューミーな見た目に反して着心地は軽やかです。

ブランド3

『ロンドントラディション』×『アーバンリサーチ』

『ロンドントラディション』×『アーバンリサーチ』

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

ウールアウターを十八番とする英国のファクトリーブランドに人気セレクトショップが別注。身幅&袖幅に適度なゆとりを持たせ、オーセンティックな形状に仕上げています。ボディーは肉厚なメルトンで、防寒性に特化。裏地のチェック柄や水牛トグルを筆頭に、ディテールにもこだわりが反映されています。

ブランド4

『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スーパー140'Sクラスの滑らかで風合いの良いウールを贅沢に使用した1着ゆえ、実にエレガンスな風貌。上質生地ならではの柔らかな肌触りも魅力的です。また、スリーブを立体的に仕立てることにより、動きやすさもしっかりと確保。水牛トグル×レザーロープの高級感あるコンビネーションも◎です。

ブランド5

『フィデリティ』×『チャオパニック』

『フィデリティ』×『チャオパニック』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カタチを一から作り上げたスペシャルなコラボモデル。長さのある着丈と、レイヤードしやすいゆとりあるシルエットを持ち味としています。ウッドトグルやチンスト付きフード、アームストラップなど伝統的なディテールを継承しているのもキモ。ボディーにはがっしりとしたヘビーメルトンをピックしています。

ブランド6

『トミーヒルフィガー』

『トミーヒルフィガー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ヴィンテージモデルをモチーフとしたクラシカルなデザイン。シンプルなルックスゆえに、BIZコーデにも難なく取り入れられます。グロ-ブやペットボトルがすっぽりと入る、大ぶりのフロントポケットがさり気ないアクセントに。メルトン生地は保温性がありながらもタッチは軽やかで、長時間着用していても疲れを感じさせません。

ブランド7

『ラブレス』

『ラブレス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリアの有力生地メーカーであるミリオール社に別注した、高品質なインポートメルトン素材で仕立てた逸品。目の詰まったヘビーメルトンですが、適度なツヤがあり品良い表情です。しかも、縫製技術の高いテーラード工場で仕立てており、フォルムも実に美麗。レザーロープの付け根に施されたアイレットにより、巧みに個性も演出しています。

ブランド8

『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スーパー100'sウールを取り入れた、しなやかな質感のメルトンボディー。中綿に機能素材のサーモライトを用いて防寒性も確保していますから、真冬の主役として申し分ありません。アンダー2万円という手に取りやすいプライスながらも、ツボを押さえた仕立てです。

ブランド9

『ロッキーマウンテンフェザーベッド』×『フェニカ』

『ロッキーマウンテンフェザーベッド』×『フェニカ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アイヌの着物をイメージソースとしつつ、ウッドトグルによってダッフルコートの要素も落とし込んだ意欲作。表地にはナイロンを使い、内側にはハイクオリティなダウンを充填しています。ヴィンテージのテープを組み合わせ、ワントーンでありながらメリハリ良く見せているのも技アリ!

ブランド10

『バーク』

『バーク』

インポートセレクトSHOPでらでら

インポートセレクトSHOPでらでら

お気に入り追加

イタリアのニットウェアメーカーであるオゾン社によって、2008年に立ち上げられたブランドが『バーク』。“バーク編み”と呼ばれる世界特許のオリジナル技法を駆使したニットダッフルは、見た目&着心地とも温もり感たっぷりです。生地からパーツ、タグに至るまで一貫してリサイクル素材を用いるなど、アースフレンドリーなアイテムでもあります。

アンダー3万円で探す。高品質なダッフルコート5選

いくら作りがハイレベルでも、高価格なモデルはなかなか手が出しにくいもの。アンダー3万円で確かなクオリティを備えた良作もあるのでご紹介していきましょう。ファーストチョイスとしてもおすすめです。

ブランド1

『ディテールズ』メルトンダッフルコート/18,700円(税込)

『ディテールズ』メルトンダッフルコート/18,700円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ゲンリ』『アダムパテック』を手掛ける久保田 昌氏が立ち上げたブランド。“流行にとらわれることなく、デザイナーの感じる「今」を表現する”ことをコンセプトとしています。こだわり抜いたシルエット、オリジナルのマテリアル、細部にいたるデザインセンスなどお手頃価格ながら完成度は抜群です。今作はオーセンティックなダッフルコートを踏襲しているのが特徴で、幅広いシーンに対応。価格を感じさせないしっかりとした防寒性もうれしいかぎりです。

ブランド2

『ビームス』中綿 テックツイード ダッフルコート/29,700円(税込)

『ビームス』中綿 テックツイード ダッフルコート/29,700円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

質感はウールツイードですが、こちらは軽量かつシワになりにくいテックツイードを採用。中綿を使用し、防寒性も十分です。オーバーサイズのシルエットが今季的。

ブランド3

『ベーセーストック』TRメルトンダッフルコート/12,089円(税込)

『ベーセーストック』TRメルトンダッフルコート/12,089円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンド感のある長めの着丈とゆったりとしたサイズ感が魅力。防寒具としてはもちろん、旬を楽しむアウターとしてアンダー2万円というコストパフォーマンスがうれしいところ。

ブランド4

『レイジブルー』ケープメリノダッフルコート/14,190円(税込)

『レイジブルー』ケープメリノダッフルコート/14,190円(税込)

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

上質なケープメリノを採用した、高級感のあるハイコスパなダッフルコート。旬を意識したシルエットのため、今シーズンの重宝モノとして即戦力となるでしょう。もちろん、防寒性も問題なし。しなやかな肌触りはワードローブにうってつけです。

ブランド5

『ティーケー タケオキクチ』NOBILIA メルトンダッフルコート/12,705円(税込)

『ティーケー タケオキクチ』NOBILIA メルトンダッフルコート/12,705円(税込)

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

お気に入り追加

日本の誇る老舗ドメスティックブランド『タケオキクチ』のエッセンスを継ぐ『ティーケー タケオキクチ』より。イタリアのテキスタイルメーカー、ノビリア社監修のもと製作したメルトン素材を用いて、ひざ上丈のクラシカルなロングダッフルコートを作りました。レーヨンとポリエステルを混紡することにより品のある光沢が生まれ、スーツにも似合う大人な表情に仕上がっています。

コートのブランド30選。タイプ別に見る人気ブランドとおすすめ

ウェア・コーデ

コートのブランド30選。タイプ別に見る人気ブランドとおすすめ

コートをリサーチ中ならば、定番ブランドを押さえておくのが得策です。ステンカラーやチェスター、ダッフル、ピーコートの、それぞれのおすすめを紹介します。

髙須賀 哲

2021.11.12

-------------------
※掲載価格は記事掲載時のものとなります。
-------------------

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP