MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したい着こなし術

MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したい着こなし術

鉄板アウターとしてすっかり定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールやサイズ感、着こなしはアップデートしていきましょう。

2022.10.07
SHARE
記事をお気に入り
山崎 サトシ

執筆者

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物! 記事一覧を見る
...続きを読む

そもそも、MA-1ってどんなアウター?

そもそも、MA-1ってどんなアウター?

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

まずはそもそも論として、MA-1がどういうジャケットかについて軽く解説を。1944年に誕生したフライトジャケットB-15の後継モデルとして、1950年代初頭にアメリカ空軍で採用されたのがその始まりです。インターミディエイトゾーンと呼ばれる10℃から-10℃の気温で着用され、カラーはくすんだ緑であるセージグリーンが基本。飛行機のシートに座った際に生地が挟み込まれないよう、後ろ身頃を短めに設定しているのも特徴です。また、本来のMA-1は裏地に視認性の高いオレンジカラーを用いていますが、これは万一の墜落・脱出を想定しての仕様。裏返しに着ることで救出部隊の発見率を上げる役割を果たします。

今年もMA-1は安定の人気。持っておかない手はナシ!

今年もMA-1は安定の人気。持っておかない手はナシ!

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

ミリタリーがルーツのタフなアイテム、という印象のMA-1ですが、今ではワードローブの定番としてすっかり市民権を獲得しています。その支持率の高さは今シーズンも健在ですが、選び方や着こなし方にはちょっとした変化が見られるんです。では今、どういったモデルをピックアップし、それをどう着こなすべきか。センス良く装うためにも最新のMA-1スタイルを知っておきましょう。

今年らしさを取り入れる、MA-1の選び方とは

着ておけば間違いない。そう言っても過言ではないほど不動の定番であるMA-1ですが、今年らしく見せるためにはセレクトの際に押さえておくべきポイントがあります。購入時に見ておきたいのは、以下の3つの要素!

ポイント1

サイジングのキモは「丈感」にあり

サイジングのキモは「丈感」にあり

WEAR

WEAR

お気に入り追加

リラックスフィットが隆盛を極める昨今のファッションシーンですが、MA-1に関しては注意が必要。オーバーサイズで今シーズンらしさを演出するとしても、丈の長さがあまりにも長いと単なる“だらしないファッション”に見えてしまいます。そのため、身幅は広めでも丈の長さは腰の位置におさまるモノを選びましょう。ちなみに、もっと都会的でスタイリッシュに着こなすのであれば細身のデザインを選ぶのがベターです。

ポイント2

古き良きMA-1と同様、無駄のないディテールが良い

古き良きMA-1と同様、無駄のないディテールが良い

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

多数のポケットやワッペン、刺繍などでカスタムされたMA-1も散見されますが、大人っぽさを保ちつつ着るのであれば、1950年代当時のMA-1と同様の簡潔なデザインが吉。もともとのMA-1は、コックピット内で機材に引っかからないようきわめてシンプルに作られていました。余計な装飾は子供っぽさを高めてしまうのでご注意を。

ポイント3

ナイロン以外の素材で遊んでみるのもアリ

ナイロン以外の素材で遊んでみるのもアリ

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

MA-1の素材といえば、生地表面についた水分の氷結を防ぐナイロンがオリジナル。しかし、周囲との差別化を狙うのであれば、それ以外のマテリアルを選んでみるのも良手です。たとえばコットン×ポリエステルの混紡素材でミリタリーコーデに軽快感を演出したり、写真のようなコーデュロイ素材でトレンド感を強調したりと、テイストの好みに合わせてセレクトしましょう。

今年狙い目のブランドはこれ。おすすめのMA-1をピックアップ!

センス良いコーディネートの一助となってくれる、こなれ顔のMA-1ジャケットを15着レコメンド。どれもさりげなくスタイリッシュで、今どきな大人の好みにマッチしてくれます。

アイテム1

『アルファ インダストリーズ』MA-1 コアスペック フライトジャケット(U.S.サイズ)リバーシブル

『アルファ インダストリーズ』MA-1 コアスペック フライトジャケット(U.S.サイズ)リバーシブル

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『アルファ インダストリーズ』は、アメリカを代表するミリタリージャケットの王道ブランドです。MA-1だけでもさまざまなタイプをリリースしていますが、これから手に入れるならこの1着がイチ押し。オーセンティックなMA-1がベースですが、アメリカスペックのゆったりしたサイズ設定で、今っぽく着回せます。色柄は全11種類で、セージグリーンやブラック、グレーやシルバーといった定番カラーに加え、イエローやレッドもラインアップ。さらに、ウッドランド迷彩も選べます。基本の裏面はレスキューオレンジですが、表裏が同色のブラックとホワイトも展開。

アイテム2

『アヴィレックス』MA-1 コマーシャル

『アヴィレックス』MA-1 コマーシャル

US ONLINE STORE

US ONLINE STORE

お気に入り追加

ミリタリージャケットの王道ブランドとしては『アヴィレックス』も外せません。映画『トップガン』をモチーフにしたワッペン付きのMA-1などもリリースしていますが、もっとも今っぽくて着回しやすいのはこの1着です。ベースは1960年代に登場したモデルで、当時のMA-1の中でも汎用性の高い民間向け(コマーシャル)タイプを再現。さらに、旧モデルより身幅やアームホールにゆとりを与え、リラックスできるサイズ感にアップデートしています。カラバリはセージグリーンとブラックの王道2色。

アイテム3

『バレーアパレル』MA-1 USAF フライトジャケット

『バレーアパレル』MA-1 USAF フライトジャケット

C.E.L.STORE

C.E.L.STORE

お気に入り追加

アメリカ軍への納品実績もあるアメリカのブランド『バレーアパレル』製のクラシックなMA-1です。左袖のシガーポケット、ファスナー内側の比翼、襟・裾・袖口のリブ、立体的パターンのアーム、ボックス型のワイド&ショートなシルエットといったオーセンティックな仕様を採用しています。また、レスキューオレンジのライニングを表にして着用することも可能。もともとは救護時や救出時に目印として目立つように採用されたカラーですが、コーディネートのアクセントとしても活用できます。

アイテム4

『マージン』ナイロン フリース リバーシブル MA-1 ジャケット

『マージン』ナイロン フリース リバーシブル MA-1 ジャケット

CAMBIO

CAMBIO

お気に入り追加

『マージン』がリリースしているMA-1は、コンパクトでスタイリッシュなシルエットが定番です。ボリューム感を抑えながら中綿も封入して保温性も確保。大きめなコートのライナー代わりにも活用しやすい出来栄えです。表面はヴィンテージ風のナイロンツイルで、裏面はフリース。両面ともカラーは同じですが、質感が異なるのでコーディネートに合わせたアレンジが楽しめます。カラバリはネイビー、ブラック、オリーブの3色。

アイテム5

『ユニオンステーション』フォースナイロンMA-1ブルゾン

『ユニオンステーション』フォースナイロンMA-1ブルゾン

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

定番的にMA-1をリリースしているブランドはいくつかありますが、『ユニオンステーション』もその1つ。フライトジャケットならではの野暮ったさを残しつつ、適度に都会的でモードなデザインに昇華したバランスが絶妙です。ほど良くシャープなサイジングが大きな特徴。王道のナイロンツイル生地を使用しつつ、ゴワゴワしない程度に中綿を入れて着膨れ感を防いでいます。シガーポケットは採用しているものの、全体としてシンプルにまとめたデザインもスタイリッシュ。

アイテム6

『ダイワ ピア39』テック リバーシブル MA-1

『ダイワ ピア39』テック リバーシブル MA-1

Rakuten Fashion

Rakuten Fashion

お気に入り追加

初期型のMA-1を連想させる面持ちの逸品。リバーシブル仕様で、裏返すとフィッシングジャケットになるギミックが独創的です。MA-1としてのアレンジも効いていて、シガーポケットは左右の袖と裏面の胸にセット可能。ボックスタブは胸ポケットにアレンジし、音声プラグコード固定用のコードループはペン差しに変更しています。肉厚な生地と上質なダウンでハードな環境にも対応可能です。

アイテム7

『アダム エ ロペ』オーバーサイズ リバーシブル MA1×スタジャン

『アダム エ ロペ』オーバーサイズ リバーシブル MA1×スタジャン

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

こちらはスタジャンとしても着回せる両A面のリバーシブル仕様です。MA-1のサイドは『小松マテーレ』独自のシワ加工スナパックを施したナイロン生地を採用。ヴィンテージ感を与えつつ、撥水加工もプラスしています。スタジャンのサイドはポリエステルスエードとコットンキュプラのコンビ使い。起毛感×スラブ調で表情が豊かです。どちらも比較的シンプルな面持ちで、今どきなオーバーサイズとともに着回しやすい仕上がり。

アイテム8

『ダブルジェイケイ』ユニバーサルMA-1

『ダブルジェイケイ』ユニバーサルMA-1

EXCLUSIVE

EXCLUSIVE

お気に入り追加

ハリやコシ、撥水性などを備える機能生地ディクロス ソロを採用したMA-1。オーセンティックな仕様をベースにしつつ、適度にツヤのある質感でアーバンテイストにモディファイしています。その一方、あまりにもソリッドになりすぎないよう、パッカリング(縫い縮み)のシワ感でこなれたムードをプラス。そのバランスが絶妙です。カラバリはカーキ、ブラック、ネイビーという定番的な3色。

アイテム9

『ナノ・ユニバース』LB.04 TRインタックMA-1

『ナノ・ユニバース』LB.04 TRインタックMA-1

ナノ・ユニバース カタログ

ナノ・ユニバース カタログ

お気に入り追加

こちらはポリエステル×レーヨン×ポリウレタン素材のエレガントな生地でブラッシュアップしたMA-1です。質感を上品にする一方、バルーンシルエットとバックのインタックでボリューム感を演出。上品すぎずカジュアルすぎないバランスにまとめ、大人のカジュアルスタイルに適したアウターに仕上げています。カラバリはグレー、ブラック、ネイビーの3種類。どれを選んでも落ち着きを感じさせます。

アイテム10

『アーバンリサーチ』エコレザー MA-1

『アーバンリサーチ』エコレザー MA-1

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

レザーでアレンジしたMA-1は上質感たっぷりで大人にふさわしく、これから手に入れるなら革製も狙い目です。この1着はエコレザーを使用しているので、見た目は本革と遜色ないのに価格がリーズナブル。さらに、ケアがイージーで実用性も優れています。素材感はワイルドですが、丸みのあるワイドなシルエットがマイルドな雰囲気。辛すぎず甘すぎないバランスで、幅広いコーディネートにマッチする仕上がりです。

アイテム11

『ジュンレッド』マシュマロスウェード MA-1ブルゾン

『ジュンレッド』マシュマロスウェード  MA-1ブルゾン

Rakuten Fashion Men

Rakuten Fashion Men

お気に入り追加

カラーによって使用する素材を変えたアイテムで、ブラックはリアルな質感のポリウレタン製フェイクレザーを起用しています。一方、グレーではポリエステルなどを使ったマシュマロスエードを採用。モチモチしたパウダータッチに加え、こなれ感と上質感が両立した仕上がりです。ワイドな身幅に対して裾を絞ったバルーンシルエットも独特。裾幅もルーズで、今っぽいリラクシーなアウターです。デザインはミニマルで着こなしやすい出来栄え。

アイテム12

『ローター』フリース MA-1

『ローター』フリース MA-1

CAMBIO

CAMBIO

お気に入り追加

ヴィンテージ調のボアフリースでアレンジした個性的なMA-1です。しっかりとした厚みがあるため、見た目も着心地もウォーム感がたっぷり。部分的にナイロンで切り替えることでMA-1らしいディテールを強調し、ミリタリーテイストを打ち出したデザインが巧妙です。カラバリは全3タイプ。ボアフリースの立体的な表情が際立っているベージュ×オリーブに加え、ワントーンのカーキとブラックもセレクト可能です。

アイテム13

『ショット』ニュースタイル MA-1

『ショット』ニュースタイル MA-1

Schott

Schott

お気に入り追加

MA-1をベースにしながらも、『ショット』を象徴するライダースジャケットのディテールをMIXした1着です。シルバーのメタルパーツをアクセントとして効かせつつ、裾のリブを排除してシングルライダースに近いイメージにカスタム。そんな特長を生かすなら、裾周りのレイヤードを楽しむのがおすすめです。ダークオリーブ、ダークネイビー、ブラックのカラバリはいずれも、大人のコーディネートに合わせやすい色味。

アイテム14

『ルイス』ビッグ MA-1

『ルイス』ビッグ MA-1

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらも独自のアレンジが冴えている1着。ビッグシルエットのMA-1をベースにしつつ、ノーカラー仕様で首周りのレイヤードがしやすいようにモディファイしています。また、フロントのジップが2本になっているのも独特です。内側で留めるとゆったりしたシルエットになり、外側のジップがアクセントとして機能。一方、外側で締めると身幅が少しタイトになり、スタイリッシュな印象で着こなせます。カラーはグレーとブラックの2種類。

アイテム15

『フィルコッド』ハイネックフーデッド MA-1タイプジャケット

『フィルコッド』ハイネックフーデッド MA-1タイプジャケット

CAMBIO

CAMBIO

お気に入り追加

最後の1枚も、独自のアレンジが独創的です。スタンダードなMA-1をベースにしていますが、ハイネックとフードを追加。ミリタリーテイストのフーデッドブルゾンにカスタムしています。首元の防風性が高いのはもちろん、表地のナイロンファブリック自体も防風性が優秀。撥水性も併せ持ち利便性も抜群です。膨らみのある中綿を使用しているため、保温性もハイレベル。防寒アウターとしても頼れるMA-1の魅力を拡大しているので、コーディネートに主役として存分に着回しましょう!

今年はどう着る? MA-1の最新コーデの作り方

最後は、MA-1を今っぽく着るためのコーデテクにフォーカスし、3つのパターンをご紹介します。MA-1は“ド”がつく定番アイテムだけに、着こなし術で周囲と差をつけたいところです。

▼コーデテク1:ワイドなパンツでリラックス感を演出

昨今の重要なキーワードは「リラックス感」。MA-1を使ったコーディネートでそのリラックス感を演出するなら、ワイドシルエットのパンツを合わせるのが近道です。少しルーズだけどデザインはトラッド調で上品。そんなパンツを合わせるのが今の気分です!

コーデ1

ワイドなテーパードシルエットのパンツを合わせるのが基本

ワイドなテーパードシルエットのパンツを合わせるのが基本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドなパンツの中でも定番的ではきこなしやすいテーパードシルエットのタイプを合わせるのが基本的コーディネート。このお手本では、ブラウンのイージースラックスを選んで落ち着いたイメージに落とし込んでいます。ブラックのMA-1も大人なムード作りに貢献。インナーを含め、余裕のあるシルエットで今どきなリラックス感を高めているのもポイントです。

コーデ2

ストライプ柄のパンツでスッキリ見せるテクニックが狡猾!

ストライプ柄のパンツでスッキリ見せるテクニックが狡猾!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シルエットがワイドなパンツは面積が広くなるため、その印象を視覚的に分断するストライプ柄のパンツを選ぶとスッキリ演出することができます。このコーディネートでは、2色のラインが交互に並ぶオルタネイトストライプのパンツをセレクト。ワイドなシルエットなのに上品なムードも感じさせます。その一方、コンパクトなMA-1を合わせてパンツのボリューム感を強調し、リラックス感も主張。モックネックのインナーで品良く締めくくっているのも好バランスです

コーデ3

チェック柄のパンツを合わせてトラッドなテイストをMIX

チェック柄のパンツを合わせてトラッドなテイストをMIX

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ワイドパンツをすっきり見せるテクニックとして、チェック柄を活用するのも効果的。ストライプ柄と同じく面積が分断できると同時に、よりカジュアルな印象になります。ただし、トラッドな柄を選べば上品さもアピール可能。今季はトラッドテイストも注目されているので、お手本のようなタータンチェックのパンツなどを合わせてみましょう。MA-1を含む他のアイテムをブラック&ホワイトのモノトーンでまとめ、落ち着いたコーディネートに導いています。

▼コーデテク2:新鮮なカラーリングでアップデート

MA-1の定番カラーはカーキかブラックです。さらに、MA-1を使った王道のコーディネートはアメカジスタイル。インディゴブルーのジーンズか、ベージュのチノパンツを合わせるのがお決まりです。だからこそ、その定番を崩すだけでかなり新鮮。具体例で解説しましょう!

コーデ4

グレーのMA-1を起点にしたクールなモノトーンスタイル

グレーのMA-1を起点にしたクールなモノトーンスタイル

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グレーのMA-1は都会的でスタイリッシュなイメージ。その魅力を生かし、ダークなモノトーンコーデでまとめた好例がこちらです。ハイネックのロンT、ストレートパンツ、モカシンシューズをすべてブラックで揃えているのもポイント。クールにまとめつつ、微妙に色味の異なるMA-1をさりげなく引き立てていますね。

コーデ5

MA-1が定番色でも、白いパンツで上品にまとめると新鮮

MA-1が定番色でも、白いパンツで上品にまとめると新鮮

WEAR

WEAR

お気に入り追加

すでに使っているMA-1が定番カラーの場合や、着回しやすい定番カラーのMA-1から揃えたい場合には、合わせるパンツのカラーを変えればOK。着こなしで鮮度アップするのも難しくありません。このお手本のように、ホワイトのワイドなパンツを合わせるのが今のイチ押し。クリーンなイメージと旬なリラックス感が両立できます。インナーをスウェットにしてストリート感を加味しつつ、足元のローファーで格上げしたバランスも絶妙!

コーデ6

注目のホワイト系ワントーンコーデでクリーンに演出

注目のホワイト系ワントーンコーデでクリーンに演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パンツだけでなく、MA-1もホワイトを選ぶと一層新鮮。特に最近はホワイトのワントーンスタイルが注目されているので、そんなイメージでスタイリングするのがおすすめです。このコーディネートでは、ホワイトに限りなく近いペールグレーのMA-1を選択。白いイージースラックスを合わせ、カジュアルだけどエレンガントな装いに仕上げています。ベルトとシューズをブラックレザーでリンクさせ、さりげなく上品なアクセントにしているのもポイント。

▼コーデテク3:インナーをシャツにして品格アップ

MA-1のインナーは、Tシャツ、スウェット、ニットを合わせるのが定番。そんな王道コーデへのカウンターとして浮上しているのがシャツを組み込むスタイリングです。適度にカジュアルなシャツを選びつつ、ドレスなテイストをMIXするイメージでコーディネートを組み立てるとおしゃれ!

コーデ7

バンドカラーの白シャツでモードに仕上げたお手本

バンドカラーの白シャツでモードに仕上げたお手本

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白シャツで上品に仕上げるのはシャツスタイルの基本。このスタイリングは、全体をブラック&ホワイトでまとめてクールに演出しているのもポイントです。首周りがモタつかないよう、バンドカラーのシャツを選択。オーバーサイズのシャツにコンパクトなMA-1を重ねたバランスも絶妙です。スリムなパンツでモードなムードを高めつつ、スニーカーを合わせて今どきな抜け感をプラスした点はお見事。

コーデ8

ブルーのシャツで大人のカジュアルスタイルを形成

ブルーのシャツで大人のカジュアルスタイルを形成

WEAR

WEAR

お気に入り追加

全体的にリラックス感のあるシルエットを取り入れたコーディネートも、インナーをシャツにするだけで大人なニュアンスが加味できます。このお手本では、うっすらとペイズリー柄があしらわれたブルーのシャツを活用。こなれたムードとクールな雰囲気も演出しています。全体的にルーズなシルエットですが、シャツ以外をブラックで統一して落ち着いた印象に。大きめのシルエットに加え、バケットハットやスニーカーもストリートライクなムードを醸しています。

コーデ9

総柄シャツと新鮮なカラーリングで鮮度MAXに

総柄シャツと新鮮なカラーリングで鮮度MAXに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

斬新なカラーリングのコーディネートも、インナーをシャツにすると大人な雰囲気に昇華できます。このお手本コーデもシャツでさりげなく大人顔にアレンジ。ファジーな総柄をインナーに挿すことで、マイルドなムードや意外性を上乗せすることにも成功しています。もちろん、ライトブルーのMA-1というだけでもかなり新鮮。パンツとシャツを明るいトーンで揃えたカラーリングも個性的です。

メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ15着

ウェア・コーデ

メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ15着

人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

平 格彦

2021.12.03

モッズコートのざっくり感がまた恋しい。今らしい選び方と、おすすめ10着

ウェア・コーデ

モッズコートのざっくり感がまた恋しい。今らしい選び方と、おすすめ10着

ミリタリー人気の再燃から、久しぶりに袖を通してみたい機運が高まっているモッズコート。今着るにあたって意識したい作法やモノ選びのキモとは? 基本から掘り下げます。

遠藤 匠

2022.10.14

今こそM-65。歴史あるミリタリーウェアで、着こなしをグッと男らしく

ウェア・コーデ

今こそM-65。歴史あるミリタリーウェアで、着こなしをグッと男らしく

男らしい装いを完成させる定番アウターM-65。不動の人気の秘密は、軍モノとは思えない高いファッション性にあります。おしゃれにおける“戦闘力”の高さは見過ごせません!

遠藤 匠

2022.10.19

メンズファッションのオリジン的存在。ミリタリージャケットを種類別に解説!

ウェア・コーデ

メンズファッションのオリジン的存在。ミリタリージャケットを種類別に解説!

兵士の命を守るために誕生したミリタリージャケットは、あらゆる洋服の原型、元ネタとなっているってご存じでした? 人気の種類を一挙ご紹介します。

TASCLAP編集部

2022.11.10

タフな男のスタイリッシュなアウター! N-2Bを持っているか?

ウェア・コーデ

タフな男のスタイリッシュなアウター! N-2Bを持っているか?

すっきりとした着丈と優れた防寒性が魅力のN-2B。その秀逸なデザインと機能性、そしてミリタリー感がタフな男を形作ってくれる。

大中 志摩

2021.12.24

男の定番、ミリタリージャケット。コーデを今っぽく見せる6つの法則

ウェア・コーデ

男の定番、ミリタリージャケット。コーデを今っぽく見せる6つの法則

メンズファッションに欠かせないミリタリージャケット。定番服であるが故に、今っぽく装うにはコーディネートに工夫が必要です。ここで旬に着こなすための法則をご紹介!

平 格彦

2021.11.25

フライトジャケットが欲しい。種類豊富なミリタリーウェアをどう選ぶ?

ウェア・コーデ

フライトジャケットが欲しい。種類豊富なミリタリーウェアをどう選ぶ?

昨今のミリタリートレンドを背景に人気が再燃しているフライトジャケット。その代表モデルを解説するとともに、注目の新作やコーデサンプルも一挙にナビゲートします。

山崎 サトシ

2022.11.30

この記事の掲載アイテム一覧(全15商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『アルファ インダストリーズ』MA-1 コアスペック フライトジャケット(U.S.サイズ)リバーシブル
    『アルファ インダストリーズ』 MA-1 コアスペック フライトジャケット(U.S.サイズ)リバーシブル
  • 『アヴィレックス』MA-1 コマーシャル
    『アヴィレックス』 MA-1 コマーシャル
  • 『バレーアパレル』MA-1 USAF フライトジャケット
    『バレーアパレル』 MA-1 USAF フライトジャケット
  • 『マージン』ナイロン フリース リバーシブル MA-1 ジャケット
    『マージン』 ナイロン フリース リバーシブル MA-1 ジャケット
  • 『ユニオンステーション』フォースナイロンMA-1ブルゾン
    『ユニオンステーション』 フォースナイロンMA-1ブルゾン
  • 『ダイワ ピア39』テック リバーシブル MA-1
    『ダイワ ピア39』 テック リバーシブル MA-1
  • 『アダム エ ロペ』オーバーサイズ リバーシブル MA1×スタジャン
    『アダム エ ロペ』 オーバーサイズ リバーシブル MA1×スタジャン
  • 『ダブルジェイケイ』ユニバーサルMA-1
    『ダブルジェイケイ』 ユニバーサルMA-1
  • 『ナノ・ユニバース』LB.04 TRインタックMA-1
    『ナノ・ユニバース』 LB.04 TRインタックMA-1
  • 『アーバンリサーチ』エコレザー MA-1
    『アーバンリサーチ』 エコレザー MA-1
  • 『ジュンレッド』マシュマロスウェード  MA-1ブルゾン
    『ジュンレッド』 マシュマロスウェード MA-1ブルゾン
  • 『ローター』フリース MA-1
    『ローター』 フリース MA-1
  • 『ショット』ニュースタイル MA-1
    『ショット』 ニュースタイル MA-1
  • 『ルイス』ビッグ MA-1
    『ルイス』 ビッグ MA-1
  • 『フィルコッド』ハイネックフーデッド MA-1タイプジャケット
    『フィルコッド』 ハイネックフーデッド MA-1タイプジャケット

掲載アイテムをもっと見る(3商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP