トレンチコートを着てほしい。大人に似合う人気ブランド15選

トレンチコートを着てほしい。大人に似合う人気ブランド15選

ミリタリー由来の男らしさと、計算されたデザインによるきれいめ感の両立こそトレンチコートの魅力。そんな長所を活用したコーデと、人気のブランドを掘り下げます。

平 格彦

平 格彦

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.22

着丈、色味とフロントデザインが重要。大人が選びたいトレンチコートの三大条件

第一次世界大戦でイギリス軍が採用していた軍用コートをベースに持つトレンチコート。当時の同アウターは密度の高いコットンギャバジン素材を使用したロング丈で、防水性が高く、腰のベルトによって着用感を高めた非常に機能的なアイテムでした。今ではそのファッション性の高さ、機能性の高さから、メンズアウターの定番アイテムとして定着。さまざまなブランドから発売されています。オンからオフまで使えるトレンチコートは大人の着こなしの心強い味方。まずは選ぶときに押さえたい条件からチェックしましょう。

条件1

大人っぽく着こなすならミドル~ロング丈

大人っぽく着こなすならミドル~ロング丈

WEAR

WEAR

お気に入り追加

昨今はショート丈のトレンチコートも多く見られるようになりましたが、やや若々しいイメージが強くなりがち。大人っぽさを考慮するならば、太もも程度のミドル丈、または膝までのロング丈がおすすめです。ジャケットの上に羽織ることも考慮すると、身幅は少しゆったりとしたモノがベター。

条件2

フロントデザインは風格あるダブルが大人の気分

フロントデザインは風格あるダブルが大人の気分

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ステンカラーコート風のすっきりとしたシングルトレンチもありますが、やはりトレンチコートの王道は男らしいダブル仕様。トレンドのクラシックテイストにハマりやすいのも、ダブルブレストならではの魅力です。

条件3

カラーはベージュ・ネイビー・ブラックが鉄板

カラーはベージュ・ネイビー・ブラックが鉄板

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンチコートの王道カラーであるベージュに、落ち着きのある印象のネイビー、そしてスマートさを底上げできるブラック。トレンチを選ぶ際には、この三大カラーの中からピックアップすれば間違いありません。どれも大人カジュアルと好相性な色であり、トレンドに左右されることなく長く愛用できますよ。

テイストMIXでおしゃれに着こなそう。トレンチコートのコーデサンプル

トレンチコートを主役とした、今季らしいスタイリングテクニックをご紹介。ビジネスライクでカチッとしたイメージが強いアウターですが、テイストMIXにより程良くハズすのが同アイテムを制するキモ。うまく作り上げることで、ワンランク上のこなれたコーディネートが叶います。

▼着こなしテク1:パーカー挿しでスポーツMIXを実践

カチッとした雰囲気が強いダブルのトレンチコート。そのインナーにはラフ&スポーティなパーカーを挿すのがおすすめ。着こなしに絶妙な抜け感が生まれ、メリハリのあるカジュアルコーデが完成します。シンプルな無地パーカーなら子供っぽく見える恐れもありませんよ。

着こなし例1

パーカーとパンツの明るいトーンで軽やかに演出!

パーカーとパンツの明るいトーンで軽やかに演出!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スウェットパーカーのスポーティなムードを強調するなら、ベースとなるトレンチコートに映えるカラーを選ぶのが効果的。このお手本では、ダークネイビーのコートに映えるライトグレーのパーカーを選んでいます。ホワイトのパンツを合わせ、全体を明るいムードに演出。黒いスニーカーでシックなスポーツテイストを上乗せしています。

着こなし例2

コート以外をブラックで揃え、クールなスポーツMIXに

コート以外をブラックで揃え、クールなスポーツMIXに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらのコーディネートは、明るいトーンのコートとダークなパーカーの組み合わせ。ベージュのトレンチコート以外のアイテムをブラックで統一し、クールに引き締め大人っぽくまとめています。スウェットパーカーだけでなく、スニーカーも加えることでスポーティなムードを高めるテクニックも参考に!

▼着こなしテク2:軽快なボーダーカットソーでカジュアルダウン

トレンチコートは風格のあるアイテムだけに、ともするとコーディネートが重く見えてしまいがち。しかし、マリンアイテムの代表格である軽快なボーダーTシャツと競演させることで、ヘビーさを簡単に払拭できます。今シーズンは、旬なトラッドテイストを意識してコーディネートを組み立てるのもおすすめ!

着こなし例1

重厚なワントーンコーデをボーダーで爽やかに

重厚なワントーンコーデをボーダーで爽やかに

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンチコートだけでなく、他のアイテムまでダークトーンで統一したコーディネートでも、インナーをホワイト基調のマリンボーダー柄にするだけで全身の印象が一気に軽やかになります。このお手本はまさにそんな着こなし。トレンチコートもイージースラックスもブラックに近いグレーですが、インナーが白ベースのボーダーなので軽やかな印象です。また、足元を黒いレザーシューズにして格上げしているのもポイント。状況に合わせ、白いスニーカーを合わせて軽快に仕上げてもOKです。

着こなし例2

明るいコート+ボーダー柄インナーで爽快感を強調!

明るいコート+ボーダー柄インナーで爽快感を強調!

WEAR

WEAR

お気に入り追加

マリン調のボーダー柄Tシャツは、ベージュのトレンチコートとも好相性。そのセット使いだけで、爽やかで軽やかなコーディネートの土台が築けます。この実例コーデは、ブラックのパンツを合わせて落ち着かせているのがポイント。ローファーも黒で揃えつつ、白いソックスを覗かせてトラッドなムードを高めているのがおしゃれです。

▼着こなしテク3:タートルネックとのコンビで上品さを加速

トレンチコートの持ち味といえば品の良さ。カジュアルに着崩すのもアリですが、品の良さを重視するならタートルネックとのコンビを推奨します。なかでもおすすめしたいのは白の1枚。重くなりがちなトレンチコートコーデは、軽やかな白を投下して軽快に仕上げましょう。

着こなし例1

首元の白いタートルネックで軽快感や清潔感をプラス

首元の白いタートルネックで軽快感や清潔感をプラス

WEAR

WEAR

お気に入り追加

印象をコントロールするなら首周りのレイヤードが効果的です。このお手本では、白いタートルネックの上にダークなニットを合わせた重ね着で、クリーンな挿し色を首元に集約。ホワイトが持つ品格・軽快感・清潔感を引き立てています。白が悪目立ちしていないのは、コートも明るいカラーだから。スラックスとローファーを合わせ、上品に引き締めたバランスも絶妙です。

着こなし例2

旬色をタートルネックで取り入れたアレンジもおすすめ

旬色をタートルネックで取り入れたアレンジもおすすめ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白いタートルネックはオールマイティに使えますが、トレンド感や個性を強調するなら異なるカラーのタートルネックを選ぶのもおすすめ。この実例では、今シーズン注目されているアースカラーのタートルネックを選んでいます。コートもインナーもベージュ系なので、軽やかで上品なイメージ。ロールアップしたジーンズにレザーシューズを合わせ、旬なトラッド感も加味しています。

大人におすすめ、トレンチコートの有力ブランド15選

最後は、大人が押さえておきたい有力ブランドをおすすめのアイテムとともにご紹介。トレンチコートに初挑戦する人も、この中から選んでおけば問題ナシでしょう。名門の逸品から旬な1着まで幅広く見ていきます。

ブランド1

『バーバリー』

『バーバリー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

トレンチコートの元祖といえば、英国を代表する名門『バーバリー』。独自に開発した生地、ギャバジンを使うことで悪天候にも対応したトレンチコートは、時代を越えて愛され続けています。このモデルは、クラシックフィットのトレンチコートをモダナイズ。適度にスリムなシルエットに仕上げられています。ブランドの象徴であるバーバリーチェックを裏地に用いるなど、細部までクラシックなムードで満ちています。

ブランド2

『アクアスキュータム』

『アクアスキュータム』

メンズショップ サカゼン

メンズショップ サカゼン

お気に入り追加

トレンチコートの元祖と呼ばれているもう1つのブランドが『アクアスキュータム』です。ブランド名はラテン語で「水の盾」といった意味。防水加工を施したウール生地を発明し、コートに使用したことで確固たる地位を築きました。ただし、こちらのコートはポリエステル×コットンの軽やかな生地を採用。さまざまな季節に対応するタイプです。裏地はトラッドなチェック柄で、英国テイストをさりげなく強調。

ブランド3

『グレンフェル』

『グレンフェル』

Mr.Mojo

Mr.Mojo

お気に入り追加

『グレンフェル』も英国の名門コートブランド。代名詞的な生地、グレンフェルクロスは、防水性・透湿性・軽量性・耐久性などを兼備しています。オーセンティックなトレンチコートも人気で、初期モデルを少しルーズにアレンジした定番型が「ウィンザー」。トレンチコートならではのディテールを網羅し、クラシックな上質感が漂っています。

ブランド4

『マッキントッシュ』

『マッキントッシュ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『マッキントッシュ』も英国を代表する老舗アウターウェアブランド。代表作は圧倒的な防水性を誇るゴム引きコートです。さまざまなコートを展開していて、伝統的なトレンチコートをベースにしつつミニマルな面持ちと美しいシルエットでカスタムしたモデルが「モンクトン」。ガンパッチやエポーレットを省くことでエレガントに仕上げられています。しかもこの1着は『ビームス」による別注品。柔軟なライトメルトン生地を採用し、より上品にアレンジされています。

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

ウェア・コーデ

永久定番。マッキントッシュのステンカラーコートが大人を魅了する理由

時代を経ても色あせない永久定番として愛されている『マッキントッシュ』のステンカラーコート。ブランドの歴史から着こなし方まで、その魅力をご紹介します。

近間 恭子

2020.11.04

ブランド5

『バブアー』

『バブアー』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『バブアー』も英国のブランドで、アウトドアスタイルを提案してきた名門。オイルドクロスを使用した防水ジャケットがアイコンですが、優秀なトレンチコートもリリースしてきました。このアイテムは、アーカイブからの復刻品。コットン100%のコーデュロイ生地を用い、余裕のあるシルエットとロング丈でエレガントに仕上げられています。

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

ウェア・コーデ

紳士のマストハブ。バブアーの歴史から名品までそのすべてを読み解く

英国で誕生し、紳士の必須ブランドとして長きにわたって愛されている『バブアー』。その変わらぬ人気の秘密を、その歴史と名品の数々から読み解いていきます。

髙須賀 哲

2021.10.11

ブランド6

『ブラックレーベル クレストブリッジ』

『ブラックレーベル クレストブリッジ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「ブリティッシュ・インスピレーション」を掲げる日本のブランドが『ブラックレーベル クレストブリッジ』です。英国スタイルに欠かせないトレンチコートも定番品の1つ。この1着は、ウールをブレンドしたギャバジン生地を使って美しいドレープ感を生み出し、気品あるムードに仕上げられています。青森県にある世界屈指のコート専業工場で縫製するなど、品質も折り紙付き。着脱式のライナーには、ブランドを象徴するクレストブリッジチェックがあしらわれています。

ブランド7

『マーカ』

『マーカ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

日本生産の作り込んだクオリティだけでなく、古き良きディテールワークに独自のモダニズムなどを加えたデザインに定評のあるブランド『マーカ』。トレンチコートも出色の出来映えで、シンプルなルックスに施されたアレンジが秀逸です。ソフトで弾力があるフォークランドウールツイードを採用し、上質感・保温性・軽量性を兼備。また、ビッグシルエットとドロップショルダーで今どきなシルエットにモデファイされています。余裕のあるシルエットで合わせるインナーを選ばず、汎用性も抜群!

ブランド8

『スティーブン・アラン』

『スティーブン・アラン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

一見シンプルなのに細かいところまでこだわりつつ、ちょっとしたヒネりを加えたアイテムで人気のブランド。デザインのベースはアメリカンクラシックなカジュアルスタイルで、そんなコーディネートと相性が良いトレンチコートも展開しています。このアイテムは、マットで高密度なナイロンウェザークロスに撥水加工を施した生地を使用。軽やかかつナチュラルな風合いで、あらゆるコーディネートに馴染みます。シルエットは今日的で、ゆったりした身幅と長めの着丈がリラクシングな印象。

ブランド9

『ヴァンキッシュ』

『ヴァンキッシュ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

「洗練された大人のスタイル」を提案している『ヴァンキッシュ』において、トレンチコートは定番アイテムの1つ。これはメルトン生地を採用していて、上質感たっぷりの出来栄えです。細過ぎず太過ぎないシルエットで、オンからオフまでさまざまなコーディネートに対応。都会的なグレーに加え、ブラックとブラウンも選べます。

ブランド10

『ラブレス』

『ラブレス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アート・ストリート・ムーブ・エクスペリエンスという4つの要素を組み合わせ、新しい価値を提案しているブランド。トレンドを取り入れるのが得意で、トレンチコートにも今どきなオーバーサイズを採用しています。また、ストレッチ性に優れている生地を起用。ジャージー生地でありながら、布帛のような外見で上品なムードを放っています。

ブランド11

『ソブリン』6Bダブル ハイツイスト ギャバ トレンチコート

『ソブリン』6Bダブル ハイツイスト ギャバ トレンチコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

セレクトショップ「ユナイテッドアローズ」のクロージング最高峰レーベルが『ソブリン』。ということで、トレンチコートも格調高い完成度です。装飾的なディテールを省いてシンプルにカスタムしつつ、ワイド&ロングなシルエットに設定。ウエストをベルトで絞って、シルエットにメリハリを与えながら着こなす提案をしています。素材はコットン100%の伝統的機能素材、ギャバジンです。

ブランド12

『アダム エ ロペ』ビッグシルエット ギャバ トレンチコート

『アダム エ ロペ』ビッグシルエット ギャバ トレンチコート

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

アダム エ ロペ オフィシャルサイト

お気に入り追加

トレンドを絶妙に取り入れたオリジナルブランドを展開している『アダム エ ロペ』は、さらにビッグなフォルムのトレンチコートを提案。ディテールはオーセンティックなので、クラシックな品格を感じさせる仕上がりです。生地はインド最大の紡績メーカー、バルドマンによるオーガニックストレッチギャバジン。超長綿ならではの上質な肌触りとポリウレタンのストレッチ性を併せ持っています。

ブランド13

『フリークスストア』×『ブリティッシュカーキ』

『フリークスストア』×『ブリティッシュカーキ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

人気セレクトショップの『フリークスストア』と、ニューヨーク発のアメリカントラッドブランド『ブリティッシュカーキ』のジョイントワークで誕生した逸品。ヴィンテージのトレンチコートからディテールを採用しつつ、コットン×ポリエステルの素材感や適度にルーズなシルエットでアップデートされています。エレガントなルックスのわりに価格がリーズナブルなのも魅力的。

ブランド14

『レイジブルー』ウーリーテック ロングトレンチコート

『レイジブルー』ウーリーテック ロングトレンチコート

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『レイジブルー』は、アメリカンカジュアルとヨーロピアントラディショナルを融合させつつ、トレンド要素も取り入れたアイテムを展開しています。このトレンチコートには独自開発の新生地、ウーリーテックを採用。素材はポリエステル×レーヨンですが、上質なウール調で、軽やかかつ心地良く仕上げた生地です。適度にワイドで丈も長めのフォルムですが、本格的なディテールから風格がにじみ出ています。

ブランド15

『エマクローズ』

『エマクローズ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

現代にマッチする理想のバランスを追求しているコンテンポラリーブランド『エマクローズ』。トレンチコートのバランスも絶妙で、高密度なTRスーツ生地が高級感を振りをく一方、ロング丈のオーバーサイズがリラックス感も醸しています。両肩にセットした長めのガンフラップもルーズなムードを強調。

コートのブランド30選。タイプ別に見る人気ブランドとおすすめ

ウェア・コーデ

コートのブランド30選。タイプ別に見る人気ブランドとおすすめ

コートをリサーチ中ならば、定番ブランドを押さえておくのが得策です。ステンカラーやチェスター、ダッフル、ピーコートの、それぞれのおすすめを紹介します。

髙須賀 哲

2021.11.12

季節の合間に活躍。ナイロンコートのおすすめとコーデサンプル

ウェア・コーデ

季節の合間に活躍。ナイロンコートのおすすめとコーデサンプル

レイヤード次第で3シーズン活用できるナイロンコートは、ワードローブの主軸となりうる有能アイテム。着回し力も機能性も長けていますから、押さえておくのが正解です。

山崎 サトシ

2021.09.30

現代に蘇るヴィンテージ。モーターサイクルコートは男の新定番アウターだ

ウェア・コーデ

現代に蘇るヴィンテージ。モーターサイクルコートは男の新定番アウターだ

コートの新たな選択肢として人気再燃の兆しを見せているのが、モーターサイクルコート。その出自や、難しそうで実は簡単かつ新鮮に着こなせるその実力もご紹介しましょう。

遠藤 匠

2020.11.11

コートの種類を再認識。チェックすべき10種のデザインと着こなし方

ウェア・コーデ

コートの種類を再認識。チェックすべき10種のデザインと着こなし方

目移りするほどに豊富なメンズコートの種類。定番から旬モノまで、押さえておきたい型を10種にまで絞り込み、着こなし例と合わせて解説します。

平 格彦

2021.09.24

注目編集者
平 格彦

60以上のメディアで執筆。「着こなし工学」提唱者

平 格彦
出版社を経て独立。「Men’s JOKER」と「RUDO」は創刊から休刊までほぼ毎号で執筆。さらに「MEN’S CLUB」「GQ」「GOETHE」など、60以上のメディアに関わってきた。横断的、俯瞰的に着こなしを分析するのが得意。そんな視点を活かし、「着こなし工学」としての体系化を試みている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

大人の腕元に誠実さと感性を。稀代のヒット作が纏う、冬にこそ似合うロイヤルブルー

2020年に発売された「1965 メカニカルダイバーズ 現代デザイン」に今冬待望のニューモデルが登場。気品に満ちたロイヤルブルーは、大人の男にいかなる恩恵をもたらすのか?

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬はブーツ&革靴が人気復活。アンダー5,000円でGUと叶える旬な“足元改革”

トレンド継続のリラックスコーデ。ただし、足元はブーツ&革靴で上品に仕上げるのが今季の新常識です。賢く足元を格上げするなら『GU』のハイコスパな新作に頼るのが正解!

SPONSORED by GU

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP