テーラー東洋のベトジャンで作る、個性あるミリタリースタイル

テーラー東洋のベトジャンで作る、個性あるミリタリースタイル

人気のミリタリースタイルで差を付けるなら、『テーラー東洋』のベトジャンが狙い目です。ブランド解説から着こなし例、おすすめアイテムまでまるっとご紹介。

平 格彦

2018.10.04

テーラー東洋
アウター
ブルゾン・ジャンパー
スカジャン

スーベニアジャケットを生み出した『テーラー東洋』

第二次世界大戦が終了した当時、衣料品をアメリカ軍の基地へ納入していたのが「東洋エンタープライズ」の前身である「港商商会」でした。衣料品の中心はスーベニアジャケットで、その主軸であるスカジャンの全盛期には1950年代には基地への納入のシェアは95%を占めていたとも言われています。そんな『東洋エンタープライズ』の手掛けるブランドこそが『テーラー東洋』。ヴィンテージに見られる品々を現代風にアレンジしたアイテムを展開しています。

大人っぽく着こなしやすいベトジャンが狙い目!

戦後、アメリカ兵が日本駐留の記念にオリエンタルな柄や所属部隊などを刺繍したのがスカジャンの起源。同様に、1960~70年代のベトナム戦争時に誕生したスーベニアジャケットがベトジャンです。

ここでは分かりやすく、光沢あるアセテートを使ったリブ付きのスポーティなブルゾンを“スカジャン”、コットンツイルもしくは迷彩柄のポンチョライナーを起用した襟付きのミリタリー調ブルゾンを“ベトジャン”と定義。後者は、素材感や襟によりスカジャンより落ち着いたムードとなるので、大人にも合わせやすいというメリットがあります。

もちろん、ベトジャンにもオリエンタルな刺繍が効いているので、スカジャン同様にエッジの効いたミリタリー感を加味できますが、着こなしに取り入れるには絶妙なバランスが必要です。そのキモを着こなしの実例とともに見ていきましょう。

着こなし例1シンプルに着こなしてベトジャンを効かせるのが基本形

刺繍の入ったベトジャンに強い個性があるので、その魅力を活かしながら大人っぽくまとめるには全体的にシンプルに着こなすのが鉄則。素材的にもスカジャンより落ち着きがある分、悪目立ちすることがありません。その背景にミリタリーな側面も持つチノパンを合わせることで、さり気ない統一感を生み出しているのもポイント。

着こなし例2スポーツ感をMIXしてクリーンなミリタリーテイストに

ミリタリーなムードの演出はベトジャンに一任し、スウェットパーカー、ジョガーパンツ、スニーカーというスポーティなアイテムをセレクト。さらにアウター以外をモノトーンでまとめ、シックなスポーツMIXスタイルを築いた好例です。メガネで知的なイメージをプラスし、大人っぽさを上乗せしているのも巧妙。

個性のあるミリタリースタイルに導くベトジャン7選

大人っぽいけど個性もある、ミリタリースタイルを築くのに適したベトジャンを7点に絞り込んでご紹介! 意外と着こなしやすく、羽織るだけで独特な存在感が広がる逸品ばかりです。

アイテム1コットンベトナムジャケット“ベトナムマップ”

もっともオーソドックスなタイプのベトジャン。右胸に虎、左胸に国旗、両袖に龍、バックにベトナムの地図が刺繍されています。素材は厚手のコットンツイルで触感は滑らか。シルエットはモダナイズされていて、コンパクトで着回しやすい仕上がりです。

アイテム2コットンベトナムジャケット“ベトナムマップ”

ベースはスタンダードなデザインで、素材も定番的なコットン100%。『テーラー東洋』の特徴的ディテールである銭形ボタンも採用しています。スーベニアジャケットらしい鮮やかなターコイズブルーも、強烈な個性を主張。着こなしのスパイスとして打ってつけです。

アイテム3コットンベトナムジャケット“パラシュート”

こちらもオーセンティックなデザインがベースですが、バックのパラシュート部隊の落下傘兵が描かれているのがポイント。右胸は虎、左胸には“福”の文字、両袖には龍が刺繍されていて、和のイメージも打ち出しています。

アイテム4別注デニム ベトナムジャケット“ムーンランディング”

『ナノ・ユニバース』による別注アイテム。1969年にアポロ10号によって行われた月面着陸の予行演習を記念して作られたベトジャンがベースになっています。ミッションで使われた宇宙船の名前がスヌーピーとチャーリーブラウンだったことからスヌーピーがモチーフに。バックはアストロノーツ(宇宙飛行士)姿のスヌーピー、左胸にはウッドストックがあしらわれていますが、両袖の龍が武骨な男っぽさも加味しています。

アイテム5別注アセテート×コットンツイル ベトナムジャケット

『ジャーナル スタンダード』による別注は毎シーズン恒例。今回は生地、刺繍のデザイン、刺繍色、リブの配色というディテールまでアレンジしたエクスクルーシブなベトジャンに仕上がっています。しかもリバーシブル仕様で、光沢あるアセテートのベトジャンとしてだけでなく、マットなコットン素材のシンプルなブルゾンとしても着用できます。

アイテム6ベトナムライナージャケット

中綿を入れることで保温性を高めたベトジャンです。ヘチマ型のキルティングやオレンジの色味がミリタリーのライナーを彷彿とさせ、男っぽさを加速。薄手なので、真冬はインナーダウンとして活用するのもおすすめです。

アイテム7別注リバーシブル ベトナムジャケット

こちらも『ナノ・ユニバース』による別注アイテム。中綿入りのリバーシブルタイプをベースにしています。コットン素材の面にもナイロン素材の面にも刺繍が施されていて、気分や着こなしに合わせてのセレクトが可能。ブラックの無地もカモフラージュ柄もミリタリー調の男らしさが漂っています。

ブランドを象徴するスカジャンも要チェック!

冒頭でも解説した通り、『テーラー東洋』を象徴するアイテムの代表格はスカジャンです。ミリタリーテイストはあまり感じられませんが、コーディネートにワイルドなスパイスを差すには最適なアウターです。

アイテム1スカジャン“イーグル×ジャパンマップ”

“人工シルク”とも評されるアセテートを使用した正統派のスカジャン。オリエンタルながらもオーセンティックで、両胸に龍、背面に鷲と“Japan”の文字が刺繍されています。ネイビー×ホワイトのカラーリングが爽快かつ落ち着きを感じさせるので、着こなしやすい仕上がりです。

アイテム2別注アセテートツイル スカジャン

『ジャーナル スタンダード』の別注によって誕生したスカジャン。リバーシブル仕様になっており、両面ともオリエンタルな刺繍が見事です。ネイビーの裏面はホワイト基調、ブラック×ホワイトの裏面はピンク×ベージュを採用しており、着こなしによってまったく異なる表情を見せられそうです。

アイテム3コラボ スカジャケット

俳優として活躍する村上淳氏が手掛ける『ティーアール サスペンション』、『ジャーナルスタンダード』、『テーラー東洋』によるトリプルコラボが実現。ペア形成、共進化、美しいホバリングといったハチドリの特性に魅了された村上氏が、そのモチーフをリバーシブルの両面に取り入れています。今季らしいボルドーが着こなしのアクセントに。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    Tシャツのように気軽に取り入れられ、それでいて着こなしが上品かつ大人っぽく仕上がる。そんな半袖サマーニットの魅力からおすすめ、着こなし方までをご紹介します。

    近間 恭子

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    TASCLAP編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    TASCLAP編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

    山崎 サトシ

    BACK