履き続けるべき価値がある。トリッカーズの革靴&ブーツ名作リスト

履き続けるべき価値がある。トリッカーズの革靴&ブーツ名作リスト

今なお、多くのファッション好きを魅了し続ける『トリッカーズ』。その魅力をイチから掘り下げ、マスターピースと呼ぶにふさわしいラインアップを紹介します。

2023.08.21
SHARE
記事をお気に入り
橋本 裕一

執筆者

橋本 裕一
メンズファッション誌の編集部を経て、フリーランスのエディター・ライターとして独立。現在はメンズのヘア及びファッション誌を中心に、幅広い分野のメディアで活動中。 記事一覧を見る
...続きを読む

本コンテンツはTASCLAPが制作した独自コンテンツです。また本コンテンツでは掲載するECサイト等から購入実績などに基づいて手数料をいただくことがあります。

“クラシック”が気分の今シーズンこそ『トリッカーズ』に頼りたい

“クラシック”が気分の今シーズンこそ『トリッカーズ』に頼りたい

Z-CRAFT

Z-CRAFT

お気に入り追加

『トリッカーズ』は1829年にジョセフ・トリッカーによって創業。靴製造のメッカである英国ノーサンプトン最古のシューメーカーとして、その名声を維持しています。ロンドンの直営店舗には英国王室のチャールズ皇太子御用達の紋章が掲げられており、品質の高さを証明。現代では多くのブランドとのコラボを積極的に展開し、人気を博しています。

“クラシック”が気分の今シーズンこそ『トリッカーズ』に頼りたい 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『トリッカーズ』の普遍的な人気を支えるのが、同ブランドの代名詞といえるカントリーブーツやウイングチップシューズ。その魅力はなんといっても質実剛健な作りと存在感。ひと目で見てそれとわかるエレガントさと重厚さを併せ持つ上質なデザインに、世界中のファッションフリークから厚い信頼が寄せられているんです。

“クラシック”が気分の今シーズンこそ『トリッカーズ』に頼りたい 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『トリッカーズ』の靴を取り入れることで得られる最大のメリットは、英国のクラシカルなスタイルに近づくことができる点。秋冬スタイルの定番となっているチェスターコートとテーパードパンツというクリーンなコンビを、重厚なウイングチップのシューズでまとめることでブリティッシュな空気感が高まります。

PICK UP

1着で4通り以上の使い方!? 平日から週末まで、“変幻自在アウター”をとことん着回そう

SPONSORED by ブラックレーベル・クレストブリッジ

PICK UP

今ビジネスマンが指名買い。あの“売れ筋メガネ”の限定モデルがお仕事コーデを格上げする

SPONSORED by ポリス

質実剛健。その由来は“革の品質”と“縫製”にあり

質実剛健。その由来は“革の品質”と“縫製”にあり

Z-CRAFT

Z-CRAFT

お気に入り追加

選び抜かれた素材を使用しているのも『トリッカーズ』の忘れてはならない魅力の1つ。とりわけ皮革には、厳選された上質なカーフスキンを使用しており、長い期間にわたって履き込むことができるのも大きな特徴です。特にブラウン系(エイコンやマロン、ベージュ)のカラーのシューズは、経年変化によるレザー自体のエイジングも味わい深さを漂わせます。

質実剛健。その由来は“革の品質”と“縫製”にあり 2枚目の画像

Z-CRAFT

Z-CRAFT

お気に入り追加

製造における特徴として、ハンドメイド、ベンチメイドというモノがあります。『トリッカーズ』のシューズは1人の職人の手によって最初から最後まで同じベンチに座って作られているのです。精巧なウイングチップとメダリオンは美しく、高い技術を必要とするグッドイヤーウェルト製法によるダブルソールは耐久性に優れています。

“最硬”から“最高”へ。『トリッカーズ』は履き続けて初めて価値がわかる

“最硬”から“最高”へ。『トリッカーズ』は履き続けて初めて価値がわかる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

『トリッカーズ』のシューズにおける“あるある”として有名なのが履き始めがとにかく硬いということ。革靴といえば、履き込んで足に馴染ませるというのはベーシックな考えですが、同ブランドのシューズはその中でも群を抜いた硬さ。その反面、ゆっくりと時間をかけて大事に履き込んでいくと、「自分だけのフィット感」というシューズにおける最高の満足感が得られます。もう、革靴は『トリッカーズ』以外は履けないという人もいるくらいです。

PICK UP

おしゃれで快適、が新基準。リピーター続出の“スニーカーライク”な進化系革靴を履こう

SPONSORED by アシックス商事

PICK UP

袖ありかベストか、それが問題だ。タイオンに学ぶ“使える”インナーダウンの選び方

SPONSORED by タイオン

初めての人におすすめしたい。『トリッカーズ』の名作12選

ここまで『トリッカーズ』の魅力を紹介してきましたが、では実際に履くべきモデルはどれか? トリッカーズの初心者も安心、上級者でも納得のおすすめシューズをピックアップします。それぞれの特徴や魅力をチェックしつつ、『トリッカーズ』の奥深さを堪能してください。

アイテム1

モールトン

モールトン

Foot Time

Foot Time

お気に入り追加

『トリッカーズ』の代名詞といえる通称・カントリーブーツ。その象徴的なモデルがモールトンです。ブローギングが施されたアッパーとグッドイヤーウェルト製法で作られるダブルソールが特徴。スマートさと優れた堅ろう性を兼備し、時代を超えた人気を誇ります。

アイテム2

モンキーブーツ

モンキーブーツ

Foot Time

Foot Time

お気に入り追加

カントリーブーツと並ぶ定番人気を誇るのがモンキーブーツ。外羽根がつま先まで伸びたデザインとやや細身のシルエットが特徴で、大人としての品格とカジュアルさを両取りできます。履き口の可動範囲が広いので、甲高の日本人にも履きやすい設計です。

アイテム3

バートン

バートン

PREMIUM ONE

PREMIUM ONE

お気に入り追加

ブランドを代表するカントリーコレクションの中で、外羽根式の短靴のアイコン的モデルといえばこちら。メダリオンやピンキングなどの美しいブローグが、ブローグシューズらしいエレガントな表情を添えています。また、滑り止めの突起をあしらったラバー製のダイナイトソールを使用しているのも特徴。スマートな見た目でありながら、タフに履けるのもうれしいですね。

カントリーシューズの代名詞。トリッカーズのバートンは男の一生モノだ

カントリーシューズの代名詞。トリッカーズのバートンは男の一生モノだ

アイテム4

ヘンリー

ヘンリー

PREMIUM ONE

PREMIUM ONE

お気に入り追加

タフなイメージの強いサイドゴアブーツを、『トリッカーズ』らしいウイングチップデザインで、グッと大人っぽく優美な雰囲気にアレンジ。程良く幅にゆとりを持たせた木型を使用しているのと、シューレースがないことで脱ぎ履きがしやすく履き心地も快適。甲周りがすっきりとした印象に仕上がっています。また、水を侵入しにくくするため、アッパーとソールの接合部を立体的に覆うストームウェルトを採用。カントリーシューズらしさを覗かせるポイントとなっています。

サイドゴアブーツが万能すぎ! 男のオンにもオフにも使えるブランドと参考コーデまとめ

サイドゴアブーツが万能すぎ! 男のオンにもオフにも使えるブランドと参考コーデまとめ

アイテム5

ストウ

ストウ

クラウド・シューカンパニー

クラウド・シューカンパニー

お気に入り追加

通称、カントリーブーツと呼ばれるウイングチップの7アイレットブーツです。アッパーに施されたブローギングが英国ブランドらしい品の良さに加え、通気性の高さも実現。同じくカントリーブーツの代表モデルといわれている「モールトン」と見た目はほぼ同じですが、「モールトン」がアッパー素材にブルハイドを使っているのに対し、こちらはさらにきめ細かなカーフレザーを使用。また、ソールはオリジナルレザーとダイナイトソールがあり、こちらはグリップ性の高いダイナイトソールを採用。タフに履ける1足となっています。

アイテム6

ウッドストック

ウッドストック

PREMIUM ONE

PREMIUM ONE

お気に入り追加

カジュアルからスーツなど上品コーデまで合わせやすい、外羽根プレーントゥタイプのシューズです。ややタイトな木型を使っており、足をしっかりホールドしてくれるのが特徴。また、ジャストサイズで履くことでシワなどができにくく、上品なエイジングを楽しめるのも魅力です。こちらもストームウェルトを採用しており、ドレスシューズの顔つきでありながら水や泥が入りにくい仕様になっているのも見逃せません。

アイテム7

リージェント

リージェント

ブーツとスニーカー Face to Face

ブーツとスニーカー Face to Face

お気に入り追加

外羽根タイプに比べ、さらにフォーマル度の上がる内羽根ストレートチップシューズです。短めのノーズに高めの甲、さらにセミスクエアのトゥによる品格のあるシルエットが特徴。タンとアッパーの縫合部分にハーフムーンと呼ばれるレザーパーツをあしらい、見えないようにカバー。イギリス製らしい繊細な雰囲気を感じさせます。また、シングルレザーソールを採用しているのも品の良さを加速させるポイント。ビジネスシーンのスーツスタイルなど、きちんと感のある装いの足元にぴったりです。

アイテム8

ベルグレイブ

ベルグレイブ

ブーツとスニーカー Face to Face

ブーツとスニーカー Face to Face

お気に入り追加

きめが細かく軽量なカーフレザーを、スクエアトゥのドレッシーな顔つきに仕上げたベルグレイブ。メダリオンのない控えめなブローギングが特徴のクォーターブローグシューズです。内羽根部分が竪琴のように装飾されたアデレイド型という意匠を取り入れており、その美しい曲線も魅力のひとつ。このエレガントなスタイルに合わせ、ソールもすっきり上品なシングルレザーソールを採用。大人にふさわしいドレスシューズとなっています。

アイテム9

バーフォード

バーフォード

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

メダリオンなどの装飾のない7アイレットのプレーントゥブーツは、クリーンな表情が持ち味。ワークブーツでお馴染みのデザインですが、しなやかなカーフレザーのリッチな質感と優美な曲線を描くラウンドトゥのおかげでシンプルながらも都会的で洗練された存在感に仕上がっています。ソールは2枚を貼り合わせたダブルレザー仕様となっており、履けば履くほど足に馴染むのが特徴です。

アイテム10

マトロック

マトロック

Foot Time

Foot Time

お気に入り追加

ありそうで意外と見かけないネイビーのシボレザーを採用。ニュアンスのある表情と上品な個性を発揮しています。また、プレーントゥにステッチを施してキャップトゥを表現した、イミテーションキャップトゥと呼ばれるデザインにも注目を。ドレスシューズに用いられるデイテールを表現することで、骨太でタフなイメージの強いカントリーシューズにドレッシーな雰囲気を添えています。

アイテム11

メイフェア

メイフェア

ブーツとスニーカー Face to Face

ブーツとスニーカー Face to Face

お気に入り追加

スクエアトゥと程良いノーズの長さが、伝統的でクラシカルな佇まいを醸すシングルストラップのモンクシューズです。スリッポンタイプかつ、他のモデルに比べて甲の部分に高さがあるので足入れがスムーズ。タフな作りでソール交換も可能なうえ、グッドイヤーウェルト製法を採用しており、履き心地の良さを実現しているのも高ポイント。歩きやすさとリッチな顔つきを両立させたドレスシューズになっています。

アイテム12

イルクリー

イルクリー

NEXT FOCUS

NEXT FOCUS

お気に入り追加

ブランドを代表するカントリーシューズ「バートン」の素材をグレインレザーに変更し、カジュアル感をアップさせた「イルクリー」。足元に洒落感を添えてくれるブローギングやタフな作りのダブルソールなどはそのままに、ニュアンスのある表情と傷つきにくさも備えているのが特徴です。木型には履き口と幅にゆとりを持たせたものを使い、カントリーシューズらしいボリュームのあるシルエットになっているのにも注目を。

8つの種類別にブーツの名品をレコメンド。“買い”の人気16ブランドはこれだ

8つの種類別にブーツの名品をレコメンド。“買い”の人気16ブランドはこれだ

男の足元にハマる。人気革靴ブランドから集めた推しの1足たち

男の足元にハマる。人気革靴ブランドから集めた推しの1足たち

この記事の掲載アイテム一覧(全12商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『トリッカーズ』モールトン
    『トリッカーズ』 モールトン
  • 『トリッカーズ』モンキーブーツ
    『トリッカーズ』 モンキーブーツ
  • 『トリッカーズ』バートン
    『トリッカーズ』 バートン
  • 『トリッカーズ』ヘンリー
    『トリッカーズ』 ヘンリー
  • 『トリッカーズ』ストウ
    『トリッカーズ』 ストウ
  • 『トリッカーズ』ウッドストック
    『トリッカーズ』 ウッドストック
  • 『トリッカーズ』リージェント
    『トリッカーズ』 リージェント
  • 『トリッカーズ』ベルグレイブ
    『トリッカーズ』 ベルグレイブ
  • 『トリッカーズ』バーフォード
    『トリッカーズ』 バーフォード
  • 『トリッカーズ』マトロック
    『トリッカーズ』 マトロック
  • 『トリッカーズ』メイフェア
    『トリッカーズ』 メイフェア
  • 『トリッカーズ』イルクリー
    『トリッカーズ』 イルクリー

掲載アイテムをもっと見る(0商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

1着で4通り以上の使い方!? 平日から週末まで、“変幻自在アウター”をとことん着回そう

オンとオフの境界線がなくなりつつある今、必要なのはどちらにも対応するアウター。そこで出番となるのが『ブラックレーベル・クレストブリッジ』が誇る二大アウターです。

SPONSORED by ブラックレーベル・クレストブリッジ

続きを読む

袖ありかベストか、それが問題だ。タイオンに学ぶ“使える”インナーダウンの選び方

冬に欠かせないインナーダウンですが、なかでも抜群の品質を誇る『タイオン』は鉄板の選択肢。ジャケット&ベストの両型が揃うので、各々の特性を把握しつつ選びましょう。

SPONSORED by タイオン

続きを読む

今ビジネスマンが指名買い。あの“売れ筋メガネ”の限定モデルがお仕事コーデを格上げする

見た目の印象は信頼につながる大事な要素。なかでも顔周りは特に気を使っておきたいポイントです。今こそ『ポリス』のメガネを有効活用して、デキる男を演出しませんか?

SPONSORED by ポリス

続きを読む

おしゃれで快適、が新基準。リピーター続出の“スニーカーライク”な進化系革靴を履こう

革靴は重くて硬い……そんな常識は『テクシーリュクス』には当てはまりません。正統派の顔付きながら、軽くてしなやかな履き心地。進化系革靴が多大な恩恵をもたらします。

SPONSORED by アシックス商事

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP