裏地で勝負。“ロールキャベツ”ダウンが大人の選択

没個性的になりがちな冬コーデ。とくに着用率の高いダウンジャケットは周りと差をつけるのが難しいアイテムですが、攻略するヒントは普段見えない裏地に隠れていました。

編集イトウ

編集イトウ

SHARE
記事をお気に入り
2016.11.19

街にあふれるダウンジャケット。ベーシックな一着は頼れるけど、やや物足りないかも

街にあふれるダウンジャケット。ベーシックな一着は頼れるけど、やや物足りないかも

冬アウターの中でも高い保温力を誇るダウンジャケット。頼りがいのあるアイテムなだけあって街での着用率が高く、おしゃれに着るならよほど工夫しないと量産型コーデになりがち……。ノームコアが主流の今、過度な主張のあるダウンジャケットで着飾るのは大人の着こなしとしても避けたいところですが、没個性的すぎるのもおしゃれに敏感なTASCLAP読者としては物足りないところ。では、何を選べばいいのか。その答えは裏地にありました。

表向きは無地、裏地は柄デザイン! まるでロールキャベツのようなダウンが大人の選択

表向きは無地、裏地は柄デザイン! まるでロールキャベツのようなダウンが大人の選択

NUMBER (N)INE

NUMBER (N)INE

お気に入り追加

ベーシックなデザインながら周りと差をつけたい。その答えを追求すると、見た目は草食系(=柔軟に対応する無地デザイン)で、裏地は肉食系(=インパクト強めの柄デザイン)のデザイン、まるでロールキャベツのようなバランス感の一着にたどり着きます。

しかし、このタイプだとパッと見は差がつかないのではと思う人も多いでしょう。そこがミソなんです。ふとした瞬間にさり気なく差がつく、まるで余裕ある男を体現するかのようなダウンジャケットが今、大人には必要なんです! この大人のおしゃれを演出する、具体的なシーンを見てみましょう。

裏地にデザインが施された一着なら、こんなシーンで差がつく!

見た目は無地のシンプルデザイン、中身は総柄のこだわりデザイン。大人のおしゃれに欠かせない“ロールキャベツ”ダウンジャケットの実力を発揮する、主な3つのシーンをご覧あれ!

シーン1

風でサッとダウンジャケットがめくれたとき

風でサッとダウンジャケットがめくれたとき

NUMBER (N)INE

NUMBER (N)INE

お気に入り追加

寒い北風がぴゅ~っと吹き、裏地がちらり。いつもは見えない裏地が効果を発揮する代表的なシーンは、体温が下がる代わりにおしゃれ度をグッと上げてくれるシーンでもあるんです。インナーが無地でシンプルなほど効果的!

シーン2

室内で脱ぎ、ダウンジャケットをハンガーにかけたとき

室内で脱ぎ、ダウンジャケットをハンガーにかけたとき

NUMBER (N)INE

NUMBER (N)INE

お気に入り追加

暖房の効いている室内。必然的にダウンジャケットを脱ぎ、ハンガーへかけるという流れになりますが、このシーンでも裏地がその効果を発揮。着用時のベーシックな表情とは裏腹に、遊びの利いたデザインがいいギャップを生みます。

シーン3

ダウンジャケットをソファに脱ぎ置いたとき

ダウンジャケットをソファに脱ぎ置いたとき

NUMBER (N)INE

NUMBER (N)INE

お気に入り追加

帰宅してダウンジャケットを脱ぎ、バサッとソファへ置く。いちいちハンガーにかけるのが面倒で男ならよくやってしまうと思いますが、こんなときも裏地デザインのしゃれた一着なら、不思議と絵になる魅力があります。

魅力ある”ロールキャベツ”ダウンは、大人の装いにハマる『ナンバーナイン』のもの

裏地にデザインのあるタイプ、実はあるようでないもの。しかも派手すぎず、地味すぎないバランスの取れたタイプとなるとなかなか見つかりません。そんな中でようやく発見したのが、TASCLAP世代からも絶大な支持を集めるブランド『ナンバーナイン』の一着でした。

魅力ある”ロールキャベツ”ダウンは、大人の装いにハマる『ナンバーナイン』のもの

NUMBER (N)INE

NUMBER (N)INE

お気に入り追加

音楽をバックボーンのひとつとしながらも、リアルクローズな一着へと昇華するデザインに定評のある『ナンバーナイン』。そのシンプルながら力強いデザインは、今回紹介するダウンジャケットにも色濃く表れています。

まず目につくのはボックス型の立体ポケット。シンプルな表情はそのままに、デザイン性のある面持ちがTASCLAP世代にちょうどいいです。また、機能面も袖の間接にアクションプリーツを施すことで、快適な着心地を実現。見た目だけでなく、実用性にも優れた一着に仕上がっています。

魅力ある”ロールキャベツ”ダウンは、大人の装いにハマる『ナンバーナイン』のもの 2枚目の画像

NUMBER (N)INE

NUMBER (N)INE

お気に入り追加

もっとも特徴的なデザインといえるのが、裏地に配した『ナンバーナイン』オリジナルの音符デザイン。ブラック×ホワイトのモノトーン配色でデザインされたこちらは、派手すぎず、地味すぎない絶妙なバランス感が特徴です。裏地とはいえ総柄に抵抗のある人でも挑戦しやすいのではないでしょうか。

なお、サイズ展開は以下のとおり。ジャストサイズを基本に、好みのサイズ感をチョイスしましょう。

2(Sサイズ相当)/着丈:68cm 身幅:108cm 肩幅:42cm 袖丈:62cm
3(Mサイズ相当)/着丈:70cm 身幅:115cm 肩幅:44cm 袖丈:64cm
4(Lサイズ相当)/着丈:72cm 身幅:119cm 肩幅:46cm 袖丈:66cm

※サイズ表記や採寸値はあくまで目安としてください

編集イトウ
編集イトウ
男性ヘア&ファッション誌でエディターとしてのキャリアをスタート。ジーンズと白の無地T、スニーカーがお決まりです。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事