脱・マンネリ化!ジャケパンを冬仕様にアップデート

脱・マンネリ化!ジャケパンを冬仕様にアップデート

ベーシックなスタイルのため、マンネリ化しがちなジャケパンスタイル。ベーシックさを保ちつつ、適度にトレンド感をプラスしてこの冬仕様にアップデートしてみてはいかが。

大中 志摩

2016.11.29

アウター
ジャケット
ジャケパン
冬の着こなし・コーデ

この冬のジャケパンスタイルは“ココ”が違う!

ジャケパンスタイルはジャケット+パンツのベーシックな組み合わせのため、流行りなどに影響されるスタイルではない。しかし、ジャケットのサイズ感やパンツの丈感、色や小物などでトレンド感を加えることが可能。気を抜くとマンネリ化しがちなジャケパンスタイルをこの冬仕様にアップデートして、おしゃれを楽しんでみて。

実践! いつものジャケパンコーデを冬仕様にアップデート

即実践したいジャケパンコーデのアップデート術をお届け。素材や色などを変えてあげるだけでいつものスタイルの表情が変わるので鮮度もアップ。冬仕様にアップデートしておしゃれを楽しみたい。


合わせて読みたい:
ジャケパンを着こなすための6つのルールとお手本コーデ19選

大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

着こなし1ジャケット×ハイネックニット

普段ならクルーネックニットを合わせたくなるが、トレンド感を意識するならばハイネックニットを活用するのがおすすめ。インナーをハイネックニットに変えるだけで、首元にアクセントが加わるだけでなく、見た目的にもウォーム感がアップするので冬感が一層強調される。

セットアップにハイネックニットを合わせたシンプルなコーディネート。ワントーンでまとめて上品な雰囲気を加速させている。足元は白のスニーカーで外して清涼感と抜け感をプラス。ニットの素材感が柔らかなスタイルに仕上げている。

『トランスコンチネンツ』ネップハイネックニット

カラーネップがカジュアルな印象を演出してくれる。適度にゆとりをもたせたシルエットが抜け感を与え、こなれたスタイルに。カジュアルなスタイルだけでなく、シャツと合わせたきれいめスタイルにもおすすめ。ベーシックなカラーなので使い勝手も抜群だ。

『ハレ』カシミヤハイネックニット

カシミヤ100%のぜいたくな素材感が魅力的な一枚。すっきりとしたスマートなシルエットでカシミヤ素材なので保温性も抜群。素材表面の繊維は突起の起きにくい形状なので美しい光沢感とチクチク感のない滑らかな質感を生み出す。特殊な加工を施すことで自宅の洗濯機での洗濯を可能にした。

『センス オブ プレイス by アーバンリサーチ』ミラノリブハイネックロングセーター

人気のミラノリブのハイネックニット。ロングセーターながらも長すぎない着丈なので幅広いスタイルにもマッチしやすい。伸びが少ない仕上がりなので長く愛用できるのもうれしいポイントだ。ベーシックなカラーで合わせるアイテムを選ばずに愛用できる。

着こなし2ツイードジャケットで冬仕様に

ジャケットの素材をツイードに変更するのもいつものジャケパンスタイルを冬仕様にアップデートしてくれる効果的な方法。ツイードのざっくりとした素材感がこなれ感のあるスタイルに導いてくれるので鮮度アップにもおすすめだ。ただ、カジュアルな印象が強くなるのでビジネスではシーンに注意して。

合わせて読みたい:
ビジネスカジュアルとは? 着こなしのマナーと必須アイテム10選

ビジカジコーデの基本。マストバイと着こなしサンプル

シンプルなジャケパンスタイルもジャケットをツイード素材に変えるだけでウォーム感がぐっと上がり、冬らしさが強調される。また表情のあるざっくりとした素材感がコーディネートのアクセントに。ダークトーンでまとめればシックに着こなせる。

『ビームスライツ』ハリスツイードジャケット

着丈が短く、やや細身のすっきりとしたシルエットに仕上げた一着。軽く温かみのあるハリスツイードを使用しており、肉厚な生地感が地立体的な表情を演出してくれる。襟裏は生地を切り替えているので、さりげないアクセントに。胸ポケットの裏地はフェイクチーフとして使用できる。

合わせて読みたい:
ジャケットもコートもこの素材で。ハリスツイードで作る大人の装い

『シップス』DREAM TWEED ジャケット

ツイードとは思えない柔らかさと軽さが魅力的なLoro Piana社製の生地を使用している。『シップス』のビジネスアイテムの中でも最もベーシックなモデルを採用しているのでビジネススタイルに相性抜群だ。表情のある生地感と発色の良さで着回しやすい仕上がりに。

『ユナイテッドアローズ』ヘリンボーン ツイード ジャケット

ヘリンボーンツイード生地で仕立てたテーラードジャケット。ゴージ一を高めに設定したシャープなノッチドラペルがスマートな着こなしに導いてくれる。サイドベンツ仕様で動きやすさを考慮。裏地ニア滑らかな肌触りのキュプラを使用しているので快適な着心地に仕上がっている。

着こなし3カーキのジャケットが新鮮

色でアップデートするならばジャケットの色はカーキがおすすめ。今シーズンのトレンドカラーでもあり、色み的に落ち着いた雰囲気なのでトレンドでなくても着用しやすい。ベーシックなカラーに比べ、こなれ感が簡単に作りやすく、着こなしのアクセントカラーとしても期待できる。

白のタートルネックのカットソーにネイビーのニットを合わせて上品さを醸しつつ、カーキのジャケットでカジュアルさを演出。黒スキニーでスタイリッシュに仕上げ、ベルクロの黒スニーカーで適度に外している。

『NO ID.』スエードノッチドラペル2B-JKT

オン・オフ問わず使える王道デザインの2ボタンジャケット。絶妙な絞りを入れたウエストラインにノッチドラペルを採用したスタイリッシュなデザインが特徴だ。スエードライクな毛羽立ちのあるコットン生地を使用しているのでこなれ感のある表情に。同素材のトラウザーを合わせてセットアップにも。

『ジャックマン』ジャージ テーラードジャケット

伸縮性に優れたジャージー素材を使用。襟は立てても着用できる2way仕様になっているので、オン・オフで表情の違った着こなしが楽しめる。裏地がなく、左胸のポケット、ハンドポケットに加え、内側にもポケットを配した本格的な作り。ポリエステルとウールをブレンドしているので見た目にもぬくもり感がある。

『ジェイプレス』ニューオーセンティックポプリンジャケット

スポーティさと普遍的エレガンスを兼備したニュートラディショナルをベースにシルエットと素材で現代的にアレンジ。使用しているポプリン素材は、耐久性と高級感があり、ケアも容易なので使いやすい。着始めこそやや硬い風合いだが、着るたびにのりがはがれ体になじんでいく。

着こなし4ウールスラックスでウォーム感を

着こなしにウォーム感を加えて冬仕様にアップデートしたいなら、ウールスラックスを取り入れてみては。ビジネスシーンだけでなく、カジュアルなスタイルにも活用できるので持っておいて損はないはず。使いやすさを考慮してネイビーや黒などベーシックなカラーを選ぶのが無難。

合わせて読みたい:
知っていますか?スマートカジュアルの基本と着こなし

ネイビーのジャケットとベストにギンガムチェックのシャツを合わせた品の良さ漂うコーディネート。パンツはグレーのスラックスで柔らかさを。さりげなく主張するドット柄のポケットチーフも見逃せないポイント。

『アメリカン ラグ シー』

『アメリカン ラグ シー』オリジナルのウールスラックス。ワンタック入りでやや深めの股上の設計で、裾に向けてはテーパードのかかったシルエットでトレンドを押さえたデザインに。フォーマルでもカジュアルダウンでも着用できる、使い勝手の良い一枚。セットアップでの使用もおすすめ。

『ビームス』フランネルスラックス

柔らかく温かみのあるフランネル素材のスラックス。すっきりとした上品なシルエットでビジネススタイルはもちろん、カジュアルなスタイルにも対応してくれる。アンクル丈で合わせるシューズを選ばず、今っぽさも演出可能。ウエスト脇にはゴムを配しているので履き心地も良好だ。

『アバハウス』ウインタートロピカル スラックス

愛知県の北西部に位置する尾州産地で別注したウインタートロピカル素材を使用している。夏用の素材であるトロピカルに起毛加工、撥水加工、ストレッチ機能を加えているので冬でも快適に着用することが可能。カラートップ糸を使用しているので表情のある生地に仕上がっている。

着こなし5上品な雰囲気を醸すキルティングジャケットを活用

ビジネスシーンにも取り入れることができるキルティングジャケットを活用して冬っぽさを演出してみてはいかが。タイドアップしたシャツにニットを合わせ、その上からラフに羽織るだけでも上品な雰囲気が楽しめる。色は黒やネイビーを選ぶのがおすすめだ。

ネイビーのキルティングジャケットをメインにグレーのウールスラックスを合わせたスタイル。スラックスの裾をロールアップしてこなれ感を。シャツやソックスで白を散らつかせて、アクセントを加えている。ニットもネイビーをチョイスしてシックな雰囲気に。

『ラベンハム』DENHAM

高いデザイン性と品質、優れた耐久性で人気高い『ラベンハム』。同ブランドの代名詞でもあるMILDENモデルをベースに、よりシャープですっきりとしたパターンに仕上げた一着。光沢感を落としたポリエステル素材を使用しており、高級感のある落ち着いた雰囲気に。

『マッキントッシュフィロソフィー』ウァレンフォード

ウァレンフォードは『マッキントッシュフィロソフィー』が誇るベストセラーモデル。クラシックなホースライディングジャケットをベースに中綿をダウンに、リバーシブル仕様にアップデートさせた。襟部分のコーデュロイやキルトステッチ、撥水加工を施したダウンなど細部に至るまでこだわった仕上がり。

『シップス』スタンドカラー 中綿/キルティング ジャケット

表地は尾州にて別注したツイード生地をキルティング仕様に落とし込んで高級感のあるデザインに。部分的にコーデュロイ生地をあしらってアクセントをプラス。クリーニングなどメンテナンスを考慮してくるみボタンにはフェイクレザーを使用している。スタンドカラーと細身のシルエットも魅力的。

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    セレクトショップと導き出す。街コーデをアップデートさせる春のトレンドキーワード7

    寒さは残るが暦の上ではもう春。そろそろ次のファッショントレンドを押さえる頃合いだろう。人気セレクトショップに聞いた注目キーワードから、今春の流行が見えてきた。

    菊地 亮

    マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

    マフラーのおしゃれな巻き方。簡単にできる8種類を紹介【動画解説あり】

    冬に欠かせないマフラーですが、いつも同じ巻き方になりがちではありませんか? 簡単にできて、おしゃれに見える巻き方をご紹介。動画と画像でわかりやすく解説します。

    桂川 千穂

    オーシバルのコート10選。バスクシャツだけじゃない、人気モノの魅力

    オーシバルのコート10選。バスクシャツだけじゃない、人気モノの魅力

    高品質なバスクシャツで名高い『オーシバル』ですが、実はコートも負けず劣らずの秀作揃い。春先のコーデをスタイリッシュに彩る逸品たちを、ここで一挙紹介します!

    山崎 サトシ

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    オーラリーとは? 売り切れ御免の人気アイテムと今っぽさのヒント

    オーラリーとは? 売り切れ御免の人気アイテムと今っぽさのヒント

    今や大人たちがこぞって『オーラリー』の服を手にとっている。デザインはいたってシンプルで、形もオーソドックス。でも惹きつけられるそのワケをアイテムと共に読み解く。

    菊地 亮

    BACK