ネクタイの柄の選び方。大人におすすめしたい4つの柄とVゾーンを作るコツ

スーツスタイルの顔ともいえるVゾーン。なかでもネクタイは着こなしの印象を左右する重要なアイテムです。本記事では4つの柄にフィーチャーし、着こなし例とともにご紹介。

近間 恭子

近間 恭子

SHARE
記事をお気に入り
2020.05.22

着こなしの印象を左右するネクタイ。柄選びはとっても重要です

着こなしの印象を左右するネクタイ。柄選びはとっても重要です

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スーツスタイルの要であり、色柄次第で着こなしの幅をグッと広げることのできるネクタイ。そんなネクタイ選びで迷うのが柄ですよね。もちろんスーツやシャツとのバランスも重要ですが、ネクタイの柄によって与える印象も大きく異なります。例えば、ストライプはフレッシュで知的、チェックは親しみやすさを演出する効果があるんですよ。どんな印象を与えたいかを意識しながらネクタイの柄を選ぶのがおすすめです。

大人におすすめしたい4つの柄とおしゃれなVゾーンの作り方

大人におすすめしたいネクタイの柄は、ストライプ・チェック・ドット・小紋の4つ。それぞれの柄の与える印象や適したシーン、さらにはおしゃれで好印象なVゾーンを作るポイントをご紹介します。

▼柄1:「ストライプ柄」はビジネススタイルの鉄板

ストライプはネクタイの基本柄。フレッシュで知的な印象を与えることができ、普段使いはもちろん、筆者的にはプレゼンなどの勝負の場面で取り入れるのもおすすめです。ストライプは圧倒的なバリエーションで配色もさまざまですが、ビジネスシーンでは色数が少ないほうが合わせやすく失敗が少なくなります。さらにストライプの幅は太くなるほどカジュアル度が高くなることも覚えておきましょう。

ストライプ1

「レジメンタルストライプ」は最もポピュラーなストライプタイ

「レジメンタルストライプ」は最もポピュラーなストライプタイ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

イギリス軍旗から生まれた柄で、正面から見て左下がりになったストライプを指します。ちなみに右下がりのストライプはリバースと呼ばれ、『ブルックスブラザーズ』が初めて商品化したアメリカ式のスタイル。レジメンタルストライプは3色使いのものが多く、配色で個性やセンスをアピールすることができます。

ストライプ2

光の当たり具合や角度によってお目見えする「ヘリンボーンストライプ」

光の当たり具合や角度によってお目見えする「ヘリンボーンストライプ」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ニシンの骨に似ていることから名付けられたヘリンボーン(杉綾織り)でストライプを構成しているのが特徴。多色使いのものもありますが、筆者のおすすめは単色使いのもの。無地感覚でスタイリングでき、それでいて立体的なVゾーンを構築できます。ネイビーやブラウン、ボルドーといった落ち着いた色味が取り入れやすいですよ。

ストライプ3

スタイリングしやすくモダンな「オンブレストライプ」

スタイリングしやすくモダンな「オンブレストライプ」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オンブレはフランス語で”濃淡をつけた”という意味で、同系色の濃淡で構成したストライプ柄のこと。多色使いのものに比べると統一感があり、奥行きのあるVゾーンを演出できます。スーツの定番色と相性が良く、かつ取り入れやすいのがブルー系。こちらのアイテムのようにネイビーが入るとメリハリもつけられます。

ストライプ4

「マルチストライプ」はビジネスを意識した配色がベスト

「マルチストライプ」はビジネスを意識した配色がベスト

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

マルチストライプとは、多色使いのストライプを指し、カラフルなことからファンシーストライプとも呼ばれています。ただ、ビビッドカラーで構成されたマルチストライプはビジネスシーンにはトゥーマッチ。ネイビーや白といった定番色に、1色だけビビッドカラーを効かせたものが取り入れやすくておすすめです。合わせるスーツやシャツは主張控えめを意識して。

▽ストライプ柄でおしゃれなVゾーンを作るコツ

着こなしのコツ1

大胆なほどのピッチ幅の違いが着こなしを洒脱に導く

大胆なほどのピッチ幅の違いが着こなしを洒脱に導く

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スーツからVゾーンにいたるまでをブルー系で統一した着こなしのポイントは、ピッチ幅の異なるストライプを組み合わせていること。細いピッチのストライプシャツに対し、ネクタイは大胆なほど太いピッチ。これが同柄の合わせでもうるさく見せないコツで、さらにモダンなムードも醸し出すことができます。

着こなしのコツ2

存在感ある配色のストライプで正統派コーデをワンランク上へ

存在感ある配色のストライプで正統派コーデをワンランク上へ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

正統派ジャケパンスタイルで、Vゾーンまでも王道だとちょっとつまらない。ジャケットと同色のネイビーをベースにしつつ、ゴールドと白を効かせたストライプタイなら着こなしを印象的に演出できます。シャツはあえて白無地という引き算もお見事。

▼柄2:若々しさと親しみをVゾーンに宿す「チェック柄」

チェック柄のネクタイは親しみやすい印象を与える半面、色数が多いと悪目立ちすることも。そのため、ビジネスシーンでは落ち着いた配色を選ぶのが鉄則です。また、今回ピックアップした柄の中でもチェックはカジュアル度が高め。商談やクライアントとの初顔合わせなどの“ここぞ”という場面ではなく、内勤日などの普段使いに取り入れるのがベストです。

チェック1

「タータンチェック」は落ち着いた配色が選びのポイント

「タータンチェック」は落ち着いた配色が選びのポイント

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

チェック柄の中で最もポピュラーなのがタータンチェック。色の組み合わせや大小の格子柄の重なりが無限大にあるスコットランドの伝統柄です。ビジネスシーンではややカジュアルですが、色数を極力絞ったシックな配色なら話は別。スーツやシャツをシンプルにまとめると、きちんとした印象も与えられます。

チェック2

ビジネスシーンでは同系色の「アーガイルチェック」を

ビジネスシーンでは同系色の「アーガイルチェック」を

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アーガイルチェックとは、連続したひし形と斜めに入れた線枠で構成された格子柄のこと。元々はスコットランドのアーガイルにあるキャンベル家のタータンチェックで、歴史も古くてトラディショナルな印象が強い柄でもあります。数色使われているのが一般的ですが、ネクタイで取り入れるなら同系色で表現されたアーガイルチェックがベターです。

▽チェック柄でおしゃれなVゾーンを作るコツ

着こなしのコツ1

徹底的にこだわった色と素材感のリンクがスタイリッシュ

徹底的にこだわった色と素材感のリンクがスタイリッシュ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スーツの色とリンクしたベージュをベースにしたタータンチェックタイをセレクト。ワッシャー加工を施したような縦にシワの入った生地感もポイントで、スーツのシアサッカーやシャツの表情豊かな風合いとも絶妙にマッチしています。

着こなしのコツ2

好印象なトリコロールカラーコーデはアーガイル柄タイが決め手

好印象なトリコロールカラーコーデはアーガイル柄タイが決め手

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

タイはネイビーと相性の良いボルドーを合わせ、シャツは白無地と、好印象カラーの代表格であるトリコロールを構築。アーガイル柄はステッチで構成され、かつベース地の織りにも表情があるので立体的なVゾーンに仕上がっています。

▼柄3:ビジネスからフォーマルまで対応する「ドット柄」

ドットはいわゆる水玉模様のことで、ネクタイにおいても基本柄の1つ。小さいほどフォーマル度が高く、かつ上品な印象を与えられるので、ビジネススタイルでは小さめを選ぶのが鉄則。おすすめはピンドットで、シンプルな見た目ゆえに着回し力も抜群です。また格式高い柄でもあるので、配色によってはフォーマルスタイルにも活躍しますよ。

ドット1

ビジネススタイルには主張控えめな「ピンドット」の一択

ビジネススタイルには主張控えめな「ピンドット」の一択

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

その名の通りピンで刺したようなドット柄のこと。ドットの中でも1番小さいので見た目もシンプルで、それでいてエレガントなVゾーンを構築できます。ソリッドタイのようにスタイリングできるので、柄モノのネクタイが苦手という人も取り入れやすいはず。

▽ドット柄でおしゃれなVゾーンを作るコツ

着こなしのコツ1

正統派の合わせで好印象と上品さを両得

正統派の合わせで好印象と上品さを両得

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スーツとシャツの色をそれぞれ拾ったネイビー×ホワイトのピンドットタイをスタイリングに活用。ネクタイ以外をシンプルに徹することで、ピンドットのエレガントさが引き立っています。ネクタイピンで洒落感をさりげなくプラスしているところにも注目を。

着こなしのコツ2

結婚式はシルバーのドットタイで華やぎを

結婚式はシルバーのドットタイで華やぎを

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ネイビーのシャドーストライプスーツにドットタイを合わせた結婚式コーデ。ピンドットよりも少し大きめのポルカドットをセレクトしていますが、シルバーがベースなのでドレッシーなVゾーンを構築しています。品のあるブロード生地のシャツとも好マッチ。

▼柄4:上品で大人のムードを醸し出せる「小紋柄」

小紋柄とは、規則的に、あるいは不規則に散らした連続性のある柄のこと。控えめながらも知的、さらには上品で落ち着いた雰囲気を放ちます。ドット柄と同様に、小紋柄が小さいほど上品さが高まり、スタイリングに取り入れやすいのが特徴。主張が控えめでこれみよがしにならないので、上司やクライアントなど誰からも好印象を持たれる柄です。

小紋柄1

上品さに加えて柔らかなムードも醸す「フラワー小紋」

上品さに加えて柔らかなムードも醸す「フラワー小紋」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

幾何学模様や江戸小紋など、さまざまな柄がある小紋柄。なかでもTASCLAP世代におすすめなのが花柄です。一つひとつの柄は小さめなのでかわいく見えることなく、知的で上品な雰囲気をキープ。それでいて花柄特有の柔らかさを醸し出すことができるんです。

小紋柄2

モダンな雰囲気漂う「幾何学柄模様」

モダンな雰囲気漂う「幾何学柄模様」

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

幾何学柄デザインがモダンな印象。デザイン次第では派手になってしまうため、シックな配色と小ぶりな柄を選ぶのがポイントです。シンプルなスーツのアクセントとしても効果的です。

▽小紋柄でおしゃれなVゾーンを作るコツ

着こなしのコツ1

無彩色コーデを小紋タイで上品かつ印象的に

無彩色コーデを小紋タイで上品かつ印象的に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ややカジュアルなブレザースタイルを小紋タイで品良く格上げ。知的なムードの漂うネイビーをベースに、オレンジのフラワー小紋を散りばめることで着こなしの鮮度をアップさせています。Vゾーンに立体感を生むネクタイピンで、ネクタイの存在感を主張させている点もGOOD。

着こなしのコツ2

ネイビースタイルに引き立つモダンな幾何学小紋

ネイビースタイルに引き立つモダンな幾何学小紋

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらの着こなしに使用している小紋タイは幾何学柄。スーツもシャツもネイビーをセレクトしているので、幾何学小紋のモダンさがより強調されています。無地ではなく、あえてストライプシャツを合わせているのも技アリ。洒脱なVゾーンに仕上がっています。

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

バッグ・ファッション小物

ネクタイを男性にプレゼントするならこのブランドで。世代別のおすすめ15選

女性が男性に贈るプレゼントの定番であるネクタイ。ただ、ブランドが膨大すぎて選ぶのが大変ですよね。そこで贈る男性の世代別におすすめのブランドをご紹介します。

近間 恭子

2019.12.19

夏場のタイドアップを軽快に。“涼しげに見える”ネクタイ一覧

バッグ・ファッション小物

夏場のタイドアップを軽快に。“涼しげに見える”ネクタイ一覧

普段はクールビズでも特別な日はネクタイ着用だったり、仕事柄、夏でもタイドアップが必要な人はいます。暑さを軽減できる、涼しげなネクタイ選びを考えてみましょう。

池田 やすゆき

2019.07.30

ニットタイでこなれたVゾーンを。選び方・合わせ方の基本とおすすめ10選

バッグ・ファッション小物

ニットタイでこなれたVゾーンを。選び方・合わせ方の基本とおすすめ10選

オフィスカジュアルの浸透によりノータイスタイルが増えていますが、ときにはスーツ×ネクタイを程良くカジュアルダウンするニットタイなんていかがでしょう?

池田 やすゆき

2020.05.01

華やかさと洒落感を演出。結婚式に最適なネクタイとは

バッグ・ファッション小物

華やかさと洒落感を演出。結婚式に最適なネクタイとは

結婚式の着こなしにおいてネクタイは重要なアイテム。でも、正しい選び方って意外と知らないですよね? 選び方からおすすめまで、結婚式のネクタイのすべてを伝授します。

近間 恭子

2019.10.24

注目編集者
近間 恭子

バッグ・革小物をメインに執筆記事は200本以上

近間 恭子
ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND