カシミヤニットを大人の装いに。おすすめブランド15選

カシミヤニットを大人の装いに。おすすめブランド15選

他の素材に比べると値段は張りますが、大人なら1枚はもっておきたいカシミヤニット。素材の魅力をおさらいしつつ、選び方のポイントからおすすめブランドまで紹介します。

近間 恭子

2019.11.25

トップス
ニット・セーター

再確認。カシミヤってこんな素材

再確認。カシミヤってこんな素材

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

そもそもカシミヤは山羊の毛。ウールやアンゴラ、キャメルといった世の中に出回っている動物の毛の中で、最も細いのがカシミヤの毛です。そのため軽くて柔らかく、そして繊細。また、この細くて柔らかな繊維が空気をたくさん含むことで、暖かな着心地を提供してくれるのです。カシミヤといっても毛のグレードはピンキリで、色や長さ、太さなどを考慮して等級に分けられ、質が高いほど毛が長くて細く、艶やかな仕上がりになります。そのため、同じカシミヤ100%でも値段に大きな差が生まれるのです。

カシミヤニットのメリットとデメリット

カシミヤのニット=上質で肌触りが良く、暖かいといったイメージがありますが、まずはメリットとデメリットを整理しておきましょう。ニットを選ぶうえでのポイントになりますよ。

メリット1肌触りに優れ、軽くて暖かい

肌触りに優れ、軽くて暖かい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カシミヤは、熱伝導率が低い空気を取り入れて外に逃さないので、保温性が抜群。さらに他の天然繊維に比べて断トツで細く、暖かさとは裏腹に軽い着心地が楽しめます。また、しなやかな風合いゆえ、ウールのようなチクチク感がないのもポイント。

メリット2通気性に優れ、ムレにくいのも魅力

通気性に優れ、ムレにくいのも魅力

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カシミヤは保温性だけでなく、通気性が高いのもメリット。カシミヤ繊維の表面は髪の毛のようにキューティクルが張り巡らされており、ここから空気中の湿気の吸収と放出がされているのです。そのためニット内がムレることなく、快適な着心地を味わえるんですよ。

メリット3艶やかな光沢感があり、ラグジュアリーな雰囲気を演出

艶やかな光沢感があり、ラグジュアリーな雰囲気を演出

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カシミヤに含まれる油脂のおかげで、表面がツヤツヤに見えるのも特徴の1つ。表面の突起も少なく、受けた光をそのまま反射するため、美しい光沢感を楽しめるんです。ウールなどとはひと味違うラグジュアリーな雰囲気を手に入れられますよ。

デメリットカシミヤの大敵は毛玉と虫食い!

細くて繊細な素材ゆえに、毛玉ができやすいのがカシミヤの難点。なので、着用後はハンガーに干し、ゴミやホコリなどをブラッシングでしっかり取り除くようにしましょう。また、カシミヤは虫食いも大敵なので、防虫剤を使うなどしてしっかり対策を。

大人におすすめのカシミヤニット15選

カシミヤの魅力を知り、この冬1枚手にしたいと思った方も多いのでは? カシミヤ100%の高級なものからアンダー15,000円のお手頃なものまで、バラエティ豊かにピックアップしたので自分に合った1枚を見つけましょう。

▼カシミヤ100%の高級ニット

カシミヤの魅力を堪能するなら、他の素材を混紡していない100%のものがおすすめ。カシミヤのランクによってプライスはさまざまなので、そのあたりも選びのポイントとして重視してみては?

ブランド1『バトナー』

『バトナー』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

1951年創設の老舗ニットファクトリーが手掛ける『バトナー』は、2013年に誕生した日本発のニットウエアブランド。こちらは、生後5か月のカシミヤ山羊から初めて刈り取られる産毛のみを集めたベビーカシミヤを使ったモデル。しっかりとした生地感ながらも風合いは滑らかで、最高の着心地を堪能できます。

バトナーのニットは何が違う? 国内ニットの人気ブランドの魅力とおすすめ

バトナーのニットは何が違う? 国内ニットの人気ブランドの魅力とおすすめ

日本発のニットブランドが注目されている昨今、断トツの支持率を誇るのが『バトナー』です。人気の理由や特徴、おすすめのラインアップを紹介します。

山崎 サトシ

ブランド2『ジェームスパース』

『ジェームスパース』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

1994年にLAでスタートしたハイクオリティなカジュアルアイテムを発信している『ジェームスパース』。こちらは超軽量カシミヤ糸を使用したモデルで、サーマル調の編みが程良くラフな表情。ラグランスリーブもラフさを盛り上げ、上質なカシミヤ素材とのギャップも楽しめる1枚です。

ワンランク上のシンプルを。ジェームスパースの魅力

ワンランク上のシンプルを。ジェームスパースの魅力

数ある西海岸ファッションブランドのなかでも、上質かつ洗練されたアイテムで支持を得る『ジェームスパース』。今季気になるアイテムやコーディネートを紹介する。

大中 志摩

ブランド3『レミ レリーフ』

『レミ レリーフ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

品質重視でハイクオリティな日常着を提案する『レミ レリーフ』の1枚は、高級なカシミヤ使用した柔らかく肌触りの良い仕上がり。シンプルながらもこなれた雰囲気漂うニットは、ブランドならでは。発色の良いブルーはコーデの主役にうってつけです。

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

リアルユーズドと見紛う高精度な古着加工と、現代的シルエットを巧みに融合する『レミ レリーフ』。その魅力を解剖するとともに、新作とコーデサンプルを紹介します。

山崎 サトシ

ブランド4『マルティニーク』

『マルティニーク』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カシミヤの風合いを第一に考え、その扱いに手慣れた工場で仕上げることにより、非常に心地良い肌触りが楽しめる1枚に。定番のクルーネックデザインと程良く細身のサイズ感のおかげで、カジュアルからジャケットのインナーまで幅広く活躍してくれるはず。ワードローブにあると確実に重宝しますよ。

ブランド5『シップス』

『シップス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

寒暖差の厳しいモンゴルの大自然の中で育てられたカシミヤの原毛を使用。染色の際にブリーチ剤などを使用していない環境にやさしいカシミヤ糸なので、より暖かく柔らかな肌触りを楽しめます。スタンダードなデザインなので、流行に左右されることなく長年愛用できるはず。

ブランド6『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

製品の段階でトリートメントエッセンシャルウォッシュを施すことで、カシミヤの風合いをさらに際立たせているのが特徴。それでいてスウェットシャツのデザインを取り入れているので、上質な風合いながらもカジュアルに着こなせるというのもポイントです。

ブランド7『エディフィス』

『エディフィス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上質なカシミヤを使い、膨らみと柔らかな編み地に仕上げたクルーネックニット。畔編みは伸縮性にも優れ、視覚的にすっきりと見せてくれる効果もあります。肩周りの機動力が高いラグランスリーブを採用しているのも見逃せないポイント。

▼アンダー15,000円のカシミヤニット

カシミヤニットを日常使いするなら、安価なものが良いと考える人も多いはず。ここではカシミヤ100%ながらもアンダー15,000円(税抜)のもの、そしてウールなどと混紡してプライスを抑えたものをご紹介します。

ブランド8『ジャーナル スタンダード』

『ジャーナル スタンダード』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カシミヤ100%ながらもアンダー15,000円を実現。表面はふんわりと毛羽立たせたシャギー仕様で、上品かつ柔らかな印象に仕上げています。裾や袖口がカットオフ仕様だったり、ポケットが付いていたりとカジュアルな要素もプラス。カラバリの多さも特徴です。

ブランド9『グリーンレーベル リラクシング』

『グリーンレーベル リラクシング』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ウール70%×カシミヤ30%の混紡素材を採用。天竺編みで仕上げているためクリーンな表面感も特徴で、あらゆるシーン&着こなしで活躍すること請け合いです。メランジ感のある色味も印象的で、ベーシックなアイテムながらもこなれた雰囲気を手に入れられるはず。

ブランド10『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』

アクリルと羊毛にカシミヤをブレンドした、風合いの良いケーブル編みニット。立体感ある独特な編みは、コーディネートの絶妙なアクセントになってくれます。両サイドの編みの切り替えや襟裏の配色テープなど、細かなディテールへのこだわりも魅力。

ブランド11『417エディフィス』

『417エディフィス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上質なカシミヤ100%でありながら、コストパフォーマンスの高さを実現。やや襟周りを高めに設定したクルーネックが、どこかスタイリッシュな印象を与えます。袖口や裾はあえてフラットに仕上げているので、カシミヤニットながらもカットソー感覚で気軽に取り入れられます。

ブランド12『シップス ジェット ブルー』

『シップス ジェット ブルー』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

滑らかな風合いが特徴のウール×カシミヤの梳毛を使用したモデル。ベーシックなデザインながらも細番手のハイゲージに仕上げることで、すっきりと上品な印象で着こなすことができます。今季っぽさも求めるなら、ブラウンをセレクトするのがおすすめ。

ブランド13『ファイバーテックス』

『ファイバーテックス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

イタリア・プラトで1956年に設立した『ファイバーテックス』は、イタリア糸独自の発色の美しさが魅力のニットを発信しています。こちらのカシミヤ混ニットは、レイヤードにも重宝する程良い深さのVネックタイプ。肌触りが滑らかで、かつ薄手に仕上げているのでカットソー感覚で着用できます。

ブランド14『ピュアカシミヤニューヨーク』

『ピュアカシミヤニューヨーク』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

NY発のブランド『ピュアカシミヤニューヨーク』では、繊維の宝石と呼ばれる高品質のモンゴル産カシミヤ100%を使用してニットを展開。それでいて10,000円台をキープしているのはアッパレの一言。ウールより約8倍暖かくて軽く、かつ柔らかな肌触りを堪能できるのも優秀です。

ブランド15『アーバンリサーチ』

『アーバンリサーチ』

オーストラリアのハミルトンウールに、限りなくソフトなカシミヤを配合。それによってチクチク感のない、クリアな肌触りと発色の良さを実現しています。トレンドに左右されずに着用できる高品質なケーブルニットは、ワードローブにあると重宝すること請け合い。

カシミヤニットを取り扱う上での注意点

カシミヤニットを取り扱う上での注意点

くらすかたち&Webくらすかたち&Web

お気に入り追加

カシミヤニットを着用したら、汚れやホコリをそのままにしておくのはNG。着用後は形を整え、毛並みに沿ってブラッシングをしましょう。また、生地の摩擦によって毛玉が発生することもあるので連続での着用は控え、1日着用したら2日休ませるのがおすすめです。

定番&注目アイテム勢揃い。大人にハマる人気ニットブランド10選

定番&注目アイテム勢揃い。大人にハマる人気ニットブランド10選

ニットは秋から冬、さらには春までヘビロテすることになるアイテムだけに、“良いモノ”をゲットするのが正解。というワケで、定評のある人気ブランドから探しましょう!

山崎 サトシ

カシミヤ、アルパカとも違う。アンゴラニットを今冬取り入れよう

カシミヤ、アルパカとも違う。アンゴラニットを今冬取り入れよう

見た目も着心地も暖かなアンゴラニットは、柔らかく上品な肌触りが魅力。冬スタイルをワンランク上に導けるので、大人にこそ積極的に取り入れてほしいニットです。

近間 恭子

ニットで作る、大人の冬コーデ15サンプル

ニットで作る、大人の冬コーデ15サンプル

ニットが主役の季節到来。その暖かさを享受しつつ、大人ならこなれ感も意識したいものです。トレンド感ある5タイプに着目し、旬度あるニットコーデを提案します。

山崎 サトシ

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド12選

    マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。

    モチヅキ アヤノ

    バトナーのニットは何が違う? 国内ニットの人気ブランドの魅力とおすすめ

    バトナーのニットは何が違う? 国内ニットの人気ブランドの魅力とおすすめ

    日本発のニットブランドが注目されている昨今、断トツの支持率を誇るのが『バトナー』です。人気の理由や特徴、おすすめのラインアップを紹介します。

    山崎 サトシ

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    ダウンパンツは暖かくて軽くて、もうやみつき。街ではくならこんな10本

    軽くて暖かくて快適……だけじゃない! ダウンパンツはシルエットもデザインも洗練されたモノが豊富です。街中ではくダウンパンツの選び方と着こなしのコツをご紹介。

    TASCLAP編集部

    チェスターコートのおすすめブランド20選&ハズさない選び方

    チェスターコートのおすすめブランド20選&ハズさない選び方

    大人コーデと相性抜群のチェスターコートはあらゆるシーンで使える万能アウター。定番からコスパ抜群のブランドまで、大人におすすめの優良コートを一挙ご紹介します。

    TASCLAP編集部

    旬なベージュのニット。コーデを攻略するために押さえたいあれこれ

    旬なベージュのニット。コーデを攻略するために押さえたいあれこれ

    黒やネイビーのニットと比べて少々難度が高いベージュニットですが、旬な存在であるだけに上手く味方につけたいもの。攻略法を詳しく伝授するので、早速コーデの実践を!

    山崎 サトシ

    BACK