グレンチェックで作る男の着こなし。クラシカルで今季的なアイテムの取り入れ方

グレンチェックで作る男の着こなし。クラシカルで今季的なアイテムの取り入れ方

今季は男女問わず英国ムード漂うグレンチェックが大ブーム。コートやジャケットをはじめ、さまざまなアイテムがリリースされています。狙い目のアイテムやコーデをご紹介。

池田 やすゆき

2017.11.06

冬の着こなし・コーデ

秋冬のビッグトレンド、グレンチェック

グレンチェックとは千鳥格子やヘアラインチェックなど、異なる細かい小格子を組み合わせた格子柄を指します。別名グレナカートチェックで、スコットランドのグレナカートに由来する伝統的な柄ともいわれています。由来については諸説ありますが、英国生まれのクラシカルな表情が特徴的で、取り入れるだけで上品さと渋さを演出してくれます。

きれいめ揃いのグレンチェックのアイテムは、大人の着こなしと好相性

グレンチェックは、ジャケットやコート、クリース入りのパンツやシャツなど、オーセンティックでクラシックなアイテムに多用されています。どれも大人の着こなしに取り入れやすく、上品かつ渋めのムードを演出。さらにはコーデの格上げもアシストしてくれます。

着こなすポイントは? グレンチェックを取り入れた好サンプルをチェック

ここからは、グレンチェックを取り入れた好サンプルをご紹介。ビジネスだけでなく、カジュアルな着こなしともマッチして大人っぽく仕上がります。

まずはかっちりとしたスーツスタイルから。グレンチェックのスリーピースを着用したクラシックな着こなしです。ネクタイにはエレガントなペイズリー柄をセレクト。同系色でまとめることで統一感ある着こなしに。

スラントポケットやチェンジポケットなど、サヴィルロウ式のデザインを採用したグレンチェックのチェスターコートは英国ムードあふれる1点。ネイビースーツとも相性が良く、羽織るだけで落ち着きあるクラシックスタイルが完成します。

パッと見、無地のようですが同色でデザインされたさりげないグレンチェックのセットアップ。Tシャツやスニーカーでカジュアルに着崩したコーディネートは、グレンチェックならどこか大人の雰囲気が漂います。

グレーのスウェットパーカーに、グレンチェックのステンカラーコートをオン。きれいめ顔のコートをカジュアルなスウェットパーカーでハズして、大人の休日スタイルへと仕上げています。

武骨なライダースジャケットを、グレンチェックのパンツで上品かつクリーンに仕上げた好例。足元もローファーでドレッシーに味付け。テイストの異なるアイテムともなんなくマッチする汎用性の高さもグレンチェックの魅力ですね。

リラックスムード高めのカーディガンにグレンチェックのシャツを合わせたクリーンな着こなし。さりげないグレンチェック使いですが、落ち着きある大人カジュアルへと導いています。

上品でシックな雰囲気が魅力のグレンチェックのジレは、きれいめにもカジュアルにも使えるため大人の着こなしに重宝します。深みのあるワインレッドのシャツにレイヤードすれば渋くて色っぽい雰囲気に。

今季の狙い目、グレンチェックのアイテムをピックアップ!

1点取り入れるだけで英国気分が盛り上がる、今シーズンおすすめのグレンチェックのアイテムをご紹介。コーデの主役にしたいジャケットやコートから、サラっと取り入れられるシャツや小物など幅広いラインアップをお届けします。

アイテム1『エディフィス』メランジブークレ グレンチェックジャケット

グレンチェックのジャケットは、渋さと上品さを演出するのにうってつけのアイテム。コンパクトなサイズ感と長すぎない着丈ですっきりと着られる1着に仕上がっています。シャツはもちろん、カットソーやニットとの合わせもおすすめです。

アイテム2『ルイス』グレンチェック ダブルチェスターコート

同ブランドオリジナルのグレンチェックで仕立てた1着。ビーバー仕上げによる光沢感とハリ感が特徴で、ラグジュアリーな雰囲気を放ちます。ウエストにシェイプを入れたシャープなシルエットも秀逸。

アイテム3『アバハウス』グレンチェック中綿ジレ

冬のレイヤードスタイルを格上げするのにおすすめしたいのがジレ。こちらは比翼仕立てのミニマルなデザインで着回しやすいアイテムです。中綿入りで暖かな着心地もうれしいポイント。ボリュームは控えめなので、ジャケットの下にレイヤードしても着膨れる心配はありません。

アイテム4『ユナイテッドトウキョウ』グレンチェックオーバーサイズコート2

よりトレンドを意識するなら、オーバーサイズのコートがおすすめ。膝下のロング丈も今季らしさを感じます。Aラインシルエットに合わせて、ワイドパンツをセレクトし、とことん今っぽく着こなしてみては?

アイテム5『マックレガー』コットン千鳥&グレンチェックシャツ

襟と袖を切り替えたクレリックのグレンチェックシャツ。襟もとをキュッとタイトに着こなせるスナップダウンカラーになっているのも、トレンドの英国調にぴったり。速乾性とともにイージーケアでアイロン不要。忙しいビジネスマンにうれしい1枚です。

アイテム6『ラベンハム』別注 DENSTON キルティングコート

英国生まれのキルティングジャケットの元祖がこの『ラベンハム』。上品かつスマートなルックスで都会の冬に最適な防寒アウターです。スーツの上から着るのはもちろん、カジュアルに羽織っても大人っぽく、しかもグレンチェックならさらに大人な雰囲気アップ。フードは取り外し可能でコーデに合わせてアレンジできます。

アイテム7『アーバンリサーチサニーレーベル』ウール混グレンチェックパンツ

ダークトーンのグレンチェックは落ち着いた雰囲気が魅力。ウール混素材を採用しているので、温かみのある履き心地も高ポイントです。細すぎず太すぎないシルエットであらゆるシーンで活用可能。

アイテム8『クリケット』ウール混グレンチェックネクタイ

ネクタイでグレンチェックを使うのも、英国気分を取り入れるのに簡単で最適な方法です。無地のスーツとはもちろん、ストライプとも、ウインドウペンともおしゃれに仕上がります。こちらはウール混ですから、ツイードやフランネルなど、秋冬の厚手のジャケットとも相性が良さそうです。

「FINEBOYS」編集部を30歳で独立。以後フリーのファッションエディター&ライターとして「MEN’S EX」「LEON」「GQ」「AERA STYLE MAGAZINE」など各メンズ誌・WEB版のほか、企業広告、オウンドメディアにて執筆。BBQインストラクター、第二種電気工事士など資格多数。目下の目標は危険物取扱者乙種4級取得。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

    山崎 サトシ

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    桂川 千穂

    知的でスタイリッシュ。スタンドカラーコートはデキる大人の裏定番

    知的でスタイリッシュ。スタンドカラーコートはデキる大人の裏定番

    オンからオフまで幅広く着回せるのに加え、こなれた雰囲気を簡単に演出できるスタンドカラーのコートはかなり万能。その魅力からおすすめ品、着こなし例まで一気にご紹介!

    平 格彦

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    冬から春への過渡期にはアウターを買い増ししたくなるもの。とはいえ、何を買うか決めづらいのも事実でしょう。そんなタイミングにこそセレクトショップを頼ってみては?

    髙須賀 哲

    BACK