“上質服”、サンスペル。高いモノには、ワケがある

“上質服”、サンスペル。高いモノには、ワケがある

妥協なく織り上げられた極上素材と、品質に自信があるから叶うミニマルデザイン。150年以上の歴史を持つ『サンスペル』は、上質を求める大人に必須のワードローブです。

山崎 サトシ

2019.03.04

サンスペル(SUNSPEL)
ブランドまとめ

始まりは高級アンダーウェアメーカー。『サンスペル』が150年以上愛されてきたワケ

上質を求める多くの大人から支持を集めている『サンスペル』。昨今のブリティッシュトレンドもあって人気が高まっている同ブランドですが、実は150年以上のキャリアを持つ超老舗でもあります。

1860年にトーマス・ヒル氏によって英国で設立されたのがブランドの始まりです。当時、レース産業の中心地になろうとしていたノッティンガムに繊維工場を構え、高級アンダーウェアの生産を始めるところから歴史はスタートしました。20世紀に入ると大きな輸出事業を築き上げるなどその勢いを順調に拡大。しかし、1929年の世界恐慌を機に規模の縮小を余儀なくされ、工場をノッティンガムから現在のロングイートンに移設することになります。

その後も第二次世界大戦に入るなど『サンスペル』にとって暗い時代が続きましたが、戦後にシーアイランドコットンを使ったボクサーショーツが大ヒット。そして1985年には決定的な出来事が起こります。それが、あの『リーバイス』のコマーシャルでの着用です。ニック・カーメン氏が「501」を洗濯機に入れるシーンにおいて『サンスペル』のボクサーショーツを着用していたことがきっかけで、世界的にブランドの名が知られることに。2005年にはヒル一族による経営は終わりますが、“シンプルな日常着を美しい素材で作る”という創業時の理念は受け継がれ、現在では英国のほかドイツや日本に直営店を構えるまでに規模を拡張しました。

最大の魅力は“素材”。量より質を取るブランドのモノ作り

『サンスペル』のアイテムはとにかく着心地が魅力。その理由はこだわり抜いたオリジナルの素材にあります。たとえば、下の写真で使われている定番ジャージー素材“Q82”は手摘みされた最高級のエジプト産超長綿を使用。さらに、独自の手間暇かけた工程で加工することで、強さとしなやかさを併せ持った非常にクオリティの高い生地に仕上げているんです。

1930年にロングイートンにある伝統的なレース編機を使って生み出された“Q14”も、ブランドの代表素材の1つ。極めて滑らかなコンパクトコットンを使って仕立てられるこの生地は、軽くて通気性に優れるのが最大の特徴で快適な着用感を演出してくれます。その他にも丈夫さと発色の良さを併せ持ったピケ素材 “Q30”、素肌に当たっても気持ち良いウール素材“Q12”など、『サンスペル』では現在までさまざまなマテリアルを開発しています。

『サンスペル』が欲しくなる。ブランドにまつわる3つのトピックス

ただ単純に“モノが良い”というだけではなく、長い歴史の中でファッションシーンにさまざまな影響を与えてきた『サンスペル』。その背景を知っておくことで、ブランドをより深く理解することができます。

トピックス1希少性の高いシーアイランドコットンを使う数少ないブランド

『サンスペル』では、アイテムの多くに希少なシーアイランドコットン(海島綿)を用いています。この綿は西インド諸島の限られた島からしか産出されず、供給量は全世界のコットンのなんと0.0004%(!)に過ぎません。長くしなやかな繊維ときめ細かくシルクのような光沢を特性としており、他品種のコットンでは作れない、繊細な生地を作り出すことができます。ちなみに、かのヴィクトリア女王のハンカチの素材にも使われていました。

トピックス2世界初のTシャツを作ったのは、実は『サンスペル』

ブランドの創設初期にノッティンガム工場で生産されたアイテムの中にはチュニックやアンダーシャツなどがあり、それらは世界で初めてのTシャツと言われています。そんなバックボーンも、本物を知る大人たちを惹きつける理由でしょう。ちなみに『サンスペル』のTシャツは、マイナーチェンジこそ経ていますが1950年代からほとんど変わらないスタイル。いかに完成度の高い製品であるかが分かります。

トピックス3一流品しか身に着けない男、ジェームズ・ボンドにも選ばれた

2006年に公開された映画「007 カジノ・ロワイヤル」では、主人公ジェームズ・ボンド役のダニエル・グレイグ氏が『サンスペル』のポロシャツを着て劇中に登場。写真の「リヴィエラ ポロシャツ」は、もともと同映画のために製作されたアイテムです。ちなみに「007」シリーズにおいてジェームズ・ボンド役が映画で身に着けるのは、ほとんどが世界的な一流ブランド。そこに選ばれるということは上質な物作りを行なっている証でもあります。

どう着こなすのが正解? 『サンスペル』の取り入れ方

基本的に『サンスペル』のアイテムは、無地やボーダーといったプレーンなデザインのモノばかりです。ただし、素材感が良くシルエットもやや細身で美しいため、サラっとシンプルに着ても絵になります。英国ブランドらしい品行方正な『サンスペル』のアイテムには、やはりきれいめのトップスがベストマッチ! こちらのコーデはまさに模範解答で、すっきりとした『サンスペル』のTシャツにゆるくカーディガンを重ね、品良い雰囲気を描き出しています。単調なコーデになりそうな場合は、足元や小物で柄を取り入れてアクセントにするのも良いでしょう。

スタイリングを変える8着。『サンスペル』のおすすめをピックアップ

最後は、『サンスペル』のコレクションから良作をピックアップ。素材感・シルエット・丈夫さの3拍子が揃ったプロダクツは、着こなしを格上げしてくれそうです。しかも、どれも通年使いできるアイテムなので使い勝手良好!

アイテム1シーアイランドコットンTシャツ

最上級のシーアイランドコットンを惜しみなく使用した1枚。栽培が難しいうえ、扱える工場も少ないデリケートなコットンですが、その肌触り&風合いの良さは断トツです。無駄なもたつきのない、スマートなシルエットも大人好みです。

アイテム2クラシック クルーネック ティー

ブランド定番の1枚は、質実剛健なMADE IN ENGLAND。マテリアルには『サンスペル』が得意とする“Q82”をチョイスしています。ソフトで心地良いのはもちろん、何度洗込んでもクタらないので長く愛用していけることでしょう。

アイテム3半袖ボーダーTシャツ

無地アイテムのイメージが強い『サンスペル』ですが、実はボーダートップスも多数発信しています。着用の1枚は春夏らしいマリンテイストな配色が魅力的で、上品な風合いのためジャケットのインナーとしても違和感がありません。

アイテム4リヴィエラ ポロシャツ

ダニエル・クレイグ氏のために制作され、現在はブランドの代表作となった人気ポロシャツ。ボディには通気性の良いコットンメッシュ素材を駆使しており、蒸れることなく快適に着用可能です。ステッチ処理された襟に深めの前立てなど、ドレッシーなディテールもポイント。

アイテム5メリノクルーネックセーター

厳選されたメリノウールのみを使って仕立てたニット。柔らかな肌触りに加えて、ウールが持つ天然の調湿効果のおかげで常にコンフォートな着心地をキープしてくれます。体にフィットするスリムなシルエットにより、上にアウターを羽織ってももたつくことはありません。

アイテム6コットンブレンドトラックパンツ

ワードローブとしてだけでなく、スポーツシーンでも活躍してくれそうなトラックパンツ。素材はコットンをベースとして、エラスティンの混紡によって優れたストレッチ性も持たせています。裾にはリブをあしらい、フィット感を向上。

アイテム7スーパーファイン コットンベスト

アイコン素材の“Q82”を用いたタンクトップはアンダーウェア&インナー、どちらとしても有能なアイテム。Tシャツと同様の美しいシルエットも高評価です。強度にも長けているので、ヘビロテも余裕!

アイテム8ボクサーショーツ

見えないところにも上質さを取り入れるのが大人の男というもの。このボクサーショーツは、良質なソフトコットン使いと体に沿ったカッティングによって圧倒的な快適性を叶えています。ノンストレスなアンダーウェアを身に纏うことで、一層実りある1日を送れそうです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

    ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

    夏を乗り切るために、Tシャツに快適性を求める方は多いはず。そこで重宝するのが、ブランドの代名詞である鹿の子素材を使った『ラコステ』のTシャツです。

    近間 恭子

    ヘインズのパックTシャツ5選。素材とサイズの違いを徹底解説

    ヘインズのパックTシャツ5選。素材とサイズの違いを徹底解説

    変わらぬ汎用性とコスパの高さから長年の愛用者も多いであろう『ヘインズ』のパックT。日常に寄り添う定番アイテムの、知っておきたいバリエーションを網羅します。

    山崎 サトシ

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

    『セントジェームス』や『オーシバル』に並ぶ、バスクシャツ3大ブランドとして支持されている『ルミノア』。その人気の理由と、おすすめのアイテムを紹介します。

    近間 恭子

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地のTシャツをメインに展開する国内ブランド、『ユナイテッドアスレ』。長い歴史に裏打ちされた品質とバリューな価格が両立されたアイテムを紹介していきます。

    平 格彦

    BACK