大人の男が普段使いできるリュック選び

大人の男が普段使いできるリュック選び

両手がフリーになるリュックは本当に便利。ですが、子供っぽくなる気がして敬遠している方も多いはず。そこで、大人の男が普段使いできるリュックを集めてみました!

CANADA

2015.04.29

バッグ
バックパック・リュック

大人がデイリー使いできるバッグブランドってこういうの

Point1ブランド選びを間違えなければOK

子供っぽくなってしまいがちなリュックも、ブランド選びさえ間違わなければOK。ネームバリューがあって、品質も確かなブランドなら、安っぽく映りません。

Point2色はダークトーンがベター

ブラックやネイビーといった落ち着きのあるカラーは、シックに見せる効果があります。アイテム自体がカジュアルなので、色はダークトーンを選んでラフになり過ぎないように注意しましょう。

『ハーシェルサプライ』

カナダ発、現在最も勢いのあるバッグブランド『ハーシェルサプライ』。人気セレクトショップとのコラボも盛んです。クラシックスタイルを基調に、都会的でスタイリッシュなエッセンスを盛り込んだディテールがおしゃれ。もちろん、耐久性や機能性にも優れています。

『バッハ』

トラベル、アルパインクライミング、サイクリングやトラベルユースまで、アウトドアフィールドにて得た経験を基に、個性的で使い勝手の良いバックをデザイン。採用する素材や機能にこだわっていて、常に進化を続けているブランドです。

『フレドリックパッカーズ』

幅広いシチュエーションでアクティブかつ快適にモノを運べることを目指した製品作りを行っているジャパンブランド。幅広い人が快適に使えることを前提に作られたアイテムは、テクニカルな要素を持ちながらも、日常に馴染みやすいデザインが人気の秘訣です。

合わせて読みたい:
一切の妥協を許さないフレドリックパッカーズのバッグ。その実力とは

『スタンダードサプライ』

余白美を感じさせるクリーンなデザインで、長く愛されるアイテム作りを掲げる『スタンダードサプライ』。有名セレクトショップでも取り扱われていて、極力余計なものを排除したミニマムなデザインで大人の男たちの支持を集めています。

合わせて読みたい:
シンプルを好む大人に。スタンダードサプライのバッグがちょうどいい

『ブリーフィング』

アメリカの軍需工場の手により生産される、ミリタリー・スペック(米軍仕様)が魅力の『ブリーフィング』。タウンユースに使いやすいコンパクトサイズのリュックですが、普段持ち歩くアイテムはすべてしっかりと収納することができます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    TASCLAP編集部

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    TASCLAP編集部

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

    全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

    7月~9月にかけては野外フェスのハイシーズン。思い切りエンジョイするために、バッグ選びはかなり重要です。フェスを最高に楽しむためのバッグについて、まとめました。

    山崎 サトシ

    BACK