オーシバルのコート10選。バスクシャツだけじゃない、人気モノの魅力

オーシバルのコート10選。バスクシャツだけじゃない、人気モノの魅力

高品質なバスクシャツで名高い『オーシバル』ですが、実はコートも負けず劣らずの秀作揃い。春先のコーデをスタイリッシュに彩る逸品たちを、ここで一挙紹介します!

山崎 サトシ

2020.02.10

オーシバル(ORCIVAL)
アウター
コート

『オーシバル』といえばバスクシャツが人気

蜂のエンブレムでお馴染みの『オーシバル』は1939年にフランスで誕生。かつては仏海軍のサプライヤーとしても活躍していた由緒正しきブランドです。そんな『オーシバル』の代名詞といえば、水夫の作業服をルーツに持つバスクシャツ。一般的なカットソー生地よりも多くの糸を必要とするラッセル生地で編み上げる同ブランドのバスクシャツは、頑丈かつ着心地良好なのが最大の特徴です。その品質の高さから、今やフランスのみならず世界中で愛されるプロダクトとなっています。

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

ボーダーが代名詞。オーシバルの定番バスクシャツ

春夏のワードローブに重宝するボーダーカットソー。大人が選ぶなら、上品なルックスで着心地もいい『オーシバル』のバスクシャツがおすすめです。

モチヅキ アヤノ

バスクシャツだけじゃない。『オーシバル』はコートもおすすめ

オーシバル=バスクシャツというイメージが根付いていますが、実はダッフルを筆頭としたコート類も人気銘柄となっています。一時のトレンドに流されない完成されたデザインと、質実剛健な作りはブランドの顔であるバスクシャツと共通。大人が安心して身を預けられる仕上がりといえるでしょう。フレンチブランドらしい野暮ったさとは無縁の美シルエットも魅力で、着こなしの格上げにも適任です。

『オーシバル』のおすすめコート10選

デザインと実用性を兼ね備えた才色兼備な『オーシバル』のコートは、大人カジュアルの主役にぴったり。きれいめ系コート~程良くヒネリの効いたモデルまで幅広く揃うので、お気に入りを探してみましょう。

アイテム1フェイクムートンダッフルコート

本来はクラシックなイメージの強いダッフルコートですが、メルトンからフェイクムートンに素材をチェンジすることで新鮮な面持ちに! 人工ムートンとはいえ、美しい毛並み感は本物さながらです。左のパッチポケットにはさりげなく鉢のワッペンをセット。

アイテム2ロングダッフルコート

1980年代のダッフルコートを意識したオーバーシルエットで、ざっくりと着用可能。しかも、メルトン生地にオリジナルチェックをあしらった大胆なルックスゆえ、重くなりがちなこの時期のスタイルに華やぎをもたらしてくれます。

アイテム3ジーロンラムメルトン シングルジャケット

最高峰のウールとして名高いジーロンラムを惜しみなく使った1着。風をシャットアウトする厚手ボディでありながらも、上質素材ゆえに着心地は驚くほどに滑らかです。どんなインナーにも合わせやすいミドル丈もポイントに。

アイテム4ボタンレス チェスターコート

トラディショナルなトレンチコートを、リラックス感漂うボタンレスデザインでモダンにアレンジ。品良いスタイルからラフな着こなしまで手広く対応してくれます。素材は独自の染色加工で仕上げたナイロンで、化繊でありながら実にナチュラルな風合い。

アイテム5ステンカラーコート

Aラインシルエットのステンカラーコートは、細やかなチェック柄が配されておりこなれたニュアンス。また、ウール100%でありつつもしっかりとしたハリ感を備えており高級感があります。本水牛のボタンを使うなど、パーツにも一切妥協なし!

アイテム6メモリータフタ チェスターコート

“メモリータフタ”と呼ばれる形状記憶性のあるナイロンポリエステル素材を用いているので、防シワ性は抜群。加えて、裏地と表地の間に断熱保温素材“コマサーモ”を内蔵しており、薄手仕立てでありながら優秀な保温力を有しています。シルエットはゆったりめで抜け感あり。

アイテム72WAY 丸襟コート

パリッとした風合いのコットンボンディング素材で仕立てた今作は、無駄なディテールを排除したシンプルデザインゆえ汎用性良好。フード&チンストラップが脱着式で、装いに応じてデザインを自在にスイッチできるのも◎です。

アイテム8ダブルオーバーコート

マッキーノコートをデザインベースにしたミリタリーテイストのモデル。まるでガウンのようなゆとりあるフォルムも印象的です。ボリューミーな風貌とは裏腹にウール製の表地はパイルのように軽やかなタッチで、着ていて重苦しさを感じさせません。

アイテム9ジップフーデッドコート

アメリカ軍士官学校の生徒に支給されるカデットコートをサンプリング。ジップフロントのカジュアルなデザインにつき、気負わずサラッとアウターを羽織りたいときには最適です。なお、ポケット部分にはピーコートのディテールを巧妙に落とし込んでいます。

アイテム10ダブルピーコート

デザイン自体は伝統的なピーコートを踏襲しながら、シルエットは現代的にアップデート。ジーロンラムを用いたクラス感漂う生地感とも相まって、スマートな着こなしを叶えてくれます。カジュアル・ビジネスを両方カバーできる、優秀な使い勝手も高評価!

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツを着こなす。大人らしくおしゃれなコーデを作るヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    男も1着欲しい。スプリングコートの活用術とおすすめブランド

    男も1着欲しい。スプリングコートの活用術とおすすめブランド

    いつものトップスにざっくりと羽織るだけで、簡単に雰囲気あるスタイリングが作れるスプリングコート。名前とは裏腹に春秋と出番のある即戦力アウターについて解説します。

    近間 恭子

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    ダウンのような重いアウターは不要ですが、まだトップス1枚ではやや厳しい時期なのが4月。“着こなし難民”にならないよう、最適なアイテム&コーデ術を押さえましょう!

    山崎 サトシ

    BACK