大人ニットの代名詞。ジョンスメドレーの魅力とおすすめの7大定番

大人ニットの代名詞。ジョンスメドレーの魅力とおすすめの7大定番

高いクオリティと上品なルックスを併せ持つ『ジョンスメドレー』のニット。押さえておきたい代表アイテムをピックアップして紹介しつつ、着こなし方も合わせて伝授します!

近間 恭子

2019.10.15

ジョンスメドレー(JOHN SMEDLEY)
トップス
ニット・セーター

『ジョンスメドレー』といえばファインゲージニットが秀逸

『ジョンスメドレー』が誕生したのは1784年。イギリスでもっとも歴史あるブランドの1つで、2013年にはエリザベス女王からロイヤルワラントの称号を与えられています。

同ブランドといえば、やはりファインゲージニット。なかでも30ゲージで編み立てたファインゲージニットは、厳選された上質素材を使って丁寧かつ繊細に編み上げられた、まさに最上級と呼ぶにふさわしい仕上がりです。シンプルなデザインながらも上品でドレッシーな雰囲気は、この繊細な編み目ならでは。クラス感がありつつ、それでいてデイリーに取り入れやすいというのも魅力です。ニュージーランド産の上質なメリノウールを採用しているのも同ブランドならでは。

ボディと袖を手作業でつなぎ合わせて丁寧に仕上げられているのも、『ジョンスメドレー』のニットの特徴。完璧できれいなつなぎ目も、最上級ニットと呼ばれている所以です。

上質な素材で作られたニットだからこそ、大人の着こなしにもハマリます。ダメージの入ったカジュアルなジーンズも、『ジョンスメドレー』のニットを合わせると上品かつ大人っぽいコーディネートに早変わり! ニットの上質さを最大限にアピールするなら、着こなしはシンプルに徹するのがベストです。

7大定番をまるっと紹介。大人が手にすべき『ジョンスメドレー』のニット

大人にふさわしい品のあるニットが充実している『ジョンスメドレー』。コーディネートに取り入れやすく、それでいて格上げ効果もあるおすすめデザインをピックアップしました。

アイテム1クルーネックニット

『ジョンスメドレー』でもっとも支持されているクルーネックニット。シャープな首元のリブと絶妙なネックの開き具合は、上品ですっきりとした印象を与えます。しなやかな肌触りと美しい光沢感が魅力のメリノウール製。

アイテム2Vネックカーディガン

ジャケットを羽織ってもすっきり着こなせる、30ゲージのVネックカーディガン。デザイン自体はオーソドックスですが、ターンバックの袖口で程良くアレンジを加えることもできます。スーツスタイルのインナーとしても活躍必至。

アイテム3タートルネックニット

30ゲージならではの繊細な編み目と美しい光沢が、かっちりとしたジャケットとも絶妙にマッチするタートルネックニット。同じ30ゲージのVネックカーディガンを合わせた、上品なアンサンブルコーデもおすすめです。

アイテム4Vネックニット

『ジョンスメドレー』のVネックニットは、ネックの深さがやや浅めに設定されているのが特徴。シャツと合わせるのはもちろん、クルーネックTシャツとのレイヤードも抜群のバランスですっきり着こなせます。

アイテム5ポロニット

変わり種としておすすめなのがポロニット。『ジョンスメドレー』ならではのメリノウールの上質な素材と繊細な編み目によって、ポロの持つオジさんぽいイメージを見事に払拭。逆に上品かつモードな印象を与えられる1枚です。

アイテム6半袖クルーネックニット

やや時期外れかもしれませんが、半袖のクルーネックニットも大人におすすめのアイテムの1つ。ニットながらもTシャツ感覚で気軽にコーディネートでき、それでいてラフになりすぎないのがポイントです。

アイテム7半袖ポロニット

こちらも時期外れではありますが、半袖ポロニットも定番の一種。カジュアルなアイテムでも、ニットならスポーティになりすぎず洗練された印象に。ボタンをすべて留めてかっちり着こなせば、さらに品良く見せられます。

『ジョンスメドレー』のニットをおしゃれに着こなす3つの方法

『ジョンスメドレー』のニットは、ベーシックなデザインゆえに汎用性の高さもピカイチ! シンプルだけど、どこかおしゃれに見える。そんな着こなし方を伝授します。

着こなしテク1きれいめアイテムとの合わせで、洗練された大人の着こなしに

『ジョンスメドレー』のニットをより大人っぽく、かつおしゃれに見せるのが、きれいめアイテムとのスタイリング。シルエットや小物使いで洗練度を高めたテクも要チェックです!

『ジョンスメドレー』のVネックカーディガンをはじめ、セレクトしたアイテムはどれもシンプルですが、注目すべきはスカーフ使い。コンパクトに結んだスカーフのおかげで、洗練度がグッとアップしています。適度にゆったりとしたシルエットも気分。

ともすれば子供っぽく見えがちなボーダーニットですが、上質な素材感のおかげで大人顔に。さらにライトグレーのクリース入りパンツで大人っぽく格上げ。ニットの色を拾ったブラックカットソーの見え具合も絶妙です。足元がクリーンなホワイトスニーカーというのも◎。

シンプルで品のある『ジョンスメドレー』のタートルネックニットに合わせたのは、チョークストライプのクラシカルなウールパンツ。ややゆったりとした今どきシルエットのパンツをチョイスすれば、コーディネートがよりおしゃれに見えるんです。

着こなしテク2シンプルだからこそ引き立つ柄アイテムでおしゃれ度アップ!

『ジョンスメドレー』のニットはシンプルなデザインゆえ、柄ものとの相性も抜群! 取り入れる柄は1アイテムに絞って挿し柄として効かせるのが、着こなしをバランス良く見せる秘訣です。

カーディガンの色を拾ったネイビー×ホワイトのボーダーカットソーをインナーにセレクトし、女子ウケ抜群の爽やかマリンコーデを構築。シンプルなジョガーパンツと合わせてトレンド感もプラスしています。

クルーネックのニットにシャツをレイヤードし、ボトムスにはウインドウペン柄を採用。ともすればオジさんぽく映る合わせながらもおしゃれに見えるのは、シックで今っぽい配色のおかげ。バイカラーのローファーもおしゃれ度アップに貢献しています。

『ジョンスメドレー』のポロニットは、洒落者の間でひそかに人気のアイテム。起毛感のあるチェックジャケットと旬度満点のタック入りパンツを組み合わせることで、モードとクラシックを絶妙にMIXさせています。

着こなしテク3存在感あるカラーニットをコーディネートのアクセントとして投入

豊富なカラーバリエーションも、『ジョンスメドレー』のニットの魅力。ビビッドな色を挿してニットの存在感をアップさせれば、コーディネートがよりおしゃれに大人っぽく仕上がります。

1枚で秋冬らしい雰囲気に仕上げてくれるマスタードカラーのニットがスタイリングの主役。アウターやボトムスをグレーでまとめることで、上品な『ジョンスメドレー』のニットを一段と引き立たせています。

モノトーンやベージュといった定番色で構成した着こなしに、『ジョンスメドレー』の鮮やかなダークピンクのニットをイン。キャップやバッグでカジュアルダウンさせているのも技アリです。

女性を中心にじわじわと人気を集めている赤。あえてモノトーンでまとめた着こなしに挿すことで、その存在感を際立たせています。ハードなライダースに、クリース入りのきれいめパンツを合わせているのも今どき。

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。特に街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    イールのサクラコートが春の大人カジュアルにうってつけ

    イールのサクラコートが春の大人カジュアルにうってつけ

    春向けのライトアウターの中でも、今季は着丈が長いコートが気分。特に『イール』のサクラコートは品良くカジュアルな大人の着こなしにハマりやすい。

    大中 志摩

    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    エアマックスの今。革命の95から最新作まで、人気モデルを厳選

    今のスニーカー人気の礎は90年代に培われたといって良い。当時、主役を担っていたのが『ナイキ』の「エアマックス」。今なお色褪せない魅力を名モデルとともに振り返る。

    菊地 亮

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    BACK