冬の足元によく似合う! ソレルのスノーブーツ10選

冬の足元によく似合う! ソレルのスノーブーツ10選

機能性とファッション性を兼ね備えたスノーブーツを展開する『ソレル』。その魅力や、大人カジュアルな着こなしにハマるおすすめモデルを紹介します。

TASCLAP編集部

2018.12.16

ソレル(SOREL)
ブーツ
トレッキングブーツ・シューズ

冬にプッシュしたいシューズブランド。『ソレル』とは?

『ソレル』は極寒のカナダで1962年に誕生したアウトドアブランド。レザーアッパーやラバーボトム、着脱可能なフェルトライニングを装備した革新的なウインターブーツをリリースし、50年以上もの長期間にわたって世界のウインターブーツ界をけん引してきました。

『ソレル』で狙うべきスノーブーツ。その魅力とは?

“暖かく、ドライで、快適”をコンセプトに、さまざまなスノーシーンを想定したシューズをリリースし続けている同ブランド。その代名詞であるスノーブーツの魅力は、なんといっても機能性とデザインです。強固なつくりや高い防水・防寒性といった機能性に加えて、質感や配色などのディテールにまでこだわり抜かれたデザインが、ファンを魅了し続けています。アウトドアシーンではもちろん、普段使いもできる汎用性の高さも支持される理由なんです。

『ソレル』のスノーブーツ。大人が頼りたい10モデルを紹介

『ソレル』のスノーブーツはデザインが豊富であることも特徴のひとつ。その多彩なバリエーションから10モデルを厳選しました。

アイテム11964 プレミアムT

ベストセラー「1964」シリーズをベースに、上質な素材へとアップデートしたプレミアムなモデル。上品な光沢の防水フルグレインレザーに、ハトメタイプの8ホールでデザイン性にもこだわりが十分。幅広いファッションにしっくりと馴染む1足に仕上がっています。

アイテム21964 パックナイロン

ベストセラーシリーズ「1964」の素材をナイロンにアレンジしたモデル。クラシックな形状ですが、アッパーをナイロンにすることでよりカジュアルな印象に。

アイテム3シャイアンプレミアム

防水加工を施した高級フルグレインレザーに、一体型のラバーシェルとアウトソールを組み合わせたハイスペックモデル。アウトドアから普段使いまで、幅広いシーンで活躍する機能とデザインを兼ね備えています。

アイテム4シャイアンレースフルグレイン

アウトドア然としたデザインが人気の1足。防水フルグレインレザーをぜいたくに使っているため、機能性もお墨付き。幅広いシーンで活躍する万能モデルです。

アイテム5シャイアンレースチャッカ

アウトドア向けの機能に、歩行性をプラスした日本限定版ショートブーツモデル。アッパーには防水性の高いラバーシェルを使っており、天候を選ばず着用可能です。

アイテム6シャイアン2チェルシー

カラーブロックと異素材コンビネーションは、コーディネートのアクセントにぴったり。ジーンズやチノパンとよく似合い、ちらりとのぞくサイゴドアがスタイリッシュな足元を演出します。

アイテム7カリブー

ロングセラーシリーズ「カリブー」。40年以上変わらぬデザインでウインターブーツ界に君臨する、『ソレル』の代名詞的なモデルです。インナーブーツに内蔵されたアルミフィルムが高い耐寒性を発揮し、極寒の地でも足を守ります。この暖かさを味わったら、手放せなくなること間違いなし。

アイテム8カリブーウール

アッパーのヌバックを上質な防水フルグレインレザーに、インナーのフェルトをウールパイルに変更した「カリブー」のプレミアムバージョン。使いこむことで色合いが変化していくため、革を育てる過程も楽しめます。

アイテム9パックナイロン

人気モデル「カリブー」のアッパー部分をナイロンに変更した「パックナイロン」。高い保温性や防水性は維持しつつも、「カリブー」よりも軽量で、よりカジュアルなモデルです。インナーにはアルミフィルムが内蔵され、高い耐寒性を発揮します。

アイテム10アンケニー

ワークブーツのような武骨な見た目が特徴の武骨な見た目が特徴の「アンケニー」。防水フルグレインレザー、フラットタイプのシューレース、各所に配したレザーの切り替えなど、高級感の漂うデザインがGOODです!

どう履くのがおしゃれ? 『ソレル』のスノーブーツ活用術

スニーカーやワークテイストあふれるブーツとは少々印象が異なる『ソレル』のスノーブーツ。どのように普段使いするべきか、おしゃれな大人のコーデサンプルからその活用術を探ります。

コーデ1ワントーンでいつものコーデになじませる

普段着にマッチさせるなら、トップスやボトムスと色みを合わせるのが近道です。ミリタリー色の強いコートやパンツなどをネイビー系で合わせつつ、『ソレル』も同系色をセレクトすることで街着として違和感なく成立させています。

コーデ2主役アイテムのテイストと合わせる

アウターやトップスなどの主役アイテムと、テイストをリンクさせるのもひとつの手。こちらは、カーキのキルティングジャケットと『ソレル』のスノーブーツでアウトドアテイストを合わせています。濃紺のジーンズで全体の印象を引きしめているのもイイですね。

コーデ3素材感をリンクさせる

ボア付きのスノーブーツは、それだけで印象が強いアイテムです。存在感を悪目立ちさせないよう、衣類にもボアやファーなどの素材を採用したものを取り入れましょう。アースカラーのアウターとの相性も抜群です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    BACK