人気色で提案。タートルネックニットで作る温もりあるコーディネート

人気色で提案。タートルネックニットで作る温もりあるコーディネート

ビジネスからカジュアルスタイルまで幅広く活躍する冬の定番タートルニット。この冬はより活躍させるべく、選びのポイントから着こなし方までを伝授します。

近間 恭子

2018.12.07

トップス
ニット・セーター
冬の着こなし・コーデ

温もり・しゃれ感・上品さを兼ね備えるタートルネックニットは冬の必需品

ニットの定番であり、着回し力の高い万能選手でもあるタートルネックニット。首周りをニットでおおうデザインゆえ、マフラーいらずの抜群の保温性も発揮してくれます。しかもほかのニットに比べて着ているだけでどこかおしゃれに、かつ大人っぽく見せることができるのも特筆すべき魅力。そんないいことづくしのタートルネックニットを取り入れない手はありませんよね。この冬はいつも以上に大活躍させちゃいましょう。

タートルネックニットを選ぶときに意識したいポイント

ひと言でタートルネックニットといっても種類はさまざま。選び方を失敗しないように、自分にはどんなタイプが似合うのか見極めてください。

ポイント1きれいめに着るならハイゲージを選ぶ

ハイゲージのタートルネックニットは、どこか上品で洗練された印象を与えられるのが魅力。それゆえにビジネスからきれいめカジュアルに取り入れたいという人におすすめです。また、ハイゲージでもオーバーサイズだと上品さは半減してしまうので、ジャストサイズを選ぶようにしましょう。そうすればジャケットなどとのレイヤードもしやすいはずです。

ポイント2カジュアルに着るならローゲージが今っぽい

上品なハイゲージに対し、ざっくりと編まれたローゲージはラフでナチュラルな印象。それゆえにカジュアルスタイルとの相性が良く、着こなしに抜け感をプラスできます。もちろんジャストサイズで着るのもいいですが、今季はオーバーサイズがおすすめ。ローゲージならではの魅力も高まりますし、なにより今っぽく見せることができるんです。

ポイント3汎用性を重視するなら単色使いのシンプルなデザインを

多色使いやデザイン性のあるタートルネックニットも展開されていますが、単色のシンプルなデザインが断然使えます。それはハイゲージ・ローゲージ問わず。そのほうが着回し力が高いですし、ケーブルなどの表情ある編みも存分にアピールできるんです。また、ネイビー・ブラック・ホワイトといったベーシックな色だと、より着回し力が高まりますよ。

ポイント4体型に合わせたカバー効果を狙う

自身の着こなしに合わせて選ぶのはもちろんですが、選び方によっては気になる体型をカバーできます。たとえば顔周りの印象を左右するタートルネック部分。顔の大きさが気になる人はすっきり見えるハイゲージ、首が太い・短い人はボリュームのあるローゲージが視覚的なカバー効果を狙えます。そのことも選びのポイントに入れておくと、より活躍の場が広がるかもしれませんよ。

顔の大きさが気になるならハイゲージタイプがおすすめ。顔周りをすっきり見せる効果があります。

首が太い・短い人は、ボリュームのあるローゲージタイプを。首周りにボリュームを持たせることで、首の太さや短さが目立たないようカバーします。

人気の色別に提案。タートルネックニットで作るコーディネートサンプル

コーデに馴染みやすく、汎用性の高い人気のカラー別にコーデ例を紹介。それぞれの色がもたらす雰囲気とともに、着こなしのコツを解説します。

合わせて読みたい:
1枚は持っていたい! 大人のタートルネックブランド

着こなしたい色1:柔和で上品な印象を与えるホワイト

ホワイトはニットならではの柔らかな風合いが相まって、柔和でエレガントな印象を与えられます。さらにダークトーンが多くなりがちな冬スタイルに、絶妙な抜け感や軽快さを演出できるのも利点。上品さや大人っぽさをより高めるなら、トレンドカラーのキャメルとスタイリングするのもおすすめです。

コーデ1旬のダウンをタートルネックニットで上品に

タートルネックニットでカジュアルなダウンを上品に着こなした好例。カラーリングもポイントで、キャメル×ホワイトも上品さアップに貢献しています。クリース入りのきれいめパンツを合わせつつ、足元はベロア素材のスニーカーというチョイスも上級者。タートルネックニットと色リンクしたソックスが絶妙な抜け感に。

コーデ2ツイードの野暮ったさをタートルネックニットが払拭

ハリスツイードのジャケットとベストのセットアップに、コーデュロイのワイドパンツをコーディネート。ともすると野暮ったく見えるカントリー調の合わせながら、ハイゲージのタートルネックニットをインすることで大人っぽいエレガントな雰囲気に仕上がっています。レザー製スニーカーでカジュアルダウンしているのも◎。

着こなしたい色2:モダンな雰囲気が手に入るブラック

その独特な風合いからニットは柔らかな印象を与えますが、ブラックだとモダンな雰囲気も獲得できます。スタイリッシュ度の高い色でもあるので、コーディネートのしゃれ感をアップさせたいときにもうってつけ。また、ブラックは引き締め効果もあるため、体型をスマートに見せたいという人は積極的に取り入れてみては?

コーデ1デザイン性の高いアウター×タートルネックニットでよりモダンに

ブラックのタートルネックニットが、クレイジーパターンのキルティングコートのクセの強さを中和し、よりモダンな着こなしへと導いています。ボトムスはボリュームあるシルエットのチェックパンツ。こちらもダークトーンをチョイスしているのですっきりとした印象を与えます。しゃれ度を高める小物使いにも注目を。

コーデ2素材感の違いで魅せるモノトーンコーデ

ノーカラージャケットはインナーとのバランスが難しいですが、そんなときこそタートルネックニットの出番。彼のようにベストなバランス、かつモダンに着こなすことができるのです。チェックパンツを差し柄として投入することで、コーデをより印象的に見せているのも特筆すべき点。レザーとニットの素材感の違いも絶妙なアクセントに。

着こなしたい色3:洗練された雰囲気を醸すグレー

グレーは他の色に比べるとトーンのバリエーションが豊富で、そのトーンによって与える印象が異なります。チャコールグレーは品格ある落ち着いた雰囲気を放ち、逆に軽快なライトグレーは柔らかで優しい雰囲気を演出。さらにタートルネックニットならではのしゃれたデザインが加わると、トーンに限らず洗練された着こなしに仕上がりますよ。

コーデ1タートルネックニットで洗練度を高めたビジネススタイル

タートルネックニットにセットアップ、さらにステンカラーコートをスタイリング。ブラックとライトグレーのカラーリングも、洗練度アップに一役買っています。セットアップもグレーをセレクトしているものの、トーンを変えることでバランスよく仕上げているのもお見事。タートルネックニットをビジネススタイルに取り入れた理想的な着こなしです。

コーデ2素材感のリンクがカジュアルコーデを品良く格上げ

ウールライクな表地を採用したダウンジャケットに、ミドルゲージのタートルネックニットをイン。ネイビー×ライトグレーのベーシックカラーで仕上げていることで、統一感ある素材合わせがより引き立ち、さらには上品さアップにも貢献しています。スニーカーではなく、ローファーをセレクトしているのも技アリ。

着こなしたい色4:好印象を狙うなら迷わずネイビーを

知性や清潔感、さらには誠実さをアピールできるネイビー。それはタートルネックニットも同じで、ハイゲージに限りますがビジネススタイルにも積極的に取り入れてほしい色です。また、そこにニット特有の柔らかさがプラスされるので、ネイビーのタートルネックニットはあらゆる面においてより好印象を与えることができますよ。

コーデ1タートルネックが決め手の好印象なストリートスタイル

ダウンジャケット×カモフラパンツのストリート色の強い着こなしに、タートルネックニットを合わせているのが新鮮。トップスの色をネイビーで揃えることで、カモフラ柄の存在感を見事に中和しています。また、それによって清潔感も漂うので、女性にも好印象を与えられるはずです。

コーデ2タートルネックニットが知的で大人っぽいONスタイルを構築

タートルネックニットもセットアップもネイビーで揃えたワントーンコーデ。ネイビーのもつ清潔感や知性はキープしつつ、シンプルながらも大人っぽい雰囲気を見事にプラスしています。さらに注目すべきは足元。ネイビーのスエードスニーカーをチョイスし、こなれ感を演出しているのもさすがのひと言です。

着こなしたい色5:大人っぽさはピカイチのキャメル

ここ数年注目されているキャメルは人を安心させる効果があるため、初対面の人などに信頼感を与えたいときに最適。また、優しいイメージもあり、上品さや大人っぽさも醸し出せます。ちなみに大人っぽさに関しては、ホワイトを上回るアピール力があります。キャメルの持つこれらの魅力は、柔らかな風合いのニットだとより効果を発揮できるはず。

コーデ1大人が実践するべき理想的な休日セットアップスタイル

ハイゲージのタートルネックニットで、カジュアルでアクティブなセットアップを大人っぽくアップデートさせています。キャメル×ネイビーのカラーリングもポイントで、着こなしに洒脱な雰囲気をプラスするのにも成功。ゆったりとしたカーゴパンツに対し、スマートなスニーカーというアンバランスさもおしゃれ。

コーデ2大人っぽくて今どきなブラウンワントーン

オーバーサイズのタートルネックニットを軸に、全体をブラウン系で統一した着こなし。一つひとつのアイテムやシルエットはカジュアルですが、ワントーンで統一することでどこか大人っぽさも感じさせます。表情豊かなシャギー素材を使ったバッグやベレー帽など、センスの光る小物使いもしゃれ度アップに貢献。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK