軍人に見せない。オリーブを着こなす3つのポイント

メンズファッションで活躍するオリーブカラー。でも使い方を間違えるとおしゃれには見えない着こなしに。失敗しないオリーブカラーのスタイリングをマスターしましょう。

高嶋 一行

高嶋 一行

SHARE
記事をお気に入り
2016.12.13

【あなたは大丈夫?】まず知るべきはNG例。オリーブの“軍人見え”する着こなしとは?

メンズファッションで多用されているオリーブカラーですが、実はコーディネートの際に気をつけるポイントがいくつかあります。知らないうちにNGコーデとなっていないか、このタイミングにチェックしてみましょう。

NG例1:全体的にゴチャゴチャしている

NG例1:全体的にゴチャゴチャしている

ポケットがたくさん付いたデザインや過度な機能性は、本物のミリタリーウェアに見えてしまう恐れも。あくまでオリーブカラーをミリタリーテイストで取り入れたいなら、装飾が多いデザインは避けるようにしましょう。ミリタリースタイルは、あくまで”テイスト”を楽しむためのもので機能性よりもデザイン重視。ゴチャゴチャした不要なデザインは不要です。

NG例2:たくましく見えてしまうルーズなシルエット

NG例2:たくましく見えてしまうルーズなシルエット

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

オリーブの色みを取り入れたファッションで気をつけたいシルエットが、ルーズ過ぎないことです。アメリカ軍などが開発したカーゴパンツなど、第一線で使われてきたアイテムは動きやすいルーズなシルエットが多いことが特徴的。そのため、ワイドなシルエットで取り入れる本格的なミリタリースタイルを連想してしまうことに。カッコよくオリーブカラーでまとめるなら、ルーズすぎないスタイルが無難です。

NG例3:上下ともオリーブカラーを取り入れたコーディネート

NG例3:上下ともオリーブカラーを取り入れたコーディネート

オリーブカラーのパンツに、シャツやジャケットもオリーブ。これこそ軍人見えしてしまう明らかな原因となるコーディネートです。セットアップはもちろん、上下でオリーブカラーは控えたほうがいいスタイリング例です。オリーブカラーはダークな色合いでありながら存在感があるので、部分使いが一番バランスの取れる使用方法。パンツやアウターなど、1枚だけオリーブカラーを取り入れるようにしましょう。

【これなら大丈夫!】コーデの正解例。オリーブの今季的かつオトナらしい着こなし方

NGがわかったら、これらのポイントに気をつけて日常のスタイリングに取り入れましょう。着こなしのヒントを知っておけば、おしゃれなミリタリーテイストの完成です。

ヒント1:シンプルきれいめミリタリーにまとめる

今期のトレンドでもあり、オリーブカラーを取り入れたファッションをスタイリッシュに見せる方法。シンプルなスタイルで統一し、きれいめミリタリーとしてまとめましょう。

ヒント1:シンプルきれいめミリタリーにまとめる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

冬のミリタリースタイルの定番アイテムMA-1をオリーブカラーで取り入れたスタイル。インナーも無地でシンプルに、パンツはスラックスを合わせることでドレッシーに着こなしています。余計なアクセサリーは取り入れないミニマルなスタイルが特徴的です。

ヒント1:シンプルきれいめミリタリーにまとめる 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

寒い冬のシーズンでも快適な暖かさを保つミリタリーコートをオリーブカラーで取り入れた着こなし。アウターに十分な存在感があるので、パンツやデイパックなどはブラックでシンプルにまとめています。リュックもスッキリとしたデザインがスマートに見せるコツです。

ヒント1:シンプルきれいめミリタリーにまとめる 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シンプルかつ王道ながらも、サイジングやシューズでクリーンなスタイリングにシフト。オリーブと相性が良い色みでまとめることで、雑味のない大人らしい着こなしに。

ヒント2:シルエット重視でタイトに着こなす

全体的にタイトなシルエットであれば、オリーブのNGなファッションを避けることができます。都会的でクールなスタイリングは全体的なスマートさで表現すると簡単です。パンツのシルエットがもっとも重要なポイント。

ヒント2:シルエット重視でタイトに着こなす

WEAR

WEAR

お気に入り追加

定番のMA-1をオリーブカラーで取り入れて、フードパーカーで重ね着したスタイリング。MA-1のボリュームも少しスッキリしたものを選び、タイトなブラックデニムを合わせれば完成。カジュアルなミリタリーテイストファッションに仕上がります。

ヒント2:シルエット重視でタイトに着こなす 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オリーブカラーのカーゴパンツを取り入れた冬のファッション。ワイドシルエットが基本のカーゴパンツでも、タイトなシルエットを選ぶことでスマートな着こなしに。コートと合わせれば大人っぽいミリタリーファッションに仕上がります。

ヒント2:シルエット重視でタイトに着こなす 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンドのきれいめミリタリーなスタイルで全面アピールなコーディネート。ホワイトのパンツに合わせたのはタイトなMA-1。インナーにはよりミリタリーな雰囲気を出すことができオリーブのシャツをチョイスしています。オリーブ×ホワイトもおしゃれにマッチする組み合わせです。

ヒント3:オリーブと合わせるカラーバランス。ネイビーやブルーを活用

メンズファッションでオリーブカラーに合わせるなら、同じくトーンを落としたネイビーや、メンズコーデの基本であるブルーカラーが相性抜群です。モノトーンに飽きたら、ぜひブルー系のカラーを取り入れてみましょう。

ヒント3:オリーブと合わせるカラーバランス。ネイビーやブルーを活用

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オリーブカラーのカーゴパンツにネイビーのMA-1を組み合わせたスタイリング。トレンドのMA-1も、オリーブやブラックを避けてネイビーを選ぶだけで、周りとは違うおしゃれを楽しむことができます。よりコーディネートの幅が広がるアイテムとして便利。

ヒント3:オリーブと合わせるカラーバランス。ネイビーやブルーを活用 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

カジュアルに着こなすことができるオリーブカラーのダウンジャケットをメインにコーディネート。インナーにネイビーベースのストライプ柄のトップスを取り入れ、さりげない個性をアピール。ネイビーとオリーブなら対立しない色合いとして自由な組み合わせが可能です。

高嶋 一行
高嶋 一行
ロンドンにてデザインアシスタントを経験後、日本では海外ブランドのエージェント会社に勤務。 現在はイギリスに戻り、英国を中心としたファッション記事を執筆中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事