コートからライダースまで!一生モノのアウター30選

コートからライダースまで!一生モノのアウター30選

冬の季節に欠かせないアウター。購入するのなら、1シーズンだけでなく長く使えるアイテムを選びたいところ。そこで大人のメンズにぴったりな一生モノアウターをご紹介。

高嶋 一行

2016.12.19

アウター
定番・名作

一生ものの逸品を探すなら、信頼できる“老舗ブランド”に頼りたい

トレンドを追うのもおしゃれですが、年齢を重ねた大人の男なら上質で一生モノのアイテムを身に付けたいものですよね。とくに冬の着こなしの主役になる”アウターにはこだわりたい”という人は多いでしょう。

そこで頼りになるのが、不動の人気を誇る名作たち。大人にふさわしい名門ブランドから、長く愛用できる定番アウターをピックアップしてみました。

アイテム別に名品を厳選。大人のアウターコレクション

今回、10種類のアウター別に、大人にふさわしいブランドの名作をご紹介。お値段が少々張るものばかりですが、一生愛用できるものばかりなので、買って損はありません!

タイプ1ステンカラーコート

スーツスタイルともっともマッチするため、ビジネスシーンで重宝するステンカラーコート。むだのないシンプルなデザインと上品な面持ちが人気の理由です。もちろん、ビジネス以外の日常でも、カジュアルなアイテムと合わせて着こなすことが可能です。

『マッキントッシュ フィロソフィー』

英国の老舗ブランドである『マッキントッシュ』のセカンドライン。同ブランドを代表するアイテムこそ、ステンカラーコートです。ドライでマットな素材感と、直線的なAラインシルエットがスタイリッシュな雰囲気に仕上げてします。

『アスペジ』

イタリアのシャツメーカーとして、1969年にスタートした『アスペジ』。M-65が主要アイテムのひとつとして人気ですが、ここ最近ではステンカラーコートの注目度も高めています。

『プライベートホワイトV.C』

こちらもイギリスの名門ブランドである『プライベートホワイトV.C』。上質な素材と熟練の職人によって作り出させるアウターは、モダンなデザインを取り入れながらも、格式ある年を重ねたメンズファッションそのもの。こちらのイギリスらしい上質なウール素材を取り入れたステンカラーコートが代表アイテムです。

タイプ2チェスターコート

ジャケットのラペルのようなディテールから、ドレス感が高いチェスターコート。今シーズンのトレンドではありますが、昔からメンズファッションの定番といえるアイテムです。そのため、トレンドが過ぎても長く愛用できます。

『ラルディーニ』

1978年創業以来、伝統的なテーラード技術を駆使し、有名メゾンの製品を作り続けてきたイタリアブランド。こちらは、もっとも人気のある代表モデル「JJ23143AQ」。しっかりとした仕立てでクラシカルな雰囲気を持ちつつも、やわらかい生地で軽い着心地が味わえる上品な一着です。

『バロンブロッサ』×『417エディフィス』

こちらはセレクトショップ『417エディフィス』のオリジナルチェスターコート。1957年に創業したイタリアの名門ファブリックメーカー『バロンブロッサ』の上質な生地を使用したこだわりの逸品です。カシミア混のなめらかで光沢感のある上品さにくわえ、暖かさも抜群。お手頃な価格帯もうれしいポイント!

『マッキントッシュロンドン』

三陽商会が『マッキントッシュ』の新ライセンスブランドとしてプロデュースすることで実現した、大人スタイルのブランド『マッキントッシュロンドン』。英国のマッキントッシュ社の良さを受け継ぎながら、より日本人に合うパターンや生地を組み合わせて展開しています。こちらのチェスターコートは、クラシックでありながら、モダンな表情も持つデザインが大人にうってつけな一着。

タイプ3ダッフルコート

元々は北欧の漁師が着ていた防寒性に優れたアウターであり、イギリス軍が取り入れたことにより、やがて民間に広がったダッフルコート。トグルがデザインポイントであり、落ち着きあるソフトな印象にまとまるコートです。

『グローバーオール』

イギリス軍が使用したダッフルコートを、世間に広めるキッカケを作ったことで有名なブランド。こちらは、『ビームス』が別注をかけた上質なメルトン生地のダッフルコート。クラシックなスタイルを基本とした品のある仕上がりです。

『インバーティア』

100年以上前にコート作りをスタートしたイギリス老舗ブランド『インバーティア』。その中でもダッフルコートは、ブランドを代表するアイテムです。こちらは、もっともトラディショナルなモデルで、英国らしいクラシックなデザインを採用しつつ、日本人体型に合うサイズにモダナイズされた一着。

『ロンドン トラディション』

イギリスの老舗ファクトリーブランド『ロンドン トラディション』。イギリスの伝統的な製品を手掛けており、素材と品質へのこだわりに定評があります。こちらのダッフルコートは、メルトンウール素材の暖かみのある風合いが素敵です!

タイプ4トレンチコート

トレンチコートもまた、もともとはイギリス軍が使用していたアウターで、後にファッションアイテムとして浸透。胸元のガンパッチや肩のエポーレットなどは、本来は銃を持ち運ぶ際に使うディテールとして取り入れられていましたが、現在でもその名残がデザインとして残っています。エレガントで上品な面持ちで、大人スタイルを演出するのに最適なコートです。

『アクアスキュータム』

突然の雨が多いロンドンでは、防水性にすぐれたトレンチコートが重宝されています。その最高峰ともいえるのが『アクアスキュータム』。撥水性の高い防水のトレンチコートで世界的に高い評価を受けています。流行廃りに左右されることなく長く着られる名作です。

『バーバリー』

コートブランドの中で、知らない人はいないほどの世界的な知名度を誇る『バーバリー』。その中でもっとも代表されるアイテムがトレンチコートです。なんといっても、美しいシルエットとハリのある上質な生地が魅力的。ライナーには、ブランドのアイコンでもあるチェック柄が採用されています。

『アクアラマ』

老舗ブランドと比較して知名度は少々劣りますが、上質なトレンチコートを提供し続ける実力派ブランド。ファクトリーブランドとして、『バーバリー』や『アクアスキュータム』などの生産を手掛けているため、信頼できる品質であることは確実です。こちらのトレンチコートは、上質なポリエステルを使用し、丈夫で型崩れのない機能にすぐれた逸品。

タイプ5モッズコート

モッズコートの原型となっているのは、アメリカ軍が採用していた軍用のロングパーカーであり、モッズスタイルと呼ばれるイギリスのファッションムーブメントから定着したアイテムです。カーキカラーが基本であり、機能性にすぐれたデザインが魅力なアウターです。

『フレッドペリー』

イギリスを代表するキレイめカジュアルなブランド。元々モッズスタイルの定番アイテムとしてフレッドペリーのポロシャツが好んで取り入れられるようになり、後にモッズスタイルの代名詞的なブランドとして確立しました。こちらのモッズコートは、むだなデザインを取り除き、細身のサイズ感でシャープに仕上げたデザインが特徴。野暮ったくなりすぎず、きれいめにも着られます。

『ベンシャーマン』

モッズファッションを代表するもうひとつのブランドが『ベンシャーマン』です。その定番であるこちらのモッズコートは、スマートな面持ちできれいめな一着。また丈夫な生地を採用しているため、ガシガシ着られる実用性にもすぐれています。

『アルファ』

MA-1など、アメリカ軍へアウターなどを支給している信頼性の高いブランド。それゆえに、こちらのモッズコートの原型となるM-51は、本格的な仕様を採用したタフなデザインが魅力的です。スマートなシルエットもポイントで、都会的に着られる今季らしいアイテムです。

タイプ6ピーコート

イギリス海軍が取り入れたことが始まりといわれているピーコート。艦橋や甲板などの厳しい気象状況で使用することから、風向き対して左右どちらでも上前を変えられるようにデザインされた前身頃がポイントです。ショート丈のデザインがコーディネートしやすくておすすめ。

『フィデリティー』

アメリカの老舗ブランド『フィデリティー』。メイド・イン・USAにこだわり、素材を厳選し、良質な物作りを行っています。こちらのピーコートは、アメリカ製でありながら日本人仕様に作られたもの。22オンスのメルトン生地を採用しているため丈夫で、なおかつ軽量な逸品です。

『ステアリングウェア』

海軍を始めとする各官庁のユニフォームを手掛けており、品質に定評のある『ステアリングウエア』。こちらのピーコートは、軍用アイテムとしての機能性をクリアしたミルスペックを搭載。機能性、防寒性はもちろん、かっちりとしたシルエットでファッション性も抜群なコートです。

『ナイジェルケーボン』

ワックスコートやベンタイルコートなど、昔から使われてきた技術を生かしてアウターをデザインするブランド『ナイジェルケーボン』。その中でも、こちらのピーコートは人気に高いアイテムです。古着コレクターでもあるデザイナーならではの、ヴィンテージ感ある仕様も楽しめます。

タイプ7ダウンジャケット

過酷な冬の登山や探検家らが愛用するアウターのひとつ、ダウンジャケット。軽量で動きやすいだけでなく、高い保温性が寒い冬に重宝するアイテムです。タウンユースとしても手軽に取り入れることができる、カジュアルファッションに合わせやすいアウターとして人気。

『モンクレール』

ダウンジャケットの代名詞ともいえるブランドが『モンクレール』。日本でもブームとなった後、冬のファッションの定番となったブランドです。アルピニストなどにも採用される過酷な環境にも耐えるアイテムも展開している実力派。

『デュベティカ』

ダウン専業ブランドとして、ダウンだけでなく全ての素材に強いこだわりをもったデザインが支持されている『デュベティカ』。生産もブルガリアにて専用の工場で生産することで、コストを抑えた高品質なダウンジャケットを提供しています。

『タトラス』

イタリアブランドらしいスタイリッシュなデザインをメインに、大人が集まるセレクトショップを中心に取り扱いされている『タトラス』。豊富なバリエーションや、機能性の高さに定評があります。なかでも、写真の“ベルボ”は細身で上品なルックスが特徴。タウンユースのダウンとして申し分がありません。

タイプ8キルティングジャケット

元々は馬の防寒具として開発されたブランケットを元にアウターとしてデザインされたキルティングジャケット。動きやすいよう丈が短めなスタイルが本来の姿です。さらにツーベンツ仕上げやシェイプのかかったウエストなど、乗馬の際に適したデザインが現在も残っています。

『ラベンハム』

キルティングジャケットを作った元祖のブランドが『ラベンハム』。現在は、基本となる丈が短いキルティングジャケットだけでなく、ロングのコート丈などのアレンジや、ほかのブランドとのコラボレーションなど多方面でアウターをリリースしています。

『バブアー』

ハンティング用のアウターや乗馬用のジャケットなどを作る老舗のイギリスブランド『バブアー』。オイルドジャケットが有名ではありますが、キルティングジャケットもブランドのメインアイテムのひとつ。暖かなポーラーフリースを裏地として使用した写真のモデルは、同ブランドの定番です。

『トラディショナルウェザーウェア』

イギリス発祥の“らしさ”こそ、『トラディショナルウェザーウェア』の真骨頂。シンプルながら気品あふれるデザインと機能性に、ファンの多い定番アイテムのひとつです。

タイプ9ライダースジャケット

バイク用のアウターとして現在も広く利用されているライダースジャケット。ファッションアイテムとして定着して以来、バイクとは関係なく取り入れるコーディネートがメンズとレディース両方で浸透。また、ロックやパンクなどの音楽カルチャーとしても深い関係がある、トレンドを超えて多方面で支持されるアウターです。

『ショット』

長く愛用できる本格的なライダースジャケットを買うなら必ず候補に挙がるほどの定番ブランドである『ショット』。ライダースジャケットのファッションを浸透させたブランドであり、100年以上愛されている老舗ブランドです。重厚感あるレザーの素材感が特徴的。

『ジェームスグロース』

イギリスの老舗ブランドとして、丈夫な素材でありながら柔らかいレザー素材が魅力の『ジェームスグロース』。ブランドの休止の歴史を経て復刻されたアイテムは、ライダースジャケット好きなら見逃せないデザインばかり。元々バイクなどを扱うショップだった歴史から、バイク愛用者の心をつかむデザインで人気があります。

『バンソン』

職人のハンドメイドによるていねいなモノづくりと、時代に流されない武骨なデザインでファンを増やし続ける『バンソン』。昔ながらの新流レザージャケットながら、今の時代にもなじむシンプルなルックスが魅力です。合わせるボトムスでさまざまな着こなしが楽しめます。

タイプ10マウンテンパーカー

アウトドアウェアにふさわしい機能性の高さがマウンテンパーカーの持ち味。ここ数年では、往年のブランドが今らしいシンプルなデザインを続々とリリースしています。全天候に対応する機能性と、手軽に取り入れることができるカジュアル感が便利なファッションアイテムのひとつです。

『ワイルドシングス』

1981年に創業して以来、アウトドアウェアを代表するブランドとして今も愛され続ける『ワイルドシングス』。写真のモデルは、寒さに対応するだけではなく、透湿性や防水、耐水性などの悪天候に耐える高機能素材が採用されています。一見してわかる洗練されたルックスも、今らしくて◎。

『ザ・ノース・フェイス』

機能性の高い、アウトドアアイテムを手がける定番ブランドの『ザ・ノース・フェイス』。シンプルなデザインや多彩なカラーリングでスタイリングしやすいマウンテンパーカーをリリースしています。タウンユースにふさわしいデザイン性の高さも支持されているポイントです。

『シエラデザイン』

通気性があり、撥水性も高い素材であるロクヨンクロスを採用したウェアに定評がある『シエラデザイン』。ロクヨンクロスは、60%のコットンと40%のナイロンで組み合わされた素材で、快適な着心地を実現しています。また、ヴィンテージ好きも支持するノスタルジックなデザインも同ブランドならでは。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK