らしさを演出。チェスターコートの着こなしを再確認

らしさを演出。チェスターコートの着こなしを再確認

いい大人であれば、コーディネートの中でも“らしさ”を見せていきたいところ。そこで、あれこれ悩むよりも手っ取り早い方法がある。それはチェスターコートを羽織ること。

菊地 亮

2016.12.22

チェスターコート
冬の着こなし・コーディネート
11度以下の服装
通勤
休日
アイテムの選び方

困ったときはこれでキマリ。とりあえず羽織るだけで様になるチェスターコート

アウターは冬コーデの主役で、どれを選ぶかにより全体の印象も変わってくる。ちまたではミリタリーやアメカジといったトレンドワードが耳に入ってくるが、それらにちなんだアウターを選びながら大人っぽく見せるには少々ハードルが高い。

しかし、ロング丈、ラペル、上品なウール生地など、格上げに必要な要素がふんだんに盛り込まれているチェスターコートであればすんなり大人顔を作れる。悩む前に、まずは一度袖を通してみることを薦めたい。

ケース別に解説。チェスターコートの着こなしテク

チェスターコートがどれだけオールマイティーでどれだけ心強いか。それを検証すべく、想定しうるシチュエーションを考えながら、チェスターコートの“オイシイ”ところを、数々のコーディネートとともに披露したい。

ケース1カジュアルすぎかも? な着こなしにさらっと羽織るだけできれいめに

アメカジ、サーフ、ミリタリーといった現在のトレンド。流されたくはないとはいえ、ないがしろにもできない。ただ、それを取り入れたところで大人としての威厳が下がっては本末転倒。それをアウター1着でケアできるなら利用しない手はない。

ゆったりめのグレーパーカーとダメージ入りのジーンズ。それだけではルーズになり過ぎて大人としての威厳を保てない。ただ、チェスターコートを羽織り、足元にホワイトのクリーンなスニーカーを添えたことにより即解決。品をわきまえた大人コーデが完成する。

ボトムスはペインティングがランダムに施されたジーンズをチョイス。ニットキャップ、サングラス、スニーカーと、合わせた小物はカジュアル志向の強い物ばかりだが、ブラックに統一し、極め付けにチェスターコートを合わせれば、見た目もグッと引き締まる。

こちらもまたパーカーとジーンズのベーシックな合わせ。足元はスポーティーなコンバースのオールスターとなれば、アメカジ色が強く前に出がち。ただ、それをスタイリッシュに見せるコートと色のまとまりがキモ。オールブラックに着こなせば先鋭的ないでたちに。

昨今の冬コーデのスタンダードともいえる、スウェットシャツとジーンズの組み合わせ。シルエットにメリハリを効かせ、『バンズ』のスニーカーで大人の休日カジュアルをメイク。ライトグレーのコートを取り入れながら上質感をプラスした点が好印象を生むカギ。

インナーダウンにイージーパンツと、昨今の冬トレンドを牽引してきたアイテムを選択。一見ラフになりがちなアイテム選びも、胸元でタイドアップを決め込み、チェスターコートをさらりと羽織ったためルーズさを感じさせないビジュアルに。

ケース2デートのとき何着よう? チェスターコートを羽織れば間違いなし

せっかくのデート、いつもと違う自分をアピールしたいところだが、かといってガンバッてるとも思われたくない。となれば、普段通りのスタイリングに気の利いたアウターを取り入れてみよう。上級感を醸し出せるチェスターコートはその最適解となる。

スウェットシャツにカーキのチノパン、そしてランニングシューズと、スポーティーな装いをデート着へと進化させたのがグレーのチェスターコート。ショールカラーの胸元がやさしげで落ち気味のショルダーも今どき。ライトグレーで色の足並みを揃えた点も高評価。

モノトーンで全体を構築しながら、淡白に見せないスタイリングの好例。軸となる部分はブラックで揃え、ライトグレーでトーンに変化をつけた。タートルネックをレイヤードしたかのようなギミックインナーや、足元の抜け感がオシャレを高めるポイントになっている。

大胆なロールアップが目を引くジーンズだが、その格を高めてくれたのは、オーバーサイズのチェスターコート。Aラインシルエットは旬をアピールするには格好で、ウールの品の良さがボトムスのカジュアル加減をコントロールするのにうってつけ。足元の革靴もその一環。

気張ることなく動きやすさも考慮するならジーンズは基本。トレンドの色あせジーンズはうってつけのアイテムだが、ややルーズに見えがちなのがたまに傷。そこで、女の子の好印象ポイントである清潔感をチェスターコートやニットでうまく取り込んだ。

ラーベン編みにより立体感を生み出したタートルネックニットと合わせたのは、リラックス感たっぷりなイージーパンツ。ただ、ブラックを軸にし、チェスターコートを肩がけしたモード風のスタイリングを実践することでグッと都会的ないでたちにシフトさせた。

ケース3トレンドのワイドパンツを履きたいけど野暮ったさが気になる

パンツシルエットのワイド化が顕著な昨今。利用しない手はないが、合わせ方によっては少々野暮ったい印象を与えかねない。となれば、それを巧妙にフォローする気の利いたアウターが必要だ。そこで、チェスターコートの出番となる。

ドレスシーンでも通用しそうな美しいスラックス。九分丈に設定した裾も今っぽさを感じさせる。そこへ同色のグレーチェスターをオン。その相乗効果によりさらに容姿端麗なビジュアルを作り出している。平面感が気になる同色コーデは、インにネイビーを差して即回避。

シンプルな白のカットソーに、おなじみのベージュのチノパン。クリーンさを意識した開放的なスタイリングを、街着へと導いたのはチャコールグレーのシックなチェスターコートだ。インナーとの色濃度の違いにより、センターラインに奥行きを生み出した点もいい。

ジーンズにおいても、ワイド化の流れが著しい。ただ、ベースがワークウェアなだけに、太シルエットでは粗野感が正直気になる。ただ、淡いカラートーンに合わせたアイボリーのニット、そして落ち着きを感じさせるコートとの併用により見た目がシャンとする。

インナーはスウェットシャツ、ボトムスは存在感のあるコーデュロイ生地のワイドパンツ、そして足元の『バンズ』と、程よく抜いたアイテムセレクト。それらをおしゃれなコーディネートとして成立させるべくひと肌脱いでいるのが、肩掛けしたチェスターコート。

ワイドシルエットではあるものの、ボトムスにスラックスを選んだことで“手抜き”には見えず、むしろオーバーシルエットのニットを巧みに受け止めてくれる。また、コートでタテの意識を強めたことにより、漂いそうな野暮ったさを難なくかわしている。

ケース4子どもっぽくならないように色や柄を取り入れたい

モノトーンやアースカラーが色の主役を担う冬。その改善策として、鮮やかなカラーや柄の投入は常套手段といえるだろう。ただ、それによって子供っぽく見えてしまうのが不安の種。それをチェスターコートが難なくかわしてくれる。

大小2種類のジオメトリック柄で切り替えたギミックデザインニットが、センターラインから存在感を発揮。気になるアクの強さを、ブラックコートとグレースラックスのシックなアイテムで巧妙に沈静化。そのため、柄マフラーを加えても違和感は皆無。

すがすがしいブルーが一層目を引くタートルネックのニット。インナーのアグレッシブな色差しによって、冬スタイリングもにわかに新鮮さが増してくる。絶妙なのはアウター選び。同系色のネイビーコートを採用しながら、グラデーション風に合わせた点が技あり。

チマヨ柄などを巧みに落とし込んだネイティブ柄のニットは、日を浴び続けたかのような色あせ具合も目を引く。さらに、ホワイトボトムスをプラスし、夏さながらのスタイリングを披露した。ただ、マイルドなアウターにより、大人っぽさはしっかりキープしている。

昔から使い慣れているパーカーとはいえ、レッドなどの鮮烈なカラーアイテムは扱いに迷うもの。しかし、周囲を相性のいいモノトーンで固めればその心配も杞憂に終わる。しかも、品の良さが長所のチェスターコートなら、柔軟に対応してくれるはずだ。

インナーに発色のいいアイテムを取り入れるだけで、こんなにも見た目がフレッシュに。こちらで採用しているのは編み柄がうっすら浮き上がったオレンジニット。単品だけで見れば個性的なアイテムも、チェスターコートとの併用で品と鮮度のアップが望める。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK