男が惚れ込む魅力が凝縮。バラクータのスイングトップはやっぱり名作だ

男が惚れ込む魅力が凝縮。バラクータのスイングトップはやっぱり名作だ

人気が再燃しているスイングトップ。狙うならば、名門中の名門である『バラクータ』が正解。魅力を深掘りしつつ、代表作のG9や今年注目の別注モデルを紹介します。

山崎 サトシ

2020.03.04

バラクータ(BARACUTA)
アウター
ブルゾン・ジャンパー
スイングトップ
秋の着こなし・コーデ
春の着こなし・コーデ

『バラクータ』のスイングトップ。男が惚れる理由を解明

1937年にイギリスのマンチェスターに誕生した『バラクータ』。同ブランドを象徴するアイテムといえばやはりスイングトップでしょう。そもそもメンズファッションの定番として馴染み深い名品ですが、今季はオーセンティックなアイテムがトレンドということもあって、再注目されています。その魅力を、同ブランドが愛され続ける理由から読み解いてみましょう。

理由1“元祖にして至高”こそ、男心をくすぐる最大の要因

そもそもスイングトップとは和製英語で、ゴルフ用ジャンパーのことを指します。ドッグイヤーカラーやラグランスリーブ、リブ編みの袖&裾などスポーティなディテールが特徴です。可動域の大きいゴルフのスイングをするのにも最適なデザインだったため、この名が付きました。ちなみに、海外ではハリントンジャケットいう呼び名が一般的です。

そんなスイングトップの原型となっているのが、1948年に発表された『バラクータ』の誇るマスターピース”G9ジャケット”。リーディングブランドという出自が、男心を大いにくすぐります。

理由2スポーツウェアとしての快適性

前述したとおり、『バラクータ』のそれは元々ゴルフシーンでの着用を目的として開発されたアウター。それだけに快適さも特筆ものです。セットインスリーブと比べて肩周りが楽なラグランスリーブや、動くとき邪魔にならない短丈仕様のおかげで運動性良好ですし、撥水性に優れたモデルが多いのもポイント! 裾部分のリブでしっかり固定することで、激しい動きのなかでもアウターがバタつくこともありません。だから、いつだってストレスフリーで着用できます。

理由3時代を経ても色褪せない完成されたデザイン

機能美が際立つシンプルかつ完成されたデザインも、大人から支持される理由の1つ。現在はトレンドアイテムとして注目を浴びていますが、その潮目が変わっても永世定番としてずっと愛用していけるので頼もしいですね。アメカジからトラッド、さらにはミリタリーなど、あらゆるテイストの着こなしとすんなりマッチしてくれます。

時代が変わっても大人の強い味方であり続ける『バラクータ』は、後生に伝えるべきブランドの筆頭。数々の服に袖を通してきた大人だからこそ理解できる良さは、きっちりと押さえておきたいところです。

名作から別注モデルまで。『バラクータ』のスイングトップ8選

ファッションシーンを彩ってきた名品から、人気ブランド別注により生まれた高感度なモデルまで、『バラクータ』の気になるモデルをピックアップ。いずれも大人のカジュアルを格上げしてくれる良品ばかりです。

アイテム1G 9アーカイブ オーセンティックフィット

古き良き1950年代のアーカイブ「G9」を復刻。当時と同様のゆとりあるシルエットで、現行品のレギュラーフィットを少しタイトに感じる人におすすめです。表地は現行モデルと同じく、機能性に富むコットンポリエステルクロスを起用。

アイテム2『ビームスプラス』別注G9クラシックモデル

往年の「G9」を彷彿とさせる綿100%生地で仕立てたり、ゆったりめのクラシックフィットを採用したりと、随所にアレンジが見られる別注作。そんな中、特に印象深いのが裏地です。「G9」の象徴である赤タータンチェックを、落ち着きあるブラックウォッチにチェンジしました。

アイテム3『キャプテンサンシャイン』別注 G-WEP

米軍のWEPジャケットにヒントを得て型からオリジナルで製作した、ミリタリーテイストの1着。フロント&左袖に装備されたポケットが実用性を兼ねたアクセントとなっています。シルエットはややワイドめの設定で、生地にはレトロ感漂うコットンポプリンを選択。

アイテム4『エディフィス』別注 G9

きれいめスタイルを得意とする『エディフィス』らしく、「G9」の配色をスマートなブラックを変更。ラフになりがちな春夏コーデを大人っぽく格上げしてくれます。裏地を主張あるクレイジーストライプ柄で彩るなど、さりげなく遊び心も注入!

アイテム5『ビームスゴルフ』別注G9 ストレッチブルゾン

「G9」ならではのディテールは踏襲しつつ、表地を伸縮性あるナイロン素材に変更して動きやすさを強化。アウトドア&スポーツシーンでも存在感を発揮してくれそうです。ストライプ柄の主張あるリブを取り入れ、スタイリッシュな雰囲気を強めているのも好印象。

アイテム6『シップス』別注 G9 ナイロンパッカブルブルゾン

『バラクータ』初となるパッカブル仕様の「G9」で、青のタータンチェックで彩られた右身頃裏のポケットにセルフ収納できます。薄手のストレッチナイロンを素材に採用したことによる、楽ちんな着用感も見逃せない特徴に。さらに、リブも本体素材に合わせて薄く改良しています。

アイテム7『ユナイテッドアローズ』別注シアサッカーG9

春の軽快なスタイリングとの親和性を考慮し、表地を涼しげなシアサッカーにスイッチ。素材感で軽やかさを出す一方、カラーは都会的なネイビーをチョイスしてあくまでもシックに仕上げています。カラバリではブラックも用意。

アイテム8G 9シェットランド ウール

表地を上質なシェットランドウールに変更したアレンジ版「G9」。素朴な雰囲気のマテリアルながらも、シャープなフィット感のアイテムゆえ野暮ったさとは無縁です。しかも、今作はサーモア社のエコダウンを充填した中綿入り仕様のため保温性も十分!

『バラクータ』のスイングトップを今季的に着こなすポイントは?

どう合わせてもサマになる『バラクータ』のスイングトップですが、今季らしさを意識して着こなせばワンランク上の着こなしを狙えます。最後は、旬度高く着こなすための3つのコツをお教えしましょう。

ヒント1定番アメカジにほんのりとスポーツ感を注入

見慣れたベーシックなアメカジスタイルも、スイングトップを投入すればスポーツテイストが加わって新鮮な面持ちに変化! 旬なニュアンスの着こなしに仕上がります。街の大人たちの着こなしを見てもわかるとおり、特にウォッシュドジーンズとは相性抜群です。

スポーツ×アメカジの異テイストMIXも、全身をブルー系カラーで連動させればスムーズに馴染みます。ジャケットの裏地とインナーのシャツをチェック柄でリンクさせるなど、さり気ない小技も効果的。足元の『ニューバランス』でよりモダンな印象に。

バスクシャツとヴィンテージジーンズという、西海岸サーファーっぽい着こなしに『バラクータ』のG9をオン。ベージュのスイングトップがややポップなカラーの装いを適度に引き締めます。ボーダーとチェックによる柄×柄が程良いアクセント。

『ヘインズ』の無地Tシャツにスキニージーンズというド定番な組み合わせに、スイングトップでトレンド感を注入! 着こなしがラフになりすぎないようキャップとローファーはブラックをチョイスし、シックな雰囲気も巧妙に織り交ぜました。

ヒント2タイドアップコーデをスイングトップで着崩す

昨今、人気が再燃しているトラッドなタイドアップコーデ。そこにスイングトップを織り交ぜれば、適度なドレスダウンがかないます。『バラクータ』の裏地に使われる英国ムード漂うタータンチェックも、トラッドスタイルとマッチング良好な一因。なお、合わせるボトムスはアンクルパンツや色落ちジーンズなど、抜け感あるデザインが支持率高めです。

ウール素材のスイングトップや温かみある色使いのシャツ&タイで、季節感も巧みに取り入れた上級者。かなり強めの色落ちジーンズをボトムスに用いたのに対し、ジャケットは落ち着いたダークカラーなので、メリハリ感もしっかりと演出できています。

あえて抑揚を抑えたワントーンスタイルで、シャープな印象に仕上げています。軽さのあるアンクルパンツをボトムスに選んで、重さの払しょくにも成功。同系色でシンクロさせたレザーローファー&タイがコーディネートのアイキャッチとして効果的です。

スイングトップやリュック、スニーカーといったスポーティなアイテムを多用し、タイドアップスタイルをカジュアルに彩りました。ジップをオープンしてちらっと見せた鮮やかなチェック柄が着こなしにポイントを添えます。白ソックス使いも今季らしいですね。

ヒント3ニットとのコンビネーションできれいめに装う

スポーツジャケットならではの軽快感は『バラクータ』のスイングトップが持つ強み。ニットとのレイヤリングにより大人に必要な品の良さも入手すれば、軽やかかつ上品な“イイトコ取り”の着こなしをイージーに完成させることができます。

カーキのG9で肩肘張らないイメージを演出しつつ、タートルニットやホワイトパンツで端正さもうまくブレンド。チェック柄とニットのカラーを合わせたおかげで統一感も生まれています。『バラクータ』と同じく英国生まれである『サンダース』のブーツをもってくるあたりも心にくい演出ですね。

インナーとパンツをグレーで統一し、シンプルながら洗練されたスタイリングを構築。そこに、裏地のチェックが効いたG9を合わせることで程良くカジュアルな印象をプラスしています。ダメ押しとばかりに、足元はドレッシーな黒ローファーで締めている点もポイントです。

ブルーのフィッシャーマンニットや白のデッキシューズで、品良くマリン感を落とし込んだスタイリング。首元のストールで華やぎ感を巧みに加えているのも技アリです。仕上げにちょっと渋めのカラーをまとったG9を羽織って、カラーコントラストの効いたスタイルに帰結させました。

ちなみにレディースモデルもあり

実は、『バラクータ』はレディースアイテムも展開。アイコンモデルである「G9」もラインアップされているので、カップルでスイングトップを楽しむのも良さそうです。優れた機能性と汎用性の高いシンプルデザインは、メンズのモデルと同様です。

スイングトップこそ今季手にすべきアウターの筆頭候補

スイングトップこそ今季手にすべきアウターの筆頭候補

トラッドでスポーティ。トレンドを体現したライトアウターの筆頭がスイングトップです。より今どきに仕上がる着こなしのコツも含め、その魅力を詳しく解説!

平 格彦

アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

    セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

    誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。

    TASCLAP編集部

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    “適温適装”を知る。4月の服装、マストハブなアイテムとメンズコーデ参考集

    ダウンのような重いアウターは不要ですが、まだトップス1枚ではやや厳しい時期なのが4月。“着こなし難民”にならないよう、最適なアイテム&コーデ術を押さえましょう!

    山崎 サトシ

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    深澤 正太郎

    2020年の二大トレンドカラー。クラシックブルーとヒューマンレッドを取り入れよう

    2020年の二大トレンドカラー。クラシックブルーとヒューマンレッドを取り入れよう

    2020年のトレンドカラーをご存じですか? 今年の色は、クラシックブルーとヒューマンレッド。時代を象徴するこの2色を取り入れれば、着こなしがさらに華やぐはず。

    髙須賀 哲

    アイテムリスト

    BACK