インコテックスの美脚パンツは、伊達男のたしなみだ

インコテックスの美脚パンツは、伊達男のたしなみだ

美脚パンツの代名詞であるイタリア発パンツ専業ブランド『インコテックス』。本国のみならず、世界中の伊達男から絶大な支持を得ている理由を深掘りしてご紹介します。

近間 恭子

2018.12.04

インコテックス(INCOTEX)
ボトムス
スラックス

イタリア生まれ。パンツの専業ブランド『インコテックス』とは

『インコテックス』の歴史のはじまりは1951年。そもそもはユニフォームを製造するメーカーとしてイタリア・ヴェネチアで創業しましたが、1970年代からはパンツ製造に特化。それ以降は“Solo Pantaloni(パンツ一筋)”をコンセプトに掲げ、実力派のパンツ専業ブランドとして確たる地位を築いています。その確かな素材選びや卓越した裁断縫製などにより、瞬く間に世界中で高い評価を獲得。とりわけ日本における人気は不動のものとなっています。

『インコテックス』のパンツの特徴は、裾に向かってナチュラルにテーパードした美シルエット。さらに足を長く見せてくれるなどの視覚的な体型補正効果もあるのです。また、安定したフィット感と動きやすさを生むVスプリットやシャツの滑り止めとなるマーベルトなど、クラシックなサルトリアのディテールを取り入れているのも特筆すべきポイント。これらのディテールには、『インコテックス』の魅力であるはき心地の良さを高める役割もあります。

伊達男を虜にする『インコテックス』の魅力

パンツ専業ブランドのなかでも抜きん出た人気を誇っている『インコテックス』。ここでは伊達男を虜にする理由を3つの魅力とともに紐解いていきます。

魅力1どの角度からも脚を美しく見せるシルエット

『インコテックス』の類い希な美しいシルエットは、長年にわたるパンツ作りで培われた卓越した裁断・縫製技術の賜物。さらにヒップポケットの位置などのディテールによって、平坦なヒップでも持ち上がって見えるような視覚効果を得ることもできます。つまり、『インコテックス』のパンツは、どんな位置からでも脚を美しく見せるノウハウが凝縮されているのです。

魅力2はき心地を高めるディテールが満載

パンツ好きは“はき心地の良さは細部に宿る”とよく口にしますが、これは『インコテックス』のためにあるような言葉。さまざまな動きに対応するVスプリットやフィット感を向上させるテング鼻、シャツの飛び出し防止になるマーベルトなど、『インコテックス』のパンツにははき心地の良さに直結するディテールがふんだんに盛り込まれているのです。

魅力3日本人向けのモデルも展開

『インコテックス』は欧米人と日本人の体型の違いにいち早く気づき、日本向けのモデルをリリースした第一人者。特に注目したのはヒップの形で、平坦でボリュームのない特有のヒップでも美しいシルエットが描けるよう工夫が盛り込まれています。さらに裾幅を狭くするなどの対応にも柔軟に応え、とことん日本人好みに仕上げられているのです。

はくだけでコーデが格上げ。参考にしたい『インコテックス』の着こなし例

『インコテックス』のパンツは汎用性が高いのも魅力のひとつ。さらに取り入れるだけで着こなしをワンランク上に導いてくれます。

コーデ1洒脱な色合わせが魅力のジャケパンスタイル

ダブルブレストジャケットと『インコテックス』のチェック柄パンツをスタイリング。ブラウン×ネイビーの色合わせもポイントで、大人の貫禄に加えて洒脱な雰囲気も放ちます。パンツの美シルエットを引き立てるべく、ジャストなジャケットを選んでいるのも◎。

コーデ2『インコテックス』のパンツでカジュアルなダウンを大人に

『インコテックス』のグレーパンツがカジュアルにも使えることを実証してくれた好例。一見ミスマッチなダウンとグレーパンツの合わせを、美シルエットと統一感ある配色によって見事に攻略しています。足元にスエードスニーカーというチョイスもお見事。

コーデ3『インコテックス』をきれいめカジュアルに着こなす好例

『インコテックス』のパンツを軸にしたきれいめコーデを、インナーのブルゾンとキャップでカジュアルダウン。さらにパンツの美シルエットのおかげで、全体がバランスよく仕上がっています。ホワイトソックスで抜け感をプラスしたのも技アリ。

今ならこれを選びたい。おすすめモデルをピックアップ

『インコテックス』のパンツはすべて美シルエットではき心地も抜群。その中から大人におすすめのモデルをピックアップしました。

アイテム1N35

日本人の体型を考慮して生み出された「J35」をアップデートした新定番モデル「N35」。立体感に欠ける日本人特有の平尻を美しく見せるヒップ周り、テーパードを効かせたスマートなシルエットが特徴。日本においての美脚パンツの火付け役でもあるモデルです。

アイテム230

本国でもっとも人気の高い不朽の名作「30」。数ある『インコテックス』のモデルは、すべてこのモデルを基準にアレンジを加えているといわれています。ジャケットスタイルを格上げする美しいラインはさすがのひと言。あえて本場の仕様にこだわりたい人におすすめです。

アイテム364

スラックスとイージーパンツをドッキングしたスタイルが魅力のモデル「64」。ウエストの内側にドローストリングを施しているので、ベルトレスでもはくことが可能です。それでいて「30」パターンを採用した、テーパードが強い洗練されたシルエットを描きます。

アイテム4N24

日本人なら万人に似合うとされる「N35」に、プリーツを入れたのが「N24」。プリーツが入ることで腰まわりにゆとりが生まれ、より今どき感あるシルエットを構築します。さらにこちらは「アーバントラベラー」シリーズゆえ、優れた撥水性やシワになりにくいなどの高機能も装備。

アイテム5NGW35

定番人気モデル「30」をベースにしつつ、ワタリから裾にかけてテーパードに仕上げた「NGW35」。洗いをかけたストレッチコットンを使用しているため、こなれた雰囲気も獲得できます。カジュアルからビジネスまで、幅広いコーディネートで活躍すること必至。

アイテム6デニムパンツ

『インコテックス』らしい細めのテーパードラインと美しい表面感のデニム地により、通常のデニムパンツとは一線を画す大人の洗練された印象に。クリース入りなので縦のラインを強調し、さらなる美脚シルエットを生み出します。デニスラと呼ぶにふさわしい仕上がり。

アイテム7コーデュロイパンツ

トレンドを意識するなら、コーデュロイパンツもおすすめ。美しいテーパードシルエットにより、野暮ったさとは無縁の都会的かつ上品な印象を与えます。フロントのL字ポケットがシンプルなデザインに際立ち、絶妙なアクセントになってくれるはず。

パンツ界の革命児。PT01のパンツは大人の必需品

パンツ界の革命児。PT01のパンツは大人の必需品

イタリア発のパンツ専業ブランドとして不動の地位を獲得している『PT01(ピーティーゼロウーノ)』。仕立てやシルエットのこだわりとともに、その人気の理由を解説します。

近間 恭子

ライターのアシスタントを経て、2003年に独立。「MEN’S CLUB」や「Mono Master」などの男性誌をはじめ、女性誌やWEB、カタログで活動している。ビジネスからカジュアルまでのメンズファッション全般を得意としているが、最近は趣味がこうじて旅企画も担当。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    アウターブランド25選。定番の三大タイプ別に人気銘柄を完全網羅

    ダウンやコート、ブルゾンなど、毎シーズン欲しくなるアウター。トレンドも気になりますが、まず押さえるべきは定番です。ここで王道ブランドの人気アウターを一挙ご紹介!

    山崎 サトシ

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    ビームス&ユナイテッドアローズから厳選。おすすめの冬アウター

    まだまだ続く冬だけに、手持ちのアウターにさらなる一品を加えマンネリ回避を図りたい。となれば、頼りになるのがセレクトショップ。特に日本が誇る二大ショップは心強い。

    菊地 亮

    ヒステリックグラマーのおすすめ15選。加工デニムからおすすめのウェアまで

    ヒステリックグラマーのおすすめ15選。加工デニムからおすすめのウェアまで

    設立から35年以上が経つ現在も、独自のスタンスを貫く『ヒステリックグラマー』。ブランドの顔であるデニムから注目の最新アイテムまで、余すところなくナビゲートします。

    山崎 サトシ

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    ジャーナルスタンダードとシップスで探す、冬の即戦力アウター

    冬から春への過渡期にはアウターを買い増ししたくなるもの。とはいえ、何を買うか決めづらいのも事実でしょう。そんなタイミングにこそセレクトショップを頼ってみては?

    髙須賀 哲

    上品なのに楽ちん。ニットパーカーが大人のカジュアルコーデに最適

    上品なのに楽ちん。ニットパーカーが大人のカジュアルコーデに最適

    パーカーといえばスウェット生地が定番ですが、ニット生地もおすすめ。新鮮さをアピールでき、上品でかつ大人っぽいのに着心地は快適。これを活用しない手はありません。

    平 格彦

    BACK