ヴァンズの代表作。オールドスクールの魅力から今狙うべきモデルまで

ヴァンズの代表作。オールドスクールの魅力から今狙うべきモデルまで

1970年代の登場以来、シンプルなルックスで老若男女を問わずに人気を集める『ヴァンズ』の「オールドスクール」。その魅力を改めて読み解き、狙い目モデルもご紹介します!

2022.11.04
SHARE
記事をお気に入り
本間 新

執筆者

本間 新
ファッションを中心に様々な雑誌やWEB媒体で執筆を行っているエディター/ライター。中でもスニーカーに特化し、年間400本近くのスニーカーレビュー記事を制作している。 記事一覧を見る
...続きを読む

まずは『ヴァンズ』と「オールドスクール」の軌跡を知る

まずは『ヴァンズ』と「オールドスクール」の軌跡を知る

Voks

Voks

お気に入り追加

1966年にポール・ヴァン・ドーレン氏を中心として4人共同で立ち上げられたシューズブランド『ヴァンズ』。最初に開発されたシューズは、現在でも定番として君臨する「オーセンティック」です。のちの1970年代にはレジェンドと呼ばれるスケーター、トニー・アルバ氏などがカスタマイズした「オーセンティック」をベースに製品化された「エラ」が登場。そして1977年には、補強パーツで耐久性を高めた「オールドスクール」が誕生しました。本モデルは当時のスケーターに愛されたのはもちろん、40年以上経った今でも、老若男女を問わず世界中で履き続けられています。

元祖を知る。ヴァンズのオーセンティック、魅力とコーデ

スニーカー・シューズ

元祖を知る。ヴァンズのオーセンティック、魅力とコーデ

『ヴァンズ』が創業して最初に作られた、スタイル#44のデッキシューズ「オーセンティック」。半世紀以上たった今でも支持される魅力、合わせ方や注目作まで紹介します。

桐田 政隆

2017.06.26

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカー・シューズ

ヴァンズの看板。エラの魅力とオーセンティックとの違い

スニーカーの定番ブランドといえば、『ヴァンズ』ですよね。なかでも本ブランドを代表するモデルがエラ。誕生から40年が経つ今でも色あせない、その魅力に迫っていきます。

山崎 サトシ

2018.07.13

『ヴァンズ』の「オールドスクール」といえばコレ。 3つの特徴を押さえておく

サイドのラインや、スケシューならではのソール構造など、「オールドスクール」ならではの3つの特徴を掘り下げます。

特徴1

美しい波を連想させる「ジャズストライプ」

美しい波を連想させる「ジャズストライプ」

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

「オールドスクール」を特徴付けるディテールとして欠かせないのが、アッパーサイドに配された「ジャズストライプ」。1977年にポール・ヴァン・ドーレン氏が他ブランドと差別化をするために考案したもので、波からインスパイアされた美しい曲線が描かれています。このデザインはのちに「スケートハイ」などでも採用され、まさに『ヴァンズ』を象徴するデザインとなっています。

特徴2

タフさと美しさを兼ね備える「バルカナイズドソール」

タフさと美しさを兼ね備える「バルカナイズドソール」

ギアレインボー

ギアレインボー

お気に入り追加

「オールドスクール」のソールで使われているバルカナイズド製法。これは、アッパーとソールの間に生ゴムを流し込み、圧着させる製法のことです。セメントで接着させるセメント製法と比較すると圧倒的に接着力が強く、剥がれることはまずありません。さらにアッパーとソールがまるで一体になったような状態となっているので、なめらかな履き心地も得られています。

特徴3

トリックに最適化された「トレッドパターン」

トリックに最適化された「トレッドパターン」

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

注目すべきなのが、ラバーアウトソールのトレッドパターン。つま先付近と中間部分、そしてかかと付近と3つの部位に分けられ、部位ごとに異なるトレッドパターンを採用。つま先付近とかかと付近は柄の目を大きくすることで摩擦力を調節し、トリック時のボードと足の摩擦具合を最適化しています。

「オールドスクール」の日本企画とUSA企画、その違いとは?

「オールドスクール」には、アメリカ本国の『ヴァンズ USA』が展開している「USA企画」と、『ヴァンズ』の日本総代理店である『ABCマート』が企画・生産を行っている「日本企画」という2つの企画が存在します。ここではそれぞれの違いがわかるディテールを解説していきます。

違い1

ジャズストライプの太さが違う!

ジャズストライプの太さが違う!

Voks

Voks

USA企画

お気に入り追加

ジャズストライプの太さが違う! 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

日本企画

お気に入り追加

「オールドスクール」のアイデンティティともいえる、アッパーのサイドに配されたジャズストライプに要注目。USA企画のジャズストライプは若干細めで、シャープな印象です、それに対して日本企画は、若干太めのデザインとなっていて、より武骨で強い存在感を放っています。

違い2

トゥの反り具合が違う!

トゥの反り具合が違う!

アポロプラス

アポロプラス

USA企画

お気に入り追加

トゥの反り具合が違う! 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

日本企画

お気に入り追加

ミッドソールのトウの反り具合も注目すべきポイント。日本企画のソールは、USA企画のソールと比べて、トウが若干反った形状になっています。その理由には諸説ありますが、日本企画とUSA企画では、シューズを製作する際に使っている木型に違いがあることで、シルエットにも違いが出ているといわれています。

違い3

ウィズが違う!

ウィズが違う!

デリシャス アメリカ輸入 セレクト

デリシャス アメリカ輸入 セレクト

UAS企画

お気に入り追加

ウィズが違う! 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

日本企画

お気に入り追加

3つ目の大きな違いといえるのが、シューズの足囲であるウィズです。こちらは欧米人と日本人それぞれの、平均的なウィズに最適化された大きさでデザインされたもの。USA企画のウィズは広めで、日本企画は細身の設定なので、高いフィット感を求めるのなら、日本企画を選ぶのがベターといえます。

どこがどう異なる? 4種類ある「オールドスクール」をチェック

「オールドスクール」には、普段使いにふさわしいタイプや本格スケートボード用、そして軽量モデルなど複数のタイプが存在。ここでは代表的な4タイプをご紹介します。

種類1

初代モデルを再現した「オールドスクール オリジナル」

初代モデルを再現した「オールドスクール オリジナル」

Trick or Treat

Trick or Treat

お気に入り追加

1977年に当初「スタイル36」という名でデビューした「オールドスクール オリジナル」の旧ラストを採用。そしてサイドのジャズストライプは昔さながらのPU素材を使用し、当時のフォルム&ディテールを再現しています。インソールはキャンバスの上にPUを貼り付けた仕様でヒールパッチも白地に赤でプリント。さらに”50th ANNIVERSARY"のプリント入り。

種類2

本格スケートボーディングのために開発された「オールドスクール プロ」

本格スケートボーディングのために開発された「オールドスクール プロ」

RidersJapan

RidersJapan

お気に入り追加

本格的なスケートボードラインとしてUSA企画から登場した「オールドスクール プロ」。軽量でクッション性に優れた「ウルトラクッシュ」をインソールに採用しています。そしてトゥには「デュラキャップ」を採用し、耐衝撃性と耐久性も向上。シューホールのトップのみ金属製のアイレット、そしてサイドには『ヴァンズ』のピスネームが配されるなど、デザイン要素も加えられています。

種類3

軽快な履き心地を追求した「オールドスクール ライト」

軽快な履き心地を追求した「オールドスクール ライト」

スニケス

スニケス

お気に入り追加

「オールドスクール」のデザインやフォルムはそのままに、大幅に軽量化させた「オールドスクール ライト」。軽量でしなやかなソールにアレンジして、約44%もの軽量化を実現しています。カラーリングは定番カラーが揃い、『ヴァンズ』初心者も手軽に取り入れられます。

種類4

アナハイムファクトリーで生産されていた当時の質感を再現した「オールドスクール 36 DX」

アナハイムファクトリーで生産されていた当時の質感を再現した「オールドスクール 36 DX」

denpcy

denpcy

お気に入り追加

カリフォルニア州アナハイムにあるファクトリーで製造されていた当時のモデルにフォーカスした「アナハイム・ファクトリー・コレクション」からの1足。10オンスのキャンバスや肉厚なスエードを取り入れるなど、重厚感溢れるテイストで、当時ショップに並んでいた「オールドスクール」を忠実に再現しています。

人気カラーや別注も。今買える『ヴァンズ』「オールドスクール」のラインアップ

「オールドスクール」の基礎知識をおさらいしたら、続いてラインアップをチェック! 定番の人気カラーはもちろん、注目の限定コラボモデルもピックアップしたので、お気に入りを見つけてください!

▼まずは人気カラーをチェック!

アイテム1

オールドスクール ブラック

オールドスクール ブラック

ギアレインボー

ギアレインボー

お気に入り追加

「オールドスクール」といえばの王道カラー、ブラック×ホワイト。ブラックをメインにサイドに流れるジャズラインと、各パーツ同士をつなぐホワイトステッチとの絶妙なバランスで、発売当時から現在に至るまで圧倒的な人気を誇る配色です。

アイテム2

オールドスクール DX ネイビー

オールドスクール DX ネイビー

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

ブラック×ホワイトと並んで定番のカラーといえるのがネイビー。本作は「オールドスクール」のフォルムやディテールはそのままに、従来よりも軽量化を実現するなど、各所のスペックをアップデートしたニュースタンダードモデル。インソールには吸湿速乾性に優れた低反発素材の「ウルトラクッシュ」を搭載し、履き心地もアップデートしています。

アイテム3

オールドスクール グリーン

オールドスクール グリーン

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

『ヴァンズ』が展開している、色にこだわった「カラーセオリーコレクション」からの1足。クールかつナチュラルなグリーンカラーが特徴的で、さまざまなスタイルにマッチしてくれます。配色や質感が重めになりがちな秋冬コーデの絶好なアクセントとしても機能してくれるはず!

アイテム4

オールドスクール べージュ

オールドスクール べージュ

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

「オールドスクール」に季節感溢れるカラーリングを纏ったシーズンアイテムが登場。ベージュをメインにしたトーナルカラーで、柔らかな色合いのコーディネートにフィット。スケート&ストリートテイストのイメージが強い「オールドスクール」の新たな魅力を引き出した1足といえますね。

▼注目の別注作はこちら!

アイテム5

『コム デ ギャルソン』別注 OG オールドスクール LX サイドウォール

『コム デ ギャルソン』別注 OG オールドスクール LX サイドウォール

Tens clothing

Tens clothing

お気に入り追加

『ヴァンズ』の創業時であるUSメイド初期時代のアッパーパターンとラストを採用し、ソールのラバーテープの形状や光沢感、ヒールタブのデザインなど、オリジナルのディテールを復刻させた「オールドスクール LX」。さらに今作では日本を代表するファッションブランド『コム デ ギャルソン』とのコラボレーションで、ミッドソールのサイドに「CDG」のロゴが配されています。

アイテム6

『ロキット』別注 オールドスクール 36 DX WS

『ロキット』別注 オールドスクール 36  DX WS

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

アメリカはロサンゼルスを拠点とするストリートウェアブランド『ロキット』。スケートボードやバスケットボールといったストリートカルチャーをバックボーンにデザインを展開しています。そんな『ロキット』とのコラボレーションによる本作は、世界中の国旗のようなシンボルとファブリックから得たインスピレーションをジャズラインで表現し、オリジナリティ溢れる1足へと仕上げられています。

アイテム7

カレッジ・アダムス別注 BMX オールドスクール

カレッジ・アダムス別注 BMX オールドスクール

ABC-MART楽天市場店

ABC-MART楽天市場店

お気に入り追加

世界各地で開催されるBMXコンテスト常連のライダー、カレッジ・アダムス氏とのコラボレーションモデル。「オールドスクール」をベースに、ペダルを踏む感触や感覚を損なうことなく、最高のサポートと耐久性を追求してチューニング。さらにアウトソールには優れた堅牢性を誇る「デュラキャップ」を搭載し、耐久性も強化。まさに革新的なBMXシューズといえます。

2021年も引く手数多。ヴァンズのコラボスニーカー、厳選10足

スニーカー・シューズ

2021年も引く手数多。ヴァンズのコラボスニーカー、厳選10足

相手は有名ブランドからアーティスト、アニメキャラまで。バリエーション豊かな『ヴァンズ』のコラボスニーカーから、おすすめをピックアップ! その魅力を読み解きます。

本間 新

2021.09.02

おしゃれな大人はどう取り入れる? 「オールドスクール」のコーデ例

最後に『ヴァンズ』の「オールドスクール」をおしゃれに履きこなすスタイルサンプルを披露。ストリートライクな1足を、おしゃれな大人はどのように取り入れているのか? ぜひとも参考にしてください!

コーデ1

きれいめストリートスタイルの締め役として

きれいめストリートスタイルの締め役として

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ステンカラーコートをメインにオーバーサイズのウェアで構成したきれいめストリートスタイル。大胆なワイドシルエットのパンツに対して、ナローな「オールドスクール」を合わせたバランスがポイントで、足元をすっきり見せています。シャツ、パンツ、シューズをネイビーで揃えているのも洒落感アップに貢献。

コーデ2

こなれ感溢れるベージュのワントーン

こなれ感溢れるベージュのワントーン

WEAR

WEAR

お気に入り追加

汎用性の高いブラックやネイビーが定番ですが、着こなしの鮮度を上げるならベージュという選択肢もおすすめ。ベージュやブラウンといった温もりのあるワントーンカラーでスタイリングすれば、季節感とこなれ感が同時に手に入ります。

コーデ3

クラシックなスタイリングのハズしにも有効

クラシックなスタイリングのハズしにも有効

WEAR

WEAR

お気に入り追加

チェックのセットアップ×ステンカラーコートのクラシックなスタイリングを「オールドスクール」でハズした好例。コート系のレザースニーカーではきれいにまとまりすぎてしまいますが、ストリートテイストを注入することで遊びの効いた着こなしに。

何が人気? 新作は?? 定番スニーカーブランドからおすすめ30モデルを厳選

スニーカー・シューズ

何が人気? 新作は?? 定番スニーカーブランドからおすすめ30モデルを厳選

スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作や注目作も合わせてご紹介します。10ブランド、全30モデルは必見!

TASCLAP編集部

2022.09.08

ヴァンズの名作、スリッポン。多彩な色柄・素材からおすすめ16足を選りすぐり

スニーカー・シューズ

ヴァンズの名作、スリッポン。多彩な色柄・素材からおすすめ16足を選りすぐり

幅広い層から支持を集め、根強い人気を誇っている『ヴァンズ』の「スリッポン」。その魅力を掘り下げつつ、多彩な商品ラインアップや合わせるべきボトムスを紹介します!

平 格彦

2021.04.12

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

スニーカー・シューズ

ヴァンズのスニーカーはどれを選ぶ?どう履く?人気&定番モデルを徹底攻略

熱狂的なファンが多い『ヴァンズ』のスニーカー。そのなかから、クラシック感が魅力の定番モデルをピックアップして詳しく解説します。着こなし術も合わせて一挙に紹介!

平 格彦

2022.04.19

定番&隠れた名品がズラリ。ヴァンズのハイカットこそ大人ストリートに最適だ

スニーカー・シューズ

定番&隠れた名品がズラリ。ヴァンズのハイカットこそ大人ストリートに最適だ

スニーカーの定番ブランドとして、老若男女から愛される『ヴァンズ』。なかでも大人ストリートの足元にハマるのが、「スケート ハイ」を筆頭としたハイカットモデルたち。

TOMMY

2021.05.23

この記事の掲載アイテム一覧(全7商品)

画像をタップクリックするとアイテム詳細が表示されます

  • 『ヴァンズ』オールドスクール ブラック
    『ヴァンズ』 オールドスクール ブラック
  • 『ヴァンズ』オールドスクール DX ネイビー
    『ヴァンズ』 オールドスクール DX ネイビー
  • 『ヴァンズ』オールドスクール グリーン
    『ヴァンズ』 オールドスクール グリーン
  • 『ヴァンズ』オールドスクール べージュ
    『ヴァンズ』 オールドスクール べージュ
  • 『ヴァンズ』×『コム デ ギャルソン』別注 OG オールドスクール LX サイドウォール
    『ヴァンズ』×『コム デ ギャルソン』 別注 OG オールドスクール LX サイドウォール
  • 『ヴァンズ』×『ロキット』別注オールドスクール 36 DX WS
    『ヴァンズ』×『ロキット』 別注オールドスクール 36 DX WS
  • 『ヴァンズ』×カレッジ・アダムス別注BMX オールドスクール
    『ヴァンズ』×カレッジ・アダムス 別注BMX オールドスクール

掲載アイテムをもっと見る(-5商品)

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP