定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2019.01.21

万能な無地スウェットは、選び方で格上げを狙いましょう

万能な無地スウェットは、選び方で格上げを狙いましょう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルな無地スウェットはどんなコーデにも馴染む万能アイテム。大人カジュアルの幅を広げてくれる定番のひとつですが、一方でベーシックがゆえにコーディネートが無味に仕上がってしまうことも。そうならないためにも、まずは選び方のポイントから確認していきましょう!

ポイント1

ディテールで、表情に差をつけよう

ディテールで、表情に差をつけよう

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

無地とはいえ、ディテールで差をつけることは簡単。たとえば、胸ポケットが付いたモデルであったり、あるいは写真のようにヴィンテージっぽいV字ガゼットが仕様されたモデルであったり。ちょっとした変化を持たせるだけで、無地スウェットの表情がグッとこなれ顔に変化するんです。

ポイント2

打ち出すテイストは、サイズ感でコントロール

打ち出すテイストは、サイズ感でコントロール

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

大人っぽい着こなしに仕上げるとなると、シャープなシルエットのモデルに軍配が上がります。また、細身のスウェットはスポーティな着こなしに加えて、きれいめの装いにもマッチするので使い勝手が抜群。トレンド感や90年代ファッションを楽しむのであれば、写真のようなゆったりとしたサイジングが正解。打ち出したいテイストに合わせて適切なサイズを選ぶようにしましょう。

ポイント3

カラーで遊ぶなら、トーンに注意

カラーで遊ぶなら、トーンに注意

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

グレーやホワイト、ブラックといった定番カラーは頼もしいかぎり。ですが、あえて定番からは外れたカラーのスウェットで差別化を図るのもアリでしょう。ただし派手すぎる色は大人にマッチしないので、落ち着いたトーンのカラーを選びましょう。

おしゃれな大人をサンプリング。無地スウェットを着こなす3つのテクニック

シンプルなアイテムだけに、センス良く着こなせるかはコーデ術にかかっています。おしゃれな大人たちのテクニックを参考にしてみましょう!

テクニック1

品良いアイテムとのMIXで都会的に装う

カジュアルアイテムの代表格たるスウェットは、考えなしに着ると子供っぽく見えがち。大人らしく装いたいのであれば、コートやニットといった上品なアイテムとのコンビネーションがおすすめです。

品良いアイテムとのMIXで都会的に装う

WEAR

WEAR

お気に入り追加

無地スウェットに合わせたのは、端正なフーデッドコート。ラフになりがちなスウェットコーデがスマートな印象に帰結しました。さらに、アイボリーカラーのチノパンをもってくることで、装いの品良さをさらに格上げしています。

品良いアイテムとのMIXで都会的に装う 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

白シャツやウールベスト、ウインドウペンパンツなど、トラッドテイストをまとったアイテムでコーデメイク。そこにインディゴカラーのスウェットを投入し、スタイリングにひとさじのリラックス感をまとわせました。

品良いアイテムとのMIXで都会的に装う 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ショールカラーのケーブルカーディガンをサラッと羽織って、着こなしをソフトな印象にまとめています。しかも、アースカラー同士の重ね着だからこなれた雰囲気も十分! 仕上げに、ブラックのパンツ&シューズで引き締めました。

テクニック2

旬度満点なスポーツテイストで攻める

やはり、トレンドのスポーツテイストにアプローチしない手はないでしょう。無地スウェットを投入すれば、スポーティな着こなしが簡単に完成します。ただし、やんちゃな感じに見えすぎないよう、色使いやサイズバランスには気を配ってください。

旬度満点なスポーツテイストで攻める

WEAR

WEAR

お気に入り追加

リブパンツ×スウェットの動きやすさ重視なコーデなのですが、全体的に落ち着いた色合い&スリムなサイジングのおかげで、印象はいたってスマート。大人が実践すべきは、こんなシックなスポーツMIXスタイルです。

旬度満点なスポーツテイストで攻める 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダウンベスト×スウェットの王道的なレイヤリング。しかし、ワッフル仕様となったユニークな白スウェットのおかげでシンプルながら洒脱な雰囲気です。スキニーパンツで美シルエットなコーデに仕上げているところも好印象ですね。

旬度満点なスポーツテイストで攻める 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ネイビースウェットと、足元にもってきた『ナイキ』のスニーカーで軽快さを演出したスタイル。くわえて、MA-1やワークパンツといった武骨なアイテムでミリタリー感も巧妙にブレンドしています。

テクニック3

柄モノとのコンビでメリハリをつける

主張度控えめな無地スウェットは、チェックやストライプといった柄モノをグッと引き立てられるアイテムでもあります。リズミカルな装いを狙う場合は、柄&無地のコンビネーションに挑戦してみるのも良いでしょう。

柄モノとのコンビでメリハリをつける

WEAR

WEAR

お気に入り追加

無地のグレースウェットを主役としたモノトーンコーデは、本来あっさりと仕上がってしまいがち。しかし彼の場合はボトムスに表情豊かなチェック柄のパンツを合わせることで、うまくメリハリ感をつけています。

柄モノとのコンビでメリハリをつける 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

無地スウェット&リメイクジーンズの王道的アメカジスタイルが基盤。そこに投入したのは大ぶりなチェック柄で彩られたガウンコート。アメカジテイストを一層加速すると同時に、グッドアクセントとしても作用しています。

柄モノとのコンビでメリハリをつける 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

マウンテンパーカー、スウェット、ウールパンツのいずれも無地アイテム。だからこそ、中に挿してチラ見せしたチェック柄がコーデのスパイスとして抜群の効果を発揮します。嫌味なく柄モノを取り入れた模範解答ですね。

秋冬の主力選手。大人のための無地スウェット10選

選び方のポイントや着こなしを押さえたら、秋冬の主力となる無地スウェットをチェック。定番のブランドを中心に厳選したラインアップは、いずれも活躍が見込める逸品ばかりです。

アイテム1

『チャンピオン』

『チャンピオン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

誰もがご存じの『チャンピオン』は、スウェットを購入するに当たって選択肢に入れるべき筆頭ブランド。中でも同ブランドを代表するリバースウィーブは、数々のスウェットに袖を通してきた大人納得の代物です。

合わせて読みたい:
キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

アイテム2

『ループウィラー』×『ビームス プラス』

『ループウィラー』×『ビームス  プラス』

Amazon.co.jp

Amazon.co.jp

お気に入り追加

昔ながらの吊り編み機を使用し、上質なスウェットシャツを生産する日本ブランド『ループウィラー』。『ビームス プラス』による別注アイテムは、ヴィンテージ特有の脇下ガゼットや霜降りなど細部にまでこだわっているため1枚で着ても様になります。

合わせて読みたい:
日本発。ループウィラーのスウェットならではの魅力とおすすめ

アイテム3

『フルーツオブザルーム』

『フルーツオブザルーム』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パックTシャツでおなじみの『フルーツオブザルーム』。そのコストパフォーマンスの高さは、もちろんスウェットでも堪能できます。秋や冬から春にかけての肌寒い季節に重宝するほどほどの厚みのアイテム。真冬はシャツをインナーに着たり、インナーダウンを重ねましょう。豊富なカラバリもチェック必須!

アイテム4

『レミ レリーフ』×『ビームスプラス』

『レミ レリーフ』×『ビームスプラス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

古き良きアメリカ衣料をベースとした『レミ レリーフ』のアイテムは、素材や加工など細かなところまでこだわりぬき、手作業によって生産されています。じっくりと時間をかける染め加工と経年変化により、手放せなくなる特別な1枚となるでしょう。

■合わせて読みたい:
加工技術の匠。レミ レリーフの職人技に触れる

アイテム5

『ナイキ』

『ナイキ』

FIVE STAR DS

FIVE STAR DS

お気に入り追加

毎年人気の『ナイキ』のテックフリースは、軽量でいて優れた保温性を発揮するスポーツブランドならではの優秀アイテム。重ね着が多くなる肌寒い季節、厚着をしなくてもこれ1枚で難なく過ごすことが可能です。

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

ウェア・コーデ

街コーデから家着まで。ナイキのパーカー&トレーナーがスポーツMIXに効く

旬なスポーツMIXコーデに使えて、リラックスした着心地も堪能できる『ナイキ』のパーカー&トレーナーが人気です。最新ラインアップからおすすめ品を一気にご紹介!

平 格彦

2021.03.01

ナイキのテックフリース最新事情。おすすめアイテムからコーデまで

ウェア・コーデ

ナイキのテックフリース最新事情。おすすめアイテムからコーデまで

スニーカーで名を馳せる『ナイキ』だが、アパレルラインからも目が離せない。着心地抜群でスポーティなうえにスタイリッシュな機能素材、テックフリースの魅力に迫る。

TOMMY

2021.10.13

アイテム6

『エヌハリウッド』

『エヌハリウッド』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランド定番のスウェットは、オリジナルの素材から制作されています。程良くゆるさのあるシルエットと柔らかな素材感により、レイヤードスタイルにも相性抜群。シンプルながらもざっくりとした霜降りが魅力です。

アイテム7

『フォークアンドスプーン』

『フォークアンドスプーン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

カラースウェットを探している方には、『フォークアンドスプーン』のそれがおすすめです。落ち着いたトーンのニュアンスカラーは定番色とは異なる表情をスタイリングに与えてくれるでしょう。春先にも映えるカラーリングのため、長く愛用できること間違いなし。

アイテム8

『ビーバー』×『グラミチ』

『ビーバー』×『グラミチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

パンツでお持ちの方も多いであろう『グラミチ』ですが、スウェットにも目が離せません。『ビーバー』とのコラボアイテムは、90年代のモデルを現代的にアップデート。色の加工感や前後の長さが異なるテールカットなど、ひねりのきいた1枚となっています。

アイテム9

『マーカウェア』

『マーカウェア』

TAMAYA-GROUP楽天市場店

TAMAYA-GROUP楽天市場店

お気に入り追加

シンプルなスウェットだからこそ信頼の置ける作りの1枚を持っておきたい。そんな方におすすめしたいのがブランド『マーカウェア』。メイド・イン・ジャパンのなめらかな素材は1度着たらやみつきになるでしょう。

アイテム10

『ジャックマン』

『ジャックマン』

OntheEarth Store

OntheEarth Store

お気に入り追加

厚手ながらふんわりとした柔らかな生地により、着心地の良さを味わえる『ジャックマン』のスウェット。カラーリングによっては、ネック・Vガゼット・袖・裾とボディーの色が異なった遊び心ある1枚です。

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

ウェア・コーデ

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

2021.09.22

脱・部屋着感。スウェットを上下セットアップで着こなすテクと厳選12ブランド

ウェア・コーデ

脱・部屋着感。スウェットを上下セットアップで着こなすテクと厳選12ブランド

部屋着の印象が強いスウェットの上下セットアップですが、旬のリラックス感を打ち出せるおしゃれアイテムとして人気急上昇! 正解コーデ術&注目ブランドを押さえましょう。

山崎 サトシ

2021.11.06

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP