5分でわかる! Apple Watchの基本情報まとめ

4/24に発売になったApple Watch。スゴいスゴいと騒がれていますが、何がスゴいのかがイマイチ分からない方も多いのでは? 今回は主な機能を分かりやすく解説します。

編集イトウ

編集イトウ

SHARE
記事をお気に入り
2015.04.24

そもそもAppleウォッチとは?

『Apple』初となるウェアラブル端末、Apple Watch。名前通りのアイテムですが、iPhoneと連携することで、一気に時計の領域を越えてきます。そして、iPhoneがただ小さくなっただけじゃない…そうCEOのティム・クック氏が話すほど『Apple』における自信作でもあるんです。

気になる機能は?

主な機能1

正確な時間を伝える

正確な時間を伝える

正確な時を刻み、それを伝える。時計として上質である条件の1つですが、Apple Watchも例外ではなく、iPhoneと連携して世界標準時との誤差を0.05秒以内にとどめます。さらに旅先では自動的に現地時間に合わせてくれるので、グローバルに駆け回る人や旅行好きの人にもオススメです。

主な機能2

コミュニケーションがとれる

コミュニケーションがとれる

メッセージやメールの送受信、電話の通話が可能。受信すると振動して知らせてくれます。またApple Watch同士であれば絵を描く過程を送れる「スケッチ」、タップしたリズムや回数を伝える「タップ」、2本指を画面に押し当てて心拍のリズムや強さを送信できる「ハートビート」といったユニークなツールも備えています。

主な機能3

健康面のチェックもしてくれる

健康面のチェックもしてくれる

内蔵するセンサーとiPhoneのWi-Fi、GPSを組み合わせて、消費カロリーや移動距離などの情報を取得。内蔵される「アクティビティ」アプリでは、消費したアクティブカロリー、早歩き以上の運動を行った時間、席を立つ頻度の情報をチェックします。長時間座っているようなら立ちあがるよう促すなど、健康増進に役立ちます。

スゴいのは分かったけど、使い勝手はどうなの?

疑問1

けど、ディスプレイ画面が小さいから操作しにくいのでは?

従来の腕時計の龍頭にあたるデジタルクラウンで拡大縮小、上下の操作が行えるので、細かい作業がノンストレス。また、スクリーンに触れる指の面積でタッチを判断する「フォースタッチ」、持ち主が頻繁に必要とする情報を素早く確認して伝える「グランス」など、使い勝手に優れた機能が満載です。

疑問2

バッテリーはどれくらい持つ?

バッテリーの駆動時間は最大で18時間。他社の腕時計型ウェアラブル端末に比べ、やや短めですが、1日の終わりに充電すれば問題ないレベルです。充電方法はコネクタをApple Watchの裏蓋の近くに持っていくだけで、あとはマグネットが自動的に充電部に吸い寄せて、ピッタリと接続されます。

ラインアップはどれくらいあるの?

3モデル×2つの画面サイズ×ケース・ディスプレイ・バンドの素材

Apple Watchは、標準モデルのApple Watch、スポーツモデルのApple Watchスポーツ、上位モデルのApple Watchエディションの3種類ラインアップ。また、サイズは38mmと42mmの2サイズが用意。3モデルの違いはケース、ディスプレイ、バンドの素材やカラーです。

標準のApple Watchの特長

標準のApple Watchの特長

ステンレススチール、もしくはスペースブラックのステンレススチールの外装。ディスプレイは一般的な腕時計に用いられる、サファイアクリスタル。バンドはレザーバンド、リンクブレスレット、ミラネーゼループ、フルオロエラストマー製の4種。20モデルあり、価格は66,800円~132,800円(税抜)。

アクティブな人に最適なApple Watchスポーツ

アクティブな人に最適なApple Watchスポーツ

シルバーまたは、スペースグレイの酸化皮膜処理された軽量アルミニウムの外装。ディスプレイは、強化されたIon-Xガラス。バンドはカラフルなホワイト、ブルー、グリーン、ピンク、ブラックの5色。10モデルあり、価格は42,800円~48,800円(税抜)。

ラグジュアリーかつハイエンドな雰囲気漂うApple Watchエディション

ラグジュアリーかつハイエンドな雰囲気漂うApple Watchエディション

イエローまたは、ローズの18Kゴールドの外装。ディスプレイは、サファイアクリスタル。バンドは洗練された仕上がりを持つデザイン。8モデルを展開し、価格は128万円~218万円(税抜)。

どこで買えるの?

オンラインではAppleオンラインストア、店頭なら感度の高いブランドが並ぶ伊勢丹新宿店やドーバーストリートマーケット、ソフトバンクショップ銀座店、表参道店、家電量販店などで購入可能。Apple Watchエディションは取り扱いのない店もあったり、Apple Storeでは試着のみで購入は出来ないので注意して。

編集イトウ
編集イトウ
男性ヘア&ファッション誌でエディターとしてのキャリアをスタート。ジーンズと白の無地T、スニーカーがお決まりです。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

マスクの下、老け顔になってない? “保湿力”が男のスキンケアには必要だ

男の第一印象を上げるには肌が重要。そして、清潔感のある健康な肌には保湿が何より大切だ。マスクによる肌荒れを恐れない男でいるためのスキンケアの秘訣をご紹介しよう。

SPONSORED by アラミス

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事