鮮度が上がる!セレクトショップ別注の注目スウェット

鮮度が上がる!セレクトショップ別注の注目スウェット

抜け感のあるスタイルに欠かせないスウェット。大人の着こなしに取り入れるなら、ベーシックなデザインが基本だが、おしゃれなセレクトショップ別注モデルも見逃せない。

大中 志摩

2016.12.31

トップス
スウェット・トレーナー
セレクトショップ

定番のスウェットが、セレクトショップとのコラボで新鮮に!

定番のベーシックなデザインのスウェットはどんなアイテムにも合わせやすく、着こなしを選ばないので大人の着こなしにも大活躍してくれる。しかし、ベーシックなだけに着こなしがかぶりやすいのも事実。そこで周りとの差別化を図るなら、セレクトショップ別注などのコラボアイテムをチョイスして鮮度の高い着こなしを目指してみるのもおすすめだ。

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

チャンピオンのパーカーを主役に。トライしたい大人のアメカジコーデ

我々にとって馴染み深いチャンピオンのパーカーですが、学生の頃と同じ雰囲気で着こなすのは禁物。大人ならではのアメカジコーデを覚えておきましょう!

山崎 サトシ

キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

スポーツMIXとして取り入れやすいアイテムが揃い、かつオンシーズンということもあって注目の『チャンピオン』。同ブランドの強みや魅力を明らかにしていこう。

菊地 亮

違い1トレンド感のあるディテールワーク

セレクトショップ別注のスウェットの最大の魅力ともいえるポイントは、トレンド感のあるディテールにある。丈感やショルダーライン、ネックラインなどブランドオリジナルのモデルにはないディテールが楽しめるので、定番アイテムだがトレンド感のある着こなしができるのだ。

違い2カラーリングなどオリジナルラインにはないデザイン性

ディテールワークもだが、オリジナルラインにないカラーリングやあしらいなども別注モデルならでは。デザイン性はもちろんだが素材使いにこだわっていたりもするので簡単に周りとの差別化を図りやすい。そのため、着こなしの雰囲気を多少変えたいときなど、ワードローブに加えておくと活躍してくれる。

人気セレクトショップ発! 今気になる別注スウェット

それでは、TASCLAP世代にお馴染みの人気セレクトショップが別注をかけたコラボアイテムを紹介。定番のスウェットにひとさじスパイスを投入したアイテム揃い!

セレクトショップ1『ビームス』

ファッションだけでなく雑貨やインテリアなど、レーベルごとに異なる幅広いラインアップを揃えている日本三大セレクトショップの1つ。アメカジからスーツスタイルまで充実なラインアップで多くの人たちから支持を集めている。別注アイテムなども数多く展開。

『リーボック』別注

80年代の『リーボック』を象徴するフィットネス/ワークアウトに、ミリタリーのエッセンスを加え、『ビームス』らしいユニークなアプローチで表現したコレクション。胸部のリフレクタープリントが特徴で左肩にはポケットを付けることができるベルクロパッチをあしらっている。

『サンカ』別注

2007年に誕生したジャパンブランド『サンカ』とのコラボレーションモデル。耐久性の観点から加工が難しいとされるスウェット素材に、大胆にもブリーチやダメージ加工を施したこだわりのつまった一着に仕上がった。ベーシックなデザインなので大人の着こなしにもぴったり。

『ジャクソンマティス』別注

『ジャクソンマティス』とのコラボモデルは表側にはシンプルなARMYの文字をプリント、裏側には大きくWacky Races 軍曹の姿をデザインして遊び心を表現。しっかりと色付けされた心地よい古着感が漂うグレーと、モノトーンで仕上げられたネイビーの2色を展開している。

『アロイ』別注

デュポン社が開発した高密度ポリエチレン不織布タイベックを使用した一着。軽量で引き裂き強度が高く、耐候性、耐水性、気温変化への耐性に優れている。ノームコアな印象を与えるシンプルなデザインで、合わせるパンツを選ばないベーシックできれいなシルエットが魅力的。

『ピーナッツ』別注

宇宙服を着たスヌーピーが風合い良くプリントされたキュートなスウェット。洗いこむことでさらに良い雰囲気に。落ち着いた色みにすることで子供っぽさを緩和しつつ、屋根を赤でプリントして『ビームスT』らしいアートワークな仕上げを採用した。裏起毛なので保温性にも優れている。

セレクトショップ2『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

“精神的な美しさ”“若さの永続”をコンセプトに、カジュアルウェアを軸に展開する『ユナイテッドアローズ』の数あるレーベルの1つ。メンズ、ウィメンズともに国内外のカジュアルからフォーマルまでの幅広いアイテムを取り扱っている。セレクト、オリジナルブランドどちらもさまざまな年代で支持を獲得。人気ブランドとの別注にも定評あり!

『チャンピオン』別注

『チャンピオン』の大定番アイテムであるリバースウィーブの中でも、レアなクルーネックにカンガルーポケットが装備されたモデルをベースに別注を作成。左胸には同色の『チャンピオン』ロゴをあしらってアクセントに。ベーシックなカラー展開で使いやすい仕上がり。

『サンカ』別注

保温性と着心地に優れたダブルフェイス素材を使用したパーカー。フード裏からさりげなくのぞくカラーリングがアクセントになっている。ネックのV字ガゼットがスポーティな雰囲気を加速。絶妙な丈感ですっきりと着こなせる一着だ。

『ヴォート メイク ニュー クローズ』別注

裾と袖口をカットオフ仕様にしてラフさを強調したスウェット生地のTシャツ。全体的にゆとりのあるシルエットで旬な雰囲気を演出してくれる。やや短めの着丈がスタイルにメリハリをプラス。ベーシックな色みで取り入れやすく、デイリーに活躍してくれる。

セレクトショップ3『ジャーナルスタンダード』

ブランド名はジャーナル=新聞、スタンダード=ベーシックという単語を組み合わせた造語。“流行に左右されず時代の新鮮さを取り入れたベーシックなブランドやアイテムを、新聞のように毎日多くの人に提供したい”をコンセプトにワーク系やミリタリー系のアイテムを展開する。

『ラッセル アスレチックス』別注

『ラッセル アスレチックス』に別注をかけたラグランスリーブのプルオーバーパーカー。左裾にはイーグルマークの刺繍が施され、90年代に見られた同ブランドのスウェットをオールシーズンで着回しできるようウェイトを改良した。ややゆとりをもたせたサイジングでインナー使いもしやすい。

『チャンピオン』別注

ドロップショルダーなどトレンド感あふれるルーズなシルエットが印象的な別注パーカー。ボディーには11.5オンスのしっかりとした風合い豊かな裏毛素材を使用している。左袖のロゴに加えて胸部にも同色でロゴを施したさりげないアクセントにも注目したい。

『リュウ・アンベ』別注

国内外で活動しているキャラクターデザイナーリュウ・アンベ氏とのコラボモデル。程良く緩やかなシルエットと裏起毛の素材使いで保温力にも優れている。ポップな色使いとコミカルなキャラクターを落とし込んだデザインが、個性あるスタイルへと導いてくれる一着。

『チャンピオン』別注

定番のリバースウィーブの裾リブを無くし、首回りはやや広めのバスクシャツタイプに別注をかけた。身幅はゆとりをもたせたサイジングでインナーとしても使える。『チャンピオン』の代名詞である脇下のリブは健在。独特のゆるさが漂う17SSの新作アイテムだ。

『チャンピオン』別注

リバースウィーブの裾リブを無くしてカットオフ仕様に。カラーを切り替えたリブがアクセント。インナーからアウターまで使えるように着丈、袖丈をやや長めのバランスに微修正している。首元のタグは80年代を中心に採用されていたブルー単色のタグを採用した。

セレクトショップ4『エディフィス』

高感度なメンズをターゲットにした、上品なデイリーカジュアルウェアからドレスウェアまでを提案する『エディフィス』。オリジナルブランドのアイテムもほかと比べるとやや高めの設定だが、オリジナリティーあふれるディテールや質がよいとして人気を集めている。

『ループウィラー』×『ローアーケース』別注

ウールをミックスさせた独自の素材を使用した一着。織ネームの『ループウィラー』の下の『ローアーケース』が洗濯を重ねるごとにほつれて消えていき、インラインのように自然に見えていくディテールもポイント。ベーシックな仕上がりでどんな着こなしにもマッチする。

『チャンピオン』別注

素材には薄手でストレッチ製の高い裏毛素材のフレンチテリーを使用。パターンからすべて別注をかけて、スピンドル部分やステッチカラー、ボディーとフード裏の配色をトレンド感のある淡いカラーバランスに仕上げた。カンガルーポケットを取り除き、見えないスラッシュポケットをサイドに付けてより上品な印象に。

『ループウィラー』別注

旧式の吊り編み機によって編み立てたプルオーバーパーカーに『エディフィス』らしいマリンボーダーを落とし込んだ。しっかりとした肉感がありながらも柔らかな着用感が得られる一着に仕上がっている。表情のある素材感が独特の抜け感を演出し、こなれたスタイルに。

『バーバリアン』別注

12オンスの厚手のコットン生地を使用したクルーネックのカットソー。3色のピッチカラーと細いリブを使用した特別感のある仕上がりが特徴的。ビビッドなイエローが着こなしのアクセントとしても重宝し、1枚でもインナー使いにも適した使い勝手の良い逸品。

合わせて読みたい:
荒ぶる男のユニフォーム。バーバリアンのラガーシャツが欲しい

セレクトショップ5『ナノ・ユニバース』

1999年に渋谷で設立した『ナノ・ユニバース』。ヨーロピアンなアイテムをメインに取り扱っており、ほかのセレクトショップにない都会的で洗練されたラインアップが特徴だ。カジュアルすぎない、きれいめファッションが比較的リーズナブルな価格で手に入るとして絶大な人気を博している。

『チャンピオン』別注

『ナノ・ユニーバス』が『チャンピオン』に別注をかけた春らしいシリーズ。この春注目のペールトーンで製品染めされたこちらのアイテムは、独特のムラ感ある風合いが魅力的。着込めば着込むほど味わいを増す一着。ミントのほか、ピンク、ベージュ、ブラウンの4色展開。

『チャンピオン』別注

素材にはゴアテックス社を代表するウィンドストッパーを使用。肉厚な仕上がりでアウターとしても使えるアイテムで、フードドローコードをよりスポーティなホワイトに仕様変更を加えている。フロントジッパー裏側の当て布も排除してよりすっきりとした印象に。

『ラッセル アスレチックス』別注

110年近い歴史を誇る老舗ブランド『ラッセル アスレチックス』とのコラボモデル。フェイクレイヤード仕様のパーカーで袖部分の素材感を変えることでリアルにインナーを着ているようなデザインに仕上げている。スニーカーやストリート系のスタイリングに相性抜群。

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェット迷子なら押さえたい、人気15ブランドと選び方のポイント

スウェットは定番中の定番アイテムですが、それだけに選択肢が多く、選ぶ際に頭を悩ませがち。そこで、真っ先に押さえておきたい15ブランドを厳選してご紹介します。

髙須賀 哲

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    ヘビーウェイトのTシャツを探すなら。おすすめブランド9選

    春夏はTシャツが主役となる時期。頻繁に袖を通し、何度も洗うことを思えばやはり屈強なヘビーウェイトの1枚が欲しいところ。となればまず押さえておきたいブランドがある。

    菊地 亮

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

    夏のワードローブに欠かせないショートパンツ。子供っぽくならず、おしゃれに着こなすための選び方や編集部おすすめの人気ブランドを厳選しました。

    TASCLAP編集部

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツを大人っぽく着こなす。おすすめ10ブランドと季節別コーデ

    白Tシャツはワードローブに欠かせない定番アイテム。通年使える白Tシャツの選び方からおすすめブランドの1枚、そして季節の着こなしまで余すことなくお届けします。

    TASCLAP編集部

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

    ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

    TASCLAP編集部

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    TASCLAP編集部

    BACK