原点回帰。アウトドアブランドの本気ダウンジャケット

過酷な環境にも対応できるようスペックにこだわったアウトドアブランドのダウンジャケット。シックなデザインも増えているので防寒だけでなくファッションとしても優秀だ。

大中 志摩

大中 志摩

SHARE
記事をお気に入り
2017.01.02

アウトドアブランドのダウンジャケットは、何が本気なのか?

アウトドアブランドのダウンジャケットは、何が本気なのか?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ユニクロ』などのファストファッションからセレクトショップなどさまざまなブランドからダウンジャケットが展開されている今シーズン。当然のように注目を集めているが、大人に選んでもらいたいのはやはりアウトドアブランド。

アウトドアブランドとそのほかのブランドで何が違うかといえば、やはり作り手の意気込みだろう。その“本気度”に賞賛の意味も込めて当記事で紹介するダウンジャケットは、“本気ダウン”として取り上げたい。では、どんな意気込みなのか。魅力ともイコールとなる意匠について紹介しよう。

意匠1

極寒の地でも耐え抜く、保温性にまつわる工夫

極寒の地でも耐え抜く、保温性にまつわる工夫

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

特筆すべきはすぐれた保温性。極寒の過酷な環境から体を守らないといけないため、すぐれた保温性や防寒性を備えている。街で着るにはオーバースペックに感じるかもしれないが寒さを気にせず、冬でも快適に過ごすことができるので選択肢の1つとしては検討してみるのもおすすめだ。また、撥水性にすぐれたモデルなどもあるのでぬれるのを気にせずに使えるのも注目すべきポイントの1つ。

意匠2

アウトドア視点の充実した実用性

アウトドア視点の充実した実用性

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

着心地のよさや耐水性など実用性の高さも見逃せない。すぐれた保温性を実現しながらも軽い仕上がりになっているものが多く展開されているので、モコモコで動きづらいからダウンジャケットが苦手という人にもおすすめしたい。また耐水性にすぐれたものなど機能素材を使用していることが多く、ダウンの弱点である水分を気にすることなく着用でき、お手入れも簡単に行えるのも魅力的だ。

意匠3

視認性も加味したカラーリングはアウトドアならでは

視認性も加味したカラーリングはアウトドアならでは

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトドアブランドのダウンジャケットは機能性の高さが魅力だが、アウトドアブランドならではの派手な色使いも特徴の1つ。ファッション性を重視してシックな色使いのアイテムが多数展開されているが、あえて派手な色で個性を出してみるのもアリ。合わせるアイテムや全体の色バランスが重要になってくるので、着こなしの難易度は高くなることを忘れずに。

作り手の本気度が伝わる“本気ダウン”。都会に馴染む一枚はどう選ぶ?

作り手の本気度が伝わる“本気ダウン”。都会に馴染む一枚はどう選ぶ?

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

主に街で着るという人であれば、シルエットにこだわって選ぶのがいいだろう。大きすぎたり、ボリューム感の強いダウンジャケットはどうしても野暮ったさが際立ってしまうので、なるべく細身でボリューム感の少ないものがおすすめ。とはいえ、機能性をおろそかにしてしまってはアウトドアブランドから選ぶ意味がなくなってしまうので、スペックの確認はしっかりと。

作り手の本気度が伝わる“本気ダウン”。都会に馴染む一枚はどう選ぶ? 2枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

本気のダウンジャケットを選ぶならまずは保温性の高さをチェックしておきたい。ダウンジャケットはダウンとフェザーの2素材が使用されており、この割合によって保温力が決まる。ダウンの割合が高ければ高いほど保温力がよいといわれており、一般的にダウン70~90%、フェザー10~30%の割合がベストとされているので選ぶ際はこの点に注意したい。

作り手の本気度が伝わる“本気ダウン”。都会に馴染む一枚はどう選ぶ? 3枚目の画像

割合と合わせて注目したいのがフィルパワーというダウンジャケットに使われている羽毛のかさ高を表す独自の単位。この数値が高いほど良質なダウンといわれているので選ぶ際は600フィルパワー以上のものを選ぶのがおすすめ。ただ、この数値が高いからといって保温力が高くなるというわけではなく、重量の違いを表しているので一概に高ければ高いほどいいというわけではないので注意して。

アウトドアブランドから厳選。通も好む本気ダウンジャケット10選

アウトドアブランドから通も納得できるダウンジャケット厳選してみた。今冬のダウンジャケット選びで悩んでいる人は以下を参考にしてみてはいかがだろう。

『ザ・ノース・フェイス』

『ザ・ノース・フェイス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1969年に発売した、アウトドア用ダウンパーカーの原型ともいえる『ザ・ノース・フェイス』のヘリテージモデル・キャンプシエラ。中綿には600フィルパワーのダウンを使用し、見た目のボリューム感とは異なる軽さが特徴。シワ感のある生地には撥水加工が施されている。

『パタゴニア』

『パタゴニア』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

600フィルパワーのダックダウンインサレーション入りのジャケット。防水性、透湿性にすぐれ着心地も良好。2通りの方法で調節可能なフードはドロップカラーのデザインで、視界を妨げることなく頭をしっかりとカバーする。

『ナンガ』

『ナンガ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

キャンプシーンでの使用を考え、表生地に難燃素材を使用した注目作がこちらのタキビダウンジャケット。羽毛を150g封入し、ポケットを7つ設けているので機能性も申し分ない。腰ポケットにはハンドウォーマーを採用し、防寒性も十分。

『ワイルドシングス』

『ワイルドシングス』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

『ワイルドシングス』のラインアップの中で最高峰の一着。表地には完全防水素材のイーベント、中綿には保温性、速乾性にすぐれたプリマロフトを使用している。本体内側にはスノースカートが付いているので冷気をしっかりと遮断。

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

ウェア・コーデ

おすすめ満載。ワイルドシングスの三大マスターピースと注目アイテム10選

老舗アウトドアブランドであり、昨今はタウンユースでも支持率が高い『ワイルドシングス』。同ブランドが誇る三大定番と、大人の着こなしに馴染む人気作を一挙ナビゲート!

山崎 サトシ

2020.11.24

『ウールリッチ』

『ウールリッチ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランド定番のモデルが従来のものよりも着丈が短く、よりモダンなシルエットに。袖口はリブではなく内側をスナップボタンにすることでデザイン性を向上させた。カジュアルからビジネスシーンでのコーディネートまでカバーしてくれる。

ウールリッチのダウンを今買うなら! アークティックパーカー以外も見惚れる傑作選

ウェア・コーデ

ウールリッチのダウンを今買うなら! アークティックパーカー以外も見惚れる傑作選

180年以上の歴史をもつアメリカ最古のアウトドアブランド『ウールリッチ』。代表格のアークティックパーカーをはじめ、注目のダウンジャケットを一挙ご紹介します。

TASCLAP編集部

2020.12.10

『マナスタッシュ』

『マナスタッシュ』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

2016年春夏シーズンから展開しているアウトドアシリーズのモデルで素材には1970年代に米軍用のボトムスに使われていたデッドストック生地を採用。プリマロフトの中綿を使用しているので保温性も抜群だ。

『ヘリーハンセン』

『ヘリーハンセン』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

伝統的なディテールを取り入れたデザインとグログラン調の風合いの中綿入りマウンテンパーカー。表地は、防水透湿性にすぐれた素材を使用し、中綿は天然のダウンとポリエステルをブレンドしている。

『マムート』

『マムート』

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

耐水圧20,000mmの素材を表地に使用し、フルシーム仕様で雨にも強い全天候型のダウンコート。750フィルパワーのグースダウンを170g封入している。ハンドポケットが一体になった、フラップ付き腰ポケットや両胸にファスナーポケットなどポケットも豊富。

マムートのダウン早見表。街派と山派、それぞれのおすすめ

ウェア・コーデ

マムートのダウン早見表。街派と山派、それぞれのおすすめ

ダウンジャケットを探しているならば『マムート』に注目。スタイリッシュに着たい街派、アウトドア使いも視野に入れたい山派、それぞれにハマる逸品を紹介します。

山崎 サトシ

2020.01.10

『カリマー』

『カリマー』

OutdoorStyle サンデーマウンテン

OutdoorStyle サンデーマウンテン

お気に入り追加

こちらのアイテムは表地に軽量で高い耐久性・耐摩耗性を備えたCEBONNERを使用している。中綿にハンガリーダウンを使用し、フロントには外気の侵入を防ぐフラップを施すなど便利な機能が盛りだくさん。

街用も山用も網羅。今年狙いたいカリマーのダウン

ウェア・コーデ

街用も山用も網羅。今年狙いたいカリマーのダウン

アルピニズム発祥の国であるイギリスで生まれた『カリマー』。リュックが有名な同ブランドは、ダウンも負けず劣らず秀作揃い。山&街、どちらのシーンもイケちゃうんです。

山崎 サトシ

2018.10.11

『モンベル』

『モンベル』

ニッチ・リッチ・キャッチ

ニッチ・リッチ・キャッチ

お気に入り追加

防風性にすぐれた軽快な仕上がりで、超高品質の800フィルパワー・グースダウンをウインドストッパーで包み込んだ高機能モデル。透湿性にも優れるため、中綿をドライに保ち、保温力を持続させる。

インナーダウンといえばココ! モンベルはやっぱりコスパ抜群

ウェア・コーデ

インナーダウンといえばココ! モンベルはやっぱりコスパ抜群

インナーダウン人気に火をつけた『モンベル』。大人の男性がハマる『モンベル』のインナーダウンが持つ魅力やコーディネートへの活用方法を、あますところなく紹介します。

桐田 政隆

2017.11.02

機能美を体現するモンベルのダウンジャケット

ウェア・コーデ

機能美を体現するモンベルのダウンジャケット

日本が世界に誇るトータルアウトドアブランド、『モンベル』。「U.L.」シリーズをはじめとする、軽量性と機能性に富んだ高品質なダウンウェアは街使いにも最適です。

八木 悠太

2018.11.09

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ

アウトドアブランドのダウンジャケットは、やはりそこに込められた意匠の数々が魅力。とはいえ、見るからに“アウトドア感”を出してしまっては、街になじませるのは難しい。では、街の洒落者たちはどのように本気度を隠しているのかWEARで探っていこう。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらの着こなしでは全体のカラーリングをモノトーンでまとめたスタイリッシュに見せることで本気度をいなしている。上半身と下半身のシルエットのバランスもよく、すっきりとした印象に仕上がった。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

サーファーテイストの薫る着こなしをベースにしているので、アウトドア感が和らぎ、インナーの鮮やかなブルーが好アクセントに。ロールアップした裾とスリッポンの組み合わせが全体を軽快に見せている。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

きれいめ感を手軽に作れるセットアップと組み合わせるのも賢い選択。やりすぎないようにインナーにはローゲージのニットを合わせることでカジュアル感がプラスされ、バランスよくまとまる。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

色のメリハリを効かせたシンプルな着こなしでアウトドア感を和らげた。フリースパンツも黒であればスタイリッシュに着こなすことが可能。黒のニット帽とサングラスでさらに着こなしを締めた。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 5枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

パンツに明るい色をもってきて上半身とのメリハリを意識。インナーの表情あるニットも絶妙な雰囲気で、ミドル丈ジャケットとマッチしてこなれたスタイルに昇華させている。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 6枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シャツとデニムのシンプルな着こなしにアウトドアブランドのダウンジャケットをミックス。全体的に細身のサイジングを意識した着こなしなので、本気度がうまく和らいでいる。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 7枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

オールブラックコーディネートもアウトドア感をいなすテクニックの1つ。インナーからグレーのカットソーをチラつかせて動きを出して、立体的なスタイルに仕上げている。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 8枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シンプルな着こなしだが、ユーズド感のあるデニムや白のスリッポンが絶妙な抜け感を醸し、アーバンな雰囲気を強調。Yラインシルエットにまとまっており、スタイリッシュな印象に。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 9枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブルーと白の爽やかなカラーリングで本気度を和らげた清涼感ある着こなし。単調になりすぎないようにベージュのパンツで差し色をプラス。チェック柄のシャツもアクセントになっている。

アイテム単体に込められた“本気度”は、あえてスマートに着こなすのがおしゃれ 10枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ニットとダウンジャケットの王道スタイルにデニムジャケットをサンド。ブラウン系のパンツで土くささを与えつつ、細身のシルエットをチョイスしているのでこなれた雰囲気が強くバランスよくまとまった。

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

ウェア・コーデ

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2021.04.05

注目編集者
大中 志摩
大中 志摩
都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事