背負っても疲れないリュックの選び方とおすすめ15選

背負っても疲れないリュックの選び方とおすすめ15選

両肩でバッグを支えるリュックタイプは一見すると疲れにくそうにだが、背負い方次第では姿勢が悪くなり首や肩への負担がかかる。正しい背負い方とアイテムを解説する。

大中 志摩

大中 志摩

SHARE
記事をお気に入り
2021.04.05

そもそも、なぜリュックを背負うと疲れるのか

そもそも、なぜリュックを背負うと疲れるのか

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

若いときはリュックの位置を腰よりも下に背負うのがおしゃれに見えるが実はそれが一番のNG。荷物の位置が低くなると体がうしろへ反ってしまい、それをカバーするために体が前かがみになり、肩こりや筋肉の疲労へとつながる。また荷物が偏っているとバランスが取りづらくなり、姿勢が悪くなったり片方の肩へ負担となったりするので疲れやすくなるのだ。

“背負っても疲れない”……。理想を叶えるディテールの見どころは?

では疲れにくいリュックを見分けるポイントは何かをチェックしていこう。完璧に疲れないというのは難しいが、以下のポイントを押さえておけばほかに比べ格段に疲れにくくなるのでリュック選びの要素として覚えておきたい。

見どころ1

背面パッドのディテール

背面パッドのディテール

BAG SHOP ARR

BAG SHOP ARR

お気に入り追加

背中に直接当たる背面部分はクッションが入っていてやさしく背中にフィットしてくれるものを選ぶのがおすすめ。まずはこのクッション性がどうかをマストでチェックして。また、クッション性だけではなく、素材がメッシュだったり、型押しが施されて空気が通るスペースが確保されているものであれば蒸れも防いでくれるので快適に背負うことができる。

見どころ2

ショルダーパッドの幅

ショルダーパッドの幅

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

背負った際に肩への負担がかからないようにショルダーパッドは幅広タイプを選ぶように心掛けたい。幅広タイプのショルダーパッドは背負ったときに荷物の重量を分散しやすくなるのでバランスよくリュックを背負うことができる。また、ストラップ部分はしっかりとクッションが効いているかも忘れずにチェックすることも大切なポイント。

見どころ3

チェストストラップの有無

チェストストラップの有無

インポートショップTERESA

インポートショップTERESA

お気に入り追加

注目すべきファクターの最後はチェストストラップ。中身が軽いときはさほど重要ではないが、荷物が多い場合はこれの活用次第で背負った際の疲労感が大きく変わってくる。リュックが荷物の重さによってずり下がってくるのを防ぐ役割があり、肩や腰への負担をグッと軽減してくれるのだ。

結論。体に密着しつつも背中がムレない機能性こそ、大人のリュックには必要

結論。体に密着しつつも背中がムレない機能性こそ、大人のリュックには必要

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ご紹介した見どころを改めてさらってみると、「背面の通気性が良く」、「肩や腰など、リュックが密着する」という2点が“疲れないリュック選び”には必要であることがわかる。

また、背中とリュックとのサイズ感があまりにも違うものも避けるのがベター。こうしたことを踏まえれば、よりリュックを選ぶ視点が鮮明になり、選択ミスを減らせるはず。さっそく、こうした視点でセレクトした大人のためのリュックを紹介しよう。

見どころの3点をクリア。大人のための疲れないリュック15選

「背面の仕様」をはじめ「幅広のショルダーパッド」、「チェストベルト」の3点をクリアしたリュックを、15個ピックアップ。もちろん大人のおしゃれにマッチするデザイン性も考慮して厳選しているので幅広い着こなしで活躍してくれるはず。

『Y-3』バックパック

『Y-3』バックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アーバンシーンに溶け込むミニマルなフォルムのリュックながら、スペックは一級品! 耐摩耗性&耐水性に長けたコーデュラナイロンをメイン素材として使い、多層メッシュのバックパネルにより通気性も入手している。多彩に用意されたポケットも頼もしく、かさばりがちな小物の仕分けも苦にならない。

『ザ・ノース・フェイス』BCヒューズボックス2

『ザ・ノース・フェイス』BCヒューズボックス2

タケダスポーツ楽天市場店

タケダスポーツ楽天市場店

お気に入り追加

ブランドを代表するロングセラーモデル。シルエットは型崩れしにくいボックス型で、素材には水を弾くTPEファブリックラミネートポリエステルを抜擢している。取り外しできるインナーオーガナイザーや15インチPCまで収納できるパッド付きスリーブなど、内装の充実度も折り紙付きだ。その上、各所の改良により従来のモデルと比較して背負い心地が大きく向上している。

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

バッグ・ファッション小物

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

TASCLAP編集部

2021.03.03

ザ・ノース・フェイスのホットショットが優秀。アウトドアでも日常でも使える5つの魅力

バッグ・ファッション小物

ザ・ノース・フェイスのホットショットが優秀。アウトドアでも日常でも使える5つの魅力

街から山まで使えるマルチプレイヤーとして人気を博す『ザ・ノース・フェイス』の「ホットショット」。その魅力をお届けします。もう他のリュックに浮気できなくなるかも!?

山崎 サトシ

2020.04.30

『コールマン』ウォーカー33

『コールマン』ウォーカー33

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

アウトドアブランドの『コールマン』のリュックなだけあって、丈夫で機能性抜群のこちら。メイン収納内にはスタッフバッグが付いているので、衣類やシューズなど他のものと分けたいときに便利。本格はアウトドアなルックスながら、タウンユースしやすいデザインもうれしい。

『グレゴリー』デイパック

『グレゴリー』デイパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

永世定番としてハズせないのが、40年以上の歴史を持ち現在もストリートの第一線で愛用されているこの「デイパック」だ。背中~腰を包み込むように設計された背面パッドは、体への負担を大きく緩和。そして肉厚クッションが内蔵されたショルダーハーネスも快適な着用感をアシストする。この現行モデルはパッチワーク風のユニークな風貌で、スタイルのアイキャッチとしてもぴったり。

『ブリーフィング』SQ パック MW WP

『ブリーフィング』SQ パック MW WP

【公式】バッグ通販TORATO

【公式】バッグ通販TORATO

お気に入り追加

通常のナイロンよりも遥かに堅牢な、840デニールのバリスティックナイロンを表地にセレクト。おまけに、表地×透湿防水プリウレタン×トリコットの3層構造になっているため、水をシャットアウトしてくれる。内部には大・中・小さまざまなポケットが配置され、書類や電子機器を効率良く入れることが可。

『モレスキン』メトロ ロールトップ バックパック

『モレスキン』メトロ ロールトップ バックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

中身の出し入れがイージーに行えるロールトップタイプ。荷物の容量に応じて縦幅を自在に変えられる点も、このタイプならではのメリットといえる。表地&ジップはともに耐水素材で、下部に配置されたロゴは視認性の良いリフレクター仕様に。バックパネルはエアメッシュ製となっており、不快なムレを防いでくれる。

『フェールラーベン』ハイコーストトレイル26

『フェールラーベン』ハイコーストトレイル26

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

リサイクルポリエステル65%×オーガニックコットン35%から構成されるオリジナル生地、G-1000エコを使用。地球にやさしくて頑丈、その上水にも強いという三拍子揃った優秀なファブリックだ。背面にはハイドレーション用の収納スペースがあり、ハイキングなどのアウトドアアクティビティにも好適。

『ウェクスレイ』ステム バックパック コーデュラバリスティック

『ウェクスレイ』ステム バックパック コーデュラバリスティック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1050デニールのコーデュラバリスティックナイロン製で、耐久性&軽量性どちらも優秀! 背面パネル&ストラップはどちらも緩衝性に長けており、体へ負担をかけにくい。また、チェストストラップは脱着式となっており、不要な際には取り外しておける。ミニマルに徹したスマートなデザインで、大人っぽいコーデと合わせやすい点も◎だ。

『チャムス』スプリングデール25 Ⅱ

『チャムス』スプリングデール25 Ⅱ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ゆとりのある25リットル容量なので、デイリーユースはもとより1,2泊程度の小旅行でも躍動。専用のレインカバーが付くのもうれしく、急な雨に降られても安心だ。そして、鮮やかなボディカラーやレインボーテープといった、『チャムス』らしいポップなデザインも魅力の1つ。ウエストハーネスはデタッチャブルとなっており、単体でウエストバッグとしても着用できる。

タイプ別にレコメンド。チャムスのリュックおすすめ10選

バッグ・ファッション小物

タイプ別にレコメンド。チャムスのリュックおすすめ10選

アウトドアブランド『チャムス』のリュックは、カラフルで種類豊富! その魅力の秘密を探りながら、大人が持つのにふさわしいおすすめリュックもたっぷり紹介します。

ai sato

2020.07.05

『バル』×『アウトドアプロダクツ』ダブルポケットバックパック

『バル』×『アウトドアプロダクツ』ダブルポケットバックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルなデイパックをデザインベースとしつつ、ボリューミーなダブルフロントポケットで収納性&インパクトをプラス。コーデュラ社のヘビーナイロンを表地に使っているため、タフさの面でも申し分ナシだ。ライニングが大胆なビビッドカラーとなっているなど、コラボならではの遊び心溢れるアプローチにも着目したい。

『エルエルビーン』エル・エル・ビーン・コンチネンタル・リュックサック

『エルエルビーン』エル・エル・ビーン・コンチネンタル・リュックサック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1200デニールの再生ポリエステル製ボディは極めて頑強で、体に沿うよう計算されたショルダーストラップやパット入りメッシュパネルによって快適さにも訴求。外側に3つの大型マチポケが仕様されているため、容量に関しても十分だ! 80’sアウトドアムード漂うツートンカラーで、装いにメリハリをもたらすうえでも有効だ。

『クローム』バラージ セッション

『クローム』バラージ セッション

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

悪天候下でも余裕な完全防水リュック。表地に高強度ナイロンを取り入れているため、耐摩耗性も随一だ。さらに、独自のフラップキャリーシステムにより、スケートボードの装着が可能となっている。本格的なスペックながらも出で立ちはご覧の通りいたってシックで、自転車通勤のお供としても違和感ない。中には15インチのMacBookに対応したラップトップスリーブを装備する。

『ミステリーランチ』ギャラゲーター

『ミステリーランチ』ギャラゲーター

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ブランドお得意のY字型ジッパーを搭載。荷物を簡単に詰め込めるのはもちろんのこと、デザインアクセントとしても映えるディテールだ。サイズは19リットルとやや小ぶりで携行しやすく、生地には軽くて破れにくいロービックナイロンをチョイス。ストレッチ素材のボトルポケットや脱着式ウエストストラップなど、細部への気配りも実に秀逸だ。

『サテライト』ライム

『サテライト』ライム

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

テント生地としても使われるターポリンを表地に用い、74,000mlという圧巻の耐水圧を実現! 32リットルの大ぶりな容量も相まって、旅行やアウトドアでも活躍してくれること確実だ。なお、内部は上下2層のセパレート構造となっており、必要に応じて荷物を簡単に仕分けられる。

『マウンテンハードウェア』Jツリー22 バックパック

『マウンテンハードウェア』Jツリー22 バックパック

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

優れた引き裂き耐性を持つリップストップナイロンをメインとして、ボトム部分には水濡れに強いバリスティックナイロンをピックアップ。通気性のある背面パネル&ショルダーストラップのおかげで蒸れ知らずなのも高ポイントだ。見た目はアウトドア顔だが、PCスリーブを内蔵し都市生活にもすんなりと適合。

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

バッグ・ファッション小物

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

TASCLAP編集部

2021.01.18

ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

バッグ・ファッション小物

ビジネスにリュックを。大人の通勤リュックブランド25選

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

2020.12.11

注目編集者
大中 志摩
大中 志摩
都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

モノ選びに悩む大人の駆け込み寺。ビームスの百名品で、”欲しい”に出会う

季節が変わると物欲は高まる。とはいえ、一から探し出すのは少し手間。欲しくなるモノだけチェックしたい……そんな気持ちを満たしてくれるサイトが『ビームス』にはある。

SPONSORED by ビームス

続きを読む

足元をおしゃれに涼しく。今年の春夏は、キーンの新作で“クール”に過ごす

春夏は、服だけでなく足元も涼しく軽やかに装いたいものですよね。シーンを牽引する『キーン』の新作なら、ルックスだけでなくエシカル視点においても間違いありません。

SPONSORED by キーン

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

極上の着心地とナイスな洒落感。この夏、僕らは“ビッグワッフル”の虜になる

ざっくりした抜け感たっぷりな風合いと、雲上級の着心地を兼備したビッグワッフルが現在人気沸騰中。こなれた大人に味方するこの注目素材を、取り入れない手はありません。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

カテゴリ

おすすめ記事