今季注目度高め!ケープハイツのダウンアウター

2014年から日本展開を本格的にスタートした『ケープハイツ』。シンプルかつベーシックでありながら革新的なファブリックを使用した高機能なアイテムが今注目を集めている!

今季注目度高め!ケープハイツのダウンアウター

人気セレクトショップがプッシュ!『ケープハイツ』とは

『ケープハイツ』は1990年のアメリカ・ニューイングランド州で設立。『ペンフィールド』や『L.L.ビーン』などの名だたるブランドの生産を手がけ、そこで培ったノウハウやアイデアと環境に考慮した素材をもとに1994年にオリジナルブランドをスタートさせる。シンプルでベーシックなデザインに革新的なファブリックを使用した高機能なラインアップで男女問わず注目を集めているブランドだ。

『ケープハイツ』のダウンはここがスゴい!

上記でも紹介したが、もともとは『ペンフィールド』や『L.L.ビーン』などの生産を手がけていたこともあり、高い技術力を備えているブランド。そこで培ったノウハウをもとにつくられるアイテムは、高機能ながらも大人の着こなしに最適なシンプルかつベーシックなデザインが特徴なので長く愛用できるという使い勝手の良さも同ブランドが注目を集める要因の1つなのだ。

『ケープハイツ』の多くのダウンアウターには80/20クロスという素材が使用されている。これは、ポリエステル80%、コットン20%からなる混紡生地で撥水性、耐摩耗性に良いという特性を備えている。タフで雨なども気にせず愛用できるのでガシガシと着用することが可能。

写真のとおり飽きのこないシンプルなデザイン性も同ブランドの特徴。クラシカルな雰囲気を備えており、ベーシックなつくりはアイテムを選ばずにスタイルに用いることができるので使い勝手が抜群。長く付き合っていけるアウターが欲しいという人にもおすすめしたい。

シルエットは日本人向けのサイズ感となっているがやや大きめのつくりとなっているので、試着してジャストサイズを選ぶように心掛けて。取り外し可能なファーやリブ仕様の袖口など細部に至るまでディテールにこだわったつくりとなっているので、一度実際に手に取ってみて。

シンプルかつベーシックなアイテムが多いので大人の着こなしに相性ぴったり。こちらは、『ケープハイツ』のダウンジャケットにウールパンツを組み合わせた大人らしさ漂うクラシカルな着こなし。シックなカラーのダウンジャケットにポンツのブラウンでバランスを調整し、落ち着いた雰囲気に。

『ケープハイツ』のダウンジャケット6選

今狙いたい『ケープハイツ』のダウンジャケットを厳選しご紹介。どれもダウンジャケットながらも洗練された雰囲気でおしゃれにも防寒具として優秀なものばかりなので、きになる人はチェックしてみて。

SUMMIT

クラシカルでシンプルなデザインで飽きのこない定番の1着。内ポケットやドローコードなど機能性も充実している。もちろん素材には80/20クロスを使用しているので耐水、耐久性も高い。明るめのベージュなので着こなしのアクセントとしても期待できる。

PAXTON LONG

風合いの良いコットンナイロン素材で仕上げたミドル丈の中綿ブルゾン。すっきりとしたシルエットで、ミリタリーやアウトドアといったエッセンスを食い合わせて独特の雰囲気に仕上げている。ファー部分は着脱可能なのでオン・オフに合わせて使い分けることが可能。

『アーバンリサーチ』別注ダウンブルゾン

定番のマウンテンパーカー型とは異なる、都会的なショート丈のブルゾンタイプとして『アーバンリサーチ』が別注をかけた1着。光沢のある生地感でミリタリーな雰囲気の中に上品さが漂う大人顔に。すっきりとしたショート丈でスタイリッシュな着こなしが楽しめる。

EASTFORD

モッズコートの様な風貌にアウトドア感をプラスしたハイブリットなデザイン。野暮ったさのないきれいなシルエットですっきりとした大人で都会的なスタイルにぴったりのアイテムだ。フードのドローコードがカラーアクセントになっている。

OUTBACK

80/20クロスを使用したタフで機能的なダウンベスト。胸元のロゴワッペンがアクセントに。ボリューム感のある仕上がりで着こなしに動きをあたえてくれる。ベーシックな単色のカラーリングなので、着こなしを選ばず幅広く活躍する。

BAITMAN

フードファーやリブ仕様など本格的なディテールでカジュアルなスタイルでもきれいに着こなすことができる。長すぎず、短すぎずの絶妙な丈感が上品な着こなしに導いてくれる。袖にあしらわれたワッペンロゴがワンポイントして主張。

『ケープハイツ』のダウン。おしゃれな大人はこう着こなす

『ケープハイツ』のおすすめアイテムを紹介したところで、実際におしゃれに着こなすにはどうすればいいのかをWEARを参考に紹介していく。着こなしで迷ったら、まねしてみるのもいいかも。

『アーバンリサーチ』の別注モデルをメインにコーディネート。インナーにはシックなブルーのタートルネックニットで差し色をプラス。パンツはスラックスできれい目な印象に仕上げ、スニーカーで軽さを出した。

こちらも『アーバンリサーチ』の別注モデルを使用した着こなし。ネイビーやブラックなど暗めの色を多く使用しているのでインナーには明るいグレーのニットを使用してマイルドな印象に。キャップやスリッポンで抜け感を演出している点も良い。

カーキやブラウンなどのアースカラーでまとめたアウトドアテイストな着こなし。色のトーンをうまく使い分けているので、メリハリのあるモダンな印象に仕上がっている。『クラークス』のシューズで大人っぽさを加速させた。

PAXTON LONGは長すぎず、短すぎずの絶妙な丈感なのでワイドパンツと合わせてもバランス良くまとまる。ラギッドな雰囲気漂うスタイルだが、コートの絶妙な丈感がこなれた雰囲気を強調し、大人っぽさが際立っている。

ブラックのコートをチョイスしてインナーにはボーダー柄のカットソーでアクセントを。上半身が比較的きれいにまとまっているのでダメージデニムを合わせても野暮ったさを感じさせない。白スニーカーで清涼感をプラスしている点も見事。

ダウンとニットのレイヤードスタイル。個性ある表情が魅力的なデニムパンツと合わせてこなれた雰囲気に。足元はブーツでボリューム感を出しつつも明るいブラウン系のカラーなのでやりすぎ感なく仕上がった。

ケーブル編みニットにダウンジャケットを合わせ、首元のみボタンをとめて動きのあるスタイルを形成。太いカーゴパンツを合わせて良い意味での男臭さをプラスしている。インナーの白がアクセント。

ニットが存在感あるデザインなのでダウンベストは黒の無地でスタイリッシュな印象に。帽子とスニーカーと色を合わせることで統一感を出している点にも注目。パンツは細めを合わせて全体のバランスを整えた。

都会的な雰囲気が楽しめるオールブラックコーデにはどこかで差し色を加えてあげると立体的にまとまり、よりおしゃれ感のある雰囲気をつくることができる。『ブランドストーン』のサイドゴアブーツで大人っぽさを加味。

ダウンベスト、ニット、パーカーのレイヤードスタイル。ニットの編み地が適度なアクセントになっている。あえて太めのパンツを合わせることで上半身のボリューム感をマイルドに。足元のメリハリある色使いもお見事。

気になる記事を保存できる、
スクラップ機能が追加されました!

ページトップへ戻る