シンプルかつベーシックなデザイン。ケープハイツのダウンは引き続き注目の的

シンプルかつベーシックなデザイン。ケープハイツのダウンは引き続き注目の的

2014年から日本展開を本格的にスタートした『ケープハイツ』。シンプルかつベーシックでありながら革新的な機能を搭載したダウンウェアは、今季も人気です。

山崎 サトシ

山崎 サトシ

SHARE
記事をお気に入り
2020.12.16

人気セレクトショップもプッシュする『ケープハイツ』のダウンウェア

人気セレクトショップもプッシュする『ケープハイツ』のダウンウェア

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

1990年、アメリカはニューイングランド州のファクトリーとしてスタートした『ケープハイツ』。『L.L.ビーン』や『コロラド』など有名アウトドアブランドの生産を手がけ、そこで培ったノウハウやアイデアを生かして、1994年にオリジナルブランド『ケープハイツ』が始動しました。シンプルでベーシックなデザインに革新的な機能を搭載したラインアップが魅力で、人気を集めているのがダウンウェア。機能性はキープしつつもスタイリッシュな見た目が評価され、人気セレクトショップでも多数取り扱われています。

『ケープハイツ』のダウンウェアの魅力を大解剖!

『ケープハイツ』のダウンウェアの魅力を大解剖!

TODAY IS THE DAY

TODAY IS THE DAY

お気に入り追加

もともと有名アウトドアブランドの生産を手がけていたため、技術力はお墨付き。厳しい環境でも耐えられるようあらゆるテストを重ねて開発を行い、最高級の機能性を備えているのが美点です。

『ケープハイツ』のダウンウェアの魅力を大解剖! 2枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

高い機能性を支えている要因の1つが、革新的なファブリック。『ケープハイツ』が展開する多くのダウンアウターには、80/20クロスという素材が使用されている。これは、ポリエステル80%、コットン20%からなる混紡生地で、撥水性と耐摩耗性に優れています。そのため、タフで雨に濡れても染みにくいのも魅力。

『ケープハイツ』のダウンウェアの魅力を大解剖! 3枚目の画像

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

続けて押さえたいのがデザイン性。どこかレトロでクラシカルな雰囲気を備えながらも、今っぽさを感じさせるミニマルなデザインが特徴です。

『ケープハイツ』のダウンウェアの魅力を大解剖! 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

着用するとこのようなシルエットに。ややボリューム感はあるものの、ダウン特有の野暮ったさとは皆無です。高級感も漂うので大人の着こなしとも好相性であることも、嬉しい点。

大人の装いに馴染む。『ケープハイツ』のおすすめダウンリスト

『ケープハイツ』のダウンアウターから注目モデルをピックアップ。機能性もファッション性も兼ね備えたアイテムは、大人コーデの強い味方になるでしょう。

ルタック

ルタック

丸井(マルイ)楽天市場店

丸井(マルイ)楽天市場店

お気に入り追加

『ケープハイツ』のベストセラーダウンと言えば、やはりこの「ルタック」。テフロン加工で撥水性を高めた80/20クロスや良質な羽毛で機能性を担保しつつ、都会に馴染む洗練の細身シルエットに仕上げています。また、前身頃の中心に位置するブランドロゴがグッドアクセントに。フードが脱着対応な点も◎です。

『ケープハイツ』×『アーバンリサーチ』別注ルタック

『ケープハイツ』×『アーバンリサーチ』別注ルタック

アーバンリサーチオンラインストア

アーバンリサーチオンラインストア

お気に入り追加

こちらの「ルタック」は人気セレクトショップによる別注モデル。最大のポイントは、フード部分にリッチ&エレガンスなコヨーテファーが付属する点です。より上質な顔立ちに昇華されているため、大人っぽい着こなしにも難なく溶け込んでくれます。表地はインラインモデルと同様に80/20クロスを採用。

『ケープハイツ』×『アーク スタンダード』別注ルタック スポーツ

『ケープハイツ』×『アーク スタンダード』別注ルタック スポーツ

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

「ルタック」をベースとしながら、よりスポーティにアレンジした1着。首元はスタンドカラーとなっており、シルエットはややゆったり目に設定されています。表地はナイロン製で、ダウンに代わって保温性・撥水性・軽量性に秀でる高機能中綿素材のプリマロフトが使用されているのもGOOD。

サミット 30周年記念モデル

サミット 30周年記念モデル

franc bonn

franc bonn

お気に入り追加

ブランドの創設期である1990年代のアーカイブをベースとした「サミット」は本国で非常に高い人気を誇るアイテム。適度にリラックス感のあるシルエットに仕上げられ、生地にはマットな風合いのポリエステルナイロンが使われています。写真の1着は特別な30周年記念モデルとなっており、左袖に限定のシルバーワッペンが付属。

ユーファイン

ユーファイン

610アメリカ屋

610アメリカ屋

お気に入り追加

リップストップ生地×平織生地のコンビデザインや、かなり幅を広く持たせたキルティングステッチが特徴的な今作。サムホール(親指を出せる穴をあしらったリブ)があしらわれていたり、ポケット裏が温かなフリース素材となっていたりと、ディテールへの気配りも随所に光っています。

ボレリアス

ボレリアス

Golden State

Golden State

お気に入り追加

撥水加工のリップストップナイロンを表地に抜擢。80/20クロスと同様、水に強く耐久性も高い生地なので頼りになります。コンパクトなショート丈ですっきりと着用できるのも大きなメリット。袖の内側にはリブが設けられ、風の侵入をガードしてくれます。なお、フードはデタッチャブルで非常に便利!

フェアフィールド

フェアフィールド

ARKnets

ARKnets

お気に入り追加

コレクション内で屈指の防寒性を誇るモデル。デザインはヴィンテージのジャケットがモチーフで、クラシカルな雰囲気を香り立ちます。リアルファーやマーブルボタンを取り入れるなど、パーツへの注力ぶりも見逃せません。着丈はヒップがすっぽりと隠れるほどに長く、スーツの上からでも着用可能です。表地は80/20クロス。

デルタ

デルタ

Golden State

Golden State

お気に入り追加

N-3Bからインスパイアされたミリタリーテイストなダウン。表地には撥水性&速乾性に秀で、なおかつシワもつきにくいポリエステルクロスを採用しています。コヨーテファーは自在に脱着できるので、着こなしに応じてアレンジしましょう。手回り品の仕分けがしやすいよう、内側には3つのポケットを装備。

メンデス

メンデス

BAS CLOTHING

BAS CLOTHING

お気に入り追加

「メンデス」はレトロアウトドアを彷彿とさせるルックスが魅力。古き良き時代さながらのゆとりあるシルエットですが、余計なもたつきは排除されているため、街着としても十分スタイリッシュです。また、撥水性と防風性に長けた機能ナイロンを素材にセレクトしていて、悪天候下でも強さを発揮。

おしゃれな大人はどう着る? 『ケープハイツ』のダウンの着こなし集

クラシカルなデザインと程良いボリューム感が特徴的な『ケープハイツ』のダウンアウター。おしゃれな大人はどう着こなすのか、好サンプルをピックアップして紹介する。

おしゃれな大人はどう着る? 『ケープハイツ』のダウンの着こなし集

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックなモデルの「サミット」を主役に、スラックスを合わせてきれいめにスタイリング。重くなりがちなダウンもベージュなら軽やかな印象に。

おしゃれな大人はどう着る? 『ケープハイツ』のダウンの着こなし集 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

武骨なルックスの「パクストンロング」は、長すぎずない絶妙な丈感でバランス良くまとまる。ワイドジーンズを合わせてラギッドな雰囲気漂う着こなしに。

おしゃれな大人はどう着る? 『ケープハイツ』のダウンの着こなし集 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダウン×ニットというボリューム感満点の着こなしだが、細身のルタックならすっきりしたスタイリングが可能。ソリッドなブラックカラーなら、都会的な雰囲気にまとまる。

おしゃれな大人はどう着る? 『ケープハイツ』のダウンの着こなし集 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ポップなカラーリングのニットとミニマルなダウンベストを合わせ、アーバンアウトドアを構築。細身のパンツで、全体のバランスをスマートに仕上げているのもポイント。

おしゃれな大人はどう着る? 『ケープハイツ』のダウンの着こなし集 5枚目の画像

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ハスペックモデルの「ブライトウッド」はリッチな雰囲気漂う1着で、サラっと羽織るだけでコーデを格上げ。ミディアムロングのダウンはタイトなボトムスをチョイスして、Yラインシルエットを構築すると好バランスに。

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

ウェア・コーデ

アウトドアウェアの人気ブランド、今マストで押さえておきたい22選

トレンド継続中のアウトドアファッション。まずチェックすべきは、やはり専業ブランドのウェアや小物です。機能に加え、デザインにも定評のあるブランドを厳選してご紹介!

那珂川廣太

2019.09.24

注目編集者
山崎 サトシ

TASCLAPでの執筆本数NO.1ライター

山崎 サトシ
アフロ歴15年のファッションライターで、趣味はヴィンテージモノの収集とソーシャルゲーム。メンズファッション誌を中心として、WEBマガジンやブランドカタログでも執筆する。得意ジャンルはアメカジで、特にデニム・スタジャン・インディアンジュエリーが大好物!
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
ITEM LIST
TOP

CATEGORY

RECOMMEND