コスパ抜群ダウン勢揃い! 3万円以下で手に入る良質アウター15選

コスパ抜群ダウン勢揃い! 3万円以下で手に入る良質アウター15選

高価格で簡単に手を出せないイメージのあるダウンですが、近年は品質に配慮しつつ3万円以下を叶えた良コスパな逸品も充実。ここではそんなお値打ちダウンを紹介します。

山崎 サトシ

2019.11.07

アウター
ダウン
ダウンジャケット

3万円以下でゲットできる。コスパ抜群のダウンが揃い踏み

3万円以下でゲットできる。コスパ抜群のダウンが揃い踏み

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウンジャケット=ハイプライスなアウターという印象を持っている方は、多いのではないでしょうか? 確かにそれは正解。上を見ればキリがありませんが、最近は3万円以下の低価格で高品質を実現したモデルも少なくありません。アウトドアブランドやファッションブランド、さらにはセレクトショップのオリジナルラインまで、さまざまなところからコスパに長けたお値打ちダウンがリリースされています。

安かろう、悪かろうでは意味ナシ。選ぶ際に見るべきポイントは?

安かろう、悪かろうでは意味ナシ。選ぶ際に見るべきポイントは?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ロープライスなモデルを選ぶ際に見ておきたいのが、羽毛の配合率。多くのダウンジャケットは中の充填物がダウン(水鳥の胸元から取れる羽毛)とフェザー(水鳥の羽根)によって構成されていますが、基本的にダウンの割合が多いほど保温性が高く、着心地にも秀でています。フェザーにも通気性確保や型崩れ防止という大事な役割がありますが、防寒性には優れていないため、最低でも70%以上ダウンが使われているのが理想的です。3万円以下のモデルだとダウンの配合率があまり高くないものもあるので、注意しておきましょう。

迷わず購入! 税込3万円以下で買える狙い目ダウン15選

ここからは、3万円以下のバリュープライスを叶えた費用対効果抜群のダウンジャケットを一挙にレコメンド! もちろん、どれも充填物の割合がダウン70%以上となった品質面も信頼できるモデルです。冬コーデにおいて頼もしい相棒となってくれるはず。

『ジャーナル スタンダード レリューム』4WAYストレッチ ダウンジャケット(税込26,180円)

『ジャーナル スタンダード レリューム』4WAYストレッチ ダウンジャケット(税込26,180円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上下左右に伸びる4WAYストレッチ素材を表地に使ったいて、着心地はストレスフリー。さらに、裏地には形態回復性に優れた機能素材“ソロテックス”を使用しており、型崩れしにくくなっています。そして保温性のキモとなる羽毛には、650フィルパワーを誇る暖かなリサイクルダウンを採用。ダウン80%×フェザー20%。

『ベイフロー』TCダウンブルゾン(税込17,600円)

『ベイフロー』TCダウンブルゾン(税込17,600円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

90’sを彷彿とさせるツートーンカラーの1着は、撥水加工済みなのでちょっとした雨なら問題なし。襟裏・ポケット裏など肌に直接触れる部分にはフリースを使い、着心地にも配慮しています。なお、フードは脱着可能なので着こなしに応じてアレンジしましょう。ダウン80%×フェザー20%。

『シップス ジェット ブルー』カワダダウン フーディージャケット(税込26,950円)

『シップス ジェット ブルー』カワダダウン フーディージャケット(税込26,950円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

高密度に織り上げられたTCクロスでスマートさを演出しつつ、ややゆったりめのシルエットで今っぽいリラックス感にも訴求しています。充填した羽毛は日本の老舗ダウンメーカーである河田フェザー社が洗浄・精製したもので、そのクオリティは折り紙付き! ダウン80%×フェザー20%。

『ビームスライツ』グリーンダウン ハッピーパーカー(税込29,700円)

『ビームスライツ』グリーンダウン ハッピーパーカー(税込29,700円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

“グリーンダウン”と呼ばれる、羽毛製品から再生したエコなダウンを活用している今作。ミリタリーアウターをベースとしたオトコらしい風貌ですが、表地がしなやかなナイロンのため野暮ったさとは無縁です。首元までしっかり暖められるよう、襟腰を高く設定したのもポイント。ダウン80%×フェザー20%。

『417エディフィス』アライド ダウンブルゾン(税込23,100円)

『417エディフィス』アライド ダウンブルゾン(税込23,100円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

米国屈指の名門ダウンメーカーであるアライド社の羽毛を充填して、抜群の防寒性を確保。艶消しポリエステルによる大人っぽい見栄えも好印象な、まさに才色兼備なダウンです。シルエットはやや細身で、上品なコーディネートとも難なくフィット。ダウン80%×フェザー20%。

『アーバンリサーチ』ミノテック スマートダウンブルゾン(税込29,700円)

『アーバンリサーチ』ミノテック スマートダウンブルゾン(税込29,700円)

帝人フロンティア社の撥水ファブリック“ミノテック”を駆使したハイスペック仕様ながら、アンダー3万の価格を実現。キルトステッチを省いたミニマルなデザインも特徴的です。デニムからスラックスまで、ボトムスのテイストを問わないので使い勝手は申し分ナシ。ダウン80%×フェザー20%。

『チャムス』ティーシェルダウンジャケット(税込27,280円)

『チャムス』ティーシェルダウンジャケット(税込27,280円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スウェットのようにやさしいタッチの表地ですが、耐久撥水加工してあるのでタフに着用可。左胸にはブランドお得意のブービーフェイスロゴをあしらっています。600フィルパワーを誇る高品質なダウンを中に封入しているから、防寒面でも安心! ダウン90%×フェザー10%。

『ナンガ』ダウンカーディガン(税込24,530円)

『ナンガ』ダウンカーディガン(税込24,530円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

日本を代表するダウンブランドと言えばココ。中着としても上着としても使いやすいこの1着は、表地のナイロン&中の羽毛ともに撥水加工が施された本格的な作りが◎です。しかも、充填したスペイン産羽毛は770ものフィルパワーを誇っていて、寒さ知らずな1日を約束。ダウン90%×フェザー10%。

『ジェリー』ボリュームダウンジャケット(税込24,200円)

『ジェリー』ボリュームダウンジャケット(税込24,200円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アメリカ生まれの老舗アウトドアブランドより登場。今季らしいボリューム満点のナイロンダウンですが、ショートレングスゆえ意外にもすっきりと着こなせます。そして、フロントに配置された大ぶりのフラップポケットがアクセントとして機能。フードは取り外しに対応しています。ダウン85%×フェザー15%。

『タイオン エクストラ』ダウンジャケット Vネックインナーダウンベスト+半袖+長袖3WAY(税込20,130円)

『タイオン エクストラ』ダウンジャケット Vネックインナーダウンベスト+半袖+長袖3WAY(税込20,130円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

本体のダウンベストに加えて半袖&長袖の脱着パーツが付く3WAYモデル。その上、温度調整スイッチで暖かさをコントロールできるという優れモノです。800フィルパワーのホワイトグースダウンを使うなど、羽毛そのものの品質も非常にハイレベル。ダウン95%×フェザー5%。

『アンルート』リップストップ コンパクト ダウンジャケット(税込22,000円)

『アンルート』リップストップ コンパクト ダウンジャケット(税込22,000円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

レイヤードしやすいノーカラー&ショート丈。しかも羽毛による厚みを最低限に抑えた仕立てのため、細身の着こなしにもサラッと投入できます。表地には引き裂き強度に秀でるリップストップ生地をセレクトしており、端正な見た目とは裏腹に耐久性は優秀。ダウン90%×フェザー10%。

『ユニバーサルオーバーオール』ショートダウン(税込28,600円)

『ユニバーサルオーバーオール』ショートダウン(税込28,600円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

たっぷりダウンを注入したことによる、クラシカルな肉厚シルエット。裏地にコントラストカラーを用いた、さりげなくおしゃれなデザインもGOODです。前面はボタン&ジップのダブルクロージャーとなっていて、隙間風の侵入をシャットアウト。ダウン90%×フェザー10%。

『スリック』ナイロンストレッチ2レイヤーダウンジャケット(税込24,200円)

『スリック』ナイロンストレッチ2レイヤーダウンジャケット(税込24,200円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ウォータープルーフ加工のポリエステルタフタと透湿性のあるフィルムを貼り合わせた、機能的な2レイヤー生地。軽いうえ水に強いので、あらゆるシチュエーションにおいて快適に着られます。生地のストレッチが利いていて、着心地が良いのも魅力的。ダウン70%×フェザー30%。

『ユナイテッド トウキョウ』2.4 ダウンテーラードジャケット(税込28,600円)

『ユナイテッド トウキョウ』2.4 ダウンテーラードジャケット(税込28,600円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

3Dプリンターを使う特殊な技術によって表地と裏地の間に羽毛を注入した、オリジナルのダウンファブリック“2.4”を素材にチョイス。従来のダウンジャケットと比べ着膨れ感が少ないのが強みです。品良いテーラード型のダウンだから、大人めのコーデに合わせるのが正攻法。ダウン95%×フェザー5%。

『ジーアールエヌ』3レイヤー ダウンジャケット(税込24,200円)

『ジーアールエヌ』3レイヤー ダウンジャケット(税込24,200円)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フィールドジャケットの要素を取り入れたミリタリー風味のデザイン。頼もしい機能性もウリで、3層構造の生地を使って耐水・防風・透湿性を与えています。タウンユースからアクティブシーンまで、場面をまたいでフレキシブルに活躍してくれそう! ダウン90%×フェザー10%。

ユニクロのダウンは冬の強い味方。おしゃれな大人たちはこう着こなす!

ユニクロのダウンは冬の強い味方。おしゃれな大人たちはこう着こなす!

着まわし力が抜群で高見えする『ユニクロ』のダウン。定番の「ウルトラライトダウン」や「シームレスダウン」など、大人におすすめのダウンと着こなし術をご紹介します。

近間 恭子

メンズファッション誌を中心に活動するライターで趣味はスタジャン&チェックシャツ収集という根っからのアメカジ好き。トレードマークのアフロヘアはすでに10年キープ中。
この編集者の記事を見る
    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

    ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

    TASCLAP編集部

    ナンガの代表作。オーロラダウンジャケットがやっぱり素敵だ

    ナンガの代表作。オーロラダウンジャケットがやっぱり素敵だ

    注目ブランド、『ナンガ』を代表するオーロラダウンジャケット。その定番から別注モデルまでラインアップをご紹介していきます。

    TASCLAP編集部

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    メンズ必修。ボンバージャケットの今どきな着こなし方とおすすめ10着

    人気継続のMA-1や、ここにきて注目度が上昇しているN-3Bやムートンジャケットなど、何かと盛り上がりを見せるボンバージャケット。その魅力を改めて押さえておきましょう。

    那珂川廣太

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    フリースはこの中からどうぞ。人気の高い最注目ブランド10選

    冬のメンズウェアの中でも特に注目度の高いフリース。温かさはもちろん、見た目も申し分ないブランドをピックアップしつつ、それぞれのレコメンドアイテムをご紹介。

    TASCLAP編集部

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    永世定番。ベックマン・ブーツを知らずに、レッド・ウィングは語れない

    ブーツの名門『レッド・ウィング』のなかでも、「ベックマン・ブーツ」は代名詞的な存在。その魅力を改めて知ることで、相棒として長く付き合っていきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK