ライター3人が厳選! 大人の刈り上げショートヘア30選

ライター3人が厳選! 大人の刈り上げショートヘア30選

冬だって刈り上げを取り入れた髪型にしたい。そんな大人のショートヘアを、TASCLAPのライター3名がご紹介。大人らしさとトレンドを両立する30スタイルを解説します。

TASCLAP編集部

TASCLAP編集部

SHARE
記事をお気に入り
2021.02.22

ヘアライター3名が厳選。この冬イチ押しのショートヘア

刈り上げを取り入れつつ、冬らしさもある大人のショート。言葉だけを見るとサンプルが限られそうですが、実は意外と多いんですよね……。だからこそ知るべきは、プロの視点ではないでしょうか。そこで、当記事ではTASCLAPで活躍する“髪”の情報に詳しいライター3名に、それぞれがおすすめするショートサンプルを10スタイルずつ解説してもらいます。合わせて、それぞれがどんな視点でトレンドを分析したかもご紹介。

ライターCANADA氏が選ぶ、冬のメンズ刈り上げショート

解説するライターはこちら

CANADA氏

CANADA氏

TASCLAP

TASCLAP

お気に入り追加

メンズファッション誌編集長を経て、現在フリーランスエディター/ライター。好きなものは海、雑誌、パン。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点

刈り上げヘアと一口にいっても、そのデザインは幅広い。大人の男性が刈り上げを取り入れるなら、エッジの効いたテイストは避けたほうが無難。オン・オフのあらゆるシーンに対応できるよう、刈り上げはあくまでさりげなくナチュラルに取り入れて。ベリーショート×刈り上げだとスパイキーな印象に仕上がってしまうので、ショート×刈り上げ、またはミディアム×刈り上げの組み合わせがおすすめ。実用とデザイン性を両取りすることができます。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

セイムレイヤーで後ろに流しやすくカット。もみあげとサイドが膨らみやすい人は、そこを刈り上げることでタイトになりセットが格段にしやすくなります。やり過ぎないラフな質感で仕上げることで、ビジネススタイルに抜け感を足しています。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 2枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

トップにうねるようなパーマをかけ、えり足とサイドを流しやすくするためにピンパーマをオン。サイドとえり足をコームでタイトにスタイリングすると、トップのボリュームを強調できます。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 3枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

サイドとえり足は短めにカットしてすっきりさせ、 表面は長めに残して柔らかいウエーブのパーマをオン。 刈り上げにしっかりグラデーションをつけることでカジュアルなツーブロックにならず、スーツにも似合う大人のツーブロックスタイルになります。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 4枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

ツーブロックのパーマスタイルでビジネスシーンでもさっぱり爽やかに。トップにボリュームがあるのでサイドとバックのボリュームを押さえると大人のバランスに仕上がります。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 5枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

ツーブロックスタイルをベースにショートレイヤースタイルを落とし込んだ、ビジネス、カジュアルどちらでも対応可能な万能ヘア。オンもオフもおしゃれに楽しみたいビジネスマンにおすすめのスタイルです。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 6枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

サイドは刈り上げ、トップからサイドは長さを残したツーブロックショートスタイル。バングはざっくりと7:3に分けウェットタイプのワックスで手ぐしを通すように馴染ませてスタイリング。ツヤを意識したラフな七三ヘアで誠実さをアピールできます。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 7枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

潔い刈り上げとアップバングで男らしさを、トップのナチュラルな動きで柔らかさを演出。相反する要素を組み合わせたギャップがポイントのスタイルです。黒髪で爽やかにまとめると、好感度がさらにアップ。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 8枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

トップに長さを残してサイドとバックを短くしたツーブロックショート。 ポイントは高めに設定した後頭部。後頭部にボリュームを出すとスタイルアップが叶います。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 9枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

刈り上げにゆるやか毛流れをミックス。フレンチスタイル風の知的なニュアンスを醸し出しながらリラックスムードも感じさせる大人のスタイルに。大人っぽいのにカジュアル感もあるから、幅広いシーンにマッチします。

▼冬の刈り上げヘア。ライターCANADA氏が考える注意点 10枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

男らしと爽やかさの両立はランダムに動く毛先のおかげ。中間から毛先をしっかり間引くことで黒髪の方でも軽快に見せることができます。ニュアンスパーマをかけたことで、スタイリングも1分で完了!

ライター橋本 裕一氏が選ぶ、冬のメンズ刈り上げショート

解説するライターはこちら

橋本 裕一氏

橋本 裕一氏

TASCLAP

TASCLAP

お気に入り追加

メンズファッション誌の編集部を経て、フリーランスのエディター・ライターとして独立。現在はメンズのヘアおよびファッション誌を中心に、幅広い分野のメディアで活動中。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点

メンズの髪型において、もっとも“手を施した感”が得られるデザインが刈り上げです。そんな主張の強いディテールだからこそ、大人に求められる心構えは、あくまでさりげなく取り入れるということ。そうすることで、刈り上げ自体の立ち位置が脇役にシフトし、ビジネスパーソンに必要な清潔感や爽やかさはもちろん、誠実な印象や仕事への強い意欲をアシストしてくれるんです。ビジネスの武器として、きっと力を発揮してくれるはず。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

今、注目の前下がりシルエットと刈り上げをミックス。ラフに動くトップとのコントラストで、デザイン性の高さをさりげなく主張。また、サイドへの広がりを押さえて常時きれいなフォルムをキープしてくれます。刈り上げが実用と美しさを両立した好サンプルです。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 2枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

サイドはツーブロック、バックはグラデーションで刈り上げをプラス。全体的に毛束をラフに散らして軽快な質感に仕上げることで、爽やかな雰囲気が備わります。前髪は短めに設定したので上げても下げてもOK。結果、豊富なアレンジを楽しめるスタイルに。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 3枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

高い位置まで刈り上げても、繊細なカットによってトップへとつなげていけば自然な雰囲気に。長短をつけたトップ~フロントはラフに動かし、ドライな質感に仕上げることで、刈り上げ特有のハードな雰囲気をセーブ。親しみやすい印象へと導いてくれます。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 4枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

アクティブな束感と合わせるイメージの強い刈り上げですが、トップからやさしく流した自然な毛流れとも相性抜群です。両極な質感がそれぞれを引き立て合うことで、ヘア自体のメリハリが向上。刈り上げ本来の男らしさや毛流れによる柔らかい印象が際立ちます。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 5枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

前髪をしっかりと立ち上げたアップバングスタイル。ハードさとはひと味違う、精かんな雰囲気を演出できるのは、低めに設定した刈り上げと、揺らぐような毛先の動きのおかげ。アッシュ系のカラーをのせると浮遊感のある動きが際立ち、かえって大人な印象に。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 6枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

潔く立ち上げたアップバングは、両サイドを下すことで刈り上げの印象を和らげる効果があります。またほんのりと色気を漂わせることができるので、大人の男性にはうってつけです。ディテールでセンスをアピールできるということも、大人の髪型には肝要です。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 7枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

刈り上げを最小限に抑えたツーブロックがベース。毛先をカールさせるパーマでニュアンスづけし、かぶさるサイドの毛をリバース方向に流すことで、よりナチュラルな空気感が得られます。前髪を流すようにアップすれば、男らしい雰囲気はしっかり維持できます。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 8枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

黒髪×ツヤ感をコラボさせた男らしい雰囲気が魅力の七三分け。ポイントはツーブロックベースではなくグラデーションで刈り上げたこと。分け目を刈り上げの際でセパレートせず、あえてメリハリをつけないことで、初心者でも簡単にこの髪型にトライできます。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 9枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

毛流れをタイトに仕上げることで、刈り上げとの境目を馴染ませたスタイル。全体のシルエットもコンパクトに仕上げることができ、黒髪でも重たい印象はゼロ。清潔感溢れるスタイルは、オン・オフなどシーンを問わず好印象は確実です。

▼冬の刈り上げヘア。ライター橋本 裕一氏が考える注意点 10枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

いわゆるショートヘアにも刈り上げは有効。ツーブロックを採用してサイドから刈り上げをチラッと見せることで、全体のシルエットも周りに与える印象も引き締まります。前髪を眉上あたりに設定すれば、アップさせて男らしいスタイルにもアレンジが可能です。

TASCLAP編集部員・深澤が選ぶ、冬のメンズ刈り上げショート

解説するライターはこちら

TASCLAP編集部員・深澤

TASCLAP編集部員・深澤

TASCLAP

TASCLAP

お気に入り追加

美容専門誌にて編集者のキャリアをスタート。髪に関することが大好物で、TASCLAPではおもにビューティ・ヘルスカテゴリを担当しています。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点

顔全体をすっきり見せられるのは刈り上げの効果。とはいえ、冬は刈り上げる面積を狭くしたり、刈り上げ自体の長さを春夏よりも残したりするのがベターです。冬は厚着になりますし、フリースやニットなどの素材感が重めのウェアが中心となるので、ある程度長さを残した刈り上げがマッチします。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

サイドとバッグをすっきりと刈り上げたサイドパートスタイルは、大人の定番。刈り上げといっても指でつまめる長さを残しているので、やわらかな印象もうかがえます。長めに残した前髪をドライヤーで立ち上げ、ジェルやグリースをつけてコーミングすることで紳士的な印象に。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 2枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

耳上とえり足は刈り上げつつ、ハチからトップにかけて長さを残したショートスタイル。トップは毛先にのみ長短差をつけることで、丸みを出しつつもスタイリングで動きが出るよう調整しています。アップバングにすることで男らしさを強調しているのも好印象。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 3枚目の画像

EPARKビューティー

EPARKビューティー

お気に入り追加

人気のセンターパートスタイルにも、刈り上げは有効です。丸みを強調したセンターパートはやさしげな印象作りにうってつけですが、男らしさを加えるなら写真のようにツーブロックにすると◎。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 4枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

マッシュベースにツーブロックを組み合わせ、さらに表面にレイヤーを入れることで、シャープな仕上がりに。毛束感はありつつも同方向に流しているので、クールで大人な印象を与えます。耳回りがスッキリとしているため、清潔感もばっちりですね。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 5枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

耳上とバックだけを刈り上げることで、長さを残したサイドとトップとのメリハリを表現。やわらかな動きを前面に押し出しつつも、しめるべき場所はタイトにカットされている点がおしゃれです。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 6枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

耳上を短く刈り込み、ハチ上やトップの髪の長さを残したツーブロック。ゆるやかな毛流れが刈り上げによるメリハリをやわらげ、ソフトな印象を演出しています。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 7枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

耳上までを短くカットしたツーブロックマッシュ。トップは毛束感が出るようにすいてあるので、動きが出しやすくなっています。ビスコーデには写真のようなアップバング、休日などは下ろしてもGOODですね。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 8枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

ベーシックなショートながら、サイドを刈り上げることで清潔感をプラス。毛先に長短差をつけることで、髪を下ろした状態でも躍動感のある仕上がりになります。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 9枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

マッシュベースのショートながら、サイドやネープを刈り上げて大人らしさをプラス。普段着はもちろんのこと、ビジネスシーンでも問題なく馴染みます。程良い軽さのある束感がポイントです。

▼冬の刈り上げヘア。TASCLAP編集部員・深澤が考える注意点 10枚目の画像

ビューティーBOXヘアスタイル

ビューティーBOXヘアスタイル

お気に入り追加

刈り上げとパーマを組み合わせた、おしゃれなサイドパートスタイル。パーマによる毛先の動きによりアクティブな印象を演出しています。バーバースタイルの定番化により人気となったサイドパートですが、こんなアレンジもアリでしょう。

バーバースタイル17選。懐かしく新しい髪型を徹底解説

ビューティ・ヘルス

バーバースタイル17選。懐かしく新しい髪型を徹底解説

メンズヘアの新定番となりつつあるバーバースタイル。ビジネスマンにもおすすめしたいおしゃれなバーバーならではの髪型の特徴や、ヘアスタイルサンプルをお届けします。

ライターI

2017.02.23

注目編集者
TASCLAP編集部

プロが書くメンズファッションWEBマガジン

TASCLAP編集部
プロのライターと一緒に、等身大のおしゃれを日々発信。物欲を刺激する良品の数々、ビジネススタイルからカジュアルスタイルまで。今日から役立つメンズファッションの“いろは”を、わかりやすく紹介しています。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事