防寒性もおしゃれ度も両立。冬のレイヤードコーデ攻略術

防寒性もおしゃれ度も両立。冬のレイヤードコーデ攻略術

冬のコーディネートはレイヤードが基本。アウターとインナーの組み合わせ次第で印象は一変します。そこで、防寒性もおしゃれ度も高いセットを5パターン提案!

平 格彦

2017.11.29

冬の着こなし・コーディネート
11度以下の服装
休日
重ね着・レイヤード

目指すのは、防寒もおしゃれも兼ね備えたレイヤードスタイル

コートなどのアウター類が欠かせない冬は、レイヤードスタイルを極めることがおしゃれ度アップの近道。とはいえ、おしゃれなだけでなく防寒性や保温性も不可欠な季節なので、そんな要素を網羅した重ね着のセットをいくつかマスターしておくと便利です。一度、着こなしのレパートリーに加えてしまえば後は着回すだけなので、早めに試行錯誤して自分のレイヤードパターンを確定しておきましょう!

2017-18年の参考に。5つのレイヤードスタイル実践集

今シーズンのレイヤードスタイルを、アウター×インナーというセットで5パターン紹介。現在のワードローブと相談しつつ、2つ以上のレイヤードを自分の定番にしてしまえば、冬の着こなしが一気に簡単&おしゃれになります。

レイヤード1ステンカラーコート×インナーダウン

シンプルで着回しやすいステンカラーコートは、オンからオフまで対応する汎用性の高さが魅力です。しかしその半面、ビジネスなムードな漂ってしまうことも。その点、インナーダウンを組み込めば、スポーティーなカジュアルダウンを行うと休日らしさが演出できます。インナーダウンは、ラフに見えすぎないブラックやネイビーなどの定番カラーを選ぶのがポイントです。

定番カラーだけで、こなれたムードを演出した好例

コートはライトグレーでインナーダウンはネイビーという定番カラー同士の組み合わせですが、スポーティーな着崩しが実践できているため、こなれた印象が漂っています。パンツにトレンド感のオリーブを取り入れることでさり気なくブラッシュアップしているのもポイント。スニーカーやロングベルトの脱力感も絶妙!!

トレンドカラーのインナーダウンで今季らしさを演出

ステンカラーコートはスタンダードなグレーですが、インナーダウンのブラウンが今季らしくて新鮮。さり気なく映えています。コートを含めて落ち着いたアイテム中心の着こなしで大人っぽくまとめつつ、インナーダウンで適度にカジュアルダウンを果たしたお手本です。

インナーダウンを全開にしてさり気なくアレンジ

グレーのステンカラーコートはウール素材で上品。そこにバンドカラーシャツやチノパンツを合わせたオーソドックスなカジュアルスタイルですが、インナーダウンを差すことで鮮度アップ。インナーダウンはボタンをとめて着用するのが定番になっているからこそ、あえて全開にすることで無造作な印象を演出しています。

レイヤード2ダウンジャケット×タートルネックニット

この冬も、保温性の高いダウンジャケットは大人気。防寒性に関しては頼りになりますが、ラフな印象になりすぎている人も多く見受けられます。その改善策は2つ。まずは落ち着いたカラーのダウンジャケットを選ぶこと。そして、上品な印象のタートルネックニットを相棒にすることです。ダウンジャケットのフロントを閉じてもネック部分が品の良いアクセントになるため、大いに頼るべきレイヤードです。

黒いダウンジャケットと白いタートルネックニットは名コンビ

アウトドアテイストの強いダウンジャケットを着用しつつ、落ち着いた印象を演出したいなら、全身をモノトーンでまとめるのがイチオシ。白いタートルネックニットを選べば、大人な気品や清潔感なども加味できます。この着こなしでは、ニットとスニーカーを白でリンクして軽快感を高めているのもポイント。

同じモノトーンでも黒いニットならクールなイメージに

ダウンジャケットを用いて落ち着きのあるコーディネートを築くならモノトーンで統一するのがおすすめというのは前述のとおりですが、インナーをブラックにするとクールな印象やモードな雰囲気が漂います。ワイドなパンツを合わせればトレンド性の高い着こなしが完成。ダウンジャケットをグレーにして黒いニットとメリハリをつければ、適度なこなれ感も演出できます。

差し色を使いつつ大人っぽくまとめた理想的な着こなし

ダウンジャケットとパンツをダークトーンにして落ち着きを与えつつ、タートルネックのニットで色を差すのもアリ。個性や新鮮味を演出することができます。この着こなしでは、スパイスカラーのなかでは落ち着きのあるボルドーをセレクト。ニットとスニーカーの色を連動しつつ色数を抑えることで大人なカジュアルスタイルに導いています。

レイヤード3ダッフルコート×無地のシャツ

今シーズン人気が再燃しているダッフルコートはカジュアルな印象が強いので、インナーで品格をプラスすると大人なバランスに調整できます。温もりを感じさせる素材のコートとは対極のソリッドな質感のシャツを選ぶことで、気品を強調するのがおすすめ。保温性が心もとない場合は、さらなるレイヤードで調節すればOKです。着こなしのサンプルで具体的に解説します。

バンドカラーシャツ+カーディガンが今冬のイチオシセット

インナーがシャツだと保温性に不安があるという場合は、カーディガンをさらに重ねれば解決。また、シャツやカーディガンといった大人なムードのアイテムばかりだとドレッシーになりすぎる判断したときは、バンドカラーのシャツを選んで適度にカジュアルダウンするのがイチオシです。写真のように、どこに出ても恥ずかしくない大人な装いの出来上がり。

ミリタリーシャツを組み込めば男っぽさも醸出可能!

最近はオリーブが人気カラーの1つ。そんな色を使ったミリタリーシャツをインナーに取り込めば、ラフすぎず上品すぎないイメージが演出できます。色使いがポイントなので、シンプルなアイテムを選ぶことが大人っぽくまとめる秘訣。さらに旬度を高めたいなら、ワイドなシルエットのパンツを合わせれば完璧です。

トレンド感のある色を駆使したレイヤードスタイル

コートでトレンドカラーを取り入れるなら、ウォーム感のあるブラウン。そのインナーにグリーンのシャツを組み合わせることで、新鮮味を一層アップしています。ハットやメガネなどの小物使いはもちろん、パンツのハンパ丈もおしゃれなイメージの要因。派手なアイテムを使わなくても個性が演出できるという好例です。

レイヤード4チェスターコート×スウェットパーカー

チェスターコートはフォーマル度が高く、品格を宿しているのが人気の理由です。だからこそオフのスタイルで着こなすには、適度にカジュアルダウンすることがポイントとなります。そこで活用したいのがスウェットパーカー。スポーティーなイメージの着崩しが容易に達成でき、フードによって首周りにアクセントを加えることもできます。

こなれ感がにじみ出る定番アイテムの組み合わせ

ネイビーのチェスターコートに加え、グレーのスウェットパーカーやインディゴブルーの色落ちジーンズもオーソドックスなアイテム。それなのに無造作な印象なのは、この組み合わせのバランスが絶妙だからです。チェスターコートで築いた休日スタイルの好サンプル。

大人のモノトーンスタイルも無造作感があっておしゃれ

チェスターコートとスウェットパーカーをチャコールグレーで揃えつつ、パンツとスニーカーはブラックで引き締めたコーディネート。パーカーならではのスポーティーなカジュアル感が、軽妙洒脱なニュアンスを醸しています。クールすぎないバランスが大人っぽさを助長。

アクセントカラーのパーカーを差して鮮度アップ!

オーセンティックなカラーリングでもおしゃれにまとまるレイヤードですが、パーカーを差し色として活用してもOK。チェスターコート特有の品格がラフな雰囲気になりすぎるのを食い止めてくれるからです。この着こなしでは、コートとパンツのセットアップを起用して、パーカーの色みを引き立てることにも成功しています。

レイヤード5チェスターコート×デニムジャケット

Vゾーンが深く開いているチェスターコートはレイヤードに最適。ということで、もう1つ着崩し向きのおすすめインナーを提案します。それはインディゴブルーのデニムジャケット。独特な素材感が絶妙なカジュアルダウンを成し遂げてくれるだけでなく、ロング丈のコート×ショート丈のデニムジャケットという丈感のコントラストがスタイリッシュな印象も生み出します。

クラシカルやヴィンテージが大人なムードの秘密

ハウンドトゥース(千鳥格子)のチェスターコートはクラシックな雰囲気。トラッドも品格を備えているからこそ、ヴィンテージライクなデニムジャケットを合わせれば、古き良き時代を感じさせる落ち着きあるカジュアルスタイルに仕上がります。ブラックのパンツで引き締めつつ、足元はスニーカーで軽快に。

トレンドカラーとインディゴブルーの良い関係

ベージュやキャメルといった明るめの暖色系カラーが旬。コートで取り入れるとカジュアルダウンもしやすいので、この冬に大いに活用すべきです。クレリックシャツを使ったタイドアップな装いもマイルドに誘導。デニムジャケットを差した着崩しが、こなれたムードもMIXしています。デニムジャケットのインディゴブルーは、チノパンなどに使われるベージュと相性抜群。

デニム・オン・デニムをチェスターコートで格上げ!!

チェスターコートをデニムで着崩していると同時に、上下をデニムで揃えたデニム・オン・デニムをチェスターコートで覆って品格をアップしているともいえるスタイリング。野暮ったさと新鮮味が共存しています。デニム素材のランチジャケットにはマイクロムートンが起用されているので、保温性にも優れたコーディネートです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK