マンネリを打破!ダウンの着こなし、アップデート術

ダウンコーデってアイテムの特性上、どうしても小ざっぱりした印象になってしまいがち。そこでマンネリ化を防ぐ、着こなしのコツを紹介していきます。

桐田 政隆

桐田 政隆

SHARE
記事をお気に入り
2017.01.23

シンプルなダウンジャケットが人気。とはいえ……

シンプルなダウンジャケットが人気。とはいえ……

WEAR

WEAR

お気に入り追加

冬に合う独特のロフト感のあるデザイン、また羽織ってファスナーを首元まで閉めたらそれだけでサマになる。しかも暖かいし軽いし楽ちんで、コーディネートのあれこれをとやかく考えなくていいのが、ダウンの際たる魅力でしょう。ただその反面、何の気なしに着続けていると着こなしがマンネリ化してしまう一面もあります。

着回しでおしゃれに見せる。ダウンジャケットのコーデ術

ではそんなマンネリをどうやって回避すべきか? そこでおしゃれなダウンコーデを長く続けられるコツを考えてみました。

コーデ術1

まず着膨れしないように気を付ける

これはダウンコーデの基本ですが、ダウンで隠れるからいいやと、インナーのことをとくに考えずに着て出掛けると、たまに陥ってしまうことがある事例。街でのダウンコーデは、できるだけすっきり着こなして見えるのがベターです。インナー選びも大事ですが、ダウンがタイトすぎない点も大事。購入時のサイズ選びから気を付けるべきでしょう。

キルトステッチなし&モノトーンコーデでシャープな印象に

キルトステッチなし&モノトーンコーデでシャープな印象に

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ダウン特有のロフト感のあるデザインも、着膨れして見える理由のひとつ。それならはじめからキルトステッチがないデザインを購入するのもありです。またキルトなしだとアウトドア感が控えめになり、自ずと都会的な印象も増します。また、こちらのようなモノトーンを基調としたコーディネートは、シャープな印象を助長できます。

コートタイプをすっきり着こなす

コートタイプをすっきり着こなす

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

ここ数年でどんどん勢いが増している、コートタイプをあらかじめ選ぶのもありです。タウンユース前提なので、ダウン量を減らしてロフト感が少なくしているものが多く、従来のダウンコーデにはなかった洗練された着こなしが楽しめます。また化繊シェルとは違って、ウール地は主張控えめなので、よりシャープな印象で着ることができます。

コーデ術2

巻き物を使って首まわりにアクセントを

マフラーやストールなど、巻き物を使ってアクセントを加えるのも、マンネリ化を避ける有効手段です。首まわりにニュアンスが生まれるので、"ただ着てるだけ感″がないのがポイントですね。また同じマフラーやストールでも、巻き方一つでコーディネート全体の印象を変えることができるので、ダウンコーデのバリエーションを増やす近道といえます。

マフラーで巧みなレイヤード感を演出

マフラーで巧みなレイヤード感を演出

WEAR

WEAR

お気に入り追加

マフラーを巻きつけずに首から垂らして、ダウンとのレイヤード感を演出しています。また、タートルネックもダウンコーデで首元にニュアンスを演出しやすく、クリーンな印象も加えられる相性のいいアイテムです。

シックなマフラーで大人っぽく

シックなマフラーで大人っぽく

WEAR

WEAR

お気に入り追加

落ち着いた色使いのマフラーで、グンと大人っぽい着こなし。ダウン自体はアウトドアアイテムですが、シックなマフラーを巻くことで上品な印象を醸出。マフラーがあるかないかで、だいぶコーディネートの印象が変わる好例だと思います。

ストールならより軽快なアクセントが加えられる

ストールならより軽快なアクセントが加えられる

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらの方も首元に目がいくコーディネート。薄手のストールはマフラーよりも軽快な雰囲気で着こなせるのもポイントです。素材感のあるニットキャップなどとも相性がいいですね。さらに同色系のスエードブーツで、全体的に統一感で生まれているのも巧みです。

コーデ術3

きれいめ、もしくは個性的なパンツと合わせる

カジュアルなダウンにデニムやチノパンを合わせるのは王道です。ただこれも続くとマンネリ化の原因になりやすい……。つまりいつもとは違うイメージのものを合わせるのがポイント。そこで心掛けたいのは、思い切ってスラックスのようなクリーンなパンツを合わせること。またはシンプルなダウンには、デザインやシルエットで特徴のあるパンツと合わせることも効果的です。

グレースラックスはスニーカーで合わせやすさもUP

グレースラックスはスニーカーで合わせやすさもUP

WEAR

WEAR

お気に入り追加

テーパードの利いたスリムシルエットのクリーンなスラックスとの着こなし。ややイメージにギャップのあるチョイスですが、足元にスポーティなスニーカーと合わせることで全体的なまとまりもあります。またグレートーンでまとめている点も、違和感なくおしゃれな印象に見えるポイントです。

短丈ダウンは個性的なリブパンツと相性良し

短丈ダウンは個性的なリブパンツと相性良し

WEAR

WEAR

お気に入り追加

トレンドでもあるユニークなデザインの、リブ付きフラノパンツとのコーディネート。短丈のダウンジャケットは、スポーティなリブ付きパンツとも相性がいいですよ。またこちらはダウンとパンツ、ニットと靴で色を拾っているのもポイントです。

存在感と味のあるミリタリーパンツとのコーデ

存在感と味のあるミリタリーパンツとのコーデ

WEAR

WEAR

お気に入り追加

武骨な表情とワイドシルエットで、コクのあるミリタリーパンツとのコーディネート。ちなみにダウンは米空軍のN-3Bを思わせるデザインで、さりげなく親和性のあるコーディネートになっています。また豪快なファー使いが目を引くボンバーキャップも好相性で、アクセントとして効いています。

桐田 政隆
桐田 政隆
ファッション誌やニュースサイトなどで執筆。洋服はいろいろなスタイルにふらつくも、なんだかんだでアメカジ好き。またラーメン、酒、川崎フロンターレがライフワーク。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事