お毛並み拝見。しゃれ者が持つべきおすすめブラシ全集

お毛並み拝見。しゃれ者が持つべきおすすめブラシ全集

普段何気なく使っているブラシですが、洋服ブラシから歯ブラシに至るまで、その種類はさまざまです。私たちの生活に欠かせないブラシについて、詳しく学んじゃいましょう!

CANADA

2017.02.03

雑貨用品
ケア用品
アイテムの選び方

あらゆるブラシ、まとめてみました!

みなさんは日常の中で、いくつのブラシを使っていますか? きっと誰もが使っている歯ブラシから、ビジネスマンには必須の靴ブラシなど、私たちの生活に欠かすことのできないブラシについて掘り下げてみました。

その1靴ブラシ

革靴のメンテナンスに欠かせない靴ブラシは、靴についた土や埃などの汚れを払うのに使うもの。履いた後に靴ブラシを使って軽くブラッシングするだけで汚れの定着を抑え、革靴を長持ちさせてくれます。

靴ブラシは、コロニルやサフィールなど、各シューケア用具を出しているブランドから発売されていますが、大きな違いはないので店頭で触ってみて感触が気に入ったものを選びましょう。毛が柔らかく、毛足が短めのものを選ぶと初心者でも使いやすいです。

小さくて小回りがきくデザインなので、靴のコバの部分やメダリオンの穴など布では塗りにくい部分にもクリームを塗ることができます。円形のデザインなので、ビンからクリームを取るのも便利。

皮革手入れ用品の世界的トップブランドの『コロニル』は、靴ブラシにおいても世界最高の品質を誇っています。革を傷めることのない馬毛を使用していて、ブラック、ブラウン、ホワイトの3色展開。

サイズが大きいので手の大きな人でも扱いやすいのがポイント。少しソリがある設計になっているので持ちやすく、柔らかくて適度なコシのある上質な長い馬毛が、コバや縫い目などのゴミや埃をやさしく吐きだしてくれます。

コシのある豚毛を使用した靴仕上げ用のブラシで、ほどよいコンパクトさが手にジャストフィットします。指の腹が心地よく引っかかる窪みがついているので、グリップ力がアップしてブラッシングがしやすいのが特徴。

その2洋服ブラシ

服を着るたびに洗濯していては服を早く傷めることになるので、洋服の手入れはブラッシングが基本。洋服ブラシの役目は、服の埃を落とすだけでなく、服の繊維も整えてくれます。確かなブラシで正しいブラッシングを心掛けてください。

埃を落とす他に服の繊維もきめ細かく整えてくれる洋服ブラシは、静電気が起こりにくい、馬毛や豚毛などの天然獣毛がおすすめ。さらに、キメが細かくコシがあり、少し長めの毛足のものが使いやすいです。

しなやかな毛先と弾力性の富んだコシを持つ白馬毛に、ハイテクノロジー素材の静電気除去繊維を混毛した洋服ブラシ。静電気を帯びたカシミヤやウールなど、お気に入りの洋服の取れにくい埃や花粉をしっかり落としてくれます。

植毛にボリュームを持たせたヘッド部、ハンドル部分の削り加工、レデッカーロゴの焼き印など長く使える飽きのこないデザイン。ドイツハンドメイドならではの頼りがいのある道具として、ドイツでは長く愛されています。

買いやすい価格とベーシックな形なので、洋服ブラシ初心者の方にもおすすめ。毛先が密集するように植毛することにより衣類に当たる面積を広くさせているので、衣類についた埃などが払いやすくなっています。

お気に入りの1着を長く着るためにすべての服地に対応し、使うほどに手になじみ味わいの出る上質な洋服ブラシ。しなやかな毛先と弾力に富んだコシを持つ白馬毛に静電気除去繊維を混紡させ、静電気によってついた取れにくい小さな埃をしっかり落としてくれます。

その3ヘアブラシ

きれいで健康的な髪を保つために毎日のブラッシングは不可欠。ヘアブラシは髪をとかす際に欠かせない、髪のためのブラシです。ヘアブラシでブラッシングすることによって、髪に潤いを与えてくれたり頭皮の新陳代謝を促してくれるなどの効果があります。

ヘアブラシはどれも同じ、という考え方では理想の美髪は手に入りません。髪の悩みに応じて選びましょう。頭皮の汚れが気になるならクッションブラシ、抜け毛が気になるならパドルブラシ、髪の量が多い人はスケルトンブラシを使うのがおすすめです。

ヘアサロンの中でも長く支持されている人気のヘアブラシ。適度に広がった9列のナイロンピンが髪の毛をとらえ、天然ゴムの台座により快適なテンションがブローするのに適しており、耐熱性にも優れています。

ブラシ部に練り込んだ天然鉱石トルマリンが放射するマイナスイオン効果で、髪と地肌をリフレッシュさせるヘアブラシ。静電気除去リングがブラッシング時の静電気を取り除き、髪に負担をかけない滑らかなブラシどおりを可能にしています。

ソフトな天然豚毛を100%使用して作った、地肌が痛くなりにくいヘアブラシ。頭皮に当たっても痛みを与えないように毛先が揃えられていて髪の上を滑るようにブラッシングできるので、髪が細くなった方、頭皮が敏感になってきた方などに特におすすめです。

クレイツイオンをブラシ毛の1本1本に練り込んだイオンブラシ。静電気が起こりにくく球状になったブラシの先端が心地よく頭皮を刺激してくれるので、ブラッシングするたびにパサツキのない潤いのある艶やかな髪へと導いてくれます。

その4ボディーブラシ

お風呂で体を洗うのに使うボディーブラシは、男性の間でも使用者が増加中。手やタオルを使って洗うのに比べ、ボディーブラシを使うと体の血液やリンパの流れがスムーズになり、老廃物が流れてくれる効果があるのです。

体を直接磨くものなので、肌当たりがやさしい天然素材のブラシを選びましょう。特に、吸水性に優れていて水分を含むことで柔らかくなる豚毛がおすすめ。ナイロン素材などに比べ、こすり過ぎるのを防いでくれます。

使いやすさにこだわって仕上げた肌に気持ちいいボディーブラシ。丸みのついた柄で、手の届きにくい背中も楽に洗えます。ブラシ部分は、肌をやさしく洗うことのできる豚毛を使用。

コシやハリが強い豚毛を使用していて、肌当たりがやさしいだけでなくしっかり洗えるのが魅力。水と空気をよく含んでくれるので、ボディーソープが泡立ちやすく洗浄力を高めてくれます。

スティックとブラシが取り外し可能なのでとても便利。柄が長いタイプなので届きにくい背中も楽々と洗え、体の大きな人でも使いやすくなっています。柄には軽くて水に強い竹材を使用し、さらにスティックとブラシが取り外し可能なのもポイント。

髪の毛よりも細い50ミクロンの極細毛が120万本もぜいたくに密集させ、まるでベルベットのような極上の洗い心地を実現。また、肌の古い角質を確実に取り除き毛穴の汚れをやさしくかき出してくれるので、肌のざらつきがなくなります。

その5歯ブラシ

歯ブラシの役目は、歯についた食べカスや歯垢を落とすこと。虫歯になるのを防ぐために、歯ブラシは大切な道具なのです。歯ブラシはこれまでご紹介したブラシと比べ、いろんなタイプの毛先や持ち手のものが存在しています。

歯と歯の間や歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先が届かなければ、食べカスや歯垢は取れません。よって、歯ブラシの毛先は細い、もしくは極細であることが重要。さらに、歯ブラシの毛は普通から柔らかめを選ぶと汚れを取り除きやすくなります。

特殊テーパードの毛先がプラークをしっかり除去。角度や動かし方を意識しなくても、特殊テーパードの毛先が歯間部や歯頸部に入り込んでプラークを除去してくれます。磨いた後は、フロスをしたかのような気持ちよさです。

臼歯部の清掃が確実に行えるロングネック、コンパクト&スリムヘッドで口腔内での操作性に優れた歯科用歯ブラシのスタンダード。定評あるロングネックで、前歯や口唇にハンドル部が当たることなく臼歯部の清掃が確実に行えます。

歯や歯茎がデリケートな方でもしっかり、じっくりマッサージ&ブラッシングできる新しいタイプの歯ブラシ。ソフトで高密度の多丘型植毛によって、歯周病や知覚過敏でデリケートな歯茎もやさしくマッサージできます。

ナイロンに比べて吸湿性が低いPBT素材フィラメントを使用することで、変形しにくく長持ちしやすい毛先を実現。外出時に携帯できる衛生キャップつきなので、旅行のときなどにも便利。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK