人気継続。エアジョーダンの代表モデルと着こなし

『ナイキ』のエアジョーダンは、数多くの名作モデルを輩出し続けてきた歴史あるシューズです。なかでも人気のモデルとその着こなしをチェック。復刻モデルも必見です。

高嶋 一行

高嶋 一行

SHARE
記事をお気に入り
2017.02.16

大人の誰もがハマった。エアジョーダンはやっぱりかっこいい

大人の誰もがハマった。エアジョーダンはやっぱりかっこいい

LIMITED EDT

LIMITED EDT

お気に入り追加

エアジョーダンは『ナイキ』がデザインするバスケットシューズの定番モデル。伝説のバスケットプレイヤーであるマイケル・ジョーダンをモデルとし、リリースされたシューズです。ちなみに「エア」はシューズ自体のエアクッションとマイケル・ジョーダンのニックネームである「エア」から名づけられた由来があります。

最新作はなんと“31”。ニューカマーの魅力をピックアップ

最新作はなんと“31”。ニューカマーの魅力をピックアップ

trois HOMME

trois HOMME

お気に入り追加

エアジョーダンの最新作はエアジョーダン31。2016年の秋冬シーズンにリリースされて話題となりました。特徴は何といっても異素材を組み合わせた流れるようなデザイン。フロントのウーブン素材とバッグのシンセティックレザーが柔軟性と通気性を実現させています。

最新作はなんと“31”。ニューカマーの魅力をピックアップ 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

黒と赤のカラーパレットは、大人の着こなしにも好相性。TASCLAPでは“おしゃれニスタ”として活躍中のN i s s yさんも、愛用しています。モノトーンを軸にした色合わせのなかで、シューズをアクセントに。シンプルながらも、足元でさりげなく個性を主張しています。

参考記事:おしゃれニスタの記事はこちら

新作だけじゃない。おすすめの復刻モデルと着こなしをご紹介

『ナイキ』のエアジョーダンはその人気から昔にリリースされたモデルが頻繁に復刻されます。新作に注目が集まることは必然ですが、同じように過去の復刻モデルも発売時は争奪戦となるほど。そこで、新作と同じく注目したい歴代モデルの魅力と着こなし術をチェックしてみましょう。

『ナイキ』エアジョーダン1

エアジョーダンの基本ともいる初代モデル。そのレトロでローテクなデザインから、ファッション性が高いアイテムです。エアジョーダンのなかでも最も支持されるモデルとして、さまざまなカラーリングが登場しています。写真のミッドカットの他に、ローカットもおしゃれアイテムとして定番です。

『ナイキ』エアジョーダン1

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

スニーカーらしいクラシックなデザインから、幅広くさまざまなスタイルにマッチするモデルです。大人らしいファッションとしてまとめるのであれば、取り入れるウェアも同じくベーシックなデザインを取り入れることで全体の調和が生まれます。

『ナイキ』エアジョーダン1 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

エアジョーダン特有のボリュームを生かして、スキニーデニムと合わせたメリハリスタイル。アウターにMA-1を取り入れて、トレンドをさりげなくミックスさせたスタンダートなカジュアルファッションです。シルエットでメリハリを出すだけで十分おしゃれな印象に仕上がります。

『ナイキ』エアジョーダン1 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

大人っぽく落ち着きあるコーディネートにまとめたエアジョーダンスタイル。ブラックやグレーをベースとしたウェアに、ホワイトのエアジョーダンで清潔感とアクセントをプラスしています。それぞれのアイテムがシンプルであり、無駄のないミニマルな着こなしとしてまとまったスキのないおしゃれです。

『ナイキ』エアジョーダン1 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストリートファッションやカジュアルなスタイルに溶け込むスタジャンを取り入れた着こなし。エアジョーダンを主役としてレッドのカラーを合わせながらも、全体的な色合いをダークにまとめて統一感を出しています。大人っぽくまとめながらもエアジョーダンで遊ぶ足元に視線が集まるコーディネートです。

『ナイキ』エアジョーダン3

エアジョーダン3は現在までのジョーダンシリーズを形づけたデザイン性が特徴的。エアジョーダンのシンボルともいるジャンプマンのロゴを採用したのもエアジョーダン3からです。エレファント柄の型押しデザインなど、実験的なデザインが取り入れられたのもこのモデルです。

『ナイキ』エアジョーダン3

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

お気に入り追加

適度な存在感とボリュームがあるエアジョーダン3。さらにスニーカー好きからも支持される人気モデルであることから、エアジョーダン3を主役にコーディネートすることも可能。ストリートなファッションにマッチするなかで、ルーズになりすぎない着こなしが大人っぽく仕上がります。

『ナイキ』エアジョーダン3 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

エアジョーダン3らしいエレファント柄の配色がアクセントとなったコーディネート。MA-1やパンツなどはダークなカラーリングでまとめ、シルエットもやや細身を意識。そうすることで、ストリートスタイルでも大人っぽさをキープできます。

『ナイキ』エアジョーダン3 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

シューズをはじめ、スポーティなアイテムをアーバンライクに着こなした好例。ダークトーンを基調にしたカラーパレットと、『モンベル』のステンカラーコートで大人らしいテイストを加味したのが原因です。

『ナイキ』エアジョーダン3 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストリート×アメカジのスタイルでスタイリングしたエアジョーダン3の着こなし。チェック柄やダメージデニムなど、アメカジらしい定番アイテムを取り入れることで万人ウケするコーディネートに。エアジョーダン3の配色ともマッチしたカラーの統一感がポイントです。

『ナイキ』エアジョーダン6

マイケル・ジョーダンからの「より素足に近い感覚のシューズが欲しい」というリクエストから生まれたエアジョーダン6。ほかのモデルよりも軽量化されより地面との感覚を大切にした機能的なシューズです。また、普段使いのタウンユースアイテムとしても愛されており、復刻するたびに話題となるモデルです。

『ナイキ』エアジョーダン6

LTD online

LTD online

お気に入り追加

クラシックな雰囲気とハイテク感が混ざったデザインのエアジョーダン6は、普段履いているスニーカースタイルやレザーシューズに変わって取り入れることが可能。適度な存在感があるので、ハズしとしての役割でも十分に機能するアイテムです。

『ナイキ』エアジョーダン6 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

キャップにスタジャン、フードパーカーを重ね着したエアジョーダン6スタイル。全体的にスポーツミックスなカジュアルファッションであり、自然体でエアジョーダン6を取り入れています。全体的に細身のシルエットがよりシューズを目立たせた、エアジョーダンのアクセント力があるファッションです。

『ナイキ』エアジョーダン6 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ブラックとレッドでまとめたきれいめファッションに、エアジョーダン6もレッドベースの配色をチョイス。カラーで統一感があるだけでなく、程良くカジュアル感をエアジョーダンで演出した親しみある着こなしにまとめています。飾りすぎず、シンプルに仕上げてることでより大人っぽさが出ているコーディネートです。

『ナイキ』エアジョーダン6 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ストリートでまだまだ支持率の高いスタジャンを取り入れたカジュアルスタイル。ダメージデニムなどの個性をあるアイテムを組み合わせながらも、エアジョーダン6やハットなどはブラックで統一。これだけで全体が引き締まる印象となる飾りすぎないところがポイントです。

『ナイキ』エアジョーダン5

エアジョーダンのなかでも熱狂的なファンが多いモデルがこのエアジョーダン5。コーディネートしやすいシンプルなデザインでありながらも、さまざまなカラーバリエーションが特徴的なモデルです。サイドから見てもすぐにわかる波打つデザインで、スニーカー通からの視線も集まることでしょう。

『ナイキ』エアジョーダン5

LOWTEX ビッグ・スモール店

LOWTEX ビッグ・スモール店

お気に入り追加

スニーカー通やエアジョーダン好きからも支持を集めるモデルであることから、履きこなすならエアジョーダン5を目立たせることも方法の1つ。タイトなパンツと合わせて足元の視線を集めれば、スマートでありながらオリジナリティーあるファッションが楽しめます。

『ナイキ』エアジョーダン5 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

さまざまな配色があるなかで、ブラックの落ち着いたカラーで取り入れたエアジョーダン5。
パンツやウェアだけでなく、ニットキャップやバッグもブラックで統一。華やかさとボリューム感がアップするマフラーでアクセントを出したメリハリコーデが魅力的です。

『ナイキ』エアジョーダン5 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

こちらもブラックを基調としたワントーンコーデ。シンプルな着こなしだからこそ、エアジョーダン5の存在感が際立ち、お馴染みのロゴもアクセントとしてコーディネートに華を添えます。

『ナイキ』エアジョーダン5 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ダブルのライダースジャケット×クラッシュデニムのラギッドな装いに、エアジョーダン5のローカットモデルをプラスした着こなし。ゆったりしたTシャツをレイヤードしてハズした男らしさ満点のコーディネートです。

『ナイキ』エアジョーダン4

従来のエアジョーダンにはなかったプラスチックパーツを取り入れるなど、異素材を組み合わせたデザインが斬新だったモデル。合成皮革を使用し、軽量化させるなど機能性でも満足度が上がった仕様が魅力です。ストリートファッションとしてもしっかりと定着したのがこのモデルからといわれています。

『ナイキ』エアジョーダン4

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

ホワイトベースの配色が多く、コーディネートの際にカラーで悩むことはほかのモデルよりも少ないエアジョーダン4。カジュアルに取り入れる際も、ほかのスニーカーと同じように自然体で合わせることがポイントです。全体のバランスに溶け込むスタイルに仕上げられるところが魅力のシューズです。

『ナイキ』エアジョーダン4 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

タイトなサイジングを心掛けて、パーカーやブルゾン、デニムのベーシックなカジュアルスタイル。そこにスニーカーとしてエアジョーダン4をプラスした着こなし。全体的な調和が取れたファッションであり、このままで完成でもいいのですが、物足りない方はキャップなどでスポーティさを加えてるとおしゃれも際立ちます。

『ナイキ』エアジョーダン4 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

デニムシャツをタイドアップしたカジュアルトラッドな着こなしに、さらにハズしとしてエアジョーダン4を合わせた上級コーディネート。スポーティ 一色になりがちなエアジョーダンをバランスよくトラッドに昇華しています。

『ナイキ』エアジョーダン4 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ホワイトとブルーを基調としたエアジョーダン4を使用した着こなし。バンドカラーシャツとパンツのきれいめセットアップに差したエアジョーダン4が、洗練されたコーディネートをより一層ブラッシュアップしてくれています。

『ナイキ』エアジョーダン11

エアジョーダンのなかでもエナメル素材が使用されたことで、その素材感がアクセントとなったシューズ。メッシュ素材とのコントラストがデザインポイントであり、1足で十分な魅力を発揮するモデルです。うねるような切り替えがひと目でエアジョーダン11とわかる特徴です。

『ナイキ』エアジョーダン11

SELECT SHOP LOWTEX

SELECT SHOP LOWTEX

お気に入り追加

エナメル独特のツヤやアクセントがあるので、遊び心ある大人のファッションに最適。何か退屈なスタイリングの際に取り入れることで、一気に個性あるモードなファッションにまとめてくれます。また、エナメル素材なので、レザーシューズ代わりに取り入れてもマッチするシチュエーションが多いです。

『ナイキ』エアジョーダン11 2枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

グレーのニットにライダースジャケットのモノトーンファッションに取り入れたエアジョーダン11。エアジョーダン11を合わせることによって、少しモードよりのスタイルへとまとまった着こなしになっています。ほかのスニーカーだと、何か物足りないシンプルな組み合わせに、エアジョーダン11で個性を出すと効果的です。

『ナイキ』エアジョーダン11 3枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

スウェット×デニムのシンプルな着こなしにも、フォルムのきれいなエアジョーダン11のガンマブルーを合わせれば、ただのカジュアルスタイリングにはなりさがりません。エアジョーダン11のなかでも人気の高いガンマブルーはファンなら一つは手に入れたいアイテムです。

『ナイキ』エアジョーダン11 4枚目の画像

WEAR

WEAR

お気に入り追加

ラフで動きやすいスポーティな装いをエアジョーダン11がしっかりと印象づけています。ジャケットとハットを合わせたことで、モードミックスな印象へと昇華した技ありコーディネートです。

ナイキのスニーカー20選。新作と人気作からおすすめを厳選

スニーカー・シューズ

ナイキのスニーカー20選。新作と人気作からおすすめを厳選

老若男女を問わず、多くのフォロワーを獲得し続けている『ナイキ』のスニーカー。最新モデルから定番まで、いま入手できるラインアップから20モデルを厳選して紹介します。

TOMMY

2021.07.20

高嶋 一行
高嶋 一行
ロンドンにてデザインアシスタントを経験後、日本では海外ブランドのエージェント会社に勤務。 現在はイギリスに戻り、英国を中心としたファッション記事を執筆中。
この編集者の記事を見る

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP